為替・株式・商品マーケット概要

為替・株式・商品マーケット概要のイメージ画像

 2017年10月の期間中の為替・株式・商品マーケット概要による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年10月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年10月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-10-02][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。市場では「期初に絡んだ本邦実需勢の円売りドル買いが観測された」との指摘があったほか、米系短期勢からも円売りが持ち込まれた。時間外の米10年債利回りが上昇し、全般ドル高が進んだことも円の重しとなった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

為替・株式・商品マーケット概要による2017年10月 発言・ニュース

[2017-10-02][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は弱含み。市場では「期初に絡んだ本邦実需勢の円売りドル買いが観測された」との指摘があったほか、米系短期勢からも円売りが持ち込まれた。時間外の米10年債利回りが上昇し、全般ドル高が進んだことも円の重しとなった。

[2017-10-02][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は対ドルで弱含み。時間外の米10年債利回りが上昇したことを背景としたドル高の流れが継続し、円は総じて軟調に推移した。一方、対ドルで欧州通貨安やオセアニア通貨安が進んだため、その他通貨に対して円は上昇した。

[2017-10-02][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日の欧州外国為替市場で円は強含み。欧州勢の参入直後こそ対ドルで円売りが進む場面も見られたが、その後は時間外の米長期金利が上昇幅を縮小したことに伴って次第に円買いドル売りが優勢となった。また、円は対欧州通貨でもしっかり。スペイン・カタルーニャ自治州の独立を問う住民投票を巡って政治的な混乱を嫌気した円買いユーロ売りが出たほか、弱い9月英製造業購買担当者景気指数(PMI)を受けた円買いポンド売りも進んだ。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は16時30分過ぎに1ドル=113円05銭前後まで上げた後、112円50銭台まで失速。
・ポンド円は一時1ポンド=149円29銭前後と9月15日以来の安値を更新した。
・ユーロドルは下げ渋り。アジア時間からの流れを引き継いで売りが先行し、一時は1ユーロ=1.17303ドル前後まで値を下げた。もっとも、米長期金利が低下に転じると1.1760ドル台まで下げ渋った。

[2017-10-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・2日のニューヨーク外国為替市場で円はもみ合い。9月米ISM製造業景気指数が60.8と予想の58.0を上回ったほか、8月米建設支出が前月比0.5%増と予想の前月比0.4%増より強い内容だったことが分かると円売りドル買いが出た。半面、対ポンドで円買いが進んだ影響を受けたほか、米10年債利回りが低下に転じたタイミングで円買いドル売りが入った。

[2017-10-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は軟調。市場では「仲値にかけて本邦実需勢からまとまった円売りドル買いが持ち込まれた」との指摘があったほか、仲値後も海外勢から売りが観測されたため円は下げ足を速めた。日経平均株価が180円超上昇したことも円の重しとなった。

[2017-10-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は戻りが鈍い。時間外の米10年債利回りが上昇したほか、日経平均株価が220円超高まで上げ幅を広げたことを背景に円売りドル買いが強まった。一巡後は持ち高調整の動きから下げ渋る場面があったが、戻りは限定的。対ユーロを中心に円売りが進むなど総じてさえない動きとなった。

[2017-10-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日の欧州外国為替市場で円は対ドルで小高い。本日は目立ったイベントが予定されていないこともあって様子見ムードが強かったが、アジア時間に売りが進んだ反動からやや買い戻しが優勢となった。一方、円は対ユーロで弱含み。欧州勢の参入後に全般ユーロの買い戻し進んだ流れに沿って、円売りユーロ買いが出た。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=113円05銭前後を挟んだもみ合いとなっていたが、23時前に112円83銭付近まで下押し。
・ポンド円は9月英建設業PMIが予想を下回ったことが重しとなり、一時1ポンド=149円48銭付近まで弱含んだ。
・ユーロドルはしっかり。欧州勢の参入後に対ポンドなどでユーロ買いが進んだ影響から一時1ユーロ=1.17621ドル前後まで値を上げた。

[2017-10-04][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・3日のニューヨーク外国為替市場で円は伸び悩み。米10年債利回りの低下などをながめ円買いドル売りが先行したものの、米国株が底堅く推移し史上最高値を更新すると徐々に円売りドル買いが優勢となり上値を切り下げた。

