アンゲラ・メルケルの発言・ニュース

アンゲラ・ドロテア・メルケル

 アンゲラ・ドロテア・メルケルは1954生まれのドイツの政治家で、キリスト教民主同盟(CDU)党首、第8代ドイツ連邦共和国首相、ドイツでは女性としては初の大政党党首・首相です。

 科学アカデミーに就職し理論物理学を研究していたが、1989年の「ベルリンの壁」崩壊時、先行きが不安になった科学アカデミーを辞職、「民主主義の出発」の結党メンバーになり政界へと入った。

 また、メルケルは国家について次のように発言をしている「国家は破綻するはずがないという噂がありますが、この噂は正しくありません」。

HDP

中間派

 HDP   -0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、投票が26日に迫った独連邦議会選挙(総選挙)について「空白期間が長くなりすぎないよう、すべてのことをする」と述べた。欧州統合や対アフガニスタン外交、気候変動対策などの課題が山積するなか、選挙後はできるだけ早く次期政権をつくるべきだとの考えを示している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のアンゲラ・メルケルの発言・ニュース

[2021-09-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、投票が26日に迫った独連邦議会選挙(総選挙)について「空白期間が長くなりすぎないよう、すべてのことをする」と述べた。欧州統合や対アフガニスタン外交、気候変動対策などの課題が山積するなか、選挙後はできるだけ早く次期政権をつくるべきだとの考えを示している。

[2021-09-10][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相は、首相就任から16年が経過し、首相の座を維持するための厳しい戦いに直面していることを与党のキリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)の誰も疑っていないと述べた。26日の連邦議会選挙(総選挙)の結果については憶測しないとしている。

[2021-09-07][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「現時点では供給問題が影を落としているものの、自動車産業を含む独経済の回復を実感」

[2021-09-06][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・時事通信によると、政界を引退するメルケル首相の後継政権を選択するドイツ連邦議会(下院)選挙は、26日に投開票される。メルケル氏の保守与党、キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)が苦戦する一方、長く同氏の影に隠れてきた中道左派・社民党が支持を伸ばし、同党中心の左派政権誕生の可能性が出てきた。第三極の緑の党も交え、「ポスト・メルケル」争いは混戦模様となっている。
・ドイツのメルケル首相は、同国と雇用契約がありアフガニスタンに残っている現地労働者の退避方法について、イスラム主義組織タリバンとの協議を望む意向を明らかにした。カブールの空港再開は好ましい兆候と付け加えている。

[2021-08-31][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は記者会見し、カブールの空港を今後も開かせ続けることが重要だと訴えた。ドイツ軍の協力者をはじめアフガニスタン人の国外退避はいまや「イスラム主義組織タリバンの意思ひとつで成否が左右される」と強調した。

[2021-08-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・メルケル独首相「ドイツの航空搬送を本日終了」

[2021-08-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、アフガニスタンに駐留する外国軍部隊の撤退期限である8月末以降も、国外退避を希望するアフガン人への支援に努めると表明した。さらに、ドイツやEU、北大西洋条約機構(NATO)は今後の軍事行動で同様の結果を招かぬよう、今回の撤退から教訓を学ぶべきとしている。

[2021-08-23][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、モスクワを訪問し、ロシアのプーチン大統領と会談した。そのなかで、プーチン氏は実際にアフガニスタンの大半を支配しているのはイスラム主義組織タリバンだとし、他国は自国の価値観をアフガニスタンに押し付けるべきではないと述べている。
・ドイツのメルケル首相は、モスクワを訪問し、ロシアのプーチン大統領と会談した。メルケル首相はロシアの反体制派指導者で収監中のナワリヌイ氏の釈放を改めて要求したが、プーチン大統領は同氏の収監と政治は無関係と反論している。
・ドイツのメルケル首相とウクライナのゼレンスキー大統領は、ウクライナで会談し、ロシア産天然ガスをドイツに輸送する海底パイプライン「ノルドストリーム2」について協議した。会談後の記者会見でメルケル氏は、ロシアが他国を脅かす「武器」としてパイプラインを利用すれば、EUが科す可能性がある制裁を支持する考えを示している。

[2021-08-18][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は記者会見で、イスラム主義勢力タリバンが権力を掌握したアフガニスタンに対して、「現在の状況では開発援助はできない」と述べ、一時的に停止する方針を明らかにした。ドイツはアフガニスタンに対する主要な援助国のひとつで、他の援助国の方針にも影響を与えそうだ。

[2021-08-17][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.1]
・ドイツのメルケル首相は、反政府武装勢力タリバンから近隣諸国に逃れてきたアフガニスタン人が十分な人道的支援を受けられなければ欧州に流れ込み、2015年の欧州難民危機が再来しかねないと警告した。
・ドイツのメルケル首相は、アフガニスタンの反政府武装勢力タリバンが首都カブールの大統領府を掌握したことを受け、ドイツは同国からただちに最大1万人を国外に退避させる必要があると述べた。

(最終更新日時 2021-09-18 18:24)

アンゲラ・メルケルの発言・ニュース バックナンバー

アンゲラ・メルケル カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース