2010年1月14日の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・13日のニューヨーク外国為替市場で円は一進一退。序盤ダウ先物が持ち直すと投資家のリスク志向が改善し円売りが出たほか、対ポンドでの円売りも円全体の重しとなり値を下げた。現物の米国株式相場が一時下げに転じると利益確定の円買いが強まり値を上げたものの、その後米国株が持ち直したため売りに押された。対ドルでは米10年債入札後に米長期金利が上昇幅を広げたことも売りを誘った。米連邦準備理事会(FRB)が公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)には、特に目立った反応はなかった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。豪連邦統計局が発表した12月の豪雇用統計が予想より強い内容だったと伝わると、対豪ドル中心に円売りが膨らんだため、他の通貨に対しても円売りが波及した。時間外の米株価指数先物の上昇や日本株高も円の重しとなった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は下げ幅を拡大。急ピッチで円安が進行した反動で下げ渋る場面もあったが欧州勢参入後に再び円売りが優勢となった。午前中に発表された12月豪雇用統計が予想より強い内容となったことを蒸し返す格好で、対豪ドル中心に円売りが強まると他の通貨に対しても円売りが波及した。日本、アジア株高も引き続き円の重しとなった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・企業や政府の信用リスクが取引対象となるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、ギリシャに対する保証コストが上昇。信用情報会社CMAデータビジョン(ロンドン)によると、ギリシャのソブリンCDS5年物のスプレッドは昨日の327.7から339.0bpまでワイドニングし過去最大となった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日の欧州外国為替市場で円は下げ渋り。強い豪雇用指標を蒸し返す格好で、欧州勢からも対豪ドルで円売りが出たことや、ポンドに対しても一時円売りが膨らんだことなどが円全体を押し下げた。ただ、時間外のダウ先物が上値の重い展開で投資家のリスク志向は高まらず円売りの勢いは徐々に後退した。その後は、ドルに対する欧州オセアニア通貨の売りが、円買い外貨売りを誘っており徐々に円は下げ幅を縮小した。
【 通貨ペア 】
・ドル円は18時過ぎに1ドル=92円05銭前後と本日高値を付けた。ユーロ円も18時過ぎに1ユーロ=133円65銭前後と日通しの高値まで上げた。
・ユーロドルは買い先行後、断続的な売りに押し戻された。豪ドル米ドルの買いに連動してユーロ買いドル売りが入り、16時過ぎに1ユーロ=1.4557ドル前後と本日高値を付けた。ただ、時間外の米株価指数先物の上値が重く、投資家のリスク許容度も高まらなかったため買いは長続きしなかった。欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表を前に、ポジション調整の売りが断続的に出ると徐々に値を下げ、21時30分過ぎには1ユーロ=1.4477ドル前後と本日安値まで下げた。また、ECBは14日に開いた定例理事会で、政策金利を1.00%に据え置くことを決めたと21時45分に発表したが、予想通りの結果だったこともあって反応は見られなかった。その後は、22時30分から開始予定のhttp://55v.info/person/trichet/トリシェECB総裁の定例会見待ちの状況だ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

ケイト・バーカー[NP+4.0 HDP -3.8 CHDP +1.3 RHDP -3.8 CRHDP +1.3]
・バーカー・イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会委員「2010年後半の英国経済については、より楽観的にみている」

ゲオルギオス・パパンドレウ[NP     HDP -7.4 CHDP -0.4 RHDP -7.4 CRHDP -0.4]
・ギリシャのパパンドレウ首相は13日、「銀行を含めた富裕層は、ギリシャの財政を強化するために必要な厳しい対策により多く支払うことになるだろう」と述べたと報じられた。また、公的支出の削減に対しては「公的サービスの削減ではなく、無駄使いを減らすことを意味する」との考えを示した。

チャールズ・エバンズ[NP+4.8 HDP +0.6 CHDP +0.2 RHDP +0.6 CRHDP +0.2]
・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「成長は2009年第4四半期に加速したようだ」

チャールズ・エバンズ[NP     HDP +0.6 CHDP +0.2 RHDP +0.6 CRHDP +0.2]
・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「政策変更の前には、経済が力強く持続可能な形で改善しなければならない」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP+4.0 HDP -1.1 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「10地区が経済活動の増加と状況の改善を示した」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP-4.0 HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.4]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場は依然として弱い」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP-4.0 HDP -1.2 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP +0.1]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「商業用不動産はほぼ全地区で依然として弱い」

米政府関係[NP+4.0 HDP -1.1 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「製造業活動は拡大もしくは安定していた」

米政府関係[NP-4.6 HDP -1.2 CHDP -0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「借り入れ需要は低下が続き弱いままで、信用の質は劣化が続いている」

ウィリアム・ダドリー[NP-6.4 HDP -2.8 CHDP -0.3 RHDP -2.8 CRHDP -0.3]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「短期金利はかなりの期間低水準にとどまる」「『長期にわたり』とは最低6ヶ月間を意味する」

ウィリアム・ダドリー[NP+4.0 HDP -2.3 CHDP +0.5 RHDP -2.3 CRHDP +0.5]
・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げの前に雇用の成長を見たい」「米雇用者数は数カ月で上昇する」

フィッチ・レーティングス[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは14日、中国の格付けを「A+」を据え置くと発表。同時に「中国の銀行資産の質については懸念している」と表明した。また、「中国の投資支出や信用の急速な伸びは持続的ではない」との見方を示した。

菅直人[NP+4.6 HDP -2.9 CHDP +0.3 RHDP -2.9 CRHDP +0.3]
・菅直人財務相「一段の政策手段は経験ある日銀の権能の中で決定してほしい」「よほどの急激な変動がない限り、為替は市場が決めるという原則に沿って対応する」「2月G7で人民元の議論があれば日本に影響があるため注意深く対応する」

ジャン=クロード・トリシェ[NP+5.6 HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.2 CRHDP -0.2]
・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは必要のない措置は徐々に解除していく見込み」

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

アジア開発銀行関係[NP-4.0 HDP +0.6 CHDP -1.6 RHDP +0.6 CRHDP -1.6]
・黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁「中国の預金準備率引き上げは適切で、中国の政策は依然景気刺激的」

2010年1月14日のFX要人発言・ニュース

ケイト・バーカー[NP+4.0 HDP -3.8 CHDP +1.3 RHDP -3.8 CRHDP +1.3]
ケイト・バーカー・バーカー・イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会委員「2010年後半の英国経済については、より楽観的にみている」

ケイト・バーカー[NP+4.0 HDP -2.8 CHDP +1.0 RHDP -2.8 CRHDP +1.0]
ケイト・バーカー・バーカー・イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会委員「英経済は、昨年の第4四半期におそらくプラス成長だった」

ケイト・バーカー[NP+2.0 HDP -2.3 CHDP +0.5 RHDP -2.3 CRHDP +0.5]
ケイト・バーカー・バーカー・イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会委員「2010年前半の英国経済は、むらのある状態だろう」

米政府関係[NP     HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
米政府関係・米財務省は13日、ガイトナー米財務長官が来月5-6日にカナダで開催される7カ国(G7)財務相中央銀行総裁会議に出席する事を発表した。

ゲオルギオス・パパンドレウ[NP     HDP -7.4 CHDP -0.4 RHDP -7.4 CRHDP -0.4]
ゲオルギオス・パパンドレウ・ギリシャのパパンドレウ首相は13日、「銀行を含めた富裕層は、ギリシャの財政を強化するために必要な厳しい対策により多く支払うことになるだろう」と述べたと報じられた。また、公的支出の削減に対しては「公的サービスの削減ではなく、無駄使いを減らすことを意味する」との考えを示した。

米政府関係[NP     HDP -1.2 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
米政府関係・米財務省によると、10年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが3.754%、応札倍率(カバー)が3.00倍となった。

チャールズ・エバンズ[NP-4.0 HDP +0.5 CHDP -0.2 RHDP +0.5 CRHDP -0.2]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「米失業率は2010年緩やかにしか低下しない可能性がある」

チャールズ・エバンズ[NP-4.0 HDP +0.3 CHDP -0.2 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「信用のひっ迫と企業、家計の慎重な姿勢は景気回復の強さを抑制するだろう」

チャールズ・エバンズ[NP+3.6 HDP +0.4 CHDP +0.1 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「インフレ率は比較的安定を維持する見通しだが、インフレの不透明性は存在する」

チャールズ・エバンズ[NP+4.8 HDP +0.6 CHDP +0.2 RHDP +0.6 CRHDP +0.2]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「成長は2009年第4四半期に加速したようだ」

S&P(スタンダード&プアーズ)[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
S&P(スタンダード&プアーズ)・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は13日、米カリフォルニア州の格付けを「A」から「A-」に引き下げたと発表した。

チャールズ・エバンズ[NP     HDP +0.6 CHDP +0.2 RHDP +0.6 CRHDP +0.2]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「政策変更の前には、経済が力強く持続可能な形で改善しなければならない」

会社・企業関係[NP     HDP -3.5 CHDP -3.5 RHDP -3.5 CRHDP -3.5]
会社・企業関係・バンク・オブ・アメリカ(BOA)は「賞与に対する現金の比率を15%に引き下げると関係者が述べた」と報じられた。

連邦準備制度理事会(FRB)[NP+3.0 HDP -1.2 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.4]
連邦準備制度理事会(FRB)・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「経済活動は依然低水準であるが、状況は緩やかに改善している」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP+4.0 HDP -1.1 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.0]
連邦準備制度理事会(FRB)・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「10地区が経済活動の増加と状況の改善を示した」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP-4.0 HDP -1.1 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP +0.4]
連邦準備制度理事会(FRB)・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「労働市場は依然として弱い」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP-4.0 HDP -1.2 CHDP -0.1 RHDP -0.6 CRHDP +0.1]
連邦準備制度理事会(FRB)・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「商業用不動産はほぼ全地区で依然として弱い」

連邦準備制度理事会(FRB)[NP+2.0 HDP -1.1 CHDP +0.1 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
連邦準備制度理事会(FRB)・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「年末にかけて、ほとんどの地域で住宅販売が増加した」「居住用不動産の建設はほとんどの地域で低い水準のままだ」

米政府関係[NP+4.0 HDP -1.1 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
米政府関係・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「製造業活動は拡大もしくは安定していた」

米政府関係[NP-4.6 HDP -1.2 CHDP -0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
米政府関係・米地区連銀経済報告(ベージュブック)「借り入れ需要は低下が続き弱いままで、信用の質は劣化が続いている」

チャールズ・エバンズ[NP-4.0 HDP +0.4 CHDP -0.2 RHDP +0.4 CRHDP -0.2]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「extendedは、3から4回以上のFOMCの間の政策変更のないことを示唆」

チャールズ・エバンズ[NP     HDP +0.4 CHDP -0.2 RHDP +0.4 CRHDP -0.2]
チャールズ・エバンズ・エバンズ・米シカゴ連銀総裁「extended period についてFOMCで話し合われるだろう」

ジム・フラハティ[NP+4.0 HDP -1.6 CHDP +0.2 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
ジム・フラハティ・フラハティ・カナダ財務相「カナダは将来的には輸出超過となる見通し」

ジム・フラハティ[NP+4.0 HDP -1.5 CHDP +0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
ジム・フラハティ・フラハティ・カナダ財務相「カナダの財政赤字は比較的小さい」

会社・企業関係[NP     HDP -3.5 CHDP -3.5 RHDP -3.5 CRHDP -3.5]
会社・企業関係・ドバイワールドが債権団に対し、「債務220億ドルの返済を6カ月猶予を提案する方針である」と英紙タイムズが報じた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・13日のニューヨーク外国為替市場で円は一進一退。序盤ダウ先物が持ち直すと投資家のリスク志向が改善し円売りが出たほか、対ポンドでの円売りも円全体の重しとなり値を下げた。現物の米国株式相場が一時下げに転じると利益確定の円買いが強まり値を上げたものの、その後米国株が持ち直したため売りに押された。対ドルでは米10年債入札後に米長期金利が上昇幅を広げたことも売りを誘った。米連邦準備理事会(FRB)が公表した米地区連銀経済報告(ベージュブック)には、特に目立った反応はなかった。