[2017-10-04][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・4日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は対ドルで強含み。時間外の米10年債利回りが低下したことを背景に円買いドル売りが先行。市場では「米系短期勢からドル売りが持ち込まれた」との指摘があった。もっとも、上値では本邦実需勢の売りが観測されるなか、一巡後はやや伸び悩んでいる。一方、その他の通貨に対しては弱含み。対ドルでオセアニア通貨などが堅調に推移したため、円売り豪ドル買いが目立った。

[2017-10-04][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・4日の欧州外国為替市場で円は対ドルで買い一服。アジア時間からの流れを引き継いで米長期金利の低下などを手掛かりにした買いが先行したものの、米長期金利の低下が一服すると次第に上値を切り下げた。なお、9月全米雇用リポートで政府部門を除く非農業部門雇用者数は前月比13万5000人増と市場予想と同じだったため、相場への影響は限られた。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は21時前に1ドル=112円33銭前後まで下落した後、112円60銭台まで下げ渋り。
・ユーロ円も16時過ぎに1ユーロ=132円25銭前後まで下げた後は徐々に下値が堅くなった。
・ユーロドルは上値重い。米長期金利の低下につれて一時1ユーロ=1.17876ドル前後まで上げたものの、一巡後は1.17ドル台半ばまで伸び悩んだ。

[2017-10-05][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・4日のニューヨーク外国為替市場で円は上値が重かった。日欧市場で円高ドル安が進んだ流れを引き継いで円買いドル売りが先行したものの、9月米ISM非製造業指数が59.8と予想の55.5を上回ったことが分かると円売りドル買いが優勢に。米10年債利回りが上昇に転じ、米国株相場が史上最高値を更新したことも相場の重しとなった。なお、イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日の講演で、米経済や金融政策の見通しについて言及しなかった。

[2017-10-05][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・5日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はもみ合い。本日は期初の5・10日(五十日)にあたり、仲値に向けて円売りドル買いが観測された。もっとも、小高く始まった日経平均株価が一時下げに転じたこともあり、売りも長続きしなかった。一方、豪ドルに対しては急伸。8月豪小売売上高が前月比0.6%低下と市場予想平均の前月比0.3%上昇に反して低下したことで豪ドルが急落し、円は買いが優勢となった。

[2017-10-05][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・5日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円はポンドに対して急伸。ドイツ産業連盟(BDI)が「ブレグジット交渉の進展を懸念」との見解を示すとポンドが全面安の展開となり円高ポンド安が急速に進んだ。また、対ドルなどでも円買いが波及したほか、アジア時間に発表された低調な豪小売売上高が改めて意識される形で豪ドルに対しても円は底堅く推移した。

[2017-10-05][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・5日の欧州外国為替市場で円は堅調。ドイツ産業連盟(BDI)が「ブレグジット交渉の進展を懸念」との見解を示したことをきっかけに対ポンドで円買いが強まった。また、他の通貨に対しても買いの流れが波及し、損失確定目的の買いを巻き込みながら徐々に上げ幅を拡大。ナイトセッションの日経平均先物が弱含んだことも買いを誘ったほか、対ドルでは米長期金利が低下に転じたことを受けた買いも入った。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は21時30分前に1ドル=112円42銭前後まで下落。
・ポンド円は9月15日以来の安値となる1ポンド=147円69銭前後まで売りに押された。カナダドル円は8月加貿易収支が予想より弱い結果となったことを受けて一時1カナダドル=89円62銭前後まで下押しした。
・ユーロドルは上値重い。欧州勢の参入後にはユーロポンドの上昇につれて一時1ユーロ=1.17789ドル前後まで上げたものの、昨日高値の1.17876ドル前後が目先の上値目処として意識されると次第に上値を切り下げた。対ポンドなどでドル買いが進んだ影響を受けたほか、ユーロ円の下げにつれた面もあり、22時30分前には1.17151ドル前後まで反落した。

[2017-10-06][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・5日のニューヨーク外国為替市場で円は失速。欧州市場で円高・ドル安が進んだ流れを引き継いで円買いドル売りが先行したものの、8月米貿易収支や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より良好な内容だったことが分かると一転下落した。ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁やハーカー米フィラデルフィア連銀総裁が利上げに前向きな姿勢を示したことも円売りドル買いを誘った。米下院が2018年度予算案を可決すると、税制改革が前進するとの期待が高まりダウ平均が110ドル超上昇。投資家がリスクを取りやすくなるとの見方から円売りドル買いが出た面もあった。

[2017-10-06][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はもみ合い。3連休前とあって仲値に向けた円売りドル買いが観測されたが、仲値後は次第に値動きが鈍くなった。一方、ハーパー豪準備銀行(RBA)理事が「利下げの可能性を否定しない」と述べたと伝わったため、豪ドルに対しては円買いが目立った。

[2017-10-06][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は対ドルで小安い。時間外の米10年債利回りが上昇したことを背景に日米金利差拡大を見越した売りが出た。もっとも、今晩の9月米雇用統計を控えて一段と売り込む動きにもなっていない。また、ハーパー豪準備銀行(RBA)理事が利下げの可能性を示唆したことで午前に豪ドル安が進んだ反動から豪ドルのショートカバーが入り、対豪ドルで円はさえない動きとなった。

[2017-10-06][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日の欧州外国為替市場で円は対ドルで軟調。方向感の乏しい動きとなっていたが、米雇用統計の発表後には全般ドル高が進んだ流れに沿って売りが強まった。9月の米雇用統計で非農業部門雇用者数は前月比3万3000人減と市場予想の前月比8万人増に反して減少したものの、平均時給が前月比0.5%増と市場予想の前月比0.3%増を上回り、失業率も4.2%と市場予想の4.4%より強かった。また、平均時給は前月分も上方修正されたため、インフレ期待の高まりを背景に米長期金利が上昇幅を拡大。対ドルでは日米金利差拡大を見越した売りが進み、損失覚悟の売り注文を巻き込んで下げ幅を広げた。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は22時前に7月14日以来の高値となる1ドル=113円41銭前後まで上昇。
・ユーロ円もドル円の上昇につれて一時1ユーロ=132円54銭前後まで値を上げた。
・ユーロドルは下げ渋り。米雇用統計の発表後にドル高が進んだことで1ユーロ=1.16697ドル前後まで下げたものの、8月17日安値の1.16624ドル前後が目先のサポートとして意識されると下げ渋った。

[2017-10-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・6日のニューヨーク外国為替市場で円は行って来いの展開。米労働省が発表した9月米雇用統計で、非農業部門雇用者数は前月比3万3000人減と予想の前月比8万人増に反して減少したものの、失業率が4.2%と予想の4.4%より強い内容となったうえ、平均時給が前月比0.5%増と予想の前月比0.3%増を上回ったため円売りドル買いが先行した。ただ、そのあとは「北朝鮮は今週末、米西海岸に到達可能なミサイル試射の用意が整った」との報道をきっかけにリスク回避的な円買いドル売りが優勢となった。なお、この日は米金融当局者の発言が相次いだ。カプラン米ダラス連銀総裁は「12月については予断を持たず」「FOMCは緩和解除について辛抱強い姿勢」「政策金利について次の一手はまだ未定」と述べたほか、ボスティック米アトランタ連銀総裁は「米国は強い雇用の成長が持続している」などと発言。また、ダドリー米ニューヨーク連銀総裁は「段階的な緩和の解除は依然として適切」「利上げは穏やかな軌道を続けるべき」と述べたほか、ブラード米セントルイス連銀総裁は「雇用者数は予想より弱い。懸念を生む」「インフレ圧力は見られない」などと語った。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は23時前に一時1ドル=113円43銭前後と7月14日以来の高値を付けたものの、北朝鮮絡みの報道をきっかけに急落。5時30分過ぎに112円61銭前後と日通し安値を付けた。
NZドル円は軟調。5時前に一時1NZドル=79円80銭前後と日通し安値を付けた。
・ユーロドルは底堅い動き。米雇用統計発表後に一時1ユーロ=1.16697ドル前後と日通し安値を付けたものの、8月17日の安値1.16624ドル前後がサポートとして意識されると買い戻しが優勢に。北朝鮮絡みの報道を受けて全般ドル売りが進むと一時1.17388ドル前後まで値を上げた。

[2017-10-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は上値が重い。前週末にリスク回避目的の円高が進んだ流れを引き継いだ。北朝鮮情勢に対する懸念も円買いを誘った面があったが、その後は上値を切り下げる展開に。頭の重さを確認したことで戻り売りに押されたほか、シカゴ日経平均先物やダウ先物などが強含んだことも相場の重しとなった。半面、売りが一巡すると東京市場が休場で取引参加者が減少していることもあって次第に動意が乏しくなった。

[2017-10-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は対ドルでもみ合い。東京市場が休場で取引参加者が減少するなか、方向感の乏しい動きに終始した。一方、対ポンドでは弱含み。前週末にかけてポンド安が進んだ反動から円売りポンド買いが進んだ。

[2017-10-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日の欧州外国為替市場で円はポンドに対して弱含み。目立った材料は伝わっていないものの、対ドルや対ユーロでポンド買いが強まった影響から円安ポンド高が進んだ。対ドルでも円にはやや売りが出たが、米国がコロンブスデーの祝日で債券市場が休場ということもあり、一段と下落する展開にもなっていない。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=112円70銭台までじわりと値を上げた。
・ポンド円は1ポンド=148円56銭前後まで上昇した。
・ユーロドルは下値が堅い。欧州勢が売りで参入し1ユーロ=1.1720ドル近辺まで下げたが、その後はユーロスイスフランなど一部ユーロクロスの上昇につれる形で日通し高値となる1.17479ドル前後まで持ち直した。

[2017-10-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・9日のニューヨーク外国為替市場で円は小動き。前週末に北朝鮮がミサイル発射を準備していると伝わり、地政学リスクの高まりを背景とした円買いドル売りが小幅ながら入った。米国株が小幅に下落したことも円買いドル売りを誘った。ただ、米国がコロンブスデーの祝日で債券市場が休場となるなか追随する動きは見られなかった。

[2017-10-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して下げ渋り。本日は連休明けの5・10日(五十日)にあたり仲値に向けた売りが先行。日経平均株価の90円超高も売りを誘った。ただ、仲値後は全般ドル安が進み下値が切り上がった。一方、その他の通貨に対しては軟調。仲値に向けて対ドル中心に円売りが強まったほか、日本株高も売りを後押し。対ドルで欧州資源国通貨高が進むと、つれる形で円売り欧州通貨買いや円売り資源国通貨買いが優位となった。

[2017-10-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は底堅い。欧州勢の参入に伴いユーロドルが上昇すると円売りユーロ買いが先行した。ただ、米10年債利回りが低下に転じるにつれて円買いドル売りが優位に。その他の通貨に対しても円買いが波及した。ナイトセッションの日経平均先物の小幅安も円全体を支えた。

[2017-10-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日の欧州外国為替市場で円は対ドルで強含み。時間外の米10年債利回りが低下に転じたことを背景に欧州勢が円買いドル売りで参入した。ナイトセッションの日経平均先物が下落したため、対オセアニア通貨などでも円を買う動きが強まった。一方、米10年債利回りが上昇に転じたため、いったん円買いの勢いは落ち着いている。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=112円27銭前後まで下落したほか、NZドル円は1NZドル=79円35銭前後まで値を下げた。
・ランド円は堅調。対ドルでランド高が進んだ流れに沿って1ランド=8円24銭前後まで上値を伸ばした。
・ユーロドルは底堅い。米長期金利の低下を手掛かりに買いが進み、4日高値の1ユーロ=1.17876ドル前後を上抜けると目先のストップロスを誘発。一時1.1807ドル前後まで買い上げられた。「スペイン警察はカタルーニャ州首相が本日独立を宣言すれば州首相を逮捕する用意がある」などと伝わると1.1770ドル台まで伸び悩んだが、下値は堅かった。

[2017-10-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・10日のニューヨーク外国為替市場で円は行って来い。北朝鮮情勢などの地政学的リスクの高まりを背景に円買いドル売りが先行。米長期金利の低下に伴う円買いドル売りも入った。ただ、スペイン・カタルーニャ自治州のプチデモン首相が議会演説で「カタルーニャは独立の権利を勝ち取った」としながらも、「独立宣言の延期」を提案するとスペイン混乱懸念が和らぎ、対ユーロ中心に円売りが優勢となった。米長期金利が上昇に転じ、NYダウが史上最高値を更新したことも相場の重しとなった。

[2017-10-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して方向感が定まらない。昨日NY時間終盤の円安進行に対する持ち高調整の円買いが先行。対オセアニア通貨中心にドル安が進んだことも相場を支えた。ただ、日経平均株価が30円超安から60円超高まで持ち直すと円売りが優位に。市場では「海外長期資金から売りが観測された」との指摘もあった。もっとも、一巡すると円買い戻しが入るなど一進一退の動きとなった。

[2017-10-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対してじり高。対ポンドなどで円買いが進んだ影響を受けたほか、米10年債利回りの低下も円買いを誘った。もっとも、取引材料難のなか一方的に円買いが強まる展開にもならなかった。

[2017-10-11][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日の欧州外国為替市場で円は対欧州通貨などで行って来いの動き。対ユーロなどを中心にまとまった円買いが持ち込まれ、その他通貨でも円は急速に値を上げた。ただ、一巡後は反動から一転して円を売る動きが優勢となった。時間外の米10年債利回りの低下を背景に対ドルで欧州通貨買いや資源国通貨買いが進んだことも円の重しとなった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は米長期金利の低下を受けて売られる展開となり、1ドル=112円09銭前後まで値を下げた。
・ユーロ円は1ユーロ=132円46銭前後まで下げた後132円90銭台まで持ち直した。
・ユーロドルは底堅い。序盤からユーロクロスの上昇につれる形で買いが先行。一巡後は伸び悩む場面があったが、下値は限定的だった。米金利低下をきっかけに買いが再開し、1ユーロ=1.18584ドル前後と9月26日以来の高値を付けた。

[2017-10-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日のニューヨーク外国為替市場で円はドルに対してはもみ合いだった。米長期金利の低下をきっかけに円買いドル売りが先行したものの、米国株や日経平均先物の上昇に伴う円売りドル買いが出ると失速した。ただ、米連邦準備理事会(FRB)が公表した米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨で「多くのメンバーは低インフレが一時的な要因のみではないと懸念」との見解が示されると再び円買いドル売りが優勢に。「ムニューシン米財務長官はハト派として知られるパウエルFRB理事を次期FRB議長に強く推す」との報道も円買いドル売りを誘った。半面、円はドル以外の通貨に対しては軟調だった。欧州オセアニア通貨がドルに対して上昇したことにつれて円売り欧州通貨買い、円売りオセアニア通貨買いが出た。米国株が史上最高値を更新したことも円全体の重しとなった。

[2017-10-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して小高い。米10年債利回りがやや低下し全般ドル安が進んだ流れに沿って買いが散見されたが、一巡すると方向感が出なくなった。一方、ユーロに対しては上値が重い。昨日NY時間に円売りが加速した反動から円買い戻しが先行したが、一巡すると上値が切り下がった。

[2017-10-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・11日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は底堅い。米10年債利回りの低下をながめ円買いドル売りがじりじりと進んだ。対ユーロではユーロクロスの下落につれた円買いが優位となった。

[2017-10-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・12日の欧州外国為替市場で円はポンドに対して急伸。欧州連合(EU)のミシェル・バルニエ主席交渉官が「英EU離脱交渉は行き詰っている」と発言したことをきっかけにポンドが急落し、円は急速に値を上げた。また、ドルなどその他通貨に対しても底堅い動き。時間外の米10年債利回りが低下したことで日米金利差縮小を見越した買いが先行したほか、対ポンドで円高が加速した影響も受けた。9月米卸売物価コア指数や前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容となり、米10年債利回りが低下幅を縮めると売りに押されたが、米金利が再び低下したため円買いドル売りの動きが改めて強まった。ダウ平均が下落して始まったことも円の押し上げ要因となった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=112円21銭前後まで下落した後112円45銭付近まで持ち直したが、戻りは鈍かった。
・ポンド円は1ポンド=147円30銭前後まで急落した。
・ユーロドルは弱含み。アジア時間には1ユーロ=1.1880ドル前後まで上昇したものの、欧州勢参入後はユーロ豪ドルなど一部ユーロクロスの下落につれて上値を切り下げる展開に。22時前には1.18405ドル前後まで値を下げた。

[2017-10-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・12日のニューヨーク外国為替市場で円はやや強含み。9月米卸売物価指数(PPI)コア指数が予想を上回ったほか、前週分の米新規失業保険申請件数が予想より強い内容となったため円売りドル買いが先行したものの下値は堅かった。米地質学研究所(USGS)が「北朝鮮で発生した地震が自然か人工的か確認出来なかった」との見解を示したと伝わると、米国株の失速とともに円買いドル売りが優勢となった。一方、円はポンドに対しては下落した。欧州時間に欧州連合(EU)のミシェル・バルニエ主席交渉官が「英EU離脱交渉は行き詰まっている」と発言したことを受けて円買いポンド売りが入ったものの、その後急失速。「EUは英国に対して2年間EU市場に留まるよう提案」との報道をきっかけに一転円売りポンド買いが優勢となった。

[2017-10-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・13日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して買い一服。全般ドル安が進んだ流れに沿って円買いドル売りが強まったが、上値では戻りを売りたい向きも多く伸び悩んだ。なお、日経平均株価はほぼ21年ぶりに21000円台に乗せたが影響は限定的だった。一方、その他の通貨に対しては動意薄。ドル絡みの取引が中心となり方向感を欠いた。

[2017-10-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・13日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は伸び悩み。時事通信の世論調査で内閣不支持率が支持率を上回ったことがわかると円買いが強まった。ただ、上値では戻り売り意欲が強く次第に伸び悩んだ。米10年債利回りの上昇に伴う円売りドル買いも見られた。

[2017-10-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・13日の欧州外国為替市場で円は対ドルで一転上昇。アジア時間に円高が進んだ反動が出たほか、ナイトセッションの日経平均先物が110円上昇したことを背景に欧州勢参入後は円を売る動きが進んだ。ただ、9月米消費者物価指数(CPI)がコア指数ともに市場予想を下回る結果となり、米10年債利回りが急低下すると急速に円は反発した。なお、9月米小売売上高は前月比で予想を若干下回る結果だった一方、自動車を除いた数値は予想を上回るなど強弱入り混じる内容だった。一方、オセアニア通貨などに対しては売り優勢。日経平均先物の上昇を背景に全般円売りが強まったうえ、低調な米インフレ指標を受けて対ドルでオセアニア通貨などが急伸すると円売りオセアニア通貨買いが活発化した。南アフリカ最高控訴裁判所がズマ大統領に対する汚職訴訟を復活させる高裁判決を支持したことも対ランドでの円売り材料となった。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=112円20銭台まで上げた後111円69銭前後まで急失速。
・豪ドル円は1豪ドル=88円24銭前後、ランド・円は1ランド=8円42銭前後までそれぞれ値を上げた。
・ユーロドルは一転上昇。独長期金利の低下を背景に欧州勢が売りで参入。21時過ぎには一時1ユーロ=1.18054ドル前後まで下げたが、米インフレの鈍化を受けて米長期金利の急低下とともに1.18748ドル前後まで急反発した。

[2017-10-14][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・13日のニューヨーク外国為替市場で円は上昇。9月米消費者物価指数(CPI)が前月比0.5%上昇と予想の0.6%上昇を下回り、変動の大きい食品とエネルギーを除いたコア指数が前月比0.1%上昇と予想の0.2%上昇を下回ったことが分かると米長期金利の低下とともに円買いドル売りが優勢となった。9月米小売売上高が前月比1.6%増と予想の前月比1.7%増を下回ったことも円買いドル売りを誘った。ただ、10月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が101.1と予想の95.0程度を上回ったことが分かると伸び悩んだ。米国株相場が上昇し、史上最高値を更新したことも相場の重しとなった。円はユーロに対しては底堅く推移した。ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁が「インフレは未だに納得いく水準ではない」「依然として大規模な金融緩和が必要」と述べたことで円買いユーロ売りが入った。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は23時前に一時1ドル=111円69銭前後まで値を下げたものの、そのあとは111円台後半でのもみ合いに終始した。ユーロ円は3時過ぎに一時1ユーロ=132円15銭前後と日通し安値を付けた。
・ユーロドルは行って来いの展開。米インフレ指標が予想を下回ったことをきっかけにユーロ買いドル売りが先行し一時1.18748ドル前後まで値を上げたものの、前日の高値1.1880ドル前後がレジスタンスとして働くと失速。ドラギECB総裁の発言をきっかけに全般ユーロ売りが進むと、1.18108ドル付近まで下押しした。

[2017-10-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・16日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は方向感が定まらない。早朝取引で円買いが先行したが、日経平均株価の190円超高を受けて上値が切り下がった。米10年債利回りの上昇に伴う円売りドル買いも見られた。もっとも、日経平均株価が伸び悩むと円売りも一服している。

[2017-10-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・16日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円は買い一服。日経平均株価が引けにかけて上げ幅を縮小したことが円全体を支えた。欧州勢参入後は対ユーロ中心に円買いが活発化したが、一巡すると伸び悩んでいる。

[2017-10-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・16日の欧州外国為替市場で円は伸び悩み。欧州勢参入後に円買いユーロ売りが強まった影響からその他通貨に対しても円高が波及した。もっとも、上値では本邦実需勢の売り意欲が強く、一巡後は徐々に上値を切り下げた。一方、ポンドに対しては堅調。日本時間17日1時30分からメイ英首相と欧州連合(EU)の英離脱交渉を控えるなか、「EU側が譲歩しなければ交渉は破綻する」との報道が伝わるとポンドは売られ、円は上昇した。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=111円66銭前後まで売りが先行したが、一巡後は買い戻しが入った。
・ポンド円は1ポンド=148円18銭前後まで値を下げた。
・ユーロドルは下げ渋り。欧州勢が売りで参入し1ユーロ=1.17807ドル前後まで下押ししたが、ユーロカナダドルなど一部ユーロクロスが買い戻されるにつれて1.18ドル台を回復した。

[2017-10-17][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・16日のニューヨーク外国為替市場で円は下落。しばらくは狭いレンジでのもみ合いが続いていたが、「米国と北朝鮮の外交官が今週モスクワで会談する可能性」との報道が伝わると、円売りドル買いが優勢に。「タカ派として知られるケビンウォルシュ氏とジョンテイラー氏は依然として米連邦準備理事会(FRB)議長候補」「FRB議長候補としてジョンテイラー氏はトランプ米大統領の評価が高い」との報道が伝わると、米長期金利の上昇とともに円売りドル買いが加速した。なお、関係者の話として「北朝鮮は当面、米国との外交的取り組みを拒否」と報じられると、円買いドル売りが入る場面もあったが一時的だった。

[2017-10-17][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・17日午前のアジアオセアニア外国為替市場で円は底堅い。7-9月期NZ消費者物価指数(CPI)が予想を上回り、対NZドルで売りが先行。日経平均株価の140円近い上昇も円全体を押し下げた。ただ、その後の日経平均株価がマイナス圏に沈むにつれて円買い戻しが優位となった。

[2017-10-17][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・17日午後のアジアオセアニア外国為替市場で円はドルに対して下げ渋り。後場の日経平均株価の80円超高や米10年債利回りの上昇を背景に円売りが広がったが、米金利上昇が一服すると円売り圧力も後退した。一方、資源国通貨に対しては弱含み。米長期金利の上昇一服を横目に資源国通貨高ドル安が進み、つれる形で円売り資源国通貨買いがやや強まった。

[2017-10-17][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・17日の欧州外国為替市場で円は対ドルで弱含み。しばらくはもみ合いが続いていたが、9月米輸入物価指数が市場予想を上回る結果だったことをきっかけに米10年債利回りが上昇すると円売りドル買いが強まった。一方、ポンドや南アフリカランドに対しては堅調に推移した。英インフレ指標の発表を前に思惑的な円売りポンド買いが先行したが、9月英小売物価指数(RPI)や9月英卸売物価指数(PPI)のコア指数が予想より弱かったほか、ラムスデン英中銀(BOE)新副総裁が議会証言で「数カ月以内の利上げが必要とは考えなかった」と述べると一転してポンドが売られ、円は反発した。また、ズマ南ア大統領が内閣改造を発表したことで円高ランド安が進んだ。
 【 通貨ペア 】
・ドル円は1ドル=112円46銭前後まで上昇した。
・ポンド円は1ポンド=149円06銭前後まで上げた後147円82前後まで一転下落。
・ランド円は1ランド=8円34銭前後まで下押しした。
・ユーロドルは弱含み。ユーロ豪ドルなどユーロクロスの下落につれて売りが先行。米長期金利の上昇も重しとなり、1ユーロ=1.17431ドル前後まで値を下げた。

為替・株式・商品マーケット概要の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース