メキシコ政府関係

メキシコ政府関係のイメージ画像

 2018年4月の期間中のメキシコ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年4月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年4月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-04-09][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相は9日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、今週合意にこぎ着ける環境は整っていないとしつつも、80%の確率で5月初旬に原則合意に達する可能性があるとの見通しを示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

メキシコ政府関係による2018年4月 発言・ニュース

[2018-04-09][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相は9日、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉について、今週合意にこぎ着ける環境は整っていないとしつつも、80%の確率で5月初旬に原則合意に達する可能性があるとの見通しを示した。

[2018-04-10][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ政府高官「今週のNAFTA合意はないが、5月初めに合意する確率は80%」

[2018-04-10][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのビデガライ外相は、同国のニエト大統領がペルーで今週開催される米州首脳会議に出席する際、トランプ米大統領と会談する予定はないと明らかにした。

[2018-04-11][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルド経済相は9日、地元メディアのインタビューで、米国やカナダと再交渉中の北米自由貿易協定(NAFTA)が5月初旬に大筋合意に達する可能性が「非常に高い。80%だ」と語った。トランプ米政権が態度を軟化させて交渉妥結を急ぐ姿勢を示したためで、早期決着の可能性が高まっている。

[2018-04-16][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのペニャニエト大統領が、米国がTPP復帰の検討を始めたことに関して歓迎の意向を示した、と報じている。

[2018-04-17][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコのグアハルト経済相は、米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、カナダのフリーランド外相とのあいだで、北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関する閣僚協議を19日にワシントンで開く可能性があると明らかにした。

[2018-04-20][NP     HDP -0.4 CHDP +0.8 RHDP -0.4 CRHDP +0.8]
・メキシコ経済省は、グアハルド経済相が20日まで米ワシントンを訪問すると発表した。米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表と「2国間の重要項目に関して協議の場を持つ」としている。また、カナダのフリーランド外相も含めて北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉に関して3ヵ国の担当閣僚会合を持つとみられる。

メキシコ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース