ラファエル・ボスティックの発言・ニュース

ラファエル・ボスティック

 ラファエル・ボスティックは1966年生まれのアメリカの経済学者で、アフリカ系アメリカ人として初めての地区連銀総裁です。

 ボスティックは、デニス・ロックハート総裁の後任にアトランタの地区連銀総裁に指名され、住宅政策専門のエコノミストとしての実績を持ちます。

 またオバマ政権期には、米住宅都市開発省で政策開発・研究担当次官補を務め、南カリフォルニア大学教授を歴任するなどし、プライベートでは自身がゲイであることも公開しています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-19][NP+4.8 HDP +3.5 CHDP +0.1 RHDP +3.5 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「今年は3回の利上げを望んでいる」「インフレの対称性は米国にとって重要」
・米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は18日、年内の利上げについて、あと1回、計3回実施する方針を引き続き支持するとの見解を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のラファエル・ボスティックの発言・ニュース

[2018-09-14][NP     HDP +3.8 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ボステック・アトランタ連銀総裁「米国は完全雇用に到達、もしくは非常に近い状況にある」「FEDは政策金利を中立に向け引き上げる義務」
・ボステック・アトランタ連銀総裁「貿易懸念による投資への影響がひろがりつつある」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「税制改革、財政刺激策は著しい刺激を供給」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「完全雇用に近いが、インフレの兆候はみられない」「漸進的な利上げが正しい政策」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「貿易はダウンサイドリスク、財政刺激策はアップサイドリスク」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「通商問題は景気の下振れリスク、減税は上振れリスク」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「依然として今年3回の利上げを支持」「もし完全雇用となっても依然として不安を感じる」

[2018-09-11][NP     HDP +3.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは短期的には政治から独立するべき」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレは関税の問題により上昇を開始する」「政策金利は中立に達したら暫く様子を見るべき」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「中立金利に達したらしばらく様子見するべき」

[2018-08-25][NP     HDP +3.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレが加速するかどうかを注視」

[2018-08-24][NP     HDP +3.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FOMCにおいて、イールドカーブについて議論があった」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「主なダウンサイドリスクは貿易政策の影響や不確実性」「イールドカーブは市場が期待するようなFEDの利下げを示していない」

[2018-08-21][NP     HDP +3.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「米経済は非常に良くGDPは強い」「米国の失業率は歴史的に見て非常に非常に低い」「経済は依然と比べさらなる刺激を必要としていない」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは中立金利に向けて漸進的に歩んでいる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「以前に求められていたような刺激策は、現状必要ではない」「イールドカーブの平坦化に対して懸念」「インフレ目標の達成に向けて、FRBはとても良くやっている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「貿易政策は経済の不透明感の要因に」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「トルコやベネズエラの市場に注目」「年内あと一回の利上げを見込む」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBの独立性がとても重要であり、それがより良い政策をつくる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「依然、年3回の利上げを支持する」

[2018-07-14][NP     HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「現状の経済に関して懸念をしていない」「ターゲットに近いインフレは経済が順調である良いサイン」

[2018-06-29][NP     HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FOMCは米経済の過熱について懸念」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「利上げペースの減速を容認する」「利回り曲線の形状を注視、逆イールド回避を望む」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「イールドカーブを監視、逆転を回避したい」「貿易関連の不透明性が投資を弱める可能性がある」

[2018-06-27][NP     HDP +3.6 CHDP +0.1 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは安定して持続的な道筋の経済維持を試みている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは経済を持続可能なペースで安定させるよう努めている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FEDは経済を持続可能なペースで安定させるように努めている」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FEDの職務は貿易の不透明性の高まりによってより困難に」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「今年は3回の利上げを望んでいる」「貿易戦争の混乱は下サイドのリスクとなる可能性」

[2018-06-19][NP+4.8 HDP +3.5 CHDP +0.1 RHDP +3.5 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「今年は3回の利上げを望んでいる」「インフレの対称性は米国にとって重要」
・米アトランタ地区連銀のボスティック総裁は18日、年内の利上げについて、あと1回、計3回実施する方針を引き続き支持するとの見解を示した。

[2018-05-25][NP     HDP +3.3 CHDP -0.1 RHDP +3.3 CRHDP -0.1]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁が、米朝首脳会談の中止決定を受け、トランプ政権の政策をめぐる不透明感が高まる可能性を指摘したと報じている。

(最終更新日時 2018-09-15 11:13)

ラファエル・ボスティック関係のバックナンバー

ラファエル・ボスティック カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース