中曽宏の発言・ニュース - FX要人発言

中曽宏

 中曽宏(なかそ ひろし)はの発言・ニュース - FX要人発言

 中曽は、1997年のアジア通貨危機に信用機構課長として「金融破綻処理制度及び金融危機管理に関する企画立案」などの対応に辺り、その後、金融市場局長と国債決済銀行(BIS)市場委員会議長を兼任した。

 また、2008年に日銀理事に就任し、ロンドン銀行間取引金利の不正防止検討作業部会の議長にも就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-02-09][NP-2.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・中曽宏日銀副総裁「2%物価に向けモメンタム維持も力強さ欠け、実現に距離」「長短金利操作の下で強力な緩和推進していくことが重要」
・中曽宏日銀副総裁「我が国の経済は緩やかな回復基調を続けている」「2%物価に向けモメンタム維持も力強さ欠け実現に距離」「物価・経済見通しは引き続き下振れリスクが大きい」
・中曽宏日銀副総裁「米国長短金利の上昇見込まれるが注意してみていく必要」「現在の金融緩和策、粘り強く推進が何より重要」
・中曽宏日銀副総裁「マイナス金利は家計や企業の経済活動をサポートした」「(長短金利操作)為替相場を目的としたものではない」
・中曽宏日銀副総裁「為替はG7やG20で議論を、日米首脳会談で理解求める」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の中曽宏の発言・ニュース - FX要人発言

[2017-11-01][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.0]
・中曽宏日銀副総裁「ビッグデータの活用は、中央銀行の業務や政策にとっても大きなインプリケーションを持つ」「データの収集や処理に関する新しい技術を自ら活かしていく余地がないか、常に検討を続けていく必要がある」

[2017-10-19][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.0]
・中曽宏日銀副総裁「長短金利操作は柔軟で持続性の高い枠組み」「国債買入額を固定する方法では最適なイールドカーブを形成することができない」

[2017-10-05][NP+1.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.0]
・中曽宏日銀副総裁「インフレ期待は改善が続いている」「インフレ動向の基調的なモメンタムは失われていない」
・中曽宏日銀副総裁「かなりの確度で先行き物価上昇圧力高まっていく」「物価の基調的なモメンタムは維持されている」「成長戦略は引き続き重要」
・中曽宏日銀副総裁「現在の金融政策はより持続可能な形」

[2017-07-26][NP+2.0 HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP -1.2 CRHDP +0.0]
・中曽宏日銀副総裁「現在の金融緩和を粘り強く推進していく」
・中曽宏日銀副総裁「物価2%に向けたモメンタムはしっかり維持」「物価2%の実現までなお距離ある」
・中曽宏日銀副総裁「個人消費は持ち直して最近は底堅さ増している」「物価2%目標は長い目で見て為替の安定に資する」
・中曽宏日銀副総裁「見通し期間の後半に物価押し上げの力が強まる」「物価上昇へモメンタムはしっかり維持されている」
・中曽宏日銀副総裁「国債市場の流動性機能はひどくは低下してない」

[2017-04-17][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・日銀の中曽宏副総裁は17日までに時事通信社のインタビューに応じた。大規模緩和を続ける金融政策を正常化させる「出口」論に関し、中曽副総裁は「手段や日銀の収益に対するインパクトについて、日銀内部では当然議論している」と明言。将来、適切な時期に出口戦略を示す可能性を指摘した。中曽副総裁は「当面は強力な金融緩和を推進していく」と強調した上で、「いずれ経済が改善して物価が2%の目標に接近していく局面になれば、しっかりと説明責任を果たすべきだ」と語った。
・中曽宏日銀副総裁「2%目標接近局面で出口はいずれ説明する」

[2017-03-04][NP     HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・中曽宏日銀副総裁「量的緩和の影響は全般的にポジティブ」「2%の物価上昇率目標にはなお距離がある」「原油安や需要の弱さがインフレへの向かい風」
・中曽宏日銀副総裁「マイナス金利、評価はまだ先の話」「日本の潜在成長率、0.5%前後に低下」
・中曽宏日銀副総裁「金融政策とともに、潜在成長率押し上げ計画を」「経済・物価見通しの改善とともに目標を引き上げへ」
・中曽宏日銀副総裁「10年債利回りを当面、抑制することを望む」

[2017-02-09][NP-2.0 HDP -1.4 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP -0.1]
・中曽宏日銀副総裁「2%物価に向けモメンタム維持も力強さ欠け、実現に距離」「長短金利操作の下で強力な緩和推進していくことが重要」
・中曽宏日銀副総裁「我が国の経済は緩やかな回復基調を続けている」「2%物価に向けモメンタム維持も力強さ欠け実現に距離」「物価・経済見通しは引き続き下振れリスクが大きい」
・中曽宏日銀副総裁「米国長短金利の上昇見込まれるが注意してみていく必要」「現在の金融緩和策、粘り強く推進が何より重要」
・中曽宏日銀副総裁「マイナス金利は家計や企業の経済活動をサポートした」「(長短金利操作)為替相場を目的としたものではない」
・中曽宏日銀副総裁「為替はG7やG20で議論を、日米首脳会談で理解求める」

[2017-01-20][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.1]
・中曽宏日銀副総裁「非米国系銀行のドル調達環境を注意深くみていくことが重要」「各国中銀と連携し外貨流動性供給の仕組みを整えていく」
・中曽宏日銀副総裁「日欧と米国の金融政策分岐が、日欧の金融機関のドル建て金融資産への投資を促し、このことが為替スワップ市場の需給逼迫の一因になっている」
・中曽日銀副総裁「米新政権を注意深く見守っていきたい」
・中曽日銀副総裁「邦銀外貨調達プレミアムは特段問題は生じていない」

[2017-01-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.1]
・中曽宏副総裁が2月9日に高知市に出張、金融経済懇談会に出席し講演すると発表した。終了後に会見を開く。

[2016-11-24][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.7 CRHDP -0.1]
・中曽宏日銀副総裁「今後は金利の上昇で国債保有に含み損が生じる可能性がある」
・中曽宏日銀副総裁「(出口について)早い段階から具体的に言うのは適当ではない」「出口では金利とバランスシートをどうするかが課題」

(最終更新日時 2017-11-02 00:30)

中曽宏の発言・ニュース - FX要人発言 バックナンバー

中曽宏 カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース