デニス・ロックハートの発言・ニュース

デニス・ロックハート

 【2015年FOMC投票権保有】デニス・P・ロックハートは、1947生まれの第14代アトランタ銀行総裁です。

 ロックハートは、2003年から2007年まで、ジョージタウン大学ウォルシュ外交大学院で教鞭をとり、国際投資や国際事業戦略について教えており、自身が国際経済学と外交政策で学位をとったジョンズ・ホプキンス大学の高等国際問題研究所でも非常勤教授を務めていた。

 また、FRBの金融緩和策については「米経済が持続的成長あるいは成長加速を遂げる可能性を最大限に高めるよう適切に設定されている」と評価している。

HDP

中間派

 HDP   +0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-08][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.2]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「ドルは恐らく上昇を続ける」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-02-08][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.2]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「ドルは恐らく上昇を続ける」

最近のデニス・ロックハートの発言・ニュース

[2017-02-17][NP     HDP +0.1 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP -0.1]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「インフレは予想より早く目標達成へ」「最近のインフレの動向に勇気づけられた」「インフレや小売り売上高の結果は経済が強まっていることを示唆」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「世界でインフレ圧力がやや見られる」「長期的なインフレ目標は2%前後」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「自身の見通しでは年内2回の利上げを前提にしている」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「FRBは記者会見が予定されていない会合でも利上げが可能」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「完全雇用に近い状況、なおスラック残る」「さらなる雇用改善待つのは賢明ではない」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「記者会見の予定がなくても金利変更は可能」「全てのFOMC会合がライブ」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「ドル高は経済を抑圧する要因となる可能性」「強いドルは経済を抑制し得る要因」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「保護主義、制御不能になれば景気損なう恐れ」

[2017-02-15][NP     HDP +0.1 CHDP +0.1 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「回復を正常化と呼ぶことには抵抗」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「経済はしっかりとしている」「インフレはじりじりと上昇している」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「米債務は管理可能だが、方向は憂慮している」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「1兆ドルのインフラ計画は景気刺激の効果」「インフラ投資の最終的影響には議論の余地」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今年は2回の利上げを見込んでいる」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今年の利上げ予想、2回と3回の間で思案中」「通商政策は消費に影響し得る、マイナスのリスク」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「刺激策と税改革、規制緩和は上向きのリスク」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「3月利上げの説得力のある根拠は見当たらない」「一方で、3月の利上げが適切であることを納得することは容易」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「2017年3回の利上げが適切であることは容易に納得がいく」

[2017-02-08][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +3.3 CRHDP +0.2]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「ドルは恐らく上昇を続ける」

[2017-01-13][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.1]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「4.6-4.7%の失業率は完全雇用の水準に近いように感じられる」「いくつかの労働市場ではスラックが吸収されている」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「リセッションの可能性は比較的低い」「有害な政治は未来の懸念となる可能性」

[2017-01-12][NP+4.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.0]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今年は2回の利上げを予想、3回派より慎重」

[2017-01-10][NP+4.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.8 CRHDP +0.2]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「FOMCの2大責務、達成はかなり近い」「米GDP成長、今後3年間2%近辺に」「FOMCはサポート役重視にシフトする時期」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「緩やかなペースでの利上げを予想」「財政政策による影響、推し量るのは時期尚早」「米経済成長、著しく加速するかは不明」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「米GDP成長、今後3年間で2%近辺に」「FOMCはサポート役重視にシフトする時期」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「FRBは2つの責務において目標達成にかなり近い」「自身の予測に財政政策を含まず」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今後3年間、米国国内総生産(GDP)の成長は2%前後」「財政政策の影響を見通すのは時期尚早」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「雇用指標は米国が完全雇用に近づいていることを示唆」「12月雇用統計に非常に満足」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今年は2回の利上げを予想。3回の可能性も」

[2016-11-05][NP+3.8 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「米国の雇用環境は非常にダイナミック」「貿易保護主義は輸入物価に打撃与える可能性」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「急激な物価リスクがなければ多少の景気過熱を容認」「利上げは経済を基に検討するべき」

[2016-11-04][NP+3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.6 CRHDP +0.0]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「雇用は完全雇用に近づいている」「金利が長期的に上昇を続けるとは想定しない」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今後2年間は極めて段階的な金利上昇の環境になるだろう」「2016年米国経済は2%を小幅割り込む成長を予想する」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「向こう2年は極めて段階的な金利上昇環境に」「金利上昇の環境を予期するのが賢明」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「近い将来のリセッションは予想していない」「米国でマイナス金利が展開するとは予想せず」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「ドルは最近、やや上昇気味だった」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「金利は非常にゆっくりと上昇へ」「弱い世界需要にもかかわらず我々は成長可能」

[2016-10-26][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁のこの日の講演原稿では、金融政策や経済見通しについての言及はなかった。

[2016-09-29][NP+4.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP -0.1]
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「FOMC声明は遠くない将来の利上げを示唆」「FOMC会合では金利据え置きを支持した」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「もう少し進展の証拠を確認するのは理にかなう」「潜在成長率をやや上回るペースが望ましい」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「比較的弱い成長にもかかわらずFRBは目標に近づいた」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「雇用の伸びは勢いを維持すると予想」「今度数回のFOMC会合のうち1回利上げすることが適切」
・ロックハート・アトランタ連銀総裁「今後数回のFOMCの一つでの利上げに違和感なし」

(最終更新日時 2017-02-20 04:49)

デニス・ロックハートの発言・ニュース バックナンバー

デニス・ロックハート カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース