2017年4月10日の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。日経平均株価が180円超上昇したことを背景に円売りが先行。本日は週明けの5・10日(五十日)とあって仲値に向けた円売りドル買いも観測された。一巡後は日経平均株価が伸び悩んだためやや下げ渋ったが、戻りは限られている。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は下値が堅い。しばらくは安値圏での推移が続いていたが、次第に持ち高調整の買い戻しが入った。時間外の米10年債利回りが低下したことで円買いドル売りが入ったほか、南アフリカの政局不安が広がるなかでランドに対しての円買いが目立った。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日の欧州外国為替市場で円はもみ合い。総じて手掛かり材料に乏しかったこともあり、方向感を欠いた動きとなった。もっとも、対ドルではNY勢の参入後に時間外の米10年債利回りが低下した影響からやや強含んだ。一方、円は対カナダドルではさえない。原油先物相場の上昇や強い3月カナダ住宅着工件数などを受けて、円売りカナダドル買いが進んだ。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=111円30銭前後を挟んだもみ合いとなっていたが、22時30分前に111円10銭台まで弱含み。
・カナダドル円は一時1カナダドル=83円30銭前後まで値を上げた。
・ユーロドルはもみ合い。1ユーロ=1.0580ドル前後を挟んだ小動きが続いた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

ジェームズ・ブラード[NP-1.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利はそれほど引き上げられる必要ない」

ジェームズ・ブラード[NP+4.6 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「年内はあと1度の利上げが必要な可能性」

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ジェームズ・ブラード[NP-1.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利はそれほど引き上げられる必要ない」

2017年4月10日のFX要人発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・イランの国営テレビは、ロウハニ大統領の演説を放送、シリアのアサド政権に対する米国のミサイル攻撃について、「トランプ大統領はテロと戦うと主張していたが、シリアのすべてのテロリストが米国の攻撃を祝福している」と述べたとしている。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・米政府は、米軍によるシリア攻撃について説明する書簡をトランプ大統領が議会へ送ったと発表した。大統領はこのなかで「米国の死活的な国家安全保障・外交政策上の利益のために行動した」と主張、「必要かつ適切なら追加の行動を取る」と述べているという。

ロシア政府関係[NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係・ロシア外務省は、ラブロフ外相とティラーソン米国務長官が電話会談し、米国による攻撃後のシリア情勢を協議したことを明らかにした。米国のシリア攻撃後、米露外相の協議は初めてのことになる。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は買い一服。早朝取引で一時111.242円まで上昇する場面があったが、6時37分時点では111.07-10円で推移している。

ロシア政府関係[NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係・ロシアのラブロフ外相は、ドイツのガブリエル外相と電話会談を行った。それに関し「シリアに対する米国の一方的なミサイル攻撃は、侵略的な行動」「米国は今回のシリア攻撃を正当化するための十分の証拠を持っていない」「シリアへのミサイル攻撃は、国際的なテロ対策に反するもの」などと述べた。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・国連安全保障理事会は、米軍によるシリア攻撃をめぐり緊急会合を開いた。米国のヘイリー国連大使はアサド政権が4日のシリア北西部の空爆で化学兵器を使ったことは明かだとしたうえで、「我々にはさらなる行動を取る用意がある」と警告している。

イギリス政府関係[NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
イギリス政府関係・ジョンソン英外相は、化学兵器攻撃疑惑を持たれているシリアのアサド政権をロシアが擁護し続けるのは遺憾だとして、10日に予定していたロシア訪問の中止を明らかにした。実現すれば、英外相による約5年ぶりの訪露となるはずだった。

イギリス政府関係[NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
イギリス政府関係・英日曜紙サンデー・タイムズは、ジョンソン英外相がシリアのアサド政権による化学兵器攻撃疑惑をめぐり、ロシアに同政権への軍事支援をやめるよう求める共同声明をG7外相会合で採択する方向で各国との調整に入った、と報じている。共同声明ではアサド政権から新政権への移行やシリア再建策の重要性などをうたうことも検討されているという。

ギリシャ政府関係[NP     HDP -3.6 CHDP +0.1 RHDP -3.7 CRHDP +0.3]
ギリシャ政府関係・ギリシャのチャカロトス財務相は、マルタでのユーロ圏財務相会合後の会見で、債権団と合意した財政措置を今後数週間で法制化する方針を示した。ギリシャは、現行の支援プログラムが終了した翌年の2019年に年金支給の削減などで合意している。

欧州連合(EU)[NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)・EUは、地中海の島国マルタでユーロ圏財務相会合を開き、7月に巨額の債務返済を控えるギリシャへの支援融資を再開させる交渉を加速させる方針で一致した。会合ではギリシャと債権団が融資再開の条件である年金削減など追加財政改革で大筋合意したという。

スペイン政府関係[NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係・スペインのダスティス外相へのインタビューとして、英国とEUの離脱交渉をめぐり、将来の英EU関係を話し合う前に「支払う分担金の算定法など離脱の基礎要素を合意するべきだ」と報じている。

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
安倍晋三・安倍首相はトランプ米大統領と電話で約45分協議した。両首脳は5日に弾道ミサイルを発射した北朝鮮について「日米で緊密な連携が重要だ」との認識で一致したという。会談後、安倍首相が首相官邸で記者団に語っている。

韓国政府関係[NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
韓国政府関係・聯合ニュースは、韓国軍が5月から、南北軍事境界線付近などに展開する朝鮮人民軍の動きを監視するため、無人機(ドローン)を実戦配備すると報じている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・朝鮮中央通信は、北朝鮮外務省の報道官が、米軍のシリア攻撃について、「主権国家に対する明白な侵略行為で、絶対に容認することはできない」「核戦力を中心とする我々の強力な軍事力は、米国の侵略策動に対抗し、国の自主権と民族の生存権を守る『正義の宝剣』となっている」とする声明を発表した。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・米海軍の原子力空母カール・ビンソンがシンガポールから朝鮮半島近海へ向かう、と報じている。弾道ミサイル発射の挑発行為を繰り返す北朝鮮をけん制する狙いがあるという。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・米NBCテレビは、北朝鮮の核開発に対応する選択肢のひとつとして、米国家安全保障会議(NSC)がトランプ大統領に対し、米国の核兵器を韓国へ再配備する案を提示したと報じている。

韓国政府関係[NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
韓国政府関係・韓国政府は、トランプ米大統領と黄大統領代行兼首相が電話協議を行った、と発表した。トランプ氏は米中首脳会談の成果について黄氏に説明したという。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島周辺の領海外側にある接続水域で、中国海警局の船4隻が航行しているのを海上保安庁の巡視船が確認したと発表した。尖閣周辺で中国当局の船が確認されるのは、9日までで7日連続のことになる。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・米当局者は米海軍の攻撃部隊(空母打撃群)がシンガポールから朝鮮半島に向かう見通しであると伝えた。報道によると、空母打撃群は空母「カール・ビンソン」からなる攻撃部隊であるもよう。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領と習中国国家主席による初めての首脳会談を行われ、そのなかで経済分野については、米中の貿易不均衡の是正を目指す方針で一致、是正のための「100日計画」を策定し、米国の対中輸出拡大策などを具体的に協議することを申し合わせたという。またトランプ氏は、習氏の招待を受けて年内の訪中を約束した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・エジプト北部で爆発テロが相次ぎ、合計120人以上が死傷したと報じている。タンタとアレクサンドリアにあるキリスト教の一派、コプト教の教会で相次いで爆発があり、この件について過激派組織ISが系列ニュースサイトを通じて事実上の犯行声明を出したという。また、同国のイスマイル首相は「テロ」と断定し、「エジプトからテロを根絶する」と強調する発言を行った。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・東芝が売却手続き中の半導体メモリー事業に対し、日本企業が連合を組み出資する計画が明らかになった、と報じている。東芝や経済界が呼びかける形で、1社あたり100億円前後を負担する方向で調整を始めたという。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・経営再建中の東芝がテレビ事業の売却に向けて動き始めた、と報じている。トルコ家電大手ベステルや数社の中国企業が買収に名乗りを挙げる見通しだという。

