マーク・カーニー

マーク・カーニーのイメージ画像

 2017年1月の期間中のマーク・カーニーによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-01-17][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.3]
・カーニー英中銀(BOE)総裁「英成長は減速する見込みであって、止まるわけではない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2017-01-11][NP-3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・カーニー英中銀(BOE)総裁「ブレグジットはリスクを増大させる可能性」「ブレグジット自体は最大の国内リスクではない」「ブレグジットを巡る差し迫ったリスクの規模は縮小」

[2017-01-12][NP+3.8 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・カーニー英中銀総裁「経済は一段と強く成長」「インフレの顕著な上昇が見られる」

マーク・カーニーによる2017年1月 発言・ニュース

[2017-01-11][NP-3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・カーニー英中銀(BOE)総裁「ブレグジットはリスクを増大させる可能性」「ブレグジット自体は最大の国内リスクではない」「ブレグジットを巡る差し迫ったリスクの規模は縮小」

[2017-01-12][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.1]
・カーニー英中銀総裁「本年の英国経済の成長は鈍化する可能性が強い」「最近の指標は英国中銀の見通し引き上げに一致」

[2017-01-12][NP+3.8 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・カーニー英中銀総裁「経済は一段と強く成長」「インフレの顕著な上昇が見られる」

[2017-01-12][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・英中銀のカーニー総裁は、議会における質疑応答で、英国の巨大な金融サービス産業は、英国がEU離脱の際にEU市場へのアクセスが一部失われるだけでも「特大の」影響を受ける可能性がある、と述べた。

[2017-01-17][NP-3.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.2]
・カーニー英中銀(BOE)総裁「今後数年間の英成長は鈍化する見込み」「個人消費の進展が政策にとっての鍵になる」「BOEは両方向に対応することが可能」

[2017-01-17][NP+1.0 HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.3]
・カーニー英中銀(BOE)総裁「英成長は減速する見込みであって、止まるわけではない」

[2017-01-17][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP -0.3]
・カーニー英中銀総裁はロンドンで実施した講演後、ポンドの見通しに対して問われ、「わたしが言えることはポンドの価値は上がることも下がることもあるということだ」

マーク・カーニーの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース