2016年8月3日の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日のニューヨーク外国為替市場で円は堅調。序盤は原油高を背景に資源国通貨などに対してドル安が進んだため、円に対してもドル安が進んだ。そのあとはダウ平均が一時150ドル超下げ、ナイトセッションの日経平均先物が350円下落したため、投資家がリスク回避姿勢を強め円買いドル売りが膨らんだ。WTI原油先物価格が失速し3カ月半ぶりの安値を付けると、資源国通貨に対しても円買いが優勢となった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。昨日の海外時間に全般円買いが強まった反動が出たほか、一時250円超下落した日経平均株価が次第に下げ幅を縮めたことも相場の重しとなった。もっとも、株価の買い戻しが一服すると手掛かり材料に乏しくなり、本日安値圏でのもみ合いとなった。なお、浅川雅嗣財務官は「為替市場に神経質な動きがある」「為替市場を注視している」などの見解を示した。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は伸び悩み。午後の日経平均株価が330円超安まで下げ幅を広げたことをながめ、リスク回避目的の買いが先行した。もっとも、買い一巡後は伸び悩む展開に。対ドルなどで上値の重さを確認したうえ、財務省が15時から日銀、金融庁との当局者会合を開催すると明らかにしたことも円相場の重しになった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日の欧州外国為替市場で円は下値が堅い。下落して始まったナイトセッションの日経平均先物が下げ渋るにつれて円を売る動きが強まった。ただ、対ドルで欧州通貨売りが進むとつれる形で円買い欧州通貨売りが入るなど徐々に下値を切り上げた。一方、ドルに対しては方向感がない。日経平均先物の下げ渋りに伴う円売りが出た半面、米長期金利の低下が下値を支えた。一方で、全般ドル買いが進んだ影響から戻りも限定的となっている。なお、7月ADP全米雇用報告で、政府部門を除く非農業部門雇用者数は予想より強い内容だったが、相場への影響は限られた。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=101円38銭前後まで値を上げた後は101円ちょうど付近まで伸び悩んだが下値は堅い。
・ユーロ円は1ユーロ=113円50銭台まで上げたものの、その後は売りに押され本日安値の112円98銭前後に接近した。
・ユーロドルは弱含み。ユーロポンドなどの下落につれたうえ、全般ドル買い圧力が高まった影響からユーロ売りドル買いが進行。1ユーロ=1.11758ドル前後まで値を下げた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

日本銀行(日銀)関係[NP-3.6 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
・6月15-16日分の金融政策決定会合議事要旨「ある委員は、日本経済は雇用・所得環境の改善を背景に、基調としては緩やかに拡大していくと考えられるが、このところ個人消費の一部に弱さがみられることや、円高の負の影響が今後現れてくることを踏まえると、下振れリスクは大きいとの見方を示した 」

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

安倍晋三[NP-3.6 HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「金融政策の具体的手段は日銀にゆだねるべきだ」「日銀が物価目標に向かって進んでいくものと考えている」

2016年8月3日のFX要人発言・ニュース

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係・日銀は2日、株価指数連動型の上場投資信託(ETF)買い入れ額の増額について、財務相と金融庁長官から認可を得たと発表した。3日以降のETF買い入れから新しい方針を適用する。日銀は7月28-29日に開いた金融政策決定会合でETFの買い入れ額を従来の年約3.3兆円から年約6兆円に増やすことを決めていた。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・米7月自動車販売でトヨタは前年同月比1.4%減となった。予想は2.9%減。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米10年物国債利回りは上昇幅を縮めた。0時15分時点では前日比0.0154%高い1.5369%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近9月限は失速。0時21分時点では前日比0.06ドル高の1バレル=40.12ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・カナダドルは一転下落。原油先物相場が急失速したことに伴い全般カナダドルを売る動きが優勢に。米ドルカナダドルは1.3005カナダドルから1.3090カナダドル台まで急反発し、カナダドル円は77.10円まで下落した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・資源国のクロス円は軟調。ダウ平均の下落や原油先物価格の失速で円買い資源国通貨売りが優勢となった。南アフリカランド円は一時本日安値となる7.21円、NZドル円は72.97円、カナダドル円は77.00円まで値を下げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近9月限は軟調。一時1バレル=39.35ドルと4月18日以来の安値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数はさえない。0時50分時点では前営業日比116.82ポイント(0.80%)安の14465.92で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のメキシコ株式相場はじり安。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時59分現在、前日比378.92ポイント(0.81%)安の46428.32で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は軟調。ダウ平均が一時120ドル超下げたほか、ナイトセッションの日経平均先物が330円下落。投資家がリスク回避姿勢を強め円買いドル売りが優勢となった。1時30分過ぎに一時100.682円と7月11日以来の安値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで頭が重い。1時41分時点では大証終値比320円安の1万6020円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米10年物国債利回りは上昇幅を縮めた。1時55分時点では前日比0.0034%高い1.5248%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米10年物国債利回りは低下に転じた。2時1分時点では前日比0.0035%低い1.5180%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで下げ幅を拡大。2時7分時点では大証終値比350円安の1万5990円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米国株式相場は売りが優勢。ダウ工業株30種平均は2時9分時点では前日比151.18ドル安の18253.33ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同71.76ポイント安の5112.43で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のロンドン株式相場は続落。FTSE100種総合株価指数は前日終値比48.55ポイント安の6645.40で取引を終えた。銀行株が全面安の展開となり、指数を押し下げた。原油先物相場が急失速したため、引けにかけては石油株が売られるなど総じてさえない動きとなった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の12月限は高値圏でもみ合い。2時41分時点では前日比12.1ドル高の1トロイオンス=1371.7ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近9月限は戻りが鈍い。2時37分時点では前日比0.66ドル安の1バレル=39.40ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間3日3時時点の水準で、前日終値比0.078%高い(価格は安い)0.808%だった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の欧州国債相場は下落(利回りは上昇)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間3日3時時点の水準で、前日終値比0.062%高い(価格は安い)マイナス0.036%だった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ポンドドルは買いが優勢。全般ドル安が進んだ流れに沿ったほか、市場では「4日の英中銀金融政策委員会(MPC)前にポジション調整に伴うポンド買いが入った」との指摘があり一時1.3366ドルまで上値を伸ばした。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米10年物国債利回りは再び上昇。3時38分時点では前日比0.0103%高い1.5317%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米国株式相場は下げ渋り。ダウ工業株30種平均は3時49分時点では前日比97.08ドル安の18307.43ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同39.42ポイント安の5144.77で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは低下が一服。3時30分過ぎに95.007まで低下したものの、一巡後はやや下値を切り上げ4時6分時点では95.07付近で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで下げ幅を縮小。4時26分時点では大証終値比270円安の1万6070円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米10年物国債利回りはやや上昇。4時42分時点では前日比0.0154%高い1.5369%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のシカゴオプション市場(CBOE)でS&P500種株価指数オプションの値動きに基づいて算出される変動性指数(VIX、恐怖指数)は上昇。4時33分時点では13.59と前日の清算値12.44から1.15ポイント高い水準で推移している。

デニス・ロックハート[NP     HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
デニス・ロックハート・ロックハート・アトランタ連銀総裁「FEDの禁輸政策が限界に達したとは考えていない」「最近の資産価値はかなり高い」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日のニューヨーク金先物相場は4日続伸。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる12月限は前日比13.0ドル高の1トロイオンス=1372.6ドルとなった。一時1374.2ドルと7月11日以来の高値を付けた。外国為替市場でドル安が進むと、ドルと「逆相関」が生じやすいとされる金に買いが集まった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は7日続落。終値は前日比90ドル74セント安の18313ドル77セントとなった。欧州株式相場の下落につれて売りが先行。好業績で上昇が続いていた大型のハイテク株に利食い売りが広がり、一時150ドル超下落する場面があった。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は6営業日ぶりに反落し、同46.46ポイント安の5137.73で取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・2日の米国債券相場で長期ゾーンは続落。表面利率1.625%の10年物国債利回りは前日比0.03%高い(価格は安い)1.55%で終えた。日本の長期国債が急落したことを背景に米国債にも売りが広がった。利回りは一時1.57%まで上昇。一方で、原油安や米国株安を受けて債券を買い戻す動きも見られた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・2日のニューヨーク外国為替市場で円は堅調。序盤は原油高を背景に資源国通貨などに対してドル安が進んだため、円に対してもドル安が進んだ。そのあとはダウ平均が一時150ドル超下げ、ナイトセッションの日経平均先物が350円下落したため、投資家がリスク回避姿勢を強め円買いドル売りが膨らんだ。WTI原油先物価格が失速し3カ月半ぶりの安値を付けると、資源国通貨に対しても円買いが優勢となった。

国際通貨基金(IMF)[NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
国際通貨基金(IMF)・国際通貨基金(IMF)は、日本経済に関する年次審査の報告書を発表した。そのなかで、現状では経済成長、財政健全化、物価上昇のいずれの目標も予定通り達成できず、消費税増税を先送りするなど政策の不透明感も高まっていると分析するとともに、安倍政権の経済政策「アベノミクス」は「岐路に立たされており、思い切った改良が必要だ」と提言している。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・日本電産は、米電機大手エマソン・エレクトリックの産業用モーターや発電機などの事業を買収することで合意したと発表した。買収額は12億ドルに達するという。

ロシア政府関係[NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係・ロシア科学アカデミー極東研究所日本研究センター長のキスタノフ氏が、日本の内閣改造について「日露関係に何ら影響しない」との見方を示したうえで、日本の外交政策を担ってきた岸田外相が留任する可能性が高いことを歓迎するコメントを発したと報じている。

バラク・オバマ[NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
バラク・オバマ・オバマ米大統領は、シンガポールのシェンロン首相と会談し、TPPを早期に発効させる方針を確認した。また、会談後の会見でオバマ氏は「選挙が終われば政治的な論争ではなく、本来の協定の意義により注目が集まるはずだ。間違った情報も多く、党派を超えて語り合いたい」と述べ、選挙後の自身の任期中に、TPPの発効に向け議会の承認を得られるよう、全力を挙げる方針を強調している。

バラク・オバマ[NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
バラク・オバマ・オバマ米大統領は記者会見で、大統領選の共和党候補となった実業家トランプ氏について「大統領に不適格。なぜトランプ氏をまだ支持しているのか、共和党有力者は自分に問い掛けなければならない」と述べた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円はやや買いが先行。前日の海外市場で円高ドル安が進んだ反動から買い戻しが入り、7時30分過ぎには一時101.004円まで値を上げた。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
日本政府関係・東京新聞は、東京都知事選で自民党の推薦候補が敗れた責任を取り、党都連会長の石原経済再生担当相、幹事長の内田都議ら執行部が総辞職する意向であることが党都連関係者への取材で分かった、と報じている。4日の幹部会合で辞意を表明し、今後の対応を協議するという。

トルコ政府関係[NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
トルコ政府関係・エルドアン大統領が投資家との会合で「7月中旬のクーデター未遂後、欧米諸国から十分な支援を得られていない」「西側諸国はテロを支持し、クーデター参加者に味方している」と批判を展開したと報じている。

米政府関係[NP     HDP -1.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
米政府関係・有力欧米紙であるワシントンポスト(WP)は、米大統領選の共和党候補であるトランプ氏へのインタビューとして、11月に改選を迎えるライアン下院議長とマケイン上院議員の共和党有力者2人を「現時点では支持できない」と報じている。なお、この発言について同紙では、「尋常でない政治儀礼違反で、発言は波紋を広げそうだ」と結んでいた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日のシンガポール日経平均先物は、1万6105円で推移している。前日の大証夜間取引は1万6120円だった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・北朝鮮が弾道ミサイルを発射したという。

日本銀行(日銀)関係[NP-2.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.1]
日本銀行(日銀)関係・6月15-16日分の金融政策決定会合議事要旨「何人かの委員は、マイナス金利政策の効果は、既に貸出金利の低下や社債発行額の増加などにみられるが、実体経済への波及の度合いを見極める必要があり、現在の金融政策を継続すべきであると見解で一致した」「一人の委員は、銀行貸出全体の増加率は高まっておらず、マイナス金利政策の効果は明確にはみられないとの見方を示した」

日本銀行(日銀)関係[NP-2.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
日本銀行(日銀)関係・6月15-16日分の金融政策決定会合議事要旨「委員は、物価の基調的な動きが重要であるとの認識を共有した」「何人かの委員は、消費者物価(除く生鮮食品・エネルギー)の前年比が、4月に+0.9%とプラス幅を幾分縮小した背景として、個人消費の一部に弱さがみられることを挙げた」「このうち一人の委員は、こうしたもとで、新年度入り後の価格改定の動きは昨年ほど拡がっていないと述べた」

日本銀行(日銀)関係[NP-2.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.1]
日本銀行(日銀)関係・6月15-16日分の金融政策決定会合議事要旨「複数の委員は、サービス価格の伸びは高まっているが、財価格の伸びの鈍化を相殺するまでにはなっていないと述べた」

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP -0.1]
日本銀行(日銀)関係・6月15-16日分の金融政策決定会合議事要旨「複数の委員は、英国のEU離脱問題の帰趨が、欧州をはじめ世界経済に対して与える影響には注意が必要であるとの見解を述べた」「何人かの委員は、英国のEU離脱に関する国民投票の結果とその後の金融経済動向を見極める必要があると付け加えた」

日本銀行(日銀)関係[NP-3.6 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係・6月15-16日分の金融政策決定会合議事要旨「ある委員は、日本経済は雇用・所得環境の改善を背景に、基調としては緩やかに拡大していくと考えられるが、このところ個人消費の一部に弱さがみられることや、円高の負の影響が今後現れてくることを踏まえると、下振れリスクは大きいとの見方を示した 」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比164円安の1万6227円で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午前の東京株式市場で日経平均株価は弱含み。9時04分時点では前日比245.27円安の16146.18円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同22.83ポイント安の1277.37で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の債券先物相場は反発して始まった。先物中心限月である9月物は前日比32銭高の151円65銭で寄り付いた。前日の急落に対する買い戻しが先行した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円やクロス円は買い戻しが散見された。ドル円は101.189円、ユーロ円は113.518円、ポンド円は134.94円までじり高となった。

国際通貨基金(IMF)[NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
国際通貨基金(IMF)・エフェラールトIMF担当者「日本は景気回復に賃金上昇が必要」「日銀はなお金融政策の緩和余地がある」

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
日本政府関係・浅川雅嗣財務官「為替市場に神経質な動きがある」「為替市場を注視している」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の中国株式市場で上海総合指数は、前日比8.06ポイント(0.27%)安の2963.21で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・サム・ストヴァル氏は7月31日から10月21日までの期間中、S&P500が上昇した場合、現在の大統領の所属政党(民主党)が勝利し、下落した場合は共和党が勝利すると予測している。例外は3回で1956年、1968年、1980年の選挙であると指摘している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午前の東京株式市場で日経平均株価は下げ渋り。10時37分時点では前日比150.88円安の16240.57円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同17.66ポイント安の1282.54で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・豪ドルは強含み。豪ドル円は77.09円まで上げたほか、ユーロ豪ドルは1.47325豪ドルまで下押しした。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
日本政府関係・岸田外相は北朝鮮が弾道ミサイルを発射したことについて「ミサイルがわが国の排他的経済水域(EEZ)内に落下した」としたうえで、北京の大使館ルートを通じて北朝鮮に抗議したことを明らかにした。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近9月限は時間外取引で小高い。11時11分時点では前日比0.31ドル高の1バレル=39.82ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比141.48円安の16249.97円で午前の取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同18.10ポイント安の1282.10で終えた。

フランソワ・オランド[NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
フランソワ・オランド・フランスのオランド大統領は、米共和党の大統領候補であるトランプ氏が勝利した場合、世界中で政治的に保守色が強まり、右派が台頭する可能性があるとの認識を示した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の米10年物国債利回りは時間外取引でもみ合い。12時9分時点では前日比0.0034%高い1.5592%前後で推移している。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・3日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。昨日の海外時間に全般円買いが強まった反動が出たほか、一時250円超下落した日経平均株価が次第に下げ幅を縮めたことも相場の重しとなった。もっとも、株価の買い戻しが一服すると手掛かり材料に乏しくなり、本日安値圏でのもみ合いとなった。なお、浅川雅嗣財務官は「為替市場に神経質な動きがある」「為替市場を注視している」などの見解を示した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午前の中国株式市場で上海総合指数は上昇。前日比8.17ポイント(0.27%)高の2979.44で午前の取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の中国・上海総合指数は、新規株式公開(IPO)による需給悪化懸念が重荷となるも前々日に1ヶ月ぶり安値を付けて押し目買いが優勢となり、結局、前日比0.27%高の2979.44と続伸して午前の取引を終えた。なお、CSI300数は同0.21%高の3195.81と続伸して前引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午後の東京株式市場で日経平均株価はもみ合い。12時38分時点では前日比157.12円安の16234.33円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同19.92ポイント安の1280.28で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は伸び悩み。午後の日経平均株価が再び200円超安まで下げ幅を広げたことを受けて、やや上値が重くなった。12時44分時点では100.98-101.01円で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午後の債券先物相場は下値が堅い。13時21分時点で先物中心限月である9月物は前日比24銭高の151円57銭で推移している。日銀の国債買い入れオペが低調な結果だったとの見方から151円37銭まで下げたが、日経平均株価の下げ幅拡大が下値を支えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円やクロス円は売り継続。日経平均株価の300円超安を横目にドル円は100.776円、ユーロ円は113.018円、ポンド円は134.19円、豪ドル円は76.57円の安値まで弱含んだ。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午後の東京株式市場で日経平均株価は下げ渋り。13時56分時点では前日比265.71円安の16125.68円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同25.48ポイント安の1274.72で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日午後の中国株式市場で上海総合指数は伸び悩み。14時22分時点では前日比5.93ポイント(0.20%)高の2977.20で取引されている。

麻生太郎[NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.2]
麻生太郎・麻生太郎副総理兼財務・金融相「ブレグジット後、日本の発案でG7電話会談し為替乱高下防げた」

麻生太郎[NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP -0.2]
麻生太郎・麻生太郎副総理兼財務・金融相「2013年の共同声明以降、日銀と話通じるようになった」「昔に比べたら圧倒的に連携が良くなった」

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
日本政府関係・菅義偉官房長官「経産相に世耕弘成氏」

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
日本政府関係・山本幸三地方創生相「日銀は2%目標達成の約束を守ってもらいたい」「アベノミクス加速に向けてつとめたい」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の米株先物は15:32現在、前日比23ドル安の18225ドルで推移している。

ムーディーズ[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
ムーディーズ・米格付け機関のムーディーズは、スペイン銀行システムの格付け見通しを安定的に引き下げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の中国株式市場で上海総合指数は上昇。終値は前日比7.18ポイント(0.24%)高の2978.46だった。

日本政府関係[NP-3.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
日本政府関係・浅川雅嗣財務官「為替相場に一方的な動きみられる」「必要な場合はきっちり対応する」

日本政府関係[NP-3.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.1]
日本政府関係・浅川雅嗣財務官「為替相場、緊張感もって注視する」「金利や為替のボラティリティが高まっている」

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・タイ中銀は3日、政策金利の1日物のレポレートを1.50%に据え置くことを決めたと発表した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の中国・上海総合指数は、新規株式公開(IPO)による需給悪化懸念が重荷となるも前々日に1ヶ月ぶり安値を付けて押し目買いが優勢となり、結局、前日比0.24%高の2978.46と続伸して取引を終えた。なお、CSI300数は同0.14%高の3193.51と続伸して大引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日米債券市場で10年債利回りは、16:33現在1.5420%と前日比0.0138%低下となっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで売り先行。16時36分時点では大証終値比50円安の1万5980円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は伸び悩み。全般ドル買い戻しが進むにつれて101.30円付近まで上げたが、ナイトセッションの日経平均先物が下落したことで16時42分時点では100.95-98円まで再び下げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の香港ハンセン指数は、前日の欧米株式相場の下落や原油安を受け投資家心理が悪化して売りが広がり、結局、前々日比1.76%安の2万1739.12と反落して大引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の米10年物国債利回りは時間外取引で低下。17時20分時点では前日比0.0138%低い1.5420%前後で推移している。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・3日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は伸び悩み。午後の日経平均株価が330円超安まで下げ幅を広げたことをながめ、リスク回避目的の買いが先行した。もっとも、買い一巡後は伸び悩む展開に。対ドルなどで上値の重さを確認したうえ、財務省が15時から日銀、金融庁との当局者会合を開催すると明らかにしたことも円相場の重しになった。

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係・日銀は3日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を347億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円、不動産投資法人投資口(J-REIT)を12億円買い入れたと発表した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ユーロドルは上値が重い。前日の急伸に対する持ち高調整目的の売りが続いており、1.11931ドルの安値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の英10年物国債利回りは低下。18時29分時点では前日比0.013%低い0.795%前後で推移している。

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
安倍晋三・安倍晋三首相「最優先課題は経済」「未来への投資を大胆に行う補正を秋の臨時国会に提出」

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
安倍晋三・安倍晋三首相「世耕経産相、成長戦略の切り込み隊長と期待」「山本幸三氏とは野党時代からアベノミクス練り上げてきた」

安倍晋三[NP-3.6 HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
安倍晋三・安倍晋三首相「金融政策の具体的手段は日銀にゆだねるべきだ」「日銀が物価目標に向かって進んでいくものと考えている」

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
安倍晋三・安倍晋三首相「政府日銀一体で全力でデフレ脱却に取り組んでいく」「黒田日銀総裁の手腕を信頼」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の独10年物連邦債利回りは低下。18時50分時点では前日比0.005%低いマイナス0.041%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円はしっかり。ナイトセッションの日経平均先物が下げ渋ったほか、ポンド円などクロス円の上昇につれた買いも入り、一時101.38円と本日高値を更新した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで下げ渋り。19時33分時点では大証終値比30円安の1万6000円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日インド株式市場のSENSEX30指数は、前日の米ダウ平均の6日続落などを嫌気して寄り付き直後から下げに転じて軟調推移、結局、前日比1.02%安の2万7697.51と反落して大引けた。

欧州中央銀行(ECB)関係[NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
欧州中央銀行(ECB)関係・欧州中央銀行(ECB)は3日、6月に開始した社債買い入れプログラムの状況について初めて詳細を公表、これまでの買い入れ額は132億ユーロ(148億ドル)で利回りがマイナスの債券が20%強を占めた、とされる。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近9月限は時間外取引で伸び悩み。19時46分時点では前日比0.23ドル高の1バレル=39.74ドルで取引されている。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・米メディア大手のタイム・ワーナーは3日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.29ドルとなった。事前予想は1株当たり1.17ドルの利益。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の米10年物国債利回りは時間外取引で低下。21時36分時点では前日比0.0224%低い1.5334%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の英10年物国債利回りは低下。21時47分時点では前日比0.017%低い0.792%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスはもみ合い。21時42分時点では95.27で付近で推移している。

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
安倍晋三・第3次安倍再改造内閣に対し、米政府は安定した政権運営の継続を期待している。一方で中国と韓国の地元メディアは、稲田朋美氏を防衛相に起用したことに触れ「安全保障政策が右翼化する」などと警戒感を示した。米政府は、北朝鮮による核・ミサイル開発や中国の海洋進出など厳しい安保環境に対処するためには、日米韓3カ国の連携が欠かせないとの立場。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画は「同盟国同士の問題であり、内閣の顔ぶれによって左右されない」(国防総省当局者)として、推進方針を堅持する、と同ニュースは伝えている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の独10年物連邦債利回りは低下。22時時点では前日比0.004%低いマイナス0.040%前後で推移している。

日本政府関係[NP-4.0 HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
日本政府関係・山本幸三地方創生相「岩盤規制に風穴開け、地方活力向上につなげたい」「金融、財政政策でデフレからの脱出速度を上げる」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ユーロドルは軟調。22時過ぎに一時本日安値となる1.11796ドルまで値を下げた。また、ドルスイスフランは一時0.9697スイスフランと日通し高値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の米国株式相場は小動き。ダウ工業株30種平均は22時31分時点では前日比1.85ドル安の18311.92ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同5.93ポイント安の5131.80で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日米国株市場でNYダウは、前日比5ドル前後下落の18308ドルと続落スタートになっている。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・3日の欧州外国為替市場で円は下値が堅い。下落して始まったナイトセッションの日経平均先物が下げ渋るにつれて円を売る動きが強まった。ただ、対ドルで欧州通貨売りが進むとつれる形で円買い欧州通貨売りが入るなど徐々に下値を切り上げた。一方、ドルに対しては方向感がない。日経平均先物の下げ渋りに伴う円売りが出た半面、米長期金利の低下が下値を支えた。一方で、全般ドル買いが進んだ影響から戻りも限定的となっている。なお、7月ADP全米雇用報告で、政府部門を除く非農業部門雇用者数は予想より強い内容だったが、相場への影響は限られた。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=101円38銭前後まで値を上げた後は101円ちょうど付近まで伸び悩んだが下値は堅い。
・ユーロ円は1ユーロ=113円50銭台まで上げたものの、その後は売りに押され本日安値の112円98銭前後に接近した。
・ユーロドルは弱含み。ユーロポンドなどの下落につれたうえ、全般ドル買い圧力が高まった影響からユーロ売りドル買いが進行。1ユーロ=1.11758ドル前後まで値を下げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近9月限は上値が重い。22時39分時点では前日比0.22ドル高の1バレル=39.73ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日の米10年物国債利回りは上昇に転じた。23時9分時点では前日比0.0017%高い1.5575%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は買い戻しが優勢。米長期金利が上昇に転じたうえ、日経平均先物やダウ平均が持ち直したため円売りドル買いが優勢となった。23時10分過ぎに一時本日高値となる101.509円まで値を上げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近9月限は軟調。一時1バレル=39.19ドルと4月18日以来の安値を付けた。米エネルギー省が発表した週間在庫統計で、原油在庫が前週比141万バレル増と予想の前週比149万バレル減少に反して増加したため原油先物に売りが出た。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日欧州債券市場でドイツ10年債利回りは、23:40現在マイナス0.028%と前日比0.008%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・3日のブラジル株式相場は小高い。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は23時42分現在、前日比192.81ポイント(0.34%)高の56355.19で取引されている。

[ Previous / ]

FX相場に関係する主な重要人物

ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング
ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング

重要人物・その他の発言・ニュース