デーヴィッド・キャメロンの発言・ニュース

デーヴィッド・キャメロン

 デーヴィッド・ウィリアム・ドナルド・キャメロンは1966年生まれのイギリスの政治家で、第75代イギリスの首相です。

 キャメロンは、オックスフォード大学を卒業後、1988年、保守党調査部に就職し、サッチャー政権とメージャー政権で政策資料作成のスタッフとして活動し、財務大臣だったノーマン・ラモントのスピーチライターを務めている。

 また、警官や兵隊、教師などの一割削減を掲げているが、労働党からはこのことから「ミスター10%」と綽名されていたり、日本の国連安全保障理事会常任理事国入りを支持している人物としても知られている。

HDP

中間派

 HDP   -2.5(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン前英首相「下院議員を辞職する」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のデーヴィッド・キャメロン

[2016-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン前英首相「下院議員を辞職する」

[2016-07-11][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン英首相は、北大西洋条約機構(NATO)首脳会議出席のためワルシャワ入りした際「EU離脱が決まった国民投票後も、英国が国際的な役割を縮小することはない」
・キャメロン英首相の後継を決める英保守党の党首選で11日、テリーザ・メイ内相(59)の党首就任が確定し、次期首相になることが確実となった。もう1人の候補のレッドソム・エネルギー担当閣外相(53)が同日、選挙戦からの撤退を発表し、党首選を管理する党内委員会の幹部も党首選が終了したと表明した。ただ、同幹部はメイ氏が首相に就任する日程については明言しなかったと同紙は伝えている。
・日本経済新聞によると。キャメロン英首相の後継を決める英保守党の党首選で11日、テリーザ・メイ内相(59)の党首就任が確定し、次期首相になることが確実となった。もう1人の候補のレッドソム・エネルギー担当閣外相(53)が同日、選挙戦からの撤退を発表し、党首選を管理する党内委員会の幹部も党首選が終了したと表明した。ただ、同幹部はメイ氏が首相に就任する日程については明言しなかった、と同紙は伝えている。
・キャメロン英首相「新首相は13日の夜までに誕生する」

[2016-07-06][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン英首相の後継を決める英与党・保守党の党首選で、候補者を絞り込むための下院議員による1回目の投票が5日行われ、メイ内相が最多の165票を得た。2位はレッドソム・エネルギー担当閣外相で66票を獲得し、続いてゴーブ司法相の48票が3位となった。候補者は3の3人に絞り込まれた。欧州連合(EU)離脱が決まった先月の英国民投票では、メイ氏は残留を支持、レッドソム氏とゴーブ氏は離脱を支持していた、と同ニュースは伝えている。

[2016-07-05][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン英首相報道官「キャメロン首相は次期首相が決めるべきとの立場を明確にしており、すべての詳細な取り決めを精査する必要があると指摘している」「我々が確実に最善の選択を行なうよう、議会は明らかに役割を担っている」「英国民はEU離脱を決めており、国家として決定を実行に移す必要がある」

[2016-07-01][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・英紙デイリー・メールは、キャメロン英首相が後継者として、メイ内相を支持すると報じている。EU離脱を決めた国民投票で分裂した国内をまとめるには、同氏がもっとも適しているとの考えを示したという。

[2016-06-30][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・英LBCラジオは、キャメロン首相の辞任表明を受けた後継選びで、フォックス元国防相が与党・保守党の党首選に出馬する考えを示した、と報じている。フォックス氏は30日に立候補を表明するかと問われ、「出馬する」と言明したという。
・キャメロン英首相「EU側では英国の通知がなければ交渉できないと言っているが、次の首相とEU側との協議の可能性が除外されるとは思わない」
・キャメロン英首相「日系企業による英投資保護であらゆる手段の用意」

[2016-06-29][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン英首相「これが自分にとって恐らく最後のEU首脳会議」「英国が欧州に背を向けることはないだろう」「今夜の議論は建設的だった」
・キャメロン英首相「国民投票で勝ちたかった。結果は悲しい。しかし、それよりも英国が欧州と正しい関係を築くことに関心がある」
・キャメロン英首相「EU基本条約(リスボン条約)50条を発動する前に、新首相はEUと協議する可能性も」

[2016-06-28][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン英首相の辞任表明を受けた次期首相選びで、与党・保守党の党首選管理委員会は、遅くとも9月2日までに決定するよう提言した。
・キャメロン英首相「離脱決定に疑問の余地がないことは明白。内閣は結果を受け入れられるべきとの見解で一致した」「英政府は現時点で正式な離脱交渉を開始するリスボン条約50条の発動は行なわない。これは国家の決定であり、英国のみが判断することだ」

[2016-06-27][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・日テレニュースは、辞任を表明したキャメロン英首相の後継者との呼び声が高い離脱派のキーパーソンであるジョンソン前ロンドン市長へのインタビューとして、「日本との関係は問題ない。大丈夫」と報じている。
・キャメロン英首相「市場は激しく変動」「EU離脱は順調な航海から程遠い」「英経済は強い状況にあるという自信を示すべきだ」
・キャメロン英首相「市場は変動、EU離脱は容易ではない」「EU離脱に向けた国民投票結果を順守すべき」「私が望んだ結果ではない」

[2016-06-24][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
・キャメロン英首相「EUとの交渉の準備をしなければならない」
・キャメロン英首相「国民の意思が尊重されるべき」「英在住のEU市民に差し迫った変化ない」
・キャメロン英首相「英国には新しいリーダーシップが必要」「英経済は強いと市場・投資家に改めて保証する」
・キャメロン英首相「英国には新たな首脳陣が必要になる」「3カ月間は続投する」

(最終更新日時 2016-09-14 00:00)

デーヴィッド・キャメロンの発言・ニュース バックナンバー

デーヴィッド・キャメロン カレンダー

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース