ドナルド・トランプ

ドナルド・トランプのイメージ画像

 2017年5月の期間中のドナルド・トランプによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「中国は北朝鮮問題で本当に支援しようとしている」「中国を為替操作国に認定する時期ではない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は自身のツィッターにおいて「北朝鮮が中国とその指導者、習国家主席の願いを軽視してミサイルを発射したが、失敗に終わった。悪いことだ」と投稿した。

ドナルド・トランプによる2017年5月 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「中国は北朝鮮問題で本当に支援しようとしている」「中国を為替操作国に認定する時期ではない」

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は自身のツィッターにおいて「北朝鮮が中国とその指導者、習国家主席の願いを軽視してミサイルを発射したが、失敗に終わった。悪いことだ」と投稿した。

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領へのインタビューとして「北朝鮮のミサイル発射は、金朝鮮労働党委員長国が米国などを極めて不満に思うことを理解している」「中国の習国家主席は尊敬できる人物」「北朝鮮への軍事行動はまだ分からない。様子を見る」と報じている。

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は、フィリピンのドゥテルテ大統領と電話会談を行った。そのなかで、北朝鮮問題を含め、東南アジア諸国連合(ASEAN)がかかわる安全保障上の懸案などについて協議した模様。

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ大統領へのインタビューとして、「米国の成長率は今後数年間で4%を超える。将来のいつか5%以上にならない理由はない」と報じている。ただ、明確な根拠は示されていないという。

[2017-05-01][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・就任100日を迎えたトランプ米大統領は、ペンシルベニア州ハリスバーグで演説し、「米国を再び偉大な国にする戦いが始まっている。これからも米国第一だ」と述べ、国際協調に否定的な考えを示した。

[2017-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ドッド・フランク法の大胆な修正に取り組んでいる」

[2017-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「北朝鮮の金正恩氏との会談にオープン」「ガソリン税増税の可能性についてオープン」

[2017-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「大手金融機関の分割を前向きに検討している」

[2017-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「超党派の歳出合意に満足」

[2017-05-02][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「米国経済の成長、いずれ4%以上にペース加速も可能」

[2017-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ヘルスケアを成立させる時が来た」「国境の壁は建築が始まる」

[2017-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・「トランプ米大統領とプーチン露大統領はシリア対策協調について電話協議した」ようだ。

[2017-05-03][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領とプーチン露大統領は電話会談を実施した。そのなかで、北朝鮮の核・ミサイル問題の外交解決に向けて協力することを確認したほか、長期にわたるシリア内戦の終結を目指して関係当事者が尽力する必要性でも一致したという。

[2017-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ヘルスケア法案が上院で可決することに自信」「オバマケアは大失敗だった」「次は税制改革へ」

[2017-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米政権が近く指名する見込みのFRB副議長(現在空席)について、2005年ブッシュ政権下で財務次官を務めたクオールズ氏が有力だと報じている。また、同じ空席の理事ポストには、地方銀行の出身者を充てる方針だという。

[2017-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ターンブル豪首相と貿易や安全保障について協議した」「米国と豪州は古くからの友人」

[2017-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は、ターンブル豪首相と会談し、「我々は、すばらしい関係にある」と述べて同盟関係を強調した。トランプ大統領は就任直後の今年1月、ターンブル首相と電話で会談した際、難民政策をめぐり意見が対立、一方的に会話を打ち切ったとされ、関係悪化が懸念されていた。

[2017-05-05][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・米トランプ政権のコーンNEC委員長は「税制改革への道を開始」「関係団体と話し合う」などと発言した。

[2017-05-09][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米政権が中国に対して、北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄すれば金委員長を米国に招いて首脳会談に応じ、武力侵攻などもしないとの方針を説明したことが分かった、と報じている。

[2017-05-10][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ大統領はホワイトハウスでラブロフ外相と会談する可能性がある。米当局者が明らかにした。

[2017-05-10][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は9日、連邦捜査局(FBI)のコミー長官を解任した。報道によると、スパイサー米大統領報道官は声明で「FBIは米国で最も大事で尊敬されている機関の一つ。今日は、我々の法執行の至宝にとって新たな始まりとなる」と述べた。

[2017-05-11][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ロシア外相と極めて良い会談ができた」「露外相と極めて良い会談ができた」

[2017-05-12][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「コミーFBI長官解雇は自分の決定だ」「自分は調査対象ではないとコミー氏に告げられた」

[2017-05-12][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・アメリカのトランプ大統領が通商代表に指名した元次席通商代表のライトハイザー氏が、政権発足から4か月近くがたってようやく議会で承認された。これによって、日本の市場開放やNAFTA=北米自由貿易協定の見直しなど貿易赤字の削減に向けた交渉が本格的に動き出すことになる。ライトハイザー氏はこれまで、農業分野では「日本が第一の標的になる」と述べて農産物の関税の引き下げなど日本の市場開放にも強い意欲を示していて、今後2国間の通商交渉入りを求めてくることも予想される。

[2017-05-15][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領と韓国の文大統領が10日、初めて電話協議した際、トランプ氏が米韓自由貿易協定(FTA)の再交渉に言及していたことが分かった、と報じている。米韓両政府がそれぞれ電話協議後に発表した資料には、FTAに関する説明はなかった。トランプ氏は北朝鮮問題より先にFTAに言及したとされている。

[2017-05-15][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・政策研究大学院大学の川崎特任教授は、トランプ米大統領がTPPを離脱し、日本などと2国間通商協定交渉を求める意向を示していることに関し「米国が日本と自由貿易協定(FTA)を締結しても、長期的な経済効果はTPPの半分にとどまる」との分析を明らかにした。試算によると、TPP発効による米国の実質GDP押し上げ効果は0.77%に対し、日米FTAでは0.38%とTPPの半分にとどまるという。

[2017-05-15][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は、自身のツィターで、連邦捜査局(FBI)のコミー長官解任をめぐり、大統領とホワイトハウスの説明が食い違っていると批判されたことについて、「色々なことが起きているなかで、多忙な大統領である私の代理人らが完璧な正確性をもって会見に臨むことは可能ではない」「今後の『記者会見』をすべてとりやめ、正確を期して書面で回答するのが一番よいかもしれない」などと不満を表明した。

[2017-05-15][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・ドナルド・トランプ米大統領が先週ジェームズ・コミー連邦捜査局(FBI)長官を解任したことについて、国民の間では反対が賛成を上回ったが、トランプ氏の支持率そのものはほとんど変化していないことが、ウォール・ストリート・ジャーナルとNBCテレビの最新の世論調査で明らかになった。同調査によれば、コミー長官の解任に「反対」の人は38%、「賛成」が29%、「分からない」が33%だった。賛否は支持政党の違いで大きく分かれ、共和党支持者の間では反対がわずかなのに対し、民主党支持者では賛成が少なかった。

[2017-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・「トランプ米大統領はロシア側に機密情報を明かした」ようだ。

[2017-05-16][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・米紙ワシントン・ポスト(WP)は、トランプ米大統領が先週ホワイトハウスでロシアのラブロフ外相とキスリャク駐米大使と会談した際、イスラム過激派組織ISに関する機密情報を伝えていた、と報じている。情報は米国のパートナーから提供されたもので、米政府にはロシア政府と共有する権限が与えられていなかったという。

[2017-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「エルドアン・トルコ大統領を迎えて光栄」「長く厳しい議論となる」

[2017-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は、イスラム過激派組織ISに関する機密情報をロシアのラブロフ外相に伝えていたとの報道について、自身のツイッターに「テロリズムと航空機の飛行についての安全性に関連した事実について、大統領としてロシアと共有したかった」「自分にはそうするための絶対的な権利があった」と投稿し、正当性を主張した。

[2017-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が同盟国から得た機密情報をロシアのラブロフ外相に暴露した疑惑で、この同盟国がイスラエルだった、と報じている。22日からのトランプ氏のイスラエル訪問を前に、安全保障や情報活動でのイスラエルとの緊密な協力関係に打撃となる可能性もありそうだ。

[2017-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が9日に解任したコミー前連邦捜査局(FBI)長官の有力後任候補とされる2人、共和党のジョン・コーニン上院議員とメリック・ガーランド米連邦高等裁判所判事が指名受け入れに消極的な姿勢を示しており、後任人事の難航が浮き彫りになったと報じている。

[2017-05-17][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が米連邦捜査局(FBI)に圧力をかけたとも受け取れる動きが明らかになったことで、米議会ではトランプ氏への批判が一段と強まっている。野党・民主党は政府から独立した形式での調査を求めており、一連の疑惑に関する真相究明を要求。与党・共和党内からも不満の声が漏れる。

[2017-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「これ以上ひどい扱いを受けた政治家は最近見ない」「史上最大の減税を実現する」「過去最大の減税を実施する」

[2017-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・イスラエルのネタニヤフ首相が16日にトランプ米大統領と約20分間、電話会談していたことが分かった、と報じている。来週のトランプ氏のイスラエル訪問を前にした会談だったが、イスラエル首相府報道官は電話会談について、「問い合わせには答えていない」と述べ、内容を含め説明することを避けたという。

[2017-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ大統領「強い確信を持って言う、私ほどヒドイ、不当な扱いを受けた政治家は前代未聞」「しかし、それで落ち込んでいてはいけない。絶対に諦めてはいけない」

[2017-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領がロシア疑惑に絡んだ一部捜査の終結をコミー前連邦捜査局(FBI)長官に求めたという報道を受け、共和党執行部はまずは事実関係の解明を優先させる方針だ。

[2017-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ロシア問題で特別検察官の任命を歓迎する」「共謀がなかったと徹底的な捜査で確認されるだろう」

[2017-05-18][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「この問題の早期決着を期待」

[2017-05-19][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「リーバーマン氏がFBI長官の最有力候補」

[2017-05-19][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「コミー前FBI長官にフリン前大統領補佐官(国家安全保障担当)とロシアの関係を巡る捜査を打ち切るよう求めていない」

[2017-05-19][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が次期駐日大使に指名した実業家のハガティ氏は、上院外交委員会の公聴会で所信を表明した。対日貿易赤字を縮小させるために、「日本市場での米国企業の事業拡大を支援したい」「農産物や防衛装備品、工業製品などで米国の輸出拡大の努力を支援する」などと訴えている。

[2017-05-19][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米政権は18日、正式に北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉に向けた手続きを開始した。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が書簡で議会に通知。議会との90日の協議期間を経て、8月16日以降に交渉が始まる見通し。ライトハイザー代表は記者団に対し、NAFTAは米国の農業、投資サービス、エネルギー業界には成功だが、製造業にとってはそうではないと指摘。「交渉の出発点として、NAFTAで機能している部分は基盤とし、機能していない部分については変更、改善する」と述べた。年内の交渉完了を目指すとしている。

[2017-05-19][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は同国のインフラストラクチャー(社会基盤)への投資を促進するために今後10年間で2000億ドル(約22兆2400億円)の支出を提案する。米行政管理予算局(OMB)の高官1人が明らかにした。米予算教書は23日に提出される。同当局者によると、トランプ政権は支出によって民間部門や州政府、地方自治体からの少なくとも8000億ドルのインフラ投資を促すことを目指す。計画が公表されていないことを理由に匿名で語った。

[2017-05-19][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・ドナルド・トランプ米大統領は、来週23日に提出する2018会計年度(17年10月から18年9月)予算教書で、大幅な歳出削減によって向こう10年で収支を均衡させることを提案する見通しだ。フードスタンプ(低所得者向けの食料費補助)を含むセーフティーネット関連支出を削減するほか、経済成長を加速させるための税制改革や規制緩和を盛り込む。行政管理予算局(OMB)の高官が明らかにした。

[2017-05-20][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領がロシア側に「いかれた」コミーを解雇したと話したようだ。

[2017-05-22][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・昨年の大統領選挙戦中、トランプ大統領の陣営にいたフリン前大統領補佐官を利用しトランプ氏に影響力を及ぼせると、ロシア当局者が「自慢していた」と報じた。ロシア側はフリン氏を「協力者」と見なしていたという。

[2017-05-22][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領がホワイトハウスで行ったロシア当局者との会合で、コミー前連邦捜査局(FBI)長官の解任によって、ロシアによる米大統領選関与疑惑を巡る捜査に絡む「大きな圧力」が軽減されたと語っていた、と報じている。

[2017-05-22][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は、就任後初の訪問国となるサウジアラビアで同国のサルマン国王と会談した。イランは地域の安全保障に対する脅威との認識で一致しており、米政府は、サウジを支援するため、1100億ドル相当の武器を輸出することでサウジと合意したという。

[2017-05-22][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・イスラエルに到着したトランプ米大統領は22日、歓迎式典で「この地域に安定と平和をもたらすまたとない機会だ」と述べた。

[2017-05-22][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「イラン核武装への反対で米国・イスラエルは一致」

[2017-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「ロシアとの会合で、イスラエルに関して言及しなかった」

[2017-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領「アラブの首脳はテロリズムや過激主義に対する懸念を共有すべき」

[2017-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・有力欧米紙であるウォールストリートジャーナル(WSJ)など複数メディアは、トランプ米政権のフリン前米大統領補佐官が、ロシアの米大統領選介入疑惑を調査している上院情報委員会の召喚に応じない構えだと報じている。

[2017-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・米ワシントン・ポスト紙によると、トランプ米大統領は情報当局者2人にロシアとの共謀を否定するよう求めたとされる。

[2017-05-23][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は23日、ヨルダン川西岸のパレスチナ自治区ベツレヘムでアッバス自治政府議長と会談した。会談後に読み上げた声明で「米国がイスラエルとパレスチナの和平前進を手助けできる」と述べ、和平仲介への自信を示した。

[2017-05-24][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・コーツ国家情報長官はトランプ政権とロシアの一連の疑惑を公に否定するように個別に要請されたかどうか「発言しない」ようだ。

[2017-05-24][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米政権は23日、政権初となる2018会計年度(17年10月~18年9月)予算教書を議会に提出した。国防費を1割増額しつつも財政再建の姿勢を示すため、外交や環境保護、低所得者支援策の関連予算を大幅に減額し、経済成長率も高く見積もることで、つじつまを合わせた格好だ。「議会の反対は必至で、政権の意向通りの予算編成は困難な情勢だ」という。

[2017-05-24][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・初外遊中のトランプ米大統領は24日、訪問先のバチカンでフランシスコ・ローマ法王と会談した。両者は国際情勢について幅広く意見交換し、各地の紛争解決や平和の実現に尽力する必要性を確認したとみられる。法王は笑顔も見せながら大統領を迎え、報道陣の前で握手。会談は約30分間行われた。大統領は冒頭、「(お会いできて)大変光栄です」と語った。

[2017-05-25][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・米紙ワシントンポスト(WP)は、トランプ米大統領が4月29日のドゥテルテ・フィリピン大統領との電話会談で、北朝鮮の金朝鮮労働党委員長について「核兵器を持った頭のおかしい男」と語っていたことが分かった、と報じている。

[2017-05-25][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・アメリカのトランプ政権が中国に対する巨額の貿易赤字を問題視する中、中国政府は両国の経済と貿易に関する報告書を公表し、「貿易不均衡に政府は関与していない」としたうえで、アメリカが規制を緩和して、ハイテク製品の中国への輸出を増やすべきだと要求した。中国とアメリカは先月の首脳会談で、ことし7月までに貿易不均衡の是正に向けた具体的な道筋を示すことで合意していて、中国政府が今回の報告書で立場を鮮明にしたことで、今後のアメリカ側の出方が注目される。

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・「トランプ氏、独自動車メーカーの米国販売について批判」などと報じた。

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領は、就任したばかりのフランスのマクロン大統領と初会談を行った。そのなかで、トランプ氏は「すばらしい選挙戦で大勝利を収めたフランスの新大統領に会えて非常に光栄だ」としたうえで、フランス国内で相次いだテロや英マンチェスターでの自爆テロ事件を受けてテロ対策での連携などについて協議したという。

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が、ベルギーで開幕した北大西洋条約機構(NATO)首脳会議で、加盟各国は防衛費を公平に負担していないと激しく批判する異例の演説を行ったと報じている。大統領は加盟諸国首脳の眼前で「加盟国28ヵ国のうち、23ヵ国がしかるべき防衛費を支払っていない」と明言、首脳らのあいだには困惑の表情が広がっていたという。

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ米大統領が今年11月の東南アジア歴訪に合わせて初訪日する方向で調整を進めていることが分かった、と報じている。政権移行チーム幹部を務め、現在も外部から政策立案などに関わる日系人アド・マチダ氏が同社のインタビューで明らかにしたという。

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・米ワシントン・ポスト紙によると、トランプ米大統領の娘婿クシュナー氏がロシア捜査の現在の焦点になっている。捜査に詳しい関係者を引用して報道したもの。

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・トランプ大統領「安倍首相と北朝鮮問題を協議、大きな問題だがいずれ解決するだろう」

[2017-05-26][NP     HDP +0.0 CHDP -3.0 RHDP +0.0 CRHDP -3.0]
・ドイツ誌シュピーゲル(電子版)は25日、トランプ米大統領が同日、ブリュッセルで欧州連合(EU)首脳らと会談した際に、巨額の対米貿易黒字を抱えるドイツを「ろくでもない」と批判したと報じた。同誌によると、トランプ氏はドイツの自動車輸出をやり玉に挙げ、「米国で売られている何百万台という自動車を見てみろ。ひどいもんだ」とぶちまけ、「こうした状況はわれわれが食い止める」と話した。トランプ氏は1月、ドイツ車に35%の税を課す考えを示していた。

ドナルド・トランプの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース