欧州中央銀行(ECB)関係

欧州中央銀行(ECB)関係のイメージ画像

 2018年9月の期間中の欧州中央銀行(ECB)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-09-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ユーロ圏経済は拡大する見込み」「ユーロ圏インフレは持ち直す公算」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

欧州中央銀行(ECB)関係による2018年9月 発言・ニュース

[2018-09-01][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「ユーロ圏経済は拡大する見込み」「ユーロ圏インフレは持ち直す公算」

[2018-09-03][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・ECBのデギンドス副総裁は、ユーロ圏経済について、今年に入り不安定となる局面も見られたものの、引き続き拡大が見込まれるほか、基調インフレは夏の終わりにかけて持ち直すとの認識を示した。

[2018-09-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)プログラムに基づく8月の債務買い入れ額が2015年3月のプログラム開始以来最少となったことが、データで3日明らかになった。8月の買い入れ規模は248億ユーロ(290億ドル)相当にとどまった。多くの売り手が休暇を取り、商いが低調だった。民間債務が全体の9%を占めた。過去7カ月間は16─30%だった。

[2018-09-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)プログラムに基づく8月の債務買い入れ額が2015年3月のプログラム開始以来最少となったことが、データで3日明らかになった。8月の買い入れ規模は248億ユーロ(290億ドル)相当にとどまった。多くの売り手が休暇を取り、商いが低調だった。民間債務が全体の9%を占めた。過去7カ月間は16─30%だった。

[2018-09-04][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)の量的緩和(QE)プログラムに基づく8月の債務買い入れ額が2015年3月のプログラム開始以来最少となったことが、データで3日明らかになった。8月の買い入れ規模は248億ユーロ(290億ドル)相当にとどまった。多くの売り手が休暇を取り、商いが低調だった。民間債務が全体の9%を占めた。過去7カ月間は16─30%だった。

[2018-09-05][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)銀行監督委員会のダニエル・ヌイ委員長は、不動産市場が次の欧州危機の発生源になる可能性があるとの見解を示し、金融機関は10年前よりもうまく対処できる態勢を整えるべきだと警告した。ラトビア通信(LETA)とのインタビューで述べた。

[2018-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・ECBは13日「12月に資産買い入れの終了を見込む」との見解を示した。

[2018-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・ECBは13日「少なくとも2019年夏の終わりまで金利を据え置く」との見解を示した。

[2018-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)声明「12月に債券買い入れを終了すると見込む」「2019年夏まで金利を変更しない予定」「必要な限り償還した資金の再投資は続ける」

[2018-09-13][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)は市場予想通りに金融政策の据え置きを決定した。声明では「2019年夏まで金利を変更しない予定」と今までのスタンスを維持した。政策イベントにユーロの反応は鈍く、ユーロドルは1.1630ドル近辺で小動き。トルコリラを急上昇につられ129.82円まで上昇したユーロ円は129.75円近辺でしっかり。なお、日本時間21時30分からドラギECB総裁の会見が予定されている。

[2018-09-14][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのスメッツ・ベルギー中銀総裁は、理事会から一夜明けた14日、ECBが景気支援的な施策を徐々に縮小する一方で、過去最低の政策金利に関するスタンスを再確認したことは、金融政策の正常化をゆっくりと緩やかに行うことを示唆すると指摘した。

[2018-09-15][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)筋「景気に対するリスクは下方向に傾いている」

[2018-09-18][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・ECBのクーレ理事は、ECBは金融政策を一段と引き締める局面になった場合、企図する金利引き上げペースを明示すべきだと述べた。

[2018-09-24][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP +0.4 CRHDP +0.1]
・欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は24日、英国の欧州連合(EU)離脱によるユーロ圏経済への影響は抑制されたものになるとの見方を示した。

欧州中央銀行(ECB)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース