フランス政府関係

フランス政府関係のイメージ画像

 2018年6月の期間中のフランス政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・ルメール仏財務相「貿易戦争を避ける必要がある」「G7会議はG6+1になるだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

フランス政府関係による2018年6月 発言・ニュース

[2018-06-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・ルメール仏財務相「貿易戦争を避ける必要がある」「G7会議はG6+1になるだろう」

[2018-06-04][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのラジオ番組は、欧州委員会のモスコビシ委員が、米国による一部同盟国への関税適用によって生じた対立が、8日からのG7サミットで解消されるとは見込んでいないと述べた、と報じている。

[2018-06-04][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスの大統領府筋によると、今週カナダで開かれる先進7カ国(G7)首脳会議(シャルルボア・サミット)での討議事項は、通商、気候変動、外交政策を巡る米国のスタンスで複雑になっている、と報じた。

[2018-06-05][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス大手銀ソシエテ・ジェネラルは、同行の不正をめぐる2件の捜査について、米国とフランスのそれぞれの当局に計13億ドルを支払うことで合意したと発表した。

[2018-06-06][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのルドリアン外相は6日、核合意が崩壊した場合ウラン濃縮の能力拡大は可能とイランが宣言したことについて、「レッドライン(越えてはならない一線)」に近づくリスクをはらむと懸念を示した。

[2018-06-07][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・マクロン仏大統領「G7のうち、6カ国経済を統合すれば、米国経済を上回る」

[2018-06-08][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・ルメール仏財務相「EUは米関税に関してトランプ米大統領に立ち向かわなければいけない」

[2018-06-11][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランス政府高官は、米国とEUが、新たな貿易対話の枠組みを今後2週間以内に創設することで合意したと明らかにした。米国は外国産の鉄鋼などへの輸入制限で孤立を深めているが、EUがトランプ米大統領に一定の配慮を示したものとみられている。

[2018-06-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・フランスのマクロン大統領とイタリアのコンテ首相は、パリで会談し、地中海を渡って欧州に流入する難民問題に関し、連携を強化することで一致した。

フランス政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース