FOMC

FOMCのイメージ画像

 2018年5月の期間中のFOMCによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-05-03][NP+4.6 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している」「過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている」「インフレは目標2%に一段と近づいた」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

FOMCによる2018年5月 発言・ニュース

[2018-05-03][NP+4.6 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「労働市場が引き続き強化され、経済活動が穏やかに上昇を続けていることを示している」「過去数カ月の雇用の伸びは力強く、失業率は低水準にとどまっている」「インフレは目標2%に一段と近づいた」

[2018-05-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済環境、更なる緩やかな利上げを正当化」「家計支出と設備投資は力強く伸びた」

[2018-05-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「物価上昇率は中期的に年2%近辺で推移することが見込まれる」

[2018-05-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「インフレ、中期の対称的目標に近づいた」

[2018-05-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済見通しへのリスクはおおむね均衡」「前年比ベースのインフレは中期的に委員会の対称的な2%の物価目標付近で推移すると予想」

[2018-05-03][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +2.9 CRHDP +0.0]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「最近のデータによると、四半期ペースで家計支出の伸びが緩やかに推移した一方、設備投資は引き続き堅調に推移した」「前年比ベースのインフレと食料・エネルギーを除くインフレは2%に近づいた」 「長期的なインフレはならしてみるとほぼ変わらず」

[2018-05-03][NP+4.8 HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP +3.1 CRHDP +0.2]
・米連邦公開市場委員会(FOMC)声明「経済状況はFF金利のさらなる緩やかな引き上げを正当化すると委員会は予想」「経済は一段の利上げを正当化する」

FOMCの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース