ダニエル・タルーロの発言・ニュース

ダニエル・タルーロ

 ダニエル・タルーロは1952生まれの法律家で、米連邦準備理事会(FRB)の理事です。

 タルーロは、ジョージタウン大学教授として国際金融規制・国際法などを教えおり、クリントン政権時代には大統領補佐官を務めた経歴を持つ。

 また、バラク・オバマ アメリカ大統領の元で2009年にFRBの理事に任命されており、その任期は2022までとなっている。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-11-15][NP+3.8 HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -1.2 CRHDP +0.2]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレに回復の変化が見られる」「利上げの議論は慎重にするのが妥当だ」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「米国の金融システムは強い」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のダニエル・タルーロの発言・ニュース

[2016-12-05][NP     HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -1.2 CRHDP +0.2]
・タルーロFRB理事は金融市場関係者の会合で「ごく最近の歴史を忘れないことがきわめて重要だ」「金融危機の再発を防ぐ、既存の仕組みの本質的な要素を、われわれが弱めることは無い」と述べている。

[2016-11-15][NP+3.8 HDP -1.8 CHDP +0.1 RHDP -1.2 CRHDP +0.2]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレに回復の変化が見られる」「利上げの議論は慎重にするのが妥当だ」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「米国の金融システムは強い」

[2016-10-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・タルーロFRB理事「FRBは大手金融機関の資本と流動性が金融システムの保全に十分かどうか審査するため、一段の措置を導入する可能性がある」

[2016-10-22][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「経済や金融政策について言及しなかった」

[2016-09-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「FRBのストレステスト計画、資本要件引き上げへ」

[2016-09-09][NP+4.0 HDP -1.9 CHDP +0.2 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「われわれは金利について前向きになる必要」「利上げのタイミングについてコメントすることはない」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「年内利上げの可能性を排除しないつもりだ」

[2016-07-06][NP+1.0 HDP -2.3 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「英EU離脱への金融システムの準備はできている」「インフレは目標に達せず、経済は活発ではない」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「雇用市場は経済のたるみ拡大を示唆」「インフレ上昇を待って様子を見ることがより良い道」「インフレが2%に上昇している証拠が見られない」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「資産価格バブルを心配していない」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「質への逃避が見られる」「不透明感がある場合、影響が抑制される」「FRBは英国がEU離脱決定後のマクロの展開を監視」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「英EU離脱の影響の規模はわからない」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「経済が減速した場合、手段は限られる」「インフレが2%に上昇する兆候見られない」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「流動性についてやるべき仕事はかなりある」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「われわれはマイナス金利については考えていない」

[2016-06-03][NP     HDP -2.3 CHDP +0.1 RHDP -2.4 CRHDP +0.0]
・タルーロFRB理事「英のEU離脱(ブレグジット)の是非を問う国民投票、短期的には市場に即刻影響を及ぼすかが焦点になる」「今後の成長に影響するとすれば、6月会合において投票後の金融市場動向とその影響が考慮する材料となる」
・タルーロFRB理事「経済は労働市場で一段の改善余地がみられる。雇用がさらに拡大し賃金も上昇する可能性がある」

[2016-06-02][NP     HDP -2.3 CHDP +0.1 RHDP -2.4 CRHDP +0.0]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「大手銀行に追加資本を義務づける」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「金融政策は通常とは異なる環境にある」「英国のEU離脱の可能性を私は考慮するだろう」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「利上げしてもかなりの緩和が維持される」

[2015-11-23][NP     HDP -2.3 CHDP +0.1 RHDP -2.4 CRHDP +0.0]
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「FRBは銀行システムの外側にあるリスクを注視し続ける必要がある」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「米国経済は依然として複雑」「インフレの兆候を待つ方が良い可能性」「インフレには引き続き不確実性が多い」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「インフレの兆候を待つ方が良いかもしれない」「政策行動は意図せぬ結果をもたらす可能性ある」
・タルーロ米連邦準備理事会(FRB)理事「政策が意図せぬ影響を与える可能性も」「インフレの兆候を待つほうが良いかもしれない」

(最終更新日時 2016-12-06 03:52)

ダニエル・タルーロの発言・ニュース バックナンバー

ダニエル・タルーロ カレンダー

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース