トルコ政府関係

トルコ政府関係のイメージ画像

 2018年1月の期間中のトルコ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年1月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年1月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-01-09][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコの国内メディアは、政府報道官を務めるボズダー副首相が、2016年7月のクーデター未遂事件を受けて政府が発令した非常事態宣言を今月中旬から3ヵ月間、再び延長すると閣議後の記者会見で語ったと報じている。延長は6回目となる。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

トルコ政府関係による2018年1月 発言・ニュース

[2018-01-09][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコの国内メディアは、政府報道官を務めるボズダー副首相が、2016年7月のクーデター未遂事件を受けて政府が発令した非常事態宣言を今月中旬から3ヵ月間、再び延長すると閣議後の記者会見で語ったと報じている。延長は6回目となる。

[2018-01-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのチャブシオール外相は10日、同国のアナトリア通信のインタビューで、シリア内戦をめぐってロシアとイランに対し、北西部イドリブ県でのシリア軍による反体制派への攻撃を阻止するよう要請した。

[2018-01-19][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコ中銀は18日に金融政策決定会合を開き、市場予想通りに主要政策金利を据え置いた。中銀は声明で「インフレ見通しが一時的な要因を除いて大幅に改善し、中銀目標と一致するまで断固として引き締めスタンスを維持する」と言及。3日に発表された12月消費者物価指数(CPI)は前年比11.92%上昇と11月の12.98%上昇から減速したものの、金融政策に与える影響は限定的との姿勢を示唆した。市場では「今回の声明は前回よりもわずかにタカ派的」「中銀の姿勢はトルコリラのサポートになるだろう」などの声も聞かれた。なお、次回のCPIは2月5日に発表されるほか、次回の金融政策決定会合は3月7日に開催される。

トルコ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース