フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2017年5月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選の決選投票に進出した極右政党・国民戦線のルペン候補は記者会見で、大統領に当選した場合、4月23日の第1回投票で敗退した右派政党「立ち上がれフランス」のデュポンエニャン党首を首相に指名すると表明した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの右翼・国民戦線(FN)ルペン党首「自身が大統領就任ならユーロの終わりにつながる」「経済プランはユーロ離脱なしでも実行可能」

フランス政府関係による2017年5月 発言・ニュース

[2017-05-01][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選の決選投票に進出した極右政党・国民戦線のルペン候補は記者会見で、大統領に当選した場合、4月23日の第1回投票で敗退した右派政党「立ち上がれフランス」のデュポンエニャン党首を首相に指名すると表明した。

[2017-05-01][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの右翼・国民戦線(FN)ルペン党首「自身が大統領就任ならユーロの終わりにつながる」「経済プランはユーロ離脱なしでも実行可能」

[2017-05-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏紙リベラシオンは、同国のカズヌーブ首相の論説として、大統領選で極右政党・国民戦線(FN)のルペン候補が当選すれば、EUは存続不可能になるとの考えを示したと報じている。

[2017-05-03][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選挙の決選投票に進んでいる極右候補ルペン氏がメーデーに行った演説で、フィヨン元候補が2週間前に行った演説と同じ内容が含まれていたことが分かったと報じている。ただ、ルペン氏側は盗用を否定したという。

[2017-05-03][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選決戦投票を控え、世論調査ではマクロン候補がルペン候補に対して20ポイント程度のリードを保っているが、市場では、本日行われる両候補最後のTV討論会に注目が集まっており、討論会後の支持率動向によってはユーロ相場に影響を与える可能性も指摘されている。

[2017-05-04][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・7日に決選投票を迎えるフランス大統領選の2候補、マクロン前経済相と極右政党・国民戦線のルペン候補が、最後の「直接対決」となるテレビ討論に出演し、激しい非難合戦を展開したと報じている。終了後の調査では、政策論議を軸に据えたマクロン氏が「説得力があった候補」として63%の支持を獲得、34%のルペン氏を大きく引き離したという。

[2017-05-05][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏調査会社IFOPが発表した世論調査によると、支持率はマクロン氏が61%でルペン氏が39%となったことが明らかになった。

[2017-05-05][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの地元メディアは、大統領選決選投票を目前にした2候補のテレビ討論をめぐり、超党派の市民運動「前進」を率いるマクロン前経済相が、極右・国民戦線のルペン候補に偽ニュースを流され、名誉を傷つけられたとして告訴したと報じている。

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・IFOPによると、仏大統領選の徳法律はマクロン候補が65.7%、ルペン候補が34.3%となっている。

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・仏大統領選の決選投票が7日、即日開票され、中道・独立系のマクロン氏が極右政党・国民戦線のルペン氏を大差で破り、当選を確実にしたと複数のメディアが報じた。

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・実施されたフランス大統領選挙の決選投票において、勝利が確実となったマクロン候補は、「フランスの存在意義、イメージ、発信するメッセージ、それらを守ることを国民に約束します。欧州も守ります」などと述べ、勝利宣言を行った。一方のルペン氏も敗北を認め、「フランス国民は変化ではなく、いまの政治が続くような大統領を選んだ。わたしはマクロン氏に電話し、彼の勝利を祝った」と語っている。

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選の決選投票に関して、仏内務省の現地時間午前0時42分の発表では、マクロン氏の得票率が65.79%、ルペン氏が34.21%となっている。

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大統領選決選投票で当選を決めたマクロン前経済相の経済顧問であるジャン・ピザニフェリー氏は8日、次期大統領は英国の欧州連合(EU)離脱を巡る交渉には強い態度で臨む見通しだが、同国に報復することは考えていないとの見解を示した。ピザニフェリー氏は英BBCラジオで、英国と他のEU加盟国の関係を完全に断つ「ハードブレグジット」を望んでいる者はいないと断言。経済や安全保障における関係性を維持するのが相互利益にかなうと述べた。

[2017-05-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン氏の仏大統領就任宣誓は14日の見込みとなっている。オランド現大統領が明らかにした。

[2017-05-12][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・核拡散防止条約(NPT)再検討会議の準備委員会でフランスと韓国は、北朝鮮の核実験や弾道ミサイル開発を「強く非難」し、核・ミサイル開発計画の完全放棄を求める声明を共同で提出した。両国のほか、日本や米国など60ヵ国が賛同している。

[2017-05-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、就任後最初の外遊先としてドイツを訪れ、ベルリンでメルケル首相と初の首脳会談を行った。両首脳は、欧州の2大国がEU改革などの諸課題に連携して取り組む方針で一致したほか、英国の離脱決定で揺れるEUを強化するためのロードマップ(行程表)の作成で合意したという。

[2017-05-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのルメール新経済相は、週明け22日にベルリンを訪問し、ショイブレ独財務相と会談すると発表した。会談後はショイブレ財務相とともにブリュッセルで開催されるユーロ圏財務相会合に向かうという。

[2017-05-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・就任したばかりのマクロン仏大統領とフィリップ首相の支持率が少なくとも過去20年で最低であることが、エラブが18日に発表した調査で明らかになった。大統領選挙でルペン氏に快勝したマクロン氏だが、社会問題や経済問題に対する政策手腕を有権者が納得できる形で示す必要がありそうだ。調査は今月16─17日に999人を対象に実施された。調査では、フランスの抱える問題についてマクロン大統領の対処能力を信頼するとの回答が全体の約45%、首相を信頼するとの回答は36%だった。

[2017-05-19][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの総選挙の立候補届け出が、19日に締め切りを迎えた。朝日新聞によると、既成政党に属さず当選したマクロン大統領は、左派・社会党、右派・共和党の議員らを吸収して国会での基盤固めをはかる。大統領選で敗れた右翼・国民戦線(FN)のルペン党首も自身の立候補を表明。2大政党は陰り、国会の勢力図は大きく変わりそうだ。

[2017-05-22][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスでは、大統領選挙に続いて、来月、議会下院の選挙が行われ、22日から選挙運動が本格化する。既存の政党に属さず議会に支持母体を持たないマクロン大統領は、新党を立ち上げて過半数の議席の獲得を目指していて、どこまで支持を広げられるかが焦点となっている。フランスでは、来月11日に、議会下院にあたる定数577議席の国民議会の選挙が行われ、22日から公式の選挙運動が始まる。

[2017-05-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのルメール経済相は、ドイツのショイブレ財務相との初会談後に記者会見し、英国のEU離脱は「独仏の金融機関にとってチャンスになる」と述べた。

[2017-05-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は24日、2015年のパリ同時多発攻撃後に出した非常事態宣言を11月1日まで延長すると発表した。英マンチェスターで発生した自爆攻撃事件を受けた措置。

[2017-05-24][NP     HDP -1.6 CHDP +0.1 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスは英国のテロ事件を受けて非常事態宣言を11月まで延長する方向となった。NHKが報じたもの。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース