トルコ政府関係

トルコ政府関係のイメージ画像

 2018年7月の期間中のトルコ政府関係による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2018年7月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2018年7月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-07-05][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・ユルドゥルム・トルコ首相「利下げとインフレの低下が優先事項」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

トルコ政府関係による2018年7月 発言・ニュース

[2018-07-05][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・ユルドゥルム・トルコ首相「利下げとインフレの低下が優先事項」

[2018-07-09][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコのエルドアン政権は8日、テロ組織に関連している疑いがあるとして、警察官や軍人ら1万8千人以上の公務員を免職すると官報で発表した。政権は2016年7月の軍の一部によるクーデター未遂の直後から続く非常事態宣言のもと、政権に批判的な勢力への圧力を強め、公務員の大量免職措置も国際的な批判を浴びている。

[2018-07-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・「エルドアン・トルコ大統領、義理の息子を財務相に指名」などと報じた。

[2018-07-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トゥスクEU大統領は、EUとの離脱交渉を率いた英国のデービスEU離脱担当相と離脱強硬派の重鎮ジョンソン外相が辞任したことについて、「政治家は現れ、去っていく。彼らがつくった問題は残る」と述べ、2人が主導した離脱そのものを批判した。

[2018-07-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコ政府は、中銀の総裁任期を5年間とした規定を撤廃する決定などを行った。9日就任したエルドアン大統領の新体制の下で、中銀の独立性に懸念が深まっている。

[2018-07-10][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・エルドアン・トルコ大統領がトルコ中銀正副総裁を解任し後任を指名するという。なお、トルコ政府は9日、5年間の中銀総裁任期を撤廃した。

[2018-07-12][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコの新財務相に任命されたエルドアン大統領の娘婿、アルバイラク氏は、中銀は独立していると表明した上で、中銀は経済と市場の状況に応じて必要な措置を講じると述べた。アナドル通信が12日に伝えた。 同通信によると、新財務相は「中銀の目標に沿ったより予見可能で簡素、かつ断固とした金融政策の実行を支持する」との姿勢を示した。

[2018-07-12][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・アルバイラク・トルコ新財務相「トルコ中央銀行は独立しており、経済や市場の状況に応じて必要な措置を講じる」「中銀による断固とした金融政策の実行を支持する」

[2018-07-16][NP     HDP +1.5 CHDP -0.3 RHDP +1.5 CRHDP -0.3]
・トルコの大統領報道官は、2016年7月15日のクーデター未遂後に発令された非常事態宣言を14日週に解除すると発表した。エルドアン政権はこの非常事態宣言によって、首謀者と見なすイスラム教指導者の組織に関与した疑いで数万人を逮捕するなど権限を拡大していた。

トルコ政府関係の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース