アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-08-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、景気減速に対応するために現時点で財政刺激策を発動させる必要はないとの見解を示した。ただ、同時に公共投資を高水準に維持する方針も示している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2019-08-14][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、景気減速に対応するために現時点で財政刺激策を発動させる必要はないとの見解を示した。ただ、同時に公共投資を高水準に維持する方針も示している。

[2019-08-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「現状、財政刺激策は必要ない」

[2019-07-22][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は記者会見で、トランプ氏による「国へ帰れ」との女性差別発言について、「非難された女性たちと連帯したい」と述べ、「米国の強さは様々な国籍の人々が国に貢献していることで、相いれない発言だ」と指摘した。
・ドイツのメルケル首相は、新たに国防相に就任し、次期首相の最有力候補であるクランプカレンバウアー氏を支持したうえで、2021年までの任期をまっとうすることができる状態だと主張した。

[2019-07-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は19日、ドイツ経済は減速し困難な局面にある」、「経済の減速は主としてグローバル経済の不透明感に起因」、「米中貿易協議が進展することを期待する」などと述べた。

[2019-07-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相が、公務中に全身を激しく震わせる症状を見せたと報じている。同様の症状が出たのは約3週間で3度目のこと。健康状態への懸念が一段と強まりそうだ。

[2019-07-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「体調への心配は必要なく、仕事もできる」「ギリシャ新首相はすぐにも改革プログラムを実施すると約束」「ギリシャへの支援策を変更する必要はない」

[2019-06-28][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「独米貿易は新たな水準に達した」「米大統領との会談、通商やイラン問題も含め多くの議題がある」

[2019-06-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相が27日、シュタインマイヤー大統領との公務中に再び何度も体を振るわせる事態が起きた。18日にベルリンでウクライナ大統領の歓迎式典に出席した際にも同様の状況が発生している。首相の報道官はロイターにメルケル氏の体調に問題はないと述べ、このあと行われる新法務相の就任式に出席すると説明した。また20カ国地域(G20)首脳会議には出席するかとの質問に、全て予定通り行われると述べた。
・メルケル独首相は27日、全身が小刻みに震える発作に見舞われた。約1週間前にも同じような症状が表れ、一部で健康不安がささやかれているが、体調はすぐに回復し、明日28日からの20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)にも予定通り参加する。市場では「政権の求心力が失われるなかでの健康問題は政局に微妙な影を落としかねない」との指摘があった。

[2019-06-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相がウクライナの大統領を歓迎する式典の最中、突然、体の震えをおさえられなくなりその後、首相は水分不足が原因だったと説明したが、健康状態を懸念する声も出ている。

[2019-06-04][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は4日、欧州連合(EU)と米国の通商交渉について、将来締結される協定は「存続を左右するほど重要」だと発言、フランスが反対票を投じたのは「残念」だが、交渉の進展を目指すと述べた。

(最終更新日時 2019-08-15 12:24)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース