中国人民銀行関係

中国人民銀行関係のイメージ画像

 2018年7月の期間中の中国人民銀行関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は2日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6157元にすると発表した。前営業日の基準値(6.6616元前後)からは0.0459元程度の元高ドル安水準となった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

中国人民銀行関係による2018年7月 発言・ニュース

[2018-07-02][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は2日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6157元にすると発表した。前営業日の基準値(6.6616元前後)からは0.0459元程度の元高ドル安水準となった。

[2018-07-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は3日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6497元にすると発表した。前日の基準値(6.6157元前後)からは0.0340元程度の元安ドル高水準となった。

[2018-07-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・潘功勝中国人民銀行副総裁「中国人民元を妥当な水準での安定を維持できると確信している」

[2018-07-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・易総裁・中国人民銀行「人民元を均衡の取れた水準で安定的に維持する」

[2018-07-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行アドバイザーは、「人民元が大幅に下落するとは思わず」「最近の人民元下落は通常の市場の反応」「人民銀が元下落を主導しているとは言えない」「米中通商摩擦、冷静にとらえるべき」などの見解を示した、と報じた。

[2018-07-03][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行の高官「中国は人民元を貿易論争の手段として使用しない」

[2018-07-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・潘功勝中国人民銀行副総裁「外国企業や機関投資家が中国本土で発行する中国人民元建て債『パンダ債』の発行ルールを明確化するための指針を発表する予定」

[2018-07-04][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は4日、7日物リバースレポで100億元の資金供給を実施する。推計で差し引き800億元吸収。

[2018-07-05][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行の中国人民元の対ドル基準値は6.6180元となり、前日比で0.0415元高ドル安に設定された。ドル円は110.38円前後にじり安。ここからは、上海総合指数の寄り付き待ちか。

[2018-07-07][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は今週、公開市場操作(オペ)を通じて差し引き5000億元の資金を銀行間市場から吸収した。4日にリバースレポ(売り戻し条件付き債券購入)で100億元を供給した一方、週内に償還期限を迎えたリバースレポが5100億元に上った。吸収超過は2週連続で、規模は前週の3700億元から拡大した。月初来では差し引き5000億元を吸収している。

[2018-07-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行の易総裁は、経済が「新常態」に入るなか、同国は引き続き金融改革と開放を深化させていくと表明した。

[2018-07-09][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は9日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6393元にすると発表した。前営業日の基準値(6.6336元前後)からは0.0057元程度の元安ドル高水準となった。

[2018-07-10][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は10日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6259元にすると発表した。前日の基準値(6.6393元前後)からは0.0134元程度の元高ドル安水準となった。

[2018-07-11][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は11日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6234元にすると発表した。前日の基準値(6.6259元前後)からは0.0025元程度の元高ドル安水準となった。

[2018-07-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は12日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6726元にすると発表した。前日の基準値(6.6234元前後)からは0.0492元程度の元安ドル高水準となった。

[2018-07-12][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行は12日、7日物リバースレポで300億元の資金供給を実施する。推計で期日到来額と一致。

[2018-07-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は13日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6727元にすると発表した。前日の基準値(6.6726元前後)からは0.0001元程度の元安ドル高水準となった。

[2018-07-13][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)研究局の徐忠局長は13日、中国は財政政策によって景気を支える余地があるとし、今年の中央政府の財政赤字比率は昨年を上回る水準にすべきとの見解を示した。

[2018-07-16][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は16日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6758元にすると発表した。前営業日の基準値(6.6727元前後)からは0.0031元程度の元安ドル高水準となった。

[2018-07-17][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -3.4 CRHDP +0.0]
・中国人民銀行(中央銀行)は17日朝、外国為替市場での人民元取引の基準値となる「中間値」を1ドル=6.6821元にすると発表した。前日の基準値(6.6758元前後)からは0.0063元程度の元安ドル高水準となった。

中国人民銀行関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース