ラファエル・ボスティックの発言・ニュース

ラファエル・ボスティック

 ラファエル・ボスティックは1966年生まれのアメリカの経済学者で、アフリカ系アメリカ人として初めての地区連銀総裁です。

 ボスティックは、デニス・ロックハート総裁の後任にアトランタの地区連銀総裁に指名され、住宅政策専門のエコノミストとしての実績を持ちます。

 またオバマ政権期には、米住宅都市開発省で政策開発・研究担当次官補を務め、南カリフォルニア大学教授を歴任するなどし、プライベートでは自身がゲイであることも公開しています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +3.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-11-16][NP+4.8 HDP +3.8 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「利上げは慎重に進めるべき」「経済データを注視しながら政策金利を決定」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「金利の中立水準は2.5-3.5%の間」「金融政策は資産バブルを避けるためにいくらかの役割がある」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「関税の問題は将来の不確実性を増大させる」「マイナス金利に関して少し不安を感じる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「多くの国でリスクが発生している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のラファエル・ボスティックの発言・ニュース

[2018-11-16][NP+4.8 HDP +3.8 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「利上げは慎重に進めるべき」「経済データを注視しながら政策金利を決定」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「金利の中立水準は2.5-3.5%の間」「金融政策は資産バブルを避けるためにいくらかの役割がある」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「関税の問題は将来の不確実性を増大させる」「マイナス金利に関して少し不安を感じる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「多くの国でリスクが発生している」

[2018-10-25][NP     HDP +3.9 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「いくつかの地域で賃金の上昇がみられない」「米経済はとても順調」

[2018-10-24][NP+5.4 HDP +3.9 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「経済は強く、FEDの政策のサポートを必要としていない」「インフレはFEDのターゲットである2%前後を維持」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBの利上げ軌道を停止する理由は少ない」「リスクは上方、2018年、2019年のGDP成長見通しを引き上げた」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「中立水準まであと2-3回は利上げが必要」「中立水準まで緩やかな利上げを支持」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「向かい風は貿易政策や市場のボラティリティも含まれる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「今年は合計4回の利上げが適切」

[2018-10-22][NP     HDP +3.8 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・米アトランタ連銀のボスティック総裁は、サウジアラビアの反政府記者カショギ氏失踪をめぐりサウジへの制裁の可能性が浮上していることを受け、石油市場に何らかの影響が及ぶか注視していると述べた。

[2018-10-20][NP     HDP +3.8 CHDP +0.0 RHDP +3.8 CRHDP +0.0]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「サウジアラビアの状況が潜在的なリスクに」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「貿易政策の見通しが引き続きリスク要因」「経済が継続的に拡大している証拠がある」

[2018-10-11][NP     HDP +3.8 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「力強い米国経済を予想」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「年内の米経済は力強く推移すると予想」「多くの指標と照らし合わせると経済は望ましく推移している」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「金融当局は現在の金利でブレーキかけていない」

[2018-10-06][NP     HDP +3.8 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは中立的な金融スタンスになるべき」「インフレは2%近辺に上昇する見通し」「FEDは経済が許せば中立的な金融スタンスになる」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「経済の強さを過小評価していた可能性」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「多くの関税、まだ消費に影響が出ていない」

[2018-09-14][NP     HDP +3.8 CHDP +0.1 RHDP +3.8 CRHDP +0.1]
・ボステック・アトランタ連銀総裁「米国は完全雇用に到達、もしくは非常に近い状況にある」「FEDは政策金利を中立に向け引き上げる義務」
・ボステック・アトランタ連銀総裁「貿易懸念による投資への影響がひろがりつつある」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「税制改革、財政刺激策は著しい刺激を供給」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「完全雇用に近いが、インフレの兆候はみられない」「漸進的な利上げが正しい政策」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「貿易はダウンサイドリスク、財政刺激策はアップサイドリスク」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「通商問題は景気の下振れリスク、減税は上振れリスク」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「依然として今年3回の利上げを支持」「もし完全雇用となっても依然として不安を感じる」

[2018-09-11][NP     HDP +3.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「FRBは短期的には政治から独立するべき」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレは関税の問題により上昇を開始する」「政策金利は中立に達したら暫く様子を見るべき」
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「中立金利に達したらしばらく様子見するべき」

[2018-08-25][NP     HDP +3.7 CHDP +0.1 RHDP +3.7 CRHDP +0.1]
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「インフレが加速するかどうかを注視」

(最終更新日時 2018-11-17 18:44)

ラファエル・ボスティック関係のバックナンバー

ラファエル・ボスティック カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース