アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「秩序あるブレグジットのために出来る限りのことをするとルクセンブルグ首相と合意」「ブレグジット合意までにはやるべきことが残っている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「秩序あるブレグジットのために出来る限りのことをするとルクセンブルグ首相と合意」「ブレグジット合意までにはやるべきことが残っている」

[2019-02-05][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)に関する政治的解決のための時間は残されている」「英国の意向を正確に把握することが重要」
・メルケル独首相「バックストップの解決策は、通商合意の形態に依る」
・ドイツのメルケル首相は両国の企業の代表が出席する会合で講演し、保護主義的な通商政策を取るアメリカのトランプ政権を批判したうえで、EPA=経済連携協定が発効した日本との協力に強い期待を示した。またメルケル首相は、経済のデジタル化に不可欠なデータの収集や管理について「アメリカでは大量のデータが民間企業の手にあり、中国では国家が管理している」と述べ、問題点を指摘したうえで「安倍総理大臣がG20サミットの議長としてデータ管理の問題を議論するとしていることを歓迎する」と述べた。
・訪日中のメルケル独首相は、英国のEU離脱(ブレグジット)をめぐり、膠着状態の打開策を見いだす時間はあるとの認識を示した。

[2019-01-24][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相は参加したダボス会議で、西側主要国に対し、各国の狭い国益にとらわれずに物事を考え、「ウィンウィン」の関係構築に向け国際的な機関を改革するよう呼び掛けた。

[2019-01-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相とマクロン仏大統領は22日、独西部アーヘンで、新たな独仏友好条約に署名した。新条約は独仏の戦後和解の礎になったエリゼ条約(1963年締結)を補完し、政治・経済だけでなく軍事分野などで両国の連携強化を目指す。

[2019-01-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ブレグジットを協議する時間はまだある」
・メルケル独首相「依然として秩序だったブレグジットに向け努力しなければならないが、無秩序の可能性も残る」

[2019-01-11][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、ギリシャのチプラス首相と会談後、同国の金融市場復帰に期待感を表明、ドイツが取り組みを支持する考えを示した。
・ドイツのメルケル首相が2月4日から2日間の日程で訪日し、安倍晋三首相と会談する方向で調整していることが分かった。世界的に保護主義の風潮が高まるなか、日本との連携を密にすることで、自由貿易の重要性などを確認する会談になりそうだ。

[2018-12-31][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は31日、新年に向けた挨拶のなかで「国際協力の確かさが圧力にさらされている」と懸念を表明した。他国の利益にも配慮することが結果的に問題解決の最善の道につながるというのが「2度の世界大戦の教訓」だったはずなのに、こうした考え方は「もはやすべての人に共有されているわけではない」と述べている。

[2018-12-20][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル政権は、国内の労働力不足に対応するため、専門技術を習得していればEU域外の国の出身者にもドイツでの就労や職探しを認める内容の新たな法案を閣議決定した。ドイツ政府から難民申請を却下された人にも、一定期間職に就いていれば就労と滞在を認める考えを示している。

[2018-12-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相とフランスのマクロン大統領は、EU首脳会議後の記者会見で、英国といったん合意したEU離脱案について「再交渉はできない」との考えをそれぞれ示した。英国のメイ首相は首脳会議で英議会承認に必要な譲歩を探ったが、独仏などから前向きな回答は得られず、再交渉に向けた扉を開くこともできなかった。

[2018-12-03][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、11月30日に開幕したG20首脳会合出席のため、アルゼンチンブエノスアイレスの空港にスペインの民間航空機で到着した。政府専用機で移動していたが、トラブルでドイツ国内に緊急着陸。民間機に乗り換え、半日遅れで現地入りする異例の事態となった。
・ドイツのメルケル首相を乗せ、アルゼンチンに向かっていた政府専用機が緊急着陸した件で、ドイツ空軍は事件性はないとの見方を示した。空軍司令官は記者団に、オランダ上空を飛行中に無線などのシステムに問題が生じたと説明している。
・ドイツのメルケル首相が、訪問先のアルゼンチンでロシアのプーチン大統領と会談したと報じている。メルケル氏はロシアによるウクライナ艦船拿捕(だほ)に懸念を表明。両首脳はロシア、ウクライナにドイツ、フランスの当局者を加えた4者協議の場を設けることで合意したという。

(最終更新日時 2019-02-15 21:18)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース