イギリス政府関係

イギリス政府関係のイメージ画像

 2018年5月の期間中のイギリス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-05-01][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のフォックス国際貿易相は1日、議会上院の選挙によって選出されていない議員が英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る国民の意志を妨げようとしている、と述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

イギリス政府関係による2018年5月 発言・ニュース

[2018-05-01][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のフォックス国際貿易相は1日、議会上院の選挙によって選出されていない議員が英国の欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)を巡る国民の意志を妨げようとしている、と述べた。

[2018-05-07][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英国のジョンソン外相は米紙ニューヨーク・タイムズ(NYT)への寄稿で、イラン核合意は「確かに不十分だが、是正可能であると確信している」との見方を示した。

[2018-05-09][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「米国のイラン核合意離脱は遺憾」

[2018-05-14][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英首相官邸の報道官は、メイ英首相が、イランのロウハニ大統領と電話で会談し、英国がフランス、ドイツとともにイラン核合意を堅持するとの立場を伝えたことを明らかにした、と報じている。

[2018-05-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英独仏3ヵ国の外相とEUのモゲリーニ外相は、イランのザリフ外相とブリュッセルで会談し、米国が離脱を決めたイラン核合意を維持していくことを確認した。今後、数週間で具体的な対応策を見いだすことを目指すという。

[2018-05-16][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英政府が、EUとの将来の関係をめぐる詳しい計画をまとめた白書を6月に公表することが明らかになった、と報じている。

[2018-05-17][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・英紙テレグラフは、英政府がEU離脱の移行期間の終わる2021年以降もEU関税同盟に残留する用意があるとEU側に伝える見通しだ、と報じている。

[2018-05-17][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相「英国は関税同盟を離脱する」「英国は関税のパートナーシップを交渉する」

[2018-05-18][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英政権の主要閣僚が、EU離脱交渉で焦点となっている英領北アイルランドの国境管理問題の解決までEUの関税同盟のルールなどを受け継ぐ方針で合意した、と報じている。事実なら、英国が完全離脱を果たす時期は現計画から数年遅れる可能性が出てくることになりかねない。

[2018-05-18][NP     HDP -1.1 CHDP +0.2 RHDP -1.1 CRHDP +0.2]
・メイ英首相がEU離脱後も長期にわたりEUの中核的な通商規則を適用する地ならしを進めている、と報じている。

イギリス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース