フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2018年4月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-11][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領はシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃によって多数の死傷者が出たことを受けて、アメリカやイギリスなどと今後の対応を協議し、数日中にも決断するとしたうえで、シリアに軍事攻撃を行う場合は化学兵器の製造拠点が標的になると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

フランス政府関係による2018年4月 発言・ニュース

[2018-04-11][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領はシリアで化学兵器の使用が疑われる攻撃によって多数の死傷者が出たことを受けて、アメリカやイギリスなどと今後の対応を協議し、数日中にも決断するとしたうえで、シリアに軍事攻撃を行う場合は化学兵器の製造拠点が標的になると述べた。

[2018-04-13][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領は、シリアのアサド政権が化学兵器を使用した「証拠」があると述べ、「しかるべき時」に対応を発表すると表明した。

[2018-04-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのニュース専門テレビBFMは、出演したマクロン大統領が、米英仏で14日に実施したシリア攻撃をめぐり、シリアからの早期米軍撤収の意向を示していたトランプ米大統領に「シリアに長期的にとどまることが必要と説得した」と明らかにしたと報じている。攻撃目標を化学兵器関連施設に限定するよう納得させたとも述べていた。

[2018-04-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン仏大統領は欧州議会で演説し、EUの現状について、「いまヨーロッパは、分断と懐疑主義の中にある」「欧州は民主主義の価値を取り戻す必要がある」と述べ、みずからが掲げる、経済や移民のほか、防衛政策など様々な分野の改革によってEUの統合を推進し、分断を回避すべきだと訴えた。

[2018-04-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領がインタビューで、トランプ米大統領が見直しを求めるイラン核合意について「代替案はない」と述べ、イランの核開発再開を阻止するために米国は合意にとどまるべきだと主張したと報じている。

[2018-04-23][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン仏大統領とプーチン露大統領が電話会談を行い、「イランの核合意は継続されるべき」との認識で一致した。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース