グレン・スティーブンスの発言・ニュース

グレン・スティーブンス

 グレン・スティーブンスは1958生まれのオーストラリアの経済学者で、RBA(オーストラリア準備銀行)の総裁です。

 グレン・スティーブンスは、銀行の様々な位置を保持した後、サンフランシスコ連邦準備銀行で客員研究員としての就任しています。

 また、RBA総裁に就任する以前には、経済分析部門部長、国際部門部長、RBA副総裁などの役職を歴任し、総裁となってからは「RBAの独立」「インフレターゲットを2~3%に設定」「金利変更時の説明責任」などに取り組んでいる。

HDP

中間派

 HDP   -0.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2015-11-24][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.2]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「必要であればインフレ率は緩和のための障害にはならない」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「金利引き下げは以前ほど刺激効果がない」
・ロイター通信によると、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のスティーブンス総裁は24日、金利引き下げは以前ほど刺激効果がないとし、追加緩和が景気支援に最も効果的な方法か疑問視する姿勢を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のグレン・スティーブンスの発言・ニュース

[2016-08-16][NP-2.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.1]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「インフレ率がすぐに高くなり過ぎる状態になることはないだろう」

[2016-08-10][NP-1.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「持続的な成長のためにさらなる金利の動きが必要」「豪州の経済成長は少し遅い」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「マイナス金利の可能性は低い」「インフレ率はしばらくの間、極めて低いままで推移へ」

[2016-05-24][NP+1.0 HDP -0.1 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.1]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「インフレが非常に低いことは事実であり、中銀目標を下回っている」「インフレ率は本当にやや低過ぎる」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「現時点で豪ドルは予想通りの動き」

[2016-04-19][NP     HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「金融政策のみで成長を促進するには不十分」「根本的な経済問題を中央銀行が解決することはできない」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「刺激的な金融政策の全ての効果は未だに感じられていない」

[2016-03-22][NP+2.0 HDP +0.0 CHDP +0.1 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「深刻な景気悪化なら他の大半の国々より緩和余地大きい」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「地域経済は改善しており、金融システムはより回復している」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「為替相場の動きが行き過ぎとなっている多少のリスクある」「通貨高を好む中銀を探すのは難しい」

[2016-02-12][NP-3.6 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「緩和的な政策や豪ドル安が成長を支援」「経済は緩やかなペースで拡大している」
・スティーブンス豪中銀総裁「必要と判断すれば一段の緩和と柔軟性を確保」「金融市場の混乱を注視している」
・スティーブンス豪中銀総裁「中国の資本流出の一因は政策の不透明性にある」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「近いうちに利上げをする可能性は低い」「RBAには緩和的なバイアスがある」

[2015-12-16][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、 豪州中銀のスティーブンス総裁は、コモディティ(商品)価格の下落に伴い、豪ドルがさらに値下がりする可能性があるとの見解を示した。16日付の豪経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビューに掲載されたインタビュー記事で「(豪ドルの)為替相場は調整している。商品価格はまだ下落しており、一段の調整が起きる可能性はある」と語った。ロイター通信が引用して伝えたもの。

[2015-12-15][NP-3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「FRBの利上げで幾分混乱が生じる可能性がある」「豪ドル安は生産に恩恵を与える」「豪経済は通貨安から恩恵を受けている」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「為替レートのさらなる調整の可能性がある」「必要なら政策をさらに緩和する余地がある」

[2015-12-02][NP-2.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「緩やかな成長の持続が見込まれる」「交易条件が一段と低下する可能性」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「豪ドルの変動がインフレと不況のサイクル回避に貢献している」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「7-9月期GDPの前年同期比2.5%はトレンドを若干下回っている」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「人民元は一段と重要な通貨になるだろう」「本日は政策金利に関して一段のガイダンスはない」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「政策金利はすでに非常に低いが必要に応じてさらに行動できる」

[2015-11-24][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.2]
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「必要であればインフレ率は緩和のための障害にはならない」
・スティーブンス豪準備銀行(RBA)総裁「金利引き下げは以前ほど刺激効果がない」
・ロイター通信によると、オーストラリア準備銀行(RBA、中央銀行)のスティーブンス総裁は24日、金利引き下げは以前ほど刺激効果がないとし、追加緩和が景気支援に最も効果的な方法か疑問視する姿勢を示した。

(最終更新日時 2016-08-17 00:06)

グレン・スティーブンスの発言・ニュース バックナンバー

グレン・スティーブンス カレンダー

2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース