世界の政策金利関係

世界の政策金利関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中の世界の政策金利関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-08][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ルーマニア中銀は、政策金利を0.25%引き上げ2.00%にする事を決定した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

世界の政策金利関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-08][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ルーマニア中銀は、政策金利を0.25%引き上げ2.00%にする事を決定した。

[2018-01-10][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ポーランド中央銀行は10日、政策金利を現行の1.50%で据え置くことを決めたと発表した。市場予想通りの結果となった。

[2018-01-10][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・イスラエル中銀は、政策金利を現行の0.10%に据え置く事を決定した。

[2018-01-12][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ペルー中銀は、政策金利を0.25%引き下げ3.00%にする事を決定した。

[2018-01-12][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ポーランド中銀は10日、31会合連続で政策金利を現行の1.50%に据え置くことを発表。声明では「現在の金利水準は経済バランスを維持することに役立っている」「今後数四半期で経済成長が減速する可能性がある」「コアインフレは依然として低い」などの見解を示した。また、グラピンスキ総裁は定例記者会見で「年末までに金利を引き上げる理由は見当たらない」「金利の据え置きは2019年まで続く可能性がある」などと述べるなど、現状の緩和的な金融政策が長期化する可能性を示した。

[2018-01-18][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・カナダ銀行(カナダ中央銀行、BOC)は17日、政策金利を現行の1.00%から1.25%に引き上げることを決めたと発表した。市場予想通りの結果となった。

[2018-01-18][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・トルコ中銀、政策金利を現行の8.00%に据え置く事を決定した。

[2018-01-18][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・トルコ中銀は、上限金利である翌日物貸出金利を9.25%、下限金利の翌日物借入金も7.25%に据え置く事を決定した。

[2018-01-18][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・インドネシア中銀は、政策金利を現行の4.25%に据え置く事を決定した。

[2018-01-18][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・南アフリカ準備銀行(中央銀行)は18日、政策金利を現行の6.75%に据え置くことを決めたと発表した。市場の予想通りの結果となった。

世界の政策金利関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース