S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

S&P(スタンダード&プアーズ)

 スタンダード&プアーズ(Standard & Poor's)は、アメリカに本社を置き企業(株式と債券の発行体)や国債の信用力を調査研究して信用格付けを行っている投資情報会社・格付け会社として知られています。

 当時、サブプライムローン関連債権などに、最上級である「AAA」格付けが行われていたが、金融危機に発生後、わずか数日にて最上級からジャンク格にまでの格下げを行い市場は大混乱となった。

 また、アメリカの代表的株式指数であるS&P500を算出して発表している事でも世界的に有名な企業である。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-27][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pグローバルは、EUの7500億ユーロ規模の復興基金について、今後5年間でEUの成長率を1.5-4.1%押し上げ、債務水準がもっとも高い一部諸国の格付けを支えるとの見方を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のS&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

[2021-04-27][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pグローバルは、EUの7500億ユーロ規模の復興基金について、今後5年間でEUの成長率を1.5-4.1%押し上げ、債務水準がもっとも高い一部諸国の格付けを支えるとの見方を示した。

[2021-04-27][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pグローバルは、EUの7500億ユーロ規模の復興基金について、今後5年間でEUの成長率を1.5-4.1%押し上げ、債務水準がもっとも高い一部諸国の格付けを支えるとの見方を示した。

[2021-04-26][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、ギリシャの格付けを1段階引き上げ「BB」とした。新型コロナウイルスの影響が縮小するにつれ、経済と財政状況の急速な改善が期待されるとしている。また、見通しも「安定的」から「ポジティブ」に変更。景気回復が想定より迅速で他国に比べ力強い場合、12-18ヵ月以内に再び格上げされる可能性があるという。

[2021-04-26][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、ギリシャの格付けを1段階引き上げ「BB」とした。新型コロナウイルスの影響が縮小するにつれ、経済と財政状況の急速な改善が期待されるとしている。また、見通しも「安定的」から「ポジティブ」に変更。景気回復が想定より迅速で他国に比べ力強い場合、12-18ヵ月以内に再び格上げされる可能性があるという。

[2021-04-22][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・有力格付け会社S&Pは、日本のソブリン債格付けを「Aプラス/A-1」に据え置いた。大幅な経常黒字や、新型コロナウイルス感染症のパンデミックから国内経済が緩やかに回復するとの見通しを理由に挙げている。また、格付け見通しも「安定的」で維持した。

[2021-04-21][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は21日、日本の格付け「A+」を確認したと発表した。見通しは「安定的」とした。

[2021-04-03][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pはフランスの格付け「AA」を確認。見通し「安定的」。

[2021-04-01][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、格付け会社S&Pグローバル・レーティングは1日、日立製作所の長期・短期発行体格付けを引き下げ方向の「クレジット・ウォッチ」に指定した。システム開発を手掛ける米グローバルロジック(カリフォルニア州)の買収資金が巨額で、日立の資産売却の進捗次第で、1段階の格下げの可能性があるという。

[2021-03-29][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・ロイター通信によると、格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、野村ホールディングスが米子会社と取引先との間で多額の損害が発生する可能性があると発表したことについて、約20億ドル(2200億円)の損失が発生しても、財務基盤へのマイナス影響は吸収可能だとの見方を示した。グループの信用力に直ちにマイナス影響は出ないとしている。

[2021-03-25][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「トルコの脆弱な国際収支ポジションは最近の出来事で更に悪化する可能性」「トルコの財政状態は比較的強く、政策余力を残している」
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「トルコの状況は非常に流動的であり、潜在的な格付け変更があるために監視している」「ドル化が拡大する可能性はトルコの主要リスク」

(最終更新日時 2021-04-30 00:35)

S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース バックナンバー

S&P(スタンダード&プアーズ) カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース