2017年8月18日の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・17日のニューヨーク外国為替市場で円は全面高。「コーン米国家経済会議(NEC)委員長が辞任する」との噂が出回ったほか、「スペインバルセロナでテロ事件が発生し13人が死亡、50人以上が負傷した」と伝わった。ダウ平均が270ドル超下落し、ナイトセッションの日経平均先物が210円下げると、投資家がリスク回避姿勢を強め円買い外貨売りが優勢となった。米長期金利の低下に伴う円買いドル売りも入り、円全体を押し上げた。なお、米ホワイトハウスは「コーン氏はNEC委員長を辞任する意向はない」と発表した。この日発表の8月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や前週分の米新規失業保険申請件数は予想より強い内容となったものの、相場の反応は限られた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・18日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は伸び悩み。前日のNY市場で円高が進んだ流れに沿って朝方から米系短期筋の買いが持ち込まれた。もっとも、市場では「本邦長期資金の売りが観測された」との指摘があり、一巡後は伸び悩んだ。本日は週末の実質5・10日(五十日)とあって仲値に向けた売りが出たほか、日経平均株価が260円超安から150円超安まで下げ幅を縮めたことも円の重しとなった。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・18日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は堅調。東京市場はもみ合いとなっていたが、時間外の米10年債利回りが上昇幅を縮めると欧州勢が円買いドル売りで参入。市場では「マクロ系ファンドから円買いドル売りが持ち込まれた」との指摘があった。また、対オセアニア通貨を中心にユーロ安が進んだ影響から円高ドル安も目立ったほか、ナイトセッションの日経平均先物が下落したことも円を押し上げた。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・18日の欧州外国為替市場で円は対ドルで強含み。しばらくは方向感の乏しい動きとなっていたが、米10年債利回りが低下に転じると日米金利差縮小を見越した買いが入った。欧州株式相場やナイトセッションの日経平均先物が軟調に推移したことも円全体を押し上げた。一方、カナダドルに対しては反落。株安を背景にした買いが先行したものの、一巡後は売りが優勢に。7月カナダ消費者物価指数(CPI)は予想通りの結果となったが、指標発表後に全般カナダドル高が強まった流れに沿って売りが広がった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は22時に1ドル=108円79銭前後まで下落。
・カナダドル円は一時1カナダドル=86円06銭前後まで下げた後、86円55銭前後まで反発した。
・ユーロドルは神経質な値動き。米長期金利の低下を受けて1ユーロ=1.17742ドル前後まで上昇。もっとも、その後はユーロクロスの売りに押されて伸び悩み、1.17ドル台半ばでの神経質な展開となった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ロバート・カプラン[NP-3.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・カプラン・ダラス連銀総裁「米労働市場には依然としてたるみが存在する」

2017年8月18日のFX要人発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日のブラジル株式相場は弱含み。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は23時45分現在、前日比371.38ポイント(0.54%)安の68222.92で取引されている。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米ホワイトハウス「コーン氏は米国家経済会議(NEC)委員長を続ける意向」

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米国株式相場は下げ渋り。ダウ工業株30種平均は0時15分時点では前日比73.34ドル安の21951.53ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同38.75ポイント安の6306.36で推移している。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米国家経済会議(NEC)のコーン委員長が辞任するとのうわさが出ていたことについて、アクシオスの記者が直接情報源を持つ関係筋の話に基づき否定したことで、一時低下していた米国債利回りが横ばいの水準に戻るなどの動きが出ている。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・ホワイトハウス「コーンNEC委員長は現職に留まる意向」「何事も変わっていない」

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は小幅高。0時13分時点では前日比15.11ポイント(0.10%)高の15097.32で取引されている。

スペイン政府関係[NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係・バルセロナ警察は、白いバンが歩行者に突っ込んだ事故をテロ攻撃として扱うと報じられている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近9月限は持ち直した。0時46分時点では前日比0.12ドル高の1バレル=46.90ドルで取引されている。

スペイン政府関係[NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係・スペインのバルセロナで17日、自動車の突入事件があり、数人が死亡した。なお、バルセロナ警察はテロ攻撃だと言及している。複数の通信社が伝えた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米国株式相場は戻りが鈍い。ダウ工業株30種平均は1時17分時点では前日比140.20ドル安の21884.67ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同67.91ポイント安の6277.20で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米10年物国債利回りは低下。1時30分時点では前日比0.0123%低い2.2097%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで軟調。1時43分時点では大証終値比100円安の1万9580円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日のロンドン株式相場は4営業日ぶりに反落。FTSE100種総合株価指数は前日終値比45.16ポイント安の7387.87で取引を終えた。米利上げ観測の後退を背景に銀行株が軒並み下落し、指数を押し下げた。米国株の下落につれた売りも進み、終日さえない動きとなった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日のフランクフルト株式相場は4営業日ぶりに反落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前日終値比60.40ポイント安の12203.46となった。他の欧州株や米国株の下落につれた。個別ではドイツ銀行(3.22%安)やコメルツ銀行(2.86%安)などの下げが目立った半面、RWE(1.09%高)などは買われた。

ロバート・カプラン[NP-3.0 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「米労働市場には依然としてたるみが存在する」

ロバート・カプラン[NP+3.6 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP -0.2]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「バランスシートの縮小を近い将来実施することを歓迎」「次回の利上げ前にインフレの進展を期待」

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・ティラーソン米国務長官「日米、南シナ海の安全保障について協議した」

ロバート・カプラン[NP+3.8 HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「追加利上げについて私は忍耐強い」「10年債利回り、成長期待が弱いことを示唆」

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・マティス米国防長官「日米は北朝鮮に絡み、協力を強化へ」「北朝鮮は危険な行動をやめる必要」

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・マティス米国防長官「北朝鮮が行動すれば、強力な軍事的結果招く」

ロバート・カプラン[NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「ドルは過去数年、非常に堅調に推移してきた」「弱いドルは支援材料、全ての条件が同じだとすると」

ロバート・カプラン[NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「全ての条件が同じであれば弱いドルは支援材料になる」

ロバート・カプラン[NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「バリュエーションのみで判断すると警戒水準にない」「レバレッジに伴う調整を懸念」

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米10年物国債利回りは低下幅を拡大。2時50分時点では前日比0.0210%低い2.2010%前後で推移している。

ニール・カシュカリ[NP     HDP +0.2 CHDP +0.1 RHDP +0.0 CRHDP +0.1]
ニール・カシュカリ・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「FRBはバランスシートの縮小開始時期を決めるにあたって米債務上限問題の交渉を考慮するだろう」

ニール・カシュカリ[NP     HDP +0.2 CHDP +0.1 RHDP +0.0 CRHDP +0.1]
ニール・カシュカリ・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「保有証券縮小を検討する際、債務引き上げ協議に注目」

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・河野外相「北朝鮮の非核化が対話の鍵になる」「国際社会、今後も北朝鮮に圧力かけていく」

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領「米国はバルセロナでのテロ攻撃を非難」「スペインを支援する準備がある」

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の欧州国債相場は上昇(利回りは低下)。指標銘柄となるドイツ連邦債10年物の利回りは、日本時間18日3時時点の水準で、前日終値比0.019%低い(価格は高い)0.426%だった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米国株式相場は売りが優勢。ダウ工業株30種平均は3時22分時点では前日比195.85ドル安の21829.02ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同91.96ポイント安の6253.15で推移している。

ロバート・カプラン[NP     HDP +1.9 CHDP +0.0 RHDP +2.5 CRHDP +0.0]
ロバート・カプラン・カプラン・ダラス連銀総裁「グローバル化とテクノロジーが価格決定力に悪影響」「中期的にインフレ目標を達成する証拠を望む」

ニール・カシュカリ[NP     HDP +0.2 CHDP +0.1 RHDP +0.0 CRHDP +0.1]
ニール・カシュカリ・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「景気を冷やす必要性はない」

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションでさえない。3時35分時点では大証終値比130円安の1万9550円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスはもみ合い。3時35分時点は93.59付近で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円は軟調。ダウ平均が一時200ドル超下げたほか、ナイトセッションの日経平均先物が160円下落したため、投資家がリスク回避姿勢を強め円買いドル売りが優勢となった。3時40分過ぎに一時109.611円と日通し安値を付けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米10年物国債利回りはさらに低下。3時57分時点では前日比0.0245%低い2.1975%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・クロス円は軟調。米国株の下落を背景に、投資家がリスク回避姿勢を強め円買い外貨売りが優勢となった。豪ドル円は一時86.58円、ポンド円は141.12円、カナダドル円は86.58円、NZドル円は79.96円まで値を下げた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円は売り優勢。ダウ平均が一時210ドル超安まで下げ幅を広げたことでリスク回避の売りが強まった。一時109.529円まで値を下げた。

スペイン政府関係[NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係・「バルセロナ車突入、容疑者2人を逮捕」などと報じた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米国株式相場は売り継続。ダウ工業株30種平均は4時41分時点では前日比238.74ドル安の21786.13ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同109.32ポイント安の6235.79で推移している。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領はインフラ諮問委員会の設立計画を断念したという。

ジャネット・イエレン[NP     HDP +0.2 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.1]
ジャネット・イエレン・イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長は25日23時に米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)で講演する。FRBが週間予定を公表した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日のニューヨーク原油先物相場は4営業日ぶりに反発。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で9月限の終値は前日比0.31ドル高の1バレル=47.09ドルとなった。序盤に一時46.46ドルと約3週間ぶりの安値を付けた反動で買い戻しが優勢となった。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・チリ中銀は、政策金利を現行の2.50%に据え置く事を決定した。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米国防総省「米国防長官が韓国国防相と電話で協議」「米国防長官と韓国国防相は緊密な連携継続」

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに大幅反落。終値は前日比274.14ドル安の21750.73ドルとなった。トランプ米政権の政策運営に対する先行き不透明感を嫌気した売りが広がった。スペインのバルセロナでテロ事件が発生したことも投資家心理を冷やし、引けにかけて下げ幅を拡大した。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も大幅反落し、同123.19ポイント安の6221.91で取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の米国債券相場で長期ゾーンは続伸。表面利率2.250%の10年物国債利回りは前日比0.04%低い(価格は高い)2.18%で終えた。米政権運営の先行き不透明感や株安などを受けた買いが先行。スペインのバルセロナでテロ事件が発生したことも相場の下支えとなった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円は売りが先行。昨日の海外時間に売りが強まった流れを引き継いだ。昨日安値の109.447円を下抜けて一時109.426円まで下押しした。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・日経新聞「河野外相、11月訪ロへ調整、共同経済活動巡り協議」

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・17日のニューヨーク外国為替市場で円は全面高。「コーン米国家経済会議(NEC)委員長が辞任する」との噂が出回ったほか、「スペインバルセロナでテロ事件が発生し13人が死亡、50人以上が負傷した」と伝わった。ダウ平均が270ドル超下落し、ナイトセッションの日経平均先物が210円下げると、投資家がリスク回避姿勢を強め円買い外貨売りが優勢となった。米長期金利の低下に伴う円買いドル売りも入り、円全体を押し上げた。なお、米ホワイトハウスは「コーン氏はNEC委員長を辞任する意向はない」と発表した。この日発表の8月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数や前週分の米新規失業保険申請件数は予想より強い内容となったものの、相場の反応は限られた。

ニュージーランド政府関係[NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.3]
ニュージーランド政府関係・NZ政府は、米国抜きの11ヵ国で発効を目指すTPPについて、「元の協定からの変更をできるだけ最小限にとどめる」との立場を正式に表明した。マクレー貿易相は「TPP11の前進に向け、NZは日本とともに指導力を示す」と述べ、早期発効に意欲を示している。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・北方領土問題を含む平和条約締結問題の解決に向け、北方4島での「共同経済活動」の具体化を話し合う日露外務次官級協議が、モスクワで開かれた。そのなかで、9月6-7日にロシア極東ウラジオストクで開かれる「東方経済フォーラム」に合わせて安倍首相とプーチン大統領が首脳会談を行い、実施事業を決めることで一致したという。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・河野外相が、来月上旬から中旬にかけて、中東のカタール、ヨルダン、サウジアラビア、エジプトの4ヵ国を就任後初めて歴訪する方向で調整を進めていると報じている。エジプトのシシ大統領ら、各国の政府要人と会談することにしているという。また、NHKは、中東の22の国と地域でつくるアラブ連盟とのあいだで、初めてとなる閣僚級の「日アラブ政治対話」をエジプトで開催する方向で調整を進めているとも指摘していた。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・日米は外務、防衛担当閣僚協議(2プラス2)を実施した。その後の会見で、河野外相は「日米の一致した対応がいま以上に求められているときはない」「北朝鮮の非核化に向けて実効的な圧力をさらに強めることで一致した」と明らかにしている。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・米誌「アメリカン・プロスペクト」は、トランプ米政権のバノン首席戦略官兼上級顧問がインタビューで、弾道ミサイル発射などで緊張が高まる北朝鮮情勢について「軍事的解決はない」と断言、軍事力行使も排除しない姿勢を見せるトランプ大統領との食い違いをみせたと報じている。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・米誌「アメリカン・プロスペクト」は、トランプ米政権のバノン首席戦略官兼上級顧問がインタビューで、「我々は中国と経済戦争をしている。焦燥感をもって取り組まなければならない。中国は米国を圧倒している」と述べ、不均衡を是正するため強硬な措置の発動を急ぐ必要があるという考えを強調したと報じている。

中国政府関係[NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
中国政府関係・中国国防省は、訪中している米軍制服組トップのダンフォード統合参謀本部議長が、中国軍制服組トップである范中央軍事委員会副主席や習国家主席(中央軍事委主席)と会談したと発表した。そのなかで、范氏は北朝鮮の核ミサイル問題で「軍事行動は選択肢とすべきではない」と米側をけん制したという。

ドナルド・トランプ[NP     HDP +1.0 CHDP +1.0 RHDP +1.0 CRHDP +1.0]
ドナルド・トランプ・トランプ米大統領は、自身のツイッターに、南北戦争で奴隷制存続を訴えた南軍関連の記念碑や銅像を撤去する動きが全米で加速していることについて「愚かだ!」と投稿、「米国の偉大な歴史や文化が引き裂かれていくのを見るのは悲しい」と書き込んだ。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・円建てCME先物は17日の225先物比210円安の19470円で推移している。為替市場では、ドル円は109円40銭台、ユーロ円は128円30銭台。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米ホワイトハウス当局者は17日、ゲーリー・コーン国家経済会議(NEC)委員長が辞任する意向はないことを明らかにした。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・12日に米バージニア州シャーロッツビルで起きた白人至上主義者らと反対派の衝突について、ドナルドトランプ米大統領が「双方に責任がある」と述べたことは、トランプ氏に距離を置く人々や助言機関を辞任した何人かの企業経営者ばかりでなく、側近や政権スタッフをも困惑させている。議会でも反発が広がっており、トランプ氏の政策目標も実現が遠のく恐れがある。トランプ氏は15日の記者会見でインフラ整備計画を発表する予定だったが、今回の衝突事件を巡る記者との激しいやり取りに終始した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のシンガポール日経平均先物は、1万9470円で推移している。前日の大証夜間取引は、1万9480円で終了した。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米共和党の有力議員、コーカー上院外交委員長は記者団に対し、トランプ大統領が大統領として成功するのに必要な「安定感と能力を示せていない」と指摘し、トランプ氏が「この国の本質」さえも理解できていないと痛烈に批判した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・北朝鮮の国連代表部は、北朝鮮のキム国連次席大使と国連のグテレス事務総長が15日に電話で会談したとする声明を発表した。そのうえで、「米国の敵対的な政策と核の脅威が続く限り、北朝鮮は自衛目的の核抑止力を交渉のテーブルに置いたり、核の力を強化するという道から少しも外れたりすることはない」と述べている。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米通商代表部(USTR)は、日本とのあいだで二国間貿易問題に関する協議を加速し、貿易関係の強化策を探ることで合意したと発表した。ライトハイザーUSTR代表が、河野外相とのあいだで、日本が米国産の冷凍牛肉の関税引き上げを決定したことに対する懸念について協議したことも明らかにしている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円はさえない。日本株安を見越した売りに押されて、一時109.297円まで値を下げた。市場では「米系短期勢からの売りが目立っている」との指摘があった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比231.36円安の19471.27円で寄り付いた。東証株価指数(TOPIX)は同18.97ポイント安の1595.85で始まった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の豪株式市場でASX200指数は軟調。9時10分時点では前日比66.91ポイント(1.16%)安の5712.30で推移している。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・政府は2019-23年度の次期中期防衛力整備計画(中期防)での防衛関係費の年平均の伸び率について、現中期防(14-18年度)の0.8%を上回ることを認める方向で調整に入った。北朝鮮の弾道ミサイルの脅威に対応し、地上配備型の迎撃システム「イージス・アショア」など新たな防衛装備品の調達を進めるためだ。13年末に策定した現在の中期防は、中国による海洋進出などを踏まえて防衛費を増やしてきた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の債券先物相場は反発して始まった。先物中心限月である9月物は前日比9銭高の150円69銭で寄り付いた。前日の米国債券相場が上昇した流れを引き継いで買いが強まった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米10年物国債利回りは時間外取引で小幅に上昇。9時34分時点では前日比0.0087%高い2.1940%前後で推移している。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・訪米中の河野外相はティラーソン国務長官と会談し、秋に予定されるトランプ大統領の来日に向け、準備を着実に進めることで一致した。河野氏は「揺るぎない日米同盟を内外に示すため、トランプ氏の初訪日を重視している」と発言している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米株価指数先物は時間外取引で下値が堅い。9時47分時点では前日比5ドル安の21728ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日午前の東京株式市場で日経平均株価は下げ渋り。9時41分時点では前日比191.28円安の19511.35円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同16.51ポイント安の1598.31で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日香港株式市場で、ハンセン指数は26999.60(前日比-1.26%)で寄り付いた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の中国株式市場で上海総合指数は、前日比15.19ポイント(0.46%)安の3253.24で寄り付いた。

中国政府関係[NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
中国政府関係・中国7月の新築住宅価格は70都市中56都市で前月比上昇、70都市で前年同月比上昇となった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の韓国株式市場で韓国総合株価指数は下げ幅を縮めた。10時35分時点では前日比8.43ポイント(0.36%)安の2353.24で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近9月限は時間外取引で持ち直し。10時44分時点では前日比0.01ドル高の1バレル=47.10ドルで取引されている。朝方には一時46.92ドルまで下げる場面があった。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米通商代表部(USTR)は、米韓自由貿易協定(FTA)再交渉の可能性を探るため、米韓両政府による特別会合を22日にソウルで開催すると発表した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ユーロドルはじり高。朝方に1.17086ドルまで下げた後はショートカバーの動きが続いており、一時1.17363ドルまで値を上げた。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・海上保安庁は、沖縄県の尖閣諸島の沖合で中国海警局の船4隻が日本の領海に侵入したと発表した。これを受け、政府は官邸の危機管理センターに設置している「情報連絡室」を「官邸対策室」に切り替えて、情報収集と警戒監視にあたっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比201.10円安の19501.53円で午前の取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同16.59ポイント安の1598.23で終えた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・為替市場はおおむね揉み合い。主要通貨ペアの動意は乏しい。NZドル絡みでわずかに下押しが見られるものの、基本的には動意薄。次の材料待ちといった様相で、午後にかけても狭いレンジ内で一進一退が続くとの見方が有力だ。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の12月限は時間外取でもみ合い。12時17分時点では前日比0.1ドル高の1トロイオンス=1292.5ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・フィリピンペソは軟調。ドルペソは一時51.610ペソと2006年8月30日以来、約11年ぶりの水準までドル高ペソ安が進んだ。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日午前の中国株式市場で上海総合指数は下落。前日比6.42ポイント(0.20%)安の3262.01で午前の取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日後場の日経平均株価は続落、前日比189円安の1万9513円と前引けより下げ幅を縮めて寄り付いた。前場はトランプ政権の政策実現力への懸念が高まり前日の米株式相場の大幅安を嫌気して売りが膨らみ5月2日以来約3ヶ月半ぶり安値1万9435円まで下げる場面があった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の中国上海総合指数は、新規手掛かり材料に乏しく前日に約1週間ぶり高値を付けただけに利益確定売りに押され、結局、前日比0.20%安の3262.01と反落して午前の取引を終えた。なお、CSI300は同0.16%安の3715.50と反落して前引けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の豪株式市場でASX200指数は下げ幅を縮小。12時38分時点では前日比39.11ポイント(0.68%)安の5740.10で推移している。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・18日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は伸び悩み。前日のNY市場で円高が進んだ流れに沿って朝方から米系短期筋の買いが持ち込まれた。もっとも、市場では「本邦長期資金の売りが観測された」との指摘があり、一巡後は伸び悩んだ。本日は週末の実質5・10日(五十日)とあって仲値に向けた売りが出たほか、日経平均株価が260円超安から150円超安まで下げ幅を縮めたことも円の重しとなった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の香港ハンセン指数は、米トランプ政権の先行き不透明感やスペインのテロ事件で17日の米国株が大幅安となり投資家心理悪化にほぼ全面安となり一時節目2万7000を下回り、結局、前日比0.71%安の2万7149.69と続落で前引けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・マレーシアリンギットはもみ合い。4-6月期マレーシア国内総生産(GDP)が前年同期比5.8%増と市場予想の5.4%増を上回ったことで小幅ながら米ドル安リンギット高が進んだが、反応は限定的だった。13時10分時点ではドルリンギットは4.2960-65リンギットで推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日午後の債券先物相場は高値圏でもみ合い。13時24分時点で先物中心限月である9月物は前日比7銭高の150円67銭で推移している。日銀の買い入れオペで中長期ゾーンの債券需要が意識され、中期債は買われたが先物相場への影響は限られた。

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係・チリ中銀は17日、政策金利を市場予想通り現行の2.50%に据え置くことを決めたと発表。声明では柔軟性のある金融政策を実施するとしつつも、金融政策の変更については国内外のインフレ状況次第との見解を示した。8日に発表された消費者物価指数(CPI)が前年比で1.7%上昇と中銀目標の2-4%を2カ月連続で下回ったことについては「認識している」としたが、追加緩和の必要性については言及しなかった。今年の5月を最後に利下げを打ち止めている状態だが、インフレの上昇が見込まれなければ近いうちに利下げサイクルを再開する見方は依然として強い。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日インド株式市場のSENSEX30指数は、前日比0.20%安の3万1729.88と反落して寄り付いた後、前日の米株式相場の大幅安や18日のアジア株の全面安に投資家心理が悪化し売りが優勢となり一時下げ幅を300pt近くに広げる軟調裡で推移。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日午後の東京株式市場で日経平均株価は戻りが鈍い。13時40分時点では前日比263.53円安の19439.10円で推移している。東証株価指数(TOPIX)は同19.97ポイント安の1594.85で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のインド株式市場は弱含み。ムンバイSENSEX30種は13時49分時点では前日比235.68ポイント(0.74%)安の31559.78で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日午後の中国株式市場で上海総合指数はプラス圏に浮上。14時26分時点では前日比0.68ポイント(0.02%)高の3269.11で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ポンドドルは強含み。午前からポンド買いドル売りの流れが続き、一時1.2897ドルまで値を上げた。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉が開始されているが、3カ国の主張は早くも相違が顕著に見られている。米国側は「NAFTAは製造業の雇用を喪失させ、貿易赤字拡大をもたらした」と述べた一方、メキシコカナダ側は「3カ国の利害の中で共通点を見出すことが重要」とし、自国の利益のみを追求する米国を非難した。米国は原産地規則の見直しとして、自動車部門において関税がゼロとなるNAFTA域内での部品調達率62.5%の引き上げを要求している。さらには、自国の輸出に有利になるための為替操作を防止する仕組みの導入も目指しているという。今回の会合で3カ国で合意に至ることは皆無と見られており、週明けのカナダドルやメキシコペソの動向には注視したほうが良いだろう。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の台湾加権指数は、米トランプ政権の先行き不透明感やスペインのテロ事件に17日の米国株の大幅安に投資家心理が悪化し売り優勢で推移、結局、前日比0.46%安の1万0321.33と反落して取引を終えた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の東京株式市場で日経平均株価は、前日比232.22円安の19470.41円で取引を終えた。東証株価指数(TOPIX)は、同17.46ポイント安の1597.36で終えた。ああsx

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・新発10年物国債利回りは低下。一時0.035%と5月30日以来の水準を付けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米10年物国債利回りは時間外取引で上昇幅を縮めた。15時50分時点では前日比0.0122%高い2.1974%前後で推移している。

スペイン政府関係[NP     HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係・スペイン警察は、バルセロナのテロ事件容疑者をさらに逮捕した。地元メディアが報じたもの。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円はじり安。米10年債利回りが上昇幅を縮めたことなどが重しとなり、一時109.159円と本日安値を付けた。なお、市場では「14日安値の109.054円が目先のサポートとして意識されている」との指摘があった。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・政府筋の話として伝えたところによると「10月中旬に予定されている日米経済対話を前に麻生財務・金融相とペンス米副大統領が9月5日か6日に米国で会談を行う予定」という。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日米債券市場で10年債利回りは、15:57現在2.1957%と前日比0.0104%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の中国株式市場で上海総合指数は上昇。終値は前日比0.29ポイント(0.01%)高の3268.72だった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円は軟調。欧州勢が売りで参入すると一時109.049円と11日以来の安値を付けた。市場では「本邦実需勢が買いオーダーを引っ込めた」との声が聞かれた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の中国上海総合指数は、新規手掛かり材料難に約1週間ぶり高値で利益確定売りに押されるも下値では押し目買いに支えられ、結局、前日比0.01%高の3268.72と小幅続伸で取引を終えた。なお、CSI300は同0.09%高の3724.67と小幅続伸で大引けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ユーロドルは買いが進んだ。ドル円の下落を受けてユーロ買いドル売りが優勢となり、一時1.17584ドルと日通し高値を付けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の欧州株式市場は売り先行。FTSE100種総合株価指数は16時23分現在、前日比50.33ポイント(0.68%)安の7337.54で取引されている。ドイツ株式指数(DAX)は同99.03ポイント(0.81%)安の12104.43で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日欧州債券市場でイタリア10年債利回りは、16:00現在2.031%と前日比0.001%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・オセアニア通貨はしっかり。豪ドル米ドルは0.7915米ドル、NZドル米ドルは0.7314米ドルまで上昇したほか、ユーロ豪ドルは1.48448豪ドル、ユーロNZドルは1.6065NZドルまで下押しした。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・麻生副総理が日米経済対話前に9月上旬訪米へ。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・17日の香港ハンセン指数は、米トランプ政権の先行き不透明感やスペインのテロ事件で17日の米国株が大幅安となり投資家心理悪化にほぼ全面安となり、結局、前日比1.08%安の2万7047.57と続落して大引けた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで弱含み。17時17分時点では大証終値比60円安の1万9380円で取引されている。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・18日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は堅調。東京市場はもみ合いとなっていたが、時間外の米10年債利回りが上昇幅を縮めると欧州勢が円買いドル売りで参入。市場では「マクロ系ファンドから円買いドル売りが持ち込まれた」との指摘があった。また、対オセアニア通貨を中心にユーロ安が進んだ影響から円高ドル安も目立ったほか、ナイトセッションの日経平均先物が下落したことも円を押し上げた。

日本銀行(日銀)関係[NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.1]
日本銀行(日銀)関係・日銀は18日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を733億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米10年物国債利回りは時間外取引で低下に転じた。17時43分時点では前日比0.0018%低い2.1835%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ポンドドルは買い優勢。前日高値の1.2909ドルを上抜けて目先のストップロスを巻き込みながら1.2917ドルまで値を上げた。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ユーロドルは再び上昇。一時は1.1720ドル台まで失速する場面があったが、米長期金利の低下を背景に全般ドル安が進むと買いが再開し、一時1.17743ドルまで買い上げられた。

オーストラリア政府関係[NP     HDP -2.7 CHDP +0.0 RHDP -2.7 CRHDP +0.0]
オーストラリア政府関係・豪金融取引報告分析センター(AUSTRAC)のクラーク長官代行は18日、国内大手銀行を調査した結果、コモンウェルス銀行と同様の不正行為は見られなかったと明らかにした。議会で述べた。AUSTRACは今月、「重大な組織的な」マネーロンダリング(資金洗浄)防止法違反があったとしてコモンウェルス銀を提訴した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の英10年物国債利回りは低下。18時26分時点では前日比0.026%低い1.062%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・資源国通貨のクロス円は堅調。豪ドル円は86.48円、NZドル円は79.96円まで上昇した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の独10年物連邦債利回りは低下。19時4分時点では前日比0.028%低い0.398%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日インド株式市場で、センセックス指数は31524.68(前日比-0.85%)で取引を終了した。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米株価指数先物は時間外取引でもみ合い。19時46分時点では前日比2ドル高の21735ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近9月限は時間外取引で伸び悩み。20時35分時点では前日比0.11ドル高の1バレル=47.20ドルで取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日米債券市場で10年債利回りは、20:54現在2.1939%と前日比0.0087%上昇となっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の12月限は時間外取でもみ合い。20時49分時点では前日比8.8ドル高の1トロイオンス=1301.2ドルで推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円はさえない。21時50分過ぎに一時本日安値となる108.913円まで値を下げた。なお、市場では「11日の安値108.743円が下値の目処として意識されている」との指摘があった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米10年物国債利回りは時間外取引で低下に転じた。21時57分時点では前日比0.0018%低い2.1835%前後で推移している。

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
米政府関係・米ウォールストリートジャーナル紙は18日、「バノン氏解任危機か、トランプ氏と矛盾する発言」と報じた。中国に対する貿易圧力強化策から南北戦争当時の南軍(南部連合)の記念碑の擁護に至るまで、ドナルドトランプ米大統領は自らのナショナリスト的な争点でさらに大きく賭けに出ようとしている。他方で同氏は、側近中の側近の中でそうしたナショナリスト的イデオロギーを最も強く体現している人物と関係を断つよう圧力を受けている。ホワイトハウスの首席戦略官スティーブバノン氏だ。

麻生太郎[NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
麻生太郎・麻生太郎副総理財務相は9月上旬に訪米する方向で調整に入った。10月中旬にも開く2回目の日米経済対話の事前協議で、ペンス副大統領との会談も検討中。米国が主張する対日貿易赤字の是正などで意見を交わす。

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要・18日の欧州外国為替市場で円は対ドルで強含み。しばらくは方向感の乏しい動きとなっていたが、米10年債利回りが低下に転じると日米金利差縮小を見越した買いが入った。欧州株式相場やナイトセッションの日経平均先物が軟調に推移したことも円全体を押し上げた。一方、カナダドルに対しては反落。株安を背景にした買いが先行したものの、一巡後は売りが優勢に。7月カナダ消費者物価指数(CPI)は予想通りの結果となったが、指標発表後に全般カナダドル高が強まった流れに沿って売りが広がった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は22時に1ドル=108円79銭前後まで下落。
・カナダドル円は一時1カナダドル=86円06銭前後まで下げた後、86円55銭前後まで反発した。
・ユーロドルは神経質な値動き。米長期金利の低下を受けて1ユーロ=1.17742ドル前後まで上昇。もっとも、その後はユーロクロスの売りに押されて伸び悩み、1.17ドル台半ばでの神経質な展開となった。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日米国株市場でNYダウは、前日比13ドル前後下落の21737ドルと続落スタートになっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米国株式相場は小動き。ダウ工業株30種平均は22時31分時点では前日比13.26ドル安の21737.47ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同0.08ポイント高の6221.99で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ドル円は下げ幅を拡大。11日の安値108.743円を下抜けて一時108.656円と4月19日以来の安値を付けた。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・厚生労働省は働き方改革を政府をあげて推進するため、改革の理念を盛り込んだ基本法を作る。現在の雇用政策の基本方針を盛った雇用対策法を衣替えし、「労働政策総合推進法」などの名称で新たに基本法と位置づける。働き手に対する公正な評価や、正当な賃金を得る意義などを明記する。今秋の臨時国会に法案を提出する。

日本政府関係[NP     HDP -2.5 CHDP +0.1 RHDP -2.8 CRHDP +0.1]
日本政府関係・基本法は国の重要政策の理念や方針を示すもの。働き方改革は安倍政権の看板政策のひとつとなっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで軟調。22時52分時点では大証終値比90円安の1万9350円で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米10年債利回りは低下一服。8月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値)が予想より強い結果となったこともあり、やや債券売りが出た(金利は上昇)。23時7分時点では前日比0.0140%低い2.1713%前後で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日の米国株式相場はじり安。ダウ工業株30種平均は23時13分時点では前日比51.12ドル安の21699.61ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同9.84ポイント安の6212.07で推移している。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のブラジル株式相場は小高い。ブラジルの代表的な株式指数であるボベスパ指数は23時13分現在、前日比161.31ポイント(0.24%)高の68138.11で取引されている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日欧州債券市場で英国10年債利回りは、23:31現在1.076%と前日比0.011%低下となっている。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・ポンドドルは軟調。全般にポンド売りが強まっており、一時1.2856ドルと本日安値を更新した。また、ポンド円は139.79円まで下げたほか、ユーロポンドは0.91414ポンドの高値までユーロ高ポンド安が進んだ。

ニュース[NP     HDP -1.9 CHDP +0.3 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
ニュース・18日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は弱含み。23時35分時点では前日比91.78ポイント(0.61%)安の14941.86で取引されている。

[ Previous / ]

FX相場に関係する主な重要人物

ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング
ジャネット・イエレン マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーヴィン・キング

重要人物・その他の発言・ニュース