アンゲラ・メルケル

アンゲラ・メルケルのイメージ画像

 2019年2月の期間中のアンゲラ・メルケルによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に関する政治的解決のための時間は残されている」「英国の意向を正確に把握することが重要」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

アンゲラ・メルケルによる2019年2月 発言・ニュース

[2019-02-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に関する政治的解決のための時間は残されている」「英国の意向を正確に把握することが重要」

[2019-02-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「バックストップの解決策は、通商合意の形態に依る」

[2019-02-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は両国の企業の代表が出席する会合で講演し、保護主義的な通商政策を取るアメリカのトランプ政権を批判したうえで、EPA=経済連携協定が発効した日本との協力に強い期待を示した。またメルケル首相は、経済のデジタル化に不可欠なデータの収集や管理について「アメリカでは大量のデータが民間企業の手にあり、中国では国家が管理している」と述べ、問題点を指摘したうえで「安倍総理大臣がG20サミットの議長としてデータ管理の問題を議論するとしていることを歓迎する」と述べた。

[2019-02-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・訪日中のメルケル独首相は、英国のEU離脱(ブレグジット)をめぐり、膠着状態の打開策を見いだす時間はあるとの認識を示した。

[2019-02-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「秩序あるブレグジットのために出来る限りのことをするとルクセンブルグ首相と合意」「ブレグジット合意までにはやるべきことが残っている」

アンゲラ・メルケルの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース