リチャード・フィッシャーの発言・ニュース

リチャード・フィッシャー

 リチャード・W・フィッシャーは1949生まれのアメリカの銀行家で、2005年からはアメリカダラスの連銀総裁です。

 フィッシャーはブラウン・ブラザーズ・ハリマンで、元財務省次官であるロバートVローザの補佐として債券や外国為替において特化した部門で勤務した。

 また、元アメリカ下院議員のジェイムス・コリンズの娘と結婚しており、4人の子供の内の1人は映画などは有として活躍しているマイルズ・フィッシャーである。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.2(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

タカ派傾向

 RHDP +3.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2015-02-14][NP+1.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁は「原油価格の下落は供給主導」「2年間の50-70ドルの原油がGDPを0.3~1.0%押し上げる」「1月の小売り売上高には当惑しているが、おそらく遅れだろう」などと述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2015-08-18][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ダラス連銀は、3月に退任したフィッシャー総裁の正式な後任となる新総裁にカプラン氏を指名したと発表した。就任は9月8日付となる。カプラン氏は米ハーバード・ビジネス・スクールの教授を務めており、それ以前はゴールドマン・サックスで投資銀行部門を統括するなど、金融業界で豊富な経験を持つ人物。

[2015-03-10][NP+4.8 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「早期の段階的な利上げがより望ましい」「今年夏まで堅調な雇用と生産の伸びを予想」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「利上げが遅れれば、急激な利上げ必要になる恐れ」「利上げが遅れ過ぎれば、リセッションのリスク」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「失業減少に伴い、賃金圧力が強まると予想する」「米金融政策が利回り曲線をゆがませていると懸念」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「ドルの強さは米国への信頼を反映」

[2015-02-14][NP+1.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁は「原油価格の下落は供給主導」「2年間の50-70ドルの原油がGDPを0.3~1.0%押し上げる」「1月の小売り売上高には当惑しているが、おそらく遅れだろう」などと述べた。

最近のリチャード・フィッシャーの発言・ニュース

[2017-07-07][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・フィッシャーFRB副議長「債務上限の議論は危険なチキンゲーム」

[2015-08-18][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・ダラス連銀は、3月に退任したフィッシャー総裁の正式な後任となる新総裁にカプラン氏を指名したと発表した。就任は9月8日付となる。カプラン氏は米ハーバード・ビジネス・スクールの教授を務めており、それ以前はゴールドマン・サックスで投資銀行部門を統括するなど、金融業界で豊富な経験を持つ人物。

[2015-03-20][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・フィッシャー前米ダラス連銀総裁「米国の経済は世界で一番強い、よってドルも強い」「投資家はFOMCに頼り過ぎであることを懸念」

[2015-03-10][NP+4.8 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.9 CRHDP +0.0]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「早期の段階的な利上げがより望ましい」「今年夏まで堅調な雇用と生産の伸びを予想」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「利上げが遅れれば、急激な利上げ必要になる恐れ」「利上げが遅れ過ぎれば、リセッションのリスク」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「失業減少に伴い、賃金圧力が強まると予想する」「米金融政策が利回り曲線をゆがませていると懸念」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「ドルの強さは米国への信頼を反映」

[2015-03-07][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・フィッシャー米ダラス連銀総裁は3月19日に退任
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「米国のインフレ・失業率は加速しないだろう」「米国にこれ以上のQEは不要」
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「米国の失業率は完全雇用に近づいてきている」「ドルの上昇が米国に与える影響は単純ではない」
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「米失業率は完全雇用に近づいてきた」「ドル高はマクロ経済的な観点から見て妨げにはならない」

[2015-03-05][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「FRBの政策に議会が干渉するのは理にかなわない」

[2015-02-27][NP+3.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.0]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「米経済は堅調で、インフレはない」「強いドルは経済に中和的な影響を与える」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「原油価格がU字型回復を遂げると予想」「資産価格にインフレ」
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「利上げは早期にはじめ、ゆっくり進めるのが望ましい」

[2015-02-14][NP+1.0 HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +3.6 CRHDP +0.1]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁は「原油価格の下落は供給主導」「2年間の50-70ドルの原油がGDPを0.3~1.0%押し上げる」「1月の小売り売上高には当惑しているが、おそらく遅れだろう」などと述べた。

[2015-02-13][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・米CNBCは、フィッシャー・ダラス連銀総裁のインタビューとして「インフレ率は目標の2%を下回っているが、物価安定は維持されている」「3月の利上げを支持したが、議論に負けた」と報じている。

[2015-02-11][NP     HDP +2.2 CHDP +0.1 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
・フィッシャー・ダラス連銀総裁「低い米国債利回りはデフレの前触れではない」「低い国債利回りは米国への資金流入を反映」
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「早期で緩やかな利上げが賢明」「完全雇用達成まで利上げを待つことは危険」
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「インフレ低迷で利上げを遅らせるべきでない」
・フィッシャー米ダラス連銀総裁「通貨の動きは米国に対する多大な信用を反映したもの」「3月利上げを支持したが議論に負けた」

(最終更新日時 2017-07-08 07:45)

リチャード・フィッシャーの発言・ニュース バックナンバー

リチャード・フィッシャー カレンダー

2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース