黒田東彦

黒田東彦のイメージ画像

 2018年6月の期間中の黒田東彦による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年6月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年6月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-06-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「米国の金融正常化は慎重に進めている」「ドル切り上げは新興国に対し大きな問題になっていない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

黒田東彦による2018年6月 発言・ニュース

[2018-06-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「米国の金融正常化は慎重に進めている」「ドル切り上げは新興国に対し大きな問題になっていない」

[2018-06-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「米国の物価上昇率の上昇は日本にはプラス」「アルゼンチン、トルコはマクロ経済的な問題がある」

[2018-06-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「イタリア政局による金利上昇、大きな影響は出ないだろう」

[2018-06-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田日銀総裁は、カナダウィスラーで開かれる主要7カ国(G7)財務相中央銀行総裁会議前に記者団に対して発言した。ブルームバーグが報じたもの。黒田氏は、「新興国に対し大きな問題になってない」「イタリア政局による金利上昇は、大きな影響出ないだろう」「米国の物価上昇率の上昇は日本にはプラス」「米国の金融政策正常化は慎重に進めている」「保護主義的な措置を取っている国にも悪影響が出る」などと述べている。

[2018-06-05][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「(官邸で首相と会談)G7の議論の状況を話した」「定例的にお伺いし経済金融情勢話す」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「景気は緩やかに拡大している」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「低金利の長期化により金融仲介が停滞するリスクに注意が必要」「現時点で金融システムの安定は確保されている」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「金融システムの安定は確保されている」「低金利長期化なら金融システム不安定化リスクに注意必要」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「現在の長短金利操作は持続可能な枠組み」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「現在の金融政策の枠組みは持続可能なもの」「毎回の決定会合で金融システムについて掘り下げた議論をしていくことになると思う」「副作用で直ちに金融政策を検討する必要があるとは思っていない」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「現在の金融緩和を粘り強く進めていくことが有効」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「物価の鈍化について7月に向けさらに議論を深める必要がある」「米欧との方向性の違いは経済や物価動向を反映」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁(定例記者会見で)「(為替相場の方向性)為替相場の方向性他の事情が一定でないので分からない」「他の事情が一定なら金利差が拡大すれば円安になる」

[2018-06-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・黒田東彦総裁が18日から9日間の日程でポルトガルとスイスに出張すると発表した。ECBフォーラムやBIS会議などに出席する。

黒田東彦の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース