日本銀行(日銀)関係

日本銀行(日銀)関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中の日本銀行(日銀)関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-19][NP+2.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・WSJが報じたところによると、「日銀は2%のインフレ目標達成に楽観的」という。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

日本銀行(日銀)関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-04][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は4日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-05][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は5日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は2018年度見通しで成長率引き上げを検討している。

[2018-01-09][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は9日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-10][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は10日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-11][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀国債買い入れは、「5年超10年以下」が4100億円となった。

[2018-01-11][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は11日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を735億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-12][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は12日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を735億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-13][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日経新聞が報じたところによると「日銀は22-23日に開く金融政策決定会合で、2018年度の経済成長率の見通しを引き上げる」ようだ。世界経済が好調で輸出が伸びているほか、設備投資などの内需も堅調に推移していることを反映するという。昨年10月時点では18年度の成長率を1.4%としていたが、0.1-0.2ポイント引き上げるとみられる。

[2018-01-15][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀の国債買い入れは、「5年超10年以下」が 4100 億円となった。「10 年超25年以下」が1900億円、「25年超」が800 億円となっている。

[2018-01-15][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀が15日公表した1月の地域経済報告(さくらレポート)では、各地域の景気の総括判断をみると、6地域(北陸、関東甲信越、東海、近畿、中国、九州・沖縄)で、「拡大している」、「緩やかに拡大している」としているほか、3地域(北海道、東北、四国)では、「緩やかな回復を続けている」等としている。この背景をみると、海外経済の緩やかな成長に伴い、輸出が増加基調にある中で、労働需給が着実に引き締まりを続け、個人消費が改善するなど、所得から支出への前向きな循環が続いていることが挙げられている。
前回(2017年10月時点)と比較すると、3地域(東北、北陸、近畿)で総括判断を引き上げている。東北では、内外企業の設備投資の積極化に伴う、はん用・生産用・業務用機械の増産から、また、北陸では、能力増強や省力化を目的とした設備投資の増勢の強まりなどから、判断を引き上げている。近畿では、輸出の増勢の強まりや個人消費の改善を踏まえ、判断を引き上げている。一方、残り6地域では、総括判断に変更はないとしている

[2018-01-15][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は15日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-16][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は16日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-17][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は17日、指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を735億円、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するためのETFを12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-18][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は18日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-19][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.0]
・日銀は19日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円、不動産投資法人投資口(J-REIT)を12億円買い入れたと発表した。

[2018-01-19][NP+2.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・WSJが報じたところによると、「日銀は2%のインフレ目標達成に楽観的」という。

[2018-01-19][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日本銀行は、2%の「物価安定の目標」を2年以内に達成できるとの見方を維持し、政策変更の際にそれを市場にどう伝えたら良いかについて議論をしていく見通しだ。日銀の考えに詳しい関係者が明らかにした。

[2018-01-22][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・渡辺国際通貨研究所理事長は22日、都内で講演し「出口戦略に関して日銀はある程度考えを説明した方がいい」との見解を示した。

[2018-01-22][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀は22日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

[2018-01-22][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀は22日、2日間の日程で今年最初の金融政策決定会合を始めた。産経新聞によると、物価上昇率2%の目標達成が依然遠いため、長期金利を0%程度に抑える現行の大規模な金融緩和策を継続する見通しだ。黒田東彦総裁が4月に任期満了となるのを控え、市場の動揺を抑えたい構えで、債券や株式、外国為替市場への影響は限定的になるとみられている。

[2018-01-22][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀は22-23日に金融政策決定会合を開催している。9日には日銀による超長期国債の買いオペ減額が「出口戦略の地ならし始動」の思惑を高め、為替相場では円高の材料となってきた。

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀は23日の金融政策決定会合で、金融政策の維持を8対1で決めた。

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀声明「下振れリスクのほうが大きい」

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀声明「片岡委員は10年以上の幅広い国債金利を一段と引き下げるよう、長期国債の買入れを行うことが適当であるとして反対」

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀声明「経済についてリスクはバランスしている」

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀声明「経済物価情勢の展望(展望リポート)」「消費者物価の見通しは据え置かれた」

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀声明「(物価2%の達成)19年度ごろ」

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀展望、18年度の経済成長率見通し1.4%、19年度成長率見通し0.7%、17年10月時点1.4%。

[2018-01-23][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.1 CRHDP -0.1]
・日銀は23日、設備投資および人材投資に積極的に取り組んでいる企業を支援するための指数連動型上場投資信託受益権(ETF)を12億円買い入れたと発表した。不動産投資法人投資口(J-REIT)の買い入れはなかった。

日本銀行(日銀)関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース