2009年9月30日の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・29日のニューヨーク外国為替市場で円は弱含み。米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が発表した7月S&Pケース・シラー住宅価格指数が市場予想平均より強かったことを背景に米長期金利が一時上昇。対ドルで円売りが強まると他の通貨に対しても円売りが波及した。米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した9月米消費者信頼感指数が市場予想平均を下回ると、米国株式相場が下げに転じたことを受けた円買いでいったん下げ止まったが、米国株の下値が限られたため徐々に円売りに押され値を下げた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・30日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は売り先行後は買い戻された。対ドルで、仲値に向けて円売りが膨らむと他の通貨にも売りが広がった。五十日である上、中間期末でもあり仲値に向けた円売りが強まることを見越した仕掛け的な円売りも出たようだ。ただ、国内輸出企業からの円買いがまとまった規模で入ると買い戻しが強まり値を戻した。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・30日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は荒い値動き。半期末の仲値決済を通過したこともあり、暫く積極的な売買は手控えられていたが、対ドルで欧州オセアニア通貨が買われると、つられて円売り欧州通貨買い、円売りオセアニア通貨買いが出て値を下げた。ただ、欧州市場の取引時間帯に入り、藤井財務相が「G7では最近の円高について取り上げる予定はない」などと述べたと伝わると介入警戒感が後退し対ドル中心に円買いが強まり値を戻している。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・30日の欧州外国為替市場で円は底堅い動き。序盤は、藤井財務相が「G7では最近の円高について取り上げる予定はない」などと述べ、介入警戒感が後退したため円買いが入った。その後、時間外のダウ先物が上昇したことなどを材料に、持ち高解消の円売りが出る場面もあったが、9月シカゴPMIが予想より弱い内容となったことをきっかけに現物の米国株が下げに転じると、再び円買いが強まった。対スイスフランでは、スイス国立銀行(SNB)の介入観測を背景に円買いが膨らんだ。
【 通貨ペア 】
・ドル円は売り先行後、下げ渋り。9月ADP雇用リポートが予想より弱い内容となったことを受けて一時1ドル=89円35銭前後まで値を下げたものの、売り一巡後はショートカバーでやや値を戻している。対スイスフランでドル買いが進んだ影響を受けたほか、4-6月期米GDP確定値が予想より強い内容となったことを背景に米長期金利が上昇したことが下値を支えた。
・スイスフラン円は下落。一時本日安値となる1スイスフラン=85円94銭前後まで値を下げた。SNBによるスイスフラン売り介入観測を背景に円買いスイスフラン売りが膨らんだ。
・ユーロドルは、さえない。ダウ先物や原油先物価格の上昇を受けた買いが入ったほか、ロンドンフィキシング(日本時間24時)でユーロドルの買いが入るとの憶測を背景に、買いが広がった。18時30分過ぎに一時本日高値となる1ユーロ=1.4675ドル前後まで値を上げた。ただ、買い一巡後は売りに押される展開に。ドル・スイスフランの上昇につれたユーロ売りドル買いが出たほか、NYダウが一時100ドル超下落したことを背景にリスク資産圧縮目的の売りが強まった。23時過ぎに一時本日安値となる1.4575ドル前後まで値を下げた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

アリスター・ダーリング[NP-5.6 HDP -2.5 CHDP -0.3 RHDP -2.5 CRHDP -0.3]
・ダーリング英財務相「英政府が経済を支援するために十分に役割を果たすべき」

アクセル・ウェーバー[NP+2.0 HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.2]
・ウェーバー・ドイツ連銀総裁「国際間の金融システムは安定してきた」

チャールズ・プロッサー[NP+4.0 HDP +4.3 CHDP -0.1 RHDP +4.3 CRHDP -0.1]
・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「FRBが景気刺激策を巻き戻すときは速やかに力強く行動するだろう」

チャールズ・プロッサー[NP+5.0 HDP +4.4 CHDP +0.1 RHDP +4.4 CRHDP +0.1]
・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「米経済は2010年に3.0%、2011年に2.7%成長する見通し」

チャールズ・プロッサー[NP+5.0 HDP +4.5 CHDP +0.1 RHDP +4.5 CRHDP +0.1]
・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「米ドルは弱い」

チャールズ・プロッサー[NP+7.0 HDP +4.7 CHDP +0.2 RHDP +4.7 CRHDP +0.2]
・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「FRBは政策金利を0.50%から0.75%引き上げる準備が必要だろう」

藤井裕久[NP+6.4 HDP +3.3 CHDP +0.2 RHDP +3.3 CRHDP +0.2]
・藤井裕久財務相「G7では最近の円高について取り上げる予定はない」

アクセル・ウェーバー[NP+3.0 HDP +0.2 CHDP +0.1 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
・ウェーバー・ドイツ連銀総裁「物価や金融の安定に妥協はない」

温家宝[NP-4.6 HDP -3.0 CHDP -0.2 RHDP -3.0 CRHDP -0.2]
・温家宝中国首相「持続的で安定した経済政策を維持する」

デニス・ロックハート[NP-5.0 HDP -2.8 CHDP -0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
・ロックハート・米アトランタ連銀総裁「景気刺激策を終わらせる時期ではない」

デニス・ロックハート[NP-4.0 HDP -2.8 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP +0.0]
・ロックハート・米アトランタ連銀総裁「商業用不動産にリスクが見られる」

会社・企業関係[NP     HDP -3.5 CHDP -3.5 RHDP -3.5 CRHDP -3.5]
・インド携帯電話ブハルティ・エアテルと南アのMTNグループとの事業統合交渉が中止となったことを受けてMTNグループ株が下落し、ドル買いランド売りが膨らんでいる。ドルランドは一時7.6158ランドと本日高値をつけたほか、、ランド円は11.78円と本日安値を更新した。

バラク・オバマ[NP-5.0 HDP -1.2 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・オバマ米大統領は「数千件の雇用の創出に向け50億ドル規模の計画を発表する」と報じられた。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

アリスター・ダーリング[NP-5.6 HDP -2.5 CHDP -0.3 RHDP -2.5 CRHDP -0.3]
・ダーリング英財務相「英政府が経済を支援するために十分に役割を果たすべき」

2009年9月30日のFX要人発言・ニュース

イングランド銀行(BOE)[NP     HDP -2.6 CHDP -0.1 RHDP -2.6 CRHDP +0.0]
イングランド銀行(BOE)・イングランド銀行(BOE)が29日に開催したセミナーでは、「金融機関がBOEに積む準備預金の金利を近々に変更することは計画していない」ことが関係者の話として明らかになったと報じられている。

連邦準備制度理事会(FRB)[NP     HDP -3.1 CHDP +0.0 RHDP -3.1 CRHDP +0.0]
連邦準備制度理事会(FRB)・米連邦準備理事会(FRB)は29日、2012年8月-2012年9月に償還期限を迎える米国債35億4500万ドルを購入したと発表した。

アリスター・ダーリング[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
アリスター・ダーリング・ダーリング英財務相「銀行の高額賞与に対し監督する当局を設置する考えはない」

アリスター・ダーリング[NP-5.6 HDP -2.5 CHDP -0.3 RHDP -2.5 CRHDP -0.3]
アリスター・ダーリング・ダーリング英財務相「英政府が経済を支援するために十分に役割を果たすべき」

アクセル・ウェーバー[NP+2.0 HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.2]
アクセル・ウェーバー・ウェーバー・ドイツ連銀総裁「国際間の金融システムは安定してきた」

アクセル・ウェーバー[NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.2]
アクセル・ウェーバー・ウェーバー・ドイツ連銀総裁「IMFの出口戦略は安定化していることが必要」

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・29日のニューヨーク外国為替市場で円は弱含み。米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)が発表した7月S&Pケース・シラー住宅価格指数が市場予想平均より強かったことを背景に米長期金利が一時上昇。対ドルで円売りが強まると他の通貨に対しても円売りが波及した。米大手民間調査機関のコンファレンス・ボードが発表した9月米消費者信頼感指数が市場予想平均を下回ると、米国株式相場が下げに転じたことを受けた円買いでいったん下げ止まったが、米国株の下値が限られたため徐々に円売りに押され値を下げた。

チャールズ・プロッサー[NP+4.0 HDP +4.3 CHDP -0.1 RHDP +4.3 CRHDP -0.1]
チャールズ・プロッサー・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「FRBが景気刺激策を巻き戻すときは速やかに力強く行動するだろう」

チャールズ・プロッサー[NP+5.0 HDP +4.4 CHDP +0.1 RHDP +4.4 CRHDP +0.1]
チャールズ・プロッサー・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「米経済は2010年に3.0%、2011年に2.7%成長する見通し」

チャールズ・プロッサー[NP+5.0 HDP +4.5 CHDP +0.1 RHDP +4.5 CRHDP +0.1]
チャールズ・プロッサー・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「米ドルは弱い」

チャールズ・プロッサー[NP     HDP +4.5 CHDP +0.1 RHDP +4.5 CRHDP +0.1]
チャールズ・プロッサー・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「米ドルは時折表現されているほど弱くはない」

チャールズ・プロッサー[NP+7.0 HDP +4.7 CHDP +0.2 RHDP +4.7 CRHDP +0.2]
チャールズ・プロッサー・プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁「FRBは政策金利を0.50%から0.75%引き上げる準備が必要だろう」

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP -0.7 CRHDP -0.1]
日本銀行(日銀)関係・日銀が「社債とCP買い入れの停止を検討している」と関係者への取材内容として伝えた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・30日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は売り先行後は買い戻された。対ドルで、仲値に向けて円売りが膨らむと他の通貨にも売りが広がった。五十日である上、中間期末でもあり仲値に向けた円売りが強まることを見越した仕掛け的な円売りも出たようだ。ただ、国内輸出企業からの円買いがまとまった規模で入ると買い戻しが強まり値を戻した。

日本政府関係[NP     HDP +0.4 CHDP -0.3 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
日本政府関係・吉川内閣府副大臣「民間のエコノミストと今週にも意見交換会を初開催」

国際通貨基金(IMF)[NP+2.0 HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP +0.8 CRHDP +0.1]
国際通貨基金(IMF)・国際通貨基金(IMF)は30日、システミックリスクが大幅に低下し、世界の金融機関が抱える評価損の見通しを以前示した4兆ドルから3.4兆ドルに引き下げたと発表した。

藤井裕久[NP     HDP +3.1 CHDP -0.5 RHDP +3.1 CRHDP -0.5]
藤井裕久・藤井裕久財務相「G7では日本経済を内需主導型の成長に変え、その上で国際協調をすると説明する」

藤井裕久[NP+6.4 HDP +3.3 CHDP +0.2 RHDP +3.3 CRHDP +0.2]
藤井裕久・藤井裕久財務相「G7では最近の円高について取り上げる予定はない」

アクセル・ウェーバー[NP+3.0 HDP +0.2 CHDP +0.1 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
アクセル・ウェーバー・ウェーバー・ドイツ連銀総裁「物価や金融の安定に妥協はない」

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・30日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は荒い値動き。半期末の仲値決済を通過したこともあり、暫く積極的な売買は手控えられていたが、対ドルで欧州オセアニア通貨が買われると、つられて円売り欧州通貨買い、円売りオセアニア通貨買いが出て値を下げた。ただ、欧州市場の取引時間帯に入り、藤井財務相が「G7では最近の円高について取り上げる予定はない」などと述べたと伝わると介入警戒感が後退し対ドル中心に円買いが強まり値を戻している。

欧州中央銀行(ECB)関係[NP     HDP -3.0 CHDP +0.1 RHDP -3.0 CRHDP +0.1]
欧州中央銀行(ECB)関係・ECB(欧州中央銀行)は30日、1年物資金入札オペで752億ユーロを供給したと発表した。

日本政府関係[NP     HDP +0.4 CHDP -0.3 RHDP +0.4 CRHDP -0.3]
日本政府関係・財務省は30日、8月28日-9月28日の間に外国為替市場で為替介入を実施しなかったことを明らかにした。介入額ゼロは66カ月連続となる。

温家宝[NP-4.6 HDP -3.0 CHDP -0.2 RHDP -3.0 CRHDP -0.2]
温家宝・温家宝中国首相「持続的で安定した経済政策を維持する」

世界の政策金利関係[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
世界の政策金利関係・ポーランド中央銀行は30日、政策金利を現行の3.50%に据え置くことを決めたと発表した。

国際通貨基金(IMF)[NP     HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP +0.8 CRHDP +0.1]
国際通貨基金(IMF)・国際通貨基金(IMF)は30日、2009年第2四半期の外貨準備に占めるドルの割合が62.8%と第1四半期の65%から低下したと公表した。また、ユーロの割合は25.9%から27.5%に上昇し、円も2.9%から3.1%に上昇した。

デニス・ロックハート[NP-5.0 HDP -2.8 CHDP -0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
デニス・ロックハート・ロックハート・米アトランタ連銀総裁「景気刺激策を終わらせる時期ではない」

デニス・ロックハート[NP     HDP -2.8 CHDP -0.1 RHDP -2.8 CRHDP -0.1]
デニス・ロックハート・ロックハート・米アトランタ連銀総裁「米経済に強弱入り混じる要素が見られる」

デニス・ロックハート[NP-4.0 HDP -2.8 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP +0.0]
デニス・ロックハート・ロックハート・米アトランタ連銀総裁「商業用不動産にリスクが見られる」

デニス・ロックハート[NP+1.0 HDP -2.7 CHDP +0.1 RHDP -2.7 CRHDP +0.1]
デニス・ロックハート・ロックハート・米アトランタ連銀総裁「雇用の喪失のペースは鈍化した」

会社・企業関係[NP     HDP -3.5 CHDP -3.5 RHDP -3.5 CRHDP -3.5]
会社・企業関係・インド携帯電話ブハルティ・エアテルと南アのMTNグループとの事業統合交渉が中止となったことを受けてMTNグループ株が下落し、ドル買いランド売りが膨らんでいる。ドルランドは一時7.6158ランドと本日高値をつけたほか、、ランド円は11.78円と本日安値を更新した。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・30日の欧州外国為替市場で円は底堅い動き。序盤は、a href="http://55v.info/person/hirohisa-hujii/">藤井財務相が「G7では最近の円高について取り上げる予定はない」などと述べ、介入警戒感が後退したため円買いが入った。その後、時間外のダウ先物が上昇したことなどを材料に、持ち高解消の円売りが出る場面もあったが、9月シカゴPMIが予想より弱い内容となったことをきっかけに現物の米国株が下げに転じると、再び円買いが強まった。対スイスフランでは、スイス国立銀行(SNB)の介入観測を背景に円買いが膨らんだ。
【 通貨ペア 】
・ドル円は売り先行後、下げ渋り。9月ADP雇用リポートが予想より弱い内容となったことを受けて一時1ドル=89円35銭前後まで値を下げたものの、売り一巡後はショートカバーでやや値を戻している。対スイスフランでドル買いが進んだ影響を受けたほか、4-6月期米GDP確定値が予想より強い内容となったことを背景に米長期金利が上昇したことが下値を支えた。
・スイスフラン円は下落。一時本日安値となる1スイスフラン=85円94銭前後まで値を下げた。SNBによるスイスフラン売り介入観測を背景に円買いスイスフラン売りが膨らんだ。
・ユーロドルは、さえない。ダウ先物や原油先物価格の上昇を受けた買いが入ったほか、ロンドンフィキシング(日本時間24時)でユーロドルの買いが入るとの憶測を背景に、買いが広がった。18時30分過ぎに一時本日高値となる1ユーロ=1.4675ドル前後まで値を上げた。ただ、買い一巡後は売りに押される展開に。ドル・スイスフランの上昇につれたユーロ売りドル買いが出たほか、NYダウが一時100ドル超下落したことを背景にリスク資産圧縮目的の売りが強まった。23時過ぎに一時本日安値となる1.4575ドル前後まで値を下げた。

バラク・オバマ[NP-5.0 HDP -1.2 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
バラク・オバマ・オバマ米大統領は「数千件の雇用の創出に向け50億ドル規模の計画を発表する」と報じられた。

[ Previous / Next ]

FX相場に関係する主な重要人物

ベン・バーナンキ マリオ・ドラギ 白川方明 マーヴィン・キング
ベン・バーナンキ マリオ・ドラギ 白川方明 マーヴィン・キング

重要人物・その他の発言・ニュース