ウィリアム・ダドリー[NP-6.4 HDP -2.8 CHDP -0.3 RHDP -2.8 CRHDP -0.3]
ウィリアム・ダドリー・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「短期金利はかなりの期間低水準にとどまる」「『長期にわたり』とは最低6ヶ月間を意味する」

ウィリアム・ダドリー[NP+4.0 HDP -2.3 CHDP +0.5 RHDP -2.3 CRHDP +0.5]
ウィリアム・ダドリー・ダドリー・ニューヨーク連銀総裁「利上げの前に雇用の成長を見たい」「米雇用者数は数カ月で上昇する」

ジュリア・ギラード[NP+4.4 HDP +4.4 CHDP 0.00 RHDP +4.4 CRHDP 0.00]
ジュリア・ギラード・ギラード豪副首相「豪経済は他の国より良い」「豪景気刺激策が良い影響を与えている」「豪州は景気刺激策を段階的に巻き戻す」

アジア開発銀行関係[NP     HDP +2.2 CHDP +0.7 RHDP +2.2 CRHDP +0.7]
アジア開発銀行関係・黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁「2009年のアジア経済成長は4.5%、2010年は6.6%となる」

アジア開発銀行関係[NP-4.0 HDP +0.6 CHDP -1.6 RHDP +0.6 CRHDP -1.6]
アジア開発銀行関係・黒田東彦アジア開発銀行(ADB)総裁「中国の預金準備率引き上げは適切で、中国の政策は依然景気刺激的」

フィッチ・レーティングス[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
フィッチ・レーティングス・格付け会社フィッチは14日、中国の格付けを「A+」を据え置くと発表した。また、見通しも「安定的」のままとした。

フィッチ・レーティングス[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
フィッチ・レーティングス・格付け会社フィッチは14日、中国の格付けを「A+」を据え置くと発表。同時に「中国の銀行資産の質については懸念している」と表明した。また、「中国の投資支出や信用の急速な伸びは持続的ではない」との見方を示した。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・14日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。豪連邦統計局が発表した12月の豪雇用統計が予想より強い内容だったと伝わると、対豪ドル中心に円売りが膨らんだため、他の通貨に対しても円売りが波及した。時間外の米株価指数先物の上昇や日本株高も円の重しとなった。

菅直人[NP     HDP -3.2 CHDP +0.0 RHDP -3.2 CRHDP +0.0]
菅直人・菅直人財務相「為替相場は基本的に市場が決めること」

菅直人[NP+4.6 HDP -2.9 CHDP +0.3 RHDP -2.9 CRHDP +0.3]
菅直人・菅直人財務相「一段の政策手段は経験ある日銀の権能の中で決定してほしい」「よほどの急激な変動がない限り、為替は市場が決めるという原則に沿って対応する」「2月G7で人民元の議論があれば日本に影響があるため注意深く対応する」

中国政府関係[NP     HDP +0.6 CHDP +0.3 RHDP +0.6 CRHDP +0.3]
中国政府関係・中国は14日、「人民元を安定維持することは中国や世界にとって重要である」との声明を発表した。

野田佳彦[NP     HDP -1.6 CHDP +3.4 RHDP -1.6 CRHDP +3.4]
野田佳彦・野田財務副大臣「外為特別会計の積み立て方をどうするかの議論はあり得る」

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・14日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は下げ幅を拡大。急ピッチで円安が進行した反動で下げ渋る場面もあったが欧州勢参入後に再び円売りが優勢となった。午前中に発表された12月豪雇用統計が予想より強い内容となったことを蒸し返す格好で、対豪ドル中心に円売りが強まると他の通貨に対しても円売りが波及した。日本、アジア株高も引き続き円の重しとなった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・企業や政府の信用リスクが取引対象となるクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、ギリシャに対する保証コストが上昇。信用情報会社CMAデータビジョン(ロンドン)によると、ギリシャのソブリンCDS5年物のスプレッドは昨日の327.7から339.0bpまでワイドニングし過去最大となった。

世界の政策金利関係[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
世界の政策金利関係欧州中央銀行(ECB)は14日に開いた定例理事会で、政策金利を1.00%に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・14日の欧州外国為替市場で円は下げ渋り。強い豪雇用指標を蒸し返す格好で、欧州勢からも対豪ドルで円売りが出たことや、ポンドに対しても一時円売りが膨らんだことなどが円全体を押し下げた。ただ、時間外のダウ先物が上値の重い展開で投資家のリスク志向は高まらず円売りの勢いは徐々に後退した。その後は、ドルに対する欧州オセアニア通貨の売りが、円買い外貨売りを誘っており徐々に円は下げ幅を縮小した。
【 通貨ペア 】
・ドル円は18時過ぎに1ドル=92円05銭前後と本日高値を付けた。ユーロ円も18時過ぎに1ユーロ=133円65銭前後と日通しの高値まで上げた。
・ユーロドルは買い先行後、断続的な売りに押し戻された。豪ドル米ドルの買いに連動してユーロ買いドル売りが入り、16時過ぎに1ユーロ=1.4557ドル前後と本日高値を付けた。ただ、時間外の米株価指数先物の上値が重く、投資家のリスク許容度も高まらなかったため買いは長続きしなかった。欧州中央銀行(ECB)の政策金利発表を前に、ポジション調整の売りが断続的に出ると徐々に値を下げ、21時30分過ぎには1ユーロ=1.4477ドル前後と本日安値まで下げた。また、ECBは14日に開いた定例理事会で、政策金利を1.00%に据え置くことを決めたと21時45分に発表したが、予想通りの結果だったこともあって反応は見られなかった。その後は、22時30分から開始予定のhttp://55v.info/person/trichet/トリシェECB総裁の定例会見待ちの状況だ。

ジャン=クロード・トリシェ[NP-2.0 HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +1.8 CRHDP -0.1]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「現在の政策金利は引き続き適切だ」

ジャン=クロード・トリシェ[NP-4.0 HDP +0.0 CHDP -0.1 RHDP +1.7 CRHDP -0.1]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ期待はしっかりと抑制されている」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.0 CHDP -0.1 RHDP +1.7 CRHDP -0.1]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済の見通しに対するリスクは、幅広くバランスが取れている」

ジャン=クロード・トリシェ[NP+4.0 HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「最新の情報で2009年末経済活動が拡大したことが確認された」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.4 CRHDP -0.3]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「銀行は資本ベースの増強へ措置をとるべき」

ジャン=クロード・トリシェ[NP-4.0 HDP +0.0 CHDP -0.1 RHDP +1.4 CRHDP +0.0]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「流動性は必要なときに吸収されるだろう」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.0 CHDP -0.1 RHDP +1.4 CRHDP +0.0]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはどの国に対しても担保的枠組みを変更しない見通し」

ジャン=クロード・トリシェ[NP+5.6 HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.2 CRHDP -0.2]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは必要のない措置は徐々に解除していく見込み」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.2 CRHDP -0.2]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「今年末まで金利が上昇した場合の市場の価格設定に対してコメントはしない」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.2 CRHDP -0.2]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「(次回の6カ月物オペに関して)議論はなかった」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.2 CRHDP -0.2]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「(為替相場について)強いドルは重要」

ジャン=クロード・トリシェ[NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +1.2 CRHDP -0.2]
ジャン=クロード・トリシェ・トリシェ欧州中央銀行(ECB)総裁「米国の為替に関するコメントを支持する」

ルーカス・パパデモス[NP     HDP -2.4 CHDP -0.4 RHDP -2.4 CRHDP -0.4]
ルーカス・パパデモス・パパデモス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ECBの次の役割についてコメントはしない」

[ Previous / Next ]

FX相場に関係する主な重要人物

ベン・バーナンキ マリオ・ドラギ 白川方明 マーヴィン・キング
ベン・バーナンキ マリオ・ドラギ 白川方明 マーヴィン・キング

重要人物・その他の発言・ニュース