スティーブン・ムニューチン[NP     HDP +2.1 CHDP +0.1 RHDP +2.1 CRHDP +0.1]
スティーブン・ムニューチン・ムニューチン米財務長官は、経営破綻した米原発企業ウェスチングハウス・エレクトリック(WH)に関し、東芝が保有するWH株式を米国外の企業に売却する場合、米政府の対米外国投資委員会の審査対象になるとの見解を示した。国家安全保障上の問題があると判断すれば、売却を阻止することも可能になる。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・米国際貿易委員会は、東芝の半導体の「フラッシュメモリー」について、台湾の半導体メーカーであるマクロニクスから特許侵害の訴えがあったことを受け、調査を開始すると発表した。対象は東芝本社と海外子会社4社で、45日以内に終了するという。なお、東芝は経営再建のために半導体メモリー事業を分社化し、現在、この売却先を選定しているが、調査の結果次第では、売却交渉に影響が及ぶ可能性もある。

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
安倍晋三・安倍首相は視察先の福島で、東京電力福島第1原発事故にともなう自主避難者の帰還を「本人の責任」とした今村雅興相の発言について、「復興相自身がすでに謝罪をしているが、私からも率直におわびを申し上げたい」

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
安倍晋三・自民党の二階幹事長は、安倍首相のトランプ米大統領との付き合い方を念頭に、「日本はべたべたと仲良くしていこうという気持ちは非常にいいが、もっとドライに考えなければいけないところだってある」と政府の対米姿勢に注文を付けた。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領の最側近であるバノン首席戦略官・上級顧問とプリーバス首席補佐官が更迭される可能性があると報じている。

国際通貨基金(IMF)[NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
国際通貨基金(IMF)・NHKは、国際通貨基金(IMF)が、日本の今年のGDP伸び率見通しを、上方修正する方向で調整を進めていると報じている。IMFは、今年の日本のGDP伸び率見通しを、1月時点のプラス0.8%から、1%台前半へと上方修正する見通しだという。

先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)[NP     HDP -2.0 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP +0.0]
先進7カ国財務相中央銀行総裁会議(G7)・G7は、イタリアで10-11日に開く外相会合の共同声明に、昨年4月の広島外相会合で採択した「広島宣言」の基本理念を盛り込む方向で調整に入った、と報じている。唯一の戦争被爆国の日本が議長国としてまとめた「核兵器なき世界」に向けた決意を継承し、北朝鮮による核開発の阻止を目指すという。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・大手生命保険が外貨建て保険の販売に力を入れていると報じた。住友生命保険は月内に最長10年間、払い込んだ保険料の元本を保証する外貨建て保険の取り扱いを始める。国債利回り低迷で魅力的な円建ての商品を提供することが難しく、より高い利回りが見込める外貨建てに活路を求める。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・大証の日経225先物6月限の気配値は、1万8810円で推移している。前週末の大証夜間取引は、1万8790円で終了した。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領は7日、経済状況を分析し、大統領に経済政策を提言する経済諮問委員会(CEA)の委員長に税制専門家のケビン・ハセット氏を指名すると発表した。経済政策の柱に掲げる大型減税に関して助言を得る狙いがあるとみられる。CEA委員長は米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン議長も務めた重要ポストで、就任には議会上院の承認が必要。ハセット氏は現在、米シンクタンクに所属している。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・アメリカのティラーソン国務長官は、シリアのアサド政権に対するミサイル攻撃について、化学兵器の使用をやめさせるための措置だと強調する一方で、まずはアサド政権を倒すことよりも、シリアなどで活動を続ける過激派組織IS=イスラミックステートの排除を優先する考えを示した。アメリカのティラーソン国務長官は、9日に放送されたABCテレビのインタビューで、シリアのアサド政権の軍事施設に対して行ったミサイル攻撃について、「女性や子どもに化学兵器を使用したことへの対応だ」と述べ、アサド政権に化学兵器の使用をやめさせるための措置だと強調した。

ジェームズ・ブラード[NP+3.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.0]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「雇用統計は2%成長と合致」「2%前後の成長が17年に米国で見込まれる」

ジェームズ・ブラード[NP-1.0 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「金利はそれほど引き上げられる必要ない」

ジェームズ・ブラード[NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「10万人前後の雇用増がトレンドと合致」「インフレ率は現在の水準付近にとどまると予想」

ジェームズ・ブラード[NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBは雇用増の鈍化を予想している」「4.5兆ドルのバランスシートはあるべき水準より多い」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比135.59円高の18800.22円で寄り付いた。東証株価指数(TOPIX)は同10.78ポイント高の1500.55で始まった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のアジア時間に米国株市場では、時間外取引でNYダウ先物が12ドル高となっている。シリア問題などの地政学リスク小康や米中首脳会談の無難な消化などを受けて、小幅な反発に転じている。

黒田東彦[NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.0]
黒田東彦・黒田東彦日銀総裁「緩やかな回復基調を続けている」「景気は緩やかな拡大に転じていく」

黒田東彦[NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.0]
黒田東彦・黒田東彦日銀総裁「物価は2%に向けて上昇率を高めていく」「金融環境はきわめて緩和した状態にある」

黒田東彦[NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.0]
黒田東彦・黒田東彦日銀総裁「2%物価実現目指し安定持続に必要な時まで緩和を継続」「経済物価・金融情勢踏まえモメンタム維持に必要な調整を行う」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の債券先物相場は反落して始まった。先物中心限月である6月物は前営業日比11銭安の150円49銭で寄り付いた。米国債券相場が下落した流れを引き継ぎ売りが先行した。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +3.0 CHDP 0.00 RHDP +3.0 CRHDP 0.00]
ドナルド・トランプ・米紙ウォールストリートジャーナル(WSJ)は7日、トランプ米大統領がプリーバス大統領首席補佐官やバノン首席戦略官兼上級顧問など政権幹部の更迭を検討していると報じた。

ロシア政府関係[NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係・リア・ノーヴォスチ通信によると、ロシア連邦(上院)防衛・安全保障委員会のビクトル・オゼロフ委員長「米海軍打撃群の朝鮮半島への派遣は、北朝鮮指導部を無思慮な行動へ追い立てる恐れがある」

中国人民銀行関係[NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
中国人民銀行関係・中国人民銀行(中央銀行)は10日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.9042元にすると発表した。前営業日の銀行間取引の終値(6.9010元前後)よりも、0.0032元程度の元安ドル高水準となる。前営業日の基準値(6.8949元前後)からは0.0093元程度の元安ドル高水準となった。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・ティラーソン米国務長官へのインタビューとして、化学兵器を使ったシリアに対する米国の攻撃に関連し「国際合意に違反し、他国の脅威になれば対抗措置を受けるというメッセージ」と報じている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日香港株式市場で、ハンセン指数は24302.01(前週末比+0.14%)で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日午前の東京株式市場で日経平均株価は伸び悩み。11時06分時点では前営業日比122.13円高の18786.76円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同8.37ポイント高の1498.14で取引されている。

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・沖縄県の第11管区海上保安本部は、尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海のすぐ外側にある接続水域を航行していることを明らかにした。海上保安本部が領海に近づかないよう警告と監視を続けているという。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米10年物国債利回りは時間外取引で小幅上昇。11時19分時点では前営業日比0.0090%高い2.3912%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比122.09円高の18786.72円で午前の取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同8.23ポイント高の1498.00で終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日午前の債券先物相場は反落。先物中心限月である3月物は前営業日比7銭安の150円53銭で午前の取引を終えた。米国債券相場の下落や日経平均株価の上昇が重しとなり150円46円まで下げたが、一巡すると下げ渋った。

ジェームズ・ブラード[NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「FRBの政策金利は比較的低水準にとどまることが可能」「現在はバランスシート削減に良い時期」

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・10日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。日経平均株価が180円超上昇したことを背景に円売りが先行。本日は週明けの5・10日(五十日)とあって仲値に向けた円売りドル買いも観測された。一巡後は日経平均株価が伸び悩んだためやや下げ渋ったが、戻りは限られている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日午前の中国株式市場で上海総合指数は下落。前営業日比9.76ポイント(0.30%)安の3276.86で午前の取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日後場の日経平均は続伸、前週末比133円高の1万8798円と前引けよりやや上げ幅を広げて寄り付いた。前場は、米長期金利上昇を受けた1ドル111円台前半の円安に業績下振れ懸念が後退し輸出関連株中心に買い戻しが入り一時上げ幅を186円へと広げた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・7日の中国上海総合指数は、約1年3ヵ月ぶり高値にあり利益確定売りが優勢、米中首脳会談は具体的な成果に乏しく市場の反応は限られ、結局、前週末比0.30%安の3276.86と反落して取引を終えた。なお、CSI300は同0.10%高の3517.46と続伸して大引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日午後の東京株式市場で日経平均株価はもみ合い。12時40分時点では前営業日比124.43円高の18789.06円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同8.15ポイント高の1497.92で取引されている。

ジェームズ・ブラード[NP     HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.2 CRHDP -0.1]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「FOMCは決定で世界的な要因を考慮に入れる」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の香港ハンセン指数は、米中首脳会談が波乱なく終わり買い安心感が先行する半面、北朝鮮の地政学リスクの高まりが重石となり、結局、前週末比0.03%高の2万4273.60と小反発で前引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日インド株式市場のSENSEX30指数は、前週末比0.15%高の29752.62と反発して寄り付いた後、前週後半の相場下落を背景に値ごろ感を意識した買いが先行したが、買い一巡後は横ばい圏で推移している。

ジェームズ・ブラード[NP+4.6 HDP +1.4 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP +0.1]
ジェームズ・ブラード・ブラード・セントルイス連銀総裁「年内はあと1度の利上げが必要な可能性」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米株価指数先物は時間外取引でもみ合い。13時33分時点では前営業日比41ドル高の20640ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の台湾・加権指数は、米中首脳会談が波乱なく終わり買い安心感が先行する半面、北朝鮮の地政学リスクの高まりが重石となり、結局、前週末比0.09%高の9882.54と反発して取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の東京株式市場で日経平均株価は、前営業日比133.25円高の18797.88円で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同9.88ポイント高の1499.65で終えた。

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
日本銀行(日銀)関係・日本銀行「9地域中1地域が上方修正」

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・国立社会保障は、2065年の国内人口は推計8808万人に減少するとの予測を公表した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の中国株式市場で上海総合指数は下落。終値は前営業日比17.22ポイント(0.52%)安の3269.39だった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は伸び悩み。米10年債利回りが低下に転じたことが重しとなり、16時04分時点では111.24-27円で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・7日の中国上海総合指数は、米中首脳会談は具体的な成果に乏しく約1年3ヵ月ぶり高値圏で利益確定売りが優勢となり、結局、前週末比0.52%安の3269.39と反落して取引を終えた。なお、CSI300は同0.35%安の3505.64と反落して大引けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日欧州債券市場でイタリア10年債利回りは、16:32現在2.256%と前週末比0.036%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の香港ハンセン指数は、米中首脳会談が波乱なく終わり買いが先行したものの北朝鮮の地政学リスクの高まりが重石となり、結局、前週末比0.02%安の2万4262.18と小幅続落で大引けた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・10日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は下値が堅い。しばらくは安値圏での推移が続いていたが、次第に持ち高調整の買い戻しが入った。時間外の米10年債利回りが低下したことで円買いドル売りが入ったほか、南アフリカの政局不安が広がるなかでランドに対しての円買いが目立った。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・英銀バークレイズは10日、同社の内部告発に関して、ジェス・ステーリー最高経営責任者(CEO)と同行の扱い方に問題がなかったかどうかを英金融行動監視機構(FCA)と健全性規制機構(PRA)が調査していると明らかにした。ステーリー氏は昨年、バークレイズが内部告発として扱っていた匿名の書簡について、情報提供者を特定しようとしていた疑いがあるという。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の欧州株式市場はもみ合い。FTSE100種総合株価指数は17時33分現在、前営業日比3.00ポイント(0.04%)高の7352.37で取引されている。ドイツ株式指数(DAX)は同9.48ポイント(0.08%)安の12215.58で推移している。

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
日本銀行(日銀)関係・日銀は10日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円、不動産投資法人投資口(J-REIT)を12億円買い入れたと発表した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の英10年物国債利回りは上昇。18時5分時点では前営業日比0.009%高い1.084%前後で推移している。

トルコ政府関係[NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
トルコ政府関係・トルコのシムシェキ副首相は10日、大統領権限の強化を目指す憲法改正の是非を問う国民投票が「否決」されれば、トルコのリスクプレミアムは高い状態が続くとの見解を示した。国民投票は4月16日に行われる。同副首相は、改憲案が承認されれば、市場に優しい改革が加速するとも述べた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の独10年物連邦債利回りは低下。18時17分時点では前営業日比0.011%低い0.217%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日夜の日経平均先物6月物はナイトセッションで弱含み。18時32分時点では大証終値比40円安の1万8760円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米株価指数先物は時間外取引で頭が重い。18時43分時点では前営業日比1ドル安の20598ドルで推移している。

欧州連合(EU)[NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)・オーストリアのシェリング財務相は、ギリシャの成長を後押しするため欧州連合(EU)は10億ユーロ(11億ドル)の特別投資プログラムを検討すべきとの考えを示した。10日付スタンダード紙が報じた。ギリシャが軌道に乗り資本市場に復帰するには、中長期的に持続可能な成長が必要と指摘。ユーロ圏経済の成長加速を共有できるよう手助けすることが重要と主張した。

安倍晋三[NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
安倍晋三・NHKの世論調査によると、安倍内閣を「支持する」と答えた人は53%、「支持しない」と答えた人は27%であった。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・ドル円は頭が重い。ナイトセッションの日経平均先物やダウ先物など株価の下落を背景にじわりと円買いドル売りが入った。19時13分時点では111.19-22円で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日インド株式市場で、センセックス指数は29575.74(前週末比-0.44%)で取引を終了した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・北朝鮮核問題をめぐる6カ国協議の議長を務める中国の朝鮮半島問題特別代表は10日、韓国首席代表とソウルで会談した。聯合ニュースによると、両者は、北朝鮮が核実験や大陸間弾道ミサイル(ICBM)試射などの挑発に出た場合、国連安保理決議に基づき「強力な追加措置」を取ることで一致した。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の6月限は時間外取引で小安い。19時51分時点では前営業日比3.1ドル安の1トロイオンス=1254.2ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近5月限は時間外取引で底堅い。20時1分時点では前営業日比0.38ドル高の1バレル=52.62ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・カナダドルは強含み。カナダドル円は一時83.20円と日通し高値を付けた。また、米ドルカナダドルは1.3380カナダドル、ユーロカナダドルは1.41517カナダドルまでそれぞれ値を下げた。原油先物相場の上昇を背景にカナダドルを買う動きが広がっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米株価指数先物は時間外取引で持ち直した。20時57分時点では前営業日比15ドル高の20614ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・米ドルカナダドルは軟調。原油先物相場の上昇が資源国通貨とされるカナダドルの買いを誘ったほか、3月カナダ住宅着工件数が予想より強い結果となったことも材料視された。一時1.3373カナダドルの安値まで米ドル安カナダドル高が進んだ。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米10年物国債利回りは上昇に転じた。21時29分時点では前営業日比0.0018%高い2.3841%前後で推移している。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・トヨタ自動車は、米国で今後5年間で100億ドルを投資する計画の一環として、ケンタッキー工場での13億3000万ドルの投資を発表した。

国際通貨基金(IMF)[NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.2]
国際通貨基金(IMF)・国際通貨基金(IMF)、世界銀行、世界貿易機関(WTO)は10日、自由貿易が世界経済の成長に不可欠だと強調し、トランプ米政権などが志向する保護主義をけん制する共同報告書を発表した。今月下旬にワシントンで開かれる20カ国地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を前に、自由貿易促進の重要性を改めて訴えた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近5月限は時間外取引で底堅い。21時48分時点では前営業日比0.55ドル高の1バレル=52.79ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のNYMEX(商品先物取引所)原油先物相場は日本時間22:00現在、1バレル=52.79ドル前後での取引となっている。

米政府関係[NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP +0.1 CRHDP +0.3]
米政府関係・米国のウォールストリート・ジャーナル紙は10日、「雇用が消える米小売業界、店舗閉鎖も拡大」と報じた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・米国の小売業界では、この2カ月に他の業界よりも大幅に雇用が減少した。エコノミストの間では実店舗の求人数が峠を越した可能性があるとの見方が出ている。米雇用統計によると、小売業界の就業者数は2月に3万1000人減少したのに続き、3月も2万9700人減少し、2カ月合わせた減少幅は2009年以来最大となった。就業者数は1月の1600万人近くでピークを打った形だ。

マリオ・ドラギ[NP     HDP -2.2 CHDP +0.0 RHDP -1.3 CRHDP +0.0]
マリオ・ドラギ・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはユーロ圏の回復が継続すると確信」「政治的な不確実性は2017年も持続するだろう」

日本政府関係[NP     HDP -2.6 CHDP +0.0 RHDP -2.9 CRHDP +0.0]
日本政府関係・学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題で、財務省は10日、売却の交渉経緯が書かれた文書の電子データについて、復元できる可能性があることを朝日新聞の取材に対して認めた。実際に復元できるかは専門業者が調べないとわからないというが、真相解明へデータ復元を求める野党側の動きが強まりそうだ。朝日新聞が伝えたもの。

ヴィトル・コンスタンシオ[NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.5 CRHDP +0.2]
ヴィトル・コンスタンシオ・コンスタンシオ欧州中央銀行(ECB)副総裁「ECBはダウンサイドのショックに対応する用意がある」「現時点ではECBの政策の再評価は正当化されない」

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米10年物国債利回りは時間外取引で再び低下。22時12分時点では前営業日比0.0126%低い2.3697%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のNY株式市場プレオープンのGLOBEX(シカゴ先物市場)米株先物は22:19現在、前週末比7ドル高の20606ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米国株式相場は買いが先行。ダウ工業株30種平均は22時30分時点では前営業日比15.41ドル高の20671.51ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同7.31ポイント高の5885.12で推移している。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・10日の欧州外国為替市場で円はもみ合い。総じて手掛かり材料に乏しかったこともあり、方向感を欠いた動きとなった。もっとも、対ドルではNY勢の参入後に時間外の米10年債利回りが低下した影響からやや強含んだ。一方、円は対カナダドルではさえない。原油先物相場の上昇や強い3月カナダ住宅着工件数などを受けて、円売りカナダドル買いが進んだ。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=111円30銭前後を挟んだもみ合いとなっていたが、22時30分前に111円10銭台まで弱含み。
・カナダドル円は一時1カナダドル=83円30銭前後まで値を上げた。
・ユーロドルはもみ合い。1ユーロ=1.0580ドル前後を挟んだ小動きが続いた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日米国株市場でNYダウは、前週末比13ドル前後上昇の20669ドルと反発スタートになっている。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日夜の日経平均先物6月物はナイトセッションで持ち直した。22時49分時点では大証終値比横ばいの1万8800円で取引されている。

会社・企業関係[NP     HDP -1.9 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.1]
会社・企業関係・経営再建中の東芝は10日、2度延期した2016年4月から12月期決算の発表に向け詰めの協議に入った。米原発系列会社の過去の損失処理を疑問視する米監査法人と見解の相違は残り難航しているが、もう一段の延期は避けたいとの判断に傾いている。発表期限の11日は監査意見を付けない形での公表もありそうで、上場維持に向けては依然厳しい局面にある。財務改善のため不振の国内テレビ事業の売却も検討する。問題となっているのは、米連邦破産法11条の適用申請をして経営破綻したウェスチングハウスエレクトリック(WH)の会計処理だ。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは低下。一時101.04と日通し安値を付けた。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・米国の経済指標では今週、13日にPPI(生産者物価指数)、14日にCPI(消費者物価指数)といった3月のインフレ指標が相次ぐ。2-3月にかけては原油が反落したほか、賃金も伸び悩んだ。昨秋からのドル高の累積効果もあり、改めて物価の伸び悩みが示されると、短期的な米国債金利の低下とドル安の材料となる可能性をはらむ。米国では3月に自動車販売が息切れ減速となっており、株高一服や政策遅延懸念などもあって、13日のミシガン大学消費者信頼感指数、14日の小売売上高などでも反動減速が警戒される。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米国株式相場はじり高。ダウ工業株30種平均は23時21分時点では前営業日比62.00ドル高の20718.10ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同22.75ポイント高の5900.57で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日の米10年物国債利回りは低下。23時30分時点では前営業日比0.0198%低い2.3625%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -2.2 CHDP -0.1 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
ニュース・10日のブラジル株式相場は小幅安。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は23時38分現在、前営業日比190.75ポイント(0.30%)安の64402.36で取引されている。

[ Previous / ]

FX相場に関係する主な重要人物

ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング
ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング

重要人物・その他の発言・ニュース