ロシア政府関係

ロシア政府関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中のロシア政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-01][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのリャブコフ外務次官は、外務省のウェブサイトに掲載された声明のなかで、米国による陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の日本への売却は核戦力全廃条約に反するものだとして米国を非難した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

ロシア政府関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-01][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのリャブコフ外務次官は、外務省のウェブサイトに掲載された声明のなかで、米国による陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の日本への売却は核戦力全廃条約に反するものだとして米国を非難した。

[2018-01-10][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシア国防省は、ロシア軍が駐留するシリアの空軍基地などが、複数の無人攻撃機によって攻撃されたことを明らかにし、背後には、アメリカを含む高度な技術支援があったのではないかという見方を示した。

[2018-01-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は新年恒例の記者会見で、日本が導入を決めた新型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」に言及し「日露関係に水をさす」と述べて、改めて反対する姿勢を強調した。

[2018-01-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は新年恒例の記者会見で「核合意の維持は、今年のロシア政府の政策の優先事項」「トランプ米大統領の核合意に関する最近の立場が楽観的な見方を高めることはなく、彼の目的は、核合意を破棄することだ」と述べた。

[2018-01-16][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのラブロフ外相は新年恒例の記者会見で、16日にカナダで開く北朝鮮問題に関する外相会合について、「生産的な結果は期待できず逆効果」「ロシアは参加しない」と批判し、反対する姿勢を示した。

[2018-01-17][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・米紙NYタイムズは、関係筋の話として、ロシアによる2016年の米大統領選干渉疑惑をめぐる捜査で、バノン前米大統領首席戦略官・上級顧問が大陪審での証言のため、モラー連邦特別検察官から召喚されたことが分かったと報じている。

[2018-01-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのペスコフ大統領報道官は、トランプ米大統領がロイターのインタビューで、ロシアが北朝鮮の制裁逃れを手助けしていると非難したことについて、「ロシアはすべての国際的合意の義務を順守してきたし、今後も順守する」と述べ、遺憾の意を示した。

[2018-01-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアのノバク・エネルギー相が、サウジアラビアのファリハ・エネルギー産業鉱物資源相と並んでインタビューに応じ、ロシアは今年末の減産期限終了後もOPECやサウジとの協力を続ける用意があると述べた、と報じている。

[2018-01-22][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
・ロシアと米国の外交官は北朝鮮問題を協議する次の会合をモスクワで開く見通し。ロシアのタス通信が20日、モルグロフ外務次官の話として伝えた。日程は未定という。ロイター通信が引用で報じたもの。

ロシア政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース