安倍晋三

安倍晋三のイメージ画像

 2017年5月の期間中の安倍晋三による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2017年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2017年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2017-05-02][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・朝日新聞が報じたところによると「安倍晋三首相は1日、トランプ米大統領と電話でロシア・北朝鮮について約30分間協議した」ようだ。なお、政府は今回、電話協議を行ったこと自体を公表していない。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

安倍晋三による2017年5月 発言・ニュース

[2017-05-02][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・朝日新聞が報じたところによると「安倍晋三首相は1日、トランプ米大統領と電話でロシア・北朝鮮について約30分間協議した」ようだ。なお、政府は今回、電話協議を行ったこと自体を公表していない。

[2017-05-03][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「憲法改正を実現し、2020年の施行を目指す」「9条の1項、2項を残したまま、新たに自衛隊の存在を明記するよう議論を求める」「わたしの世代は自衛隊を合憲化することが使命」

[2017-05-08][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「北朝鮮に対して中国がどのように対応するかが極めて重要」

[2017-05-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・共同通信は「安倍首相が書簡検討、トランプ米政権にパリ協定残留求める」などと報じた。

[2017-05-09][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相は9日、フランスのマクロン次期大統領と電話会談し、日仏関係をさらに強化していくことを確認した。共同通信が報じた。

[2017-05-10][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍首相は、フランスのマクロン次期大統領と電話で会談し、「欧州や世界で保護主義的な動きが広がるなか、マクロン氏の勝利は、開かれた社会や自由貿易にとって象徴的な勝利であり、EUへの揺るぎない信任だ」と祝意を伝えた。それに対し、マクロン氏は「日本との関係を重視しており、日仏関係をさらに強化していきたい」と応じたという。

[2017-05-11][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「持続的な成長には物価上昇に遅れをとらない賃上げが必要」

[2017-05-15][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査より2ポイント下がって51%、「支持しない」と答えた人は、3ポイント上がって30%であった。

[2017-05-16][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍総理大臣は15日、民放のBS番組で、北朝鮮への対応を協議するため、今月、イタリアで開かれるG7サミット=主要7か国首脳会議に合わせて、アメリカのトランプ大統領との日米首脳会談を行いたいという考えを示した。この中で、安倍総理大臣は、弾道ミサイルの発射を繰り返す北朝鮮への対応について、「外交的、平和的に解決したい。これは日本もアメリカも同じだと思うが、同時に対話のための対話は行わないという考え方のもとに、行動対行動の原則にのっとって対応していきたい」と述べ、中国やロシアが求める6か国協議の再開には慎重な姿勢を示した。

[2017-05-16][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「TPPはアジアに必要と確信」「日米間の貿易投資を加速し、高いレベルの公正なルールを日米機軸でアジアに広げる」

[2017-05-18][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍首相は、ニュージーランドのイングリッシュ首相と首相官邸で会談した。TPPについて、米国抜きの11ヵ国での発効も視野に協力していくことで一致したほか、北朝鮮の核・ミサイル問題や、中国が活発に進出する南シナ海情勢をめぐっても緊密な連携を確認したという。

[2017-05-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍首相は、北朝鮮による弾道ミサイル発射について、「国際社会の強い警告にもかかわらず、一週間のうちに、またもや弾道ミサイル発射を強行した。国際社会の平和的解決に向けた努力を踏みにじるもので、世界に対する挑戦」「G7首脳会議で北朝鮮問題を議論し、明確なメッセージを発出したい。国際社会と連携して毅然と対応していく」と述べた。

[2017-05-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍首相(自民党総裁)は、ラジオの番組収録で、憲法改正について「自民党は第1党であり、その責任を果たすため、憲法施行70年の節目の年に案を出すべきだ」と述べ、年内に自民党案を示すべきだとの考えを示した。首相が党内の取りまとめ時期を明言するのは初めてのこと。

[2017-05-22][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「対日直接投資の低さが課題」

[2017-05-23][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・経団連の榊原定征会長は22日の記者会見で、安倍晋三首相が意欲を示す教育無償化の財源として、自民党内で「教育国債」や「こども保険」が浮上していることについて「教育は重要な問題なので、基本的には税財源で対応すべきだ」との考えを示した。榊原氏は財政制度等審議会(財務相の諮問機関)の会長でもある。

[2017-05-23][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・産経新聞によると政府は22日、「働き方改革」に続く安倍晋三政権の経済アジェンダ(重要政策)として「労働生産性の向上」と「人材投資」の一体改革を設定し、それぞれの官民会議を立ち上げる方針を決めた。生産性向上に関しては、6月中に労使のトップらが参加する協議会を立ち上げ、加藤勝信1億総活躍担当相が取りまとめにあたる予定だ。政府は2年前に発足した「サービス業の生産性向上協議会」を今月24日から数回開催し、これまでの活動の成果を確認した後、生産性向上に関する新たな協議会を立ち上げる。

[2017-05-23][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「骨太方針について来月とりまとめへ具体化作業の加速を支持」「薬価制度の抜本改革は年内結論へ議論を深めることを求める」

[2017-05-25][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・自民党は24日、安倍晋三首相が提起した自衛隊を憲法に明記する憲法改正について、「9条の2」を新設する案の検討に入った。9条3項ではなく、別条とすることで、現行9条を「堅持」する姿勢を示し、9条解釈の変更や自衛隊の役割拡大を懸念する公明党の理解を得たい考えだ。自民党は年末までの改正案取りまとめを目指すと同時に、与党内の調整も進める。

[2017-05-26][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相「北朝鮮問題や世界の課題で米国と連携」

[2017-05-26][NP     HDP -3.0 CHDP +0.0 RHDP -2.8 CRHDP -0.2]
・安倍晋三首相とトランプ米大統領は26日、北朝鮮への制裁強化への取り組みで合意した。

安倍晋三の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース