世界の政策金利関係

世界の政策金利関係のイメージ画像

 2017年12月の期間中の世界の政策金利関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年12月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年12月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-12-05][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・オーストラリア中銀は、政策金利を現行の1.50%に据え置く事を決定した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

世界の政策金利関係による2017年12月 発言・ニュース

[2017-12-05][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・オーストラリア中銀は、政策金利を現行の1.50%に据え置く事を決定した。

[2017-12-05][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ポーランド中央銀行は5日、政策金利を現行の1.50%で据え置くことを決めたと発表した。市場予想通りの結果となった。

[2017-12-06][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・インド中銀は6日、政策金利であるレポレートを現行の6.00%で据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。なお、リバースレポレートも5.75%に据え置いた。

[2017-12-06][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ポーランド中銀は6日、30会合連続で政策金利を現行の1.50%に据え置くことを発表。声明では「今後数年でGDP成長率がわずかに減速する可能性がある」と景気先行きについてやや懸念を示した。また、インフレは上昇しているとしながらも「コアインフレは依然として低い」との前々回の文言を復活させた。なお、政策見通しについては「現在の金利水準は経済を持続的な成長軌道に保ち、マクロ経済バランスを維持するのに役立つ」との従来のスタンスを維持した。グラピンスキ総裁は定例記者会見で「2018年末まで金利を据え置くスタンスを維持」とした一方、「現在のズロチ高は金融緩和の著しい引き締めにつながっている」とし、「2019年末まで緩和的な金融政策が必要となる可能性」と緩和延長もあり得ることを示唆した。

[2017-12-06][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・カナダ中銀は、政策金利を現行の1.00%に据え置く事を決定した。

[2017-12-07][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ブラジル中銀は、政策金利を0.50%引き下げ7.00%にする事を決定した。

世界の政策金利関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース