エンリコ・レッタ

エンリコ・レッタのイメージ画像

 2016年7月の期間中のエンリコ・レッタによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2016年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2016年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2016-07-08][NP+4.6 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「賃金上昇が過熱し始めた確証ある」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2016-07-08][NP+4.6 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「賃金上昇が過熱し始めた確証ある」

エンリコ・レッタによる2016年7月 発言・ニュース

[2016-07-02][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「英投票後に米見通しへのリスクと不透明感が上昇」「英離脱、ドルへの長期打撃で米国に波及も」

[2016-07-02][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米労働市場に著しい反転が起きるとみていない」「利上げ先送りの長期化は金融の安定を脅かす可能性」「英離脱、米国への影響判断は時期尚早」

[2016-07-02][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「英国民投票後に米見通しへのリスクと不透明感が上昇」「利上げ先送りの長期化は金融安定を脅かす可能性」

[2016-07-02][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「利上げを過剰に長く見送ると金融安定のリスクに」「英国国民投票後、見通しのリスクと不透明度が高まった」

[2016-07-02][NP-2.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.4 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FOMCは後手に回ってない、待つことで代償生じず」「不透明感がFRB見通しで難問に」

[2016-07-08][NP+4.6 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「賃金上昇が過熱し始めた確証ある」

[2016-07-12][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP -0.2]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「金融安定をFRBの第3の目標とすべきでない」といった見解を示した。メスター総裁は講演の事前テキストで米国経済の見通しに言及せず、講演は6月4日のスピーチに基づくもの。

[2016-07-12][NP+4.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の労働市場を楽観」「金利の緩やかな上昇が合理的」

[2016-07-12][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「FOMCは後手に回っていない」

[2016-07-12][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「インフレで前進」「金利のタイミングは別問題」

[2016-07-12][NP-1.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP -0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の中期的な見通しは依然極めて良好」「金融市場とドルを通して英EU離脱の主な影響」

[2016-07-12][NP-2.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「ヘリコプターマネー」「米FRBがさらに金融緩和をする必要が出たら採用する手段になり得る」

[2016-07-12][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +2.3 CRHDP +0.1]
・メスター・クリーブランド連銀総裁「(米利上げ時期について)経済の見通しとリスクによる」「金融政策の決定にあたって(対応が後手に回る)ビハインド・ザ・カーブにない」

エンリコ・レッタの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース