S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

S&P(スタンダード&プアーズ)

 スタンダード&プアーズ(Standard & Poor's)は、アメリカに本社を置き企業(株式と債券の発行体)や国債の信用力を調査研究して信用格付けを行っている投資情報会社・格付け会社として知られています。

 当時、サブプライムローン関連債権などに、最上級である「AAA」格付けが行われていたが、金融危機に発生後、わずか数日にて最上級からジャンク格にまでの格下げを行い市場は大混乱となった。

 また、アメリカの代表的株式指数であるS&P500を算出して発表している事でも世界的に有名な企業である。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-06-29][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「米中関係は暫く正常化しないだろう」「21-23年の中国の年平均成長率は5.5%を見込む」「中国の長期債格付け見通しは安定的」
・大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、中国のソブリン格付けを「A+/A-1」で据え置いた。見通しは安定的。S&Pは、中国が今後数年、他の中所得国と比較して平均以上の経済成長を維持すると予想。ただ、新型コロナウイルスの流行や経済構造改革の取り組み、米国との緊張による圧力を受けるとの見方も示し、米中関係は予見可能な将来、正常化しないと予想した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のS&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

[2020-06-29][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「米中関係は暫く正常化しないだろう」「21-23年の中国の年平均成長率は5.5%を見込む」「中国の長期債格付け見通しは安定的」
・大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、中国のソブリン格付けを「A+/A-1」で据え置いた。見通しは安定的。S&Pは、中国が今後数年、他の中所得国と比較して平均以上の経済成長を維持すると予想。ただ、新型コロナウイルスの流行や経済構造改革の取り組み、米国との緊張による圧力を受けるとの見方も示し、米中関係は予見可能な将来、正常化しないと予想した。

[2020-06-09][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日、日本の格付け「A+」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げたと発表した。
・S&Pグローバル・レーティングは9日、日本の長期ソブリン格付けのアウトルックを「ポジティブ」から「安定的」に変更した。長期・短期ソブリン格付けは「A+/A-1」、自国通貨建ての外国為替規制リスク評価は「AA+」で据え置いた。

[2020-06-02][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、現在「AAプラス」としている香港の格付けについて、米国が香港の金融部門に制裁措置を導入し、成長トレンドが大幅に悪化すれば、引き下げる可能性があるとの見解を示した。

[2020-05-21][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社S&Pは、トヨタ自動車の長期会社格付けを「ダブルAマイナス」から「シングルAプラス」に、ホンダを「シングルA」から「シングルAマイナス」にそれぞれ1段階引き下げた。世界的な自動車販売の低迷で、今後1-2年は収益性に「非常に強い下押し圧力がかかる」と指摘している。

[2020-04-25][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は24日、イタリアの格付け「BBB」を確認したと発表した。見通しは「ネガティブ」とした。
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は24日、英国の格付け「AA」を確認したと発表。見通しは「安定的」とした。

[2020-04-22][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け大手S&Pグローバル・レーティングは最近、オーストラリ アに付与している最高位の長期信用格付け「AAA(トリプルA)」の見通しを「ネガテ ィブ」に引き下げた。実際に格下げとなれば連邦政府よりも、州政府や民間銀行の借り入 れに対する影響が大きいとみられる。経済紙オーストラリアン・フィナンシャル・レビュ ーが16日報じた。

[2020-04-17][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・有力格付会社S&Pは、2020年の世界成長率見通しをマイナス2.4%に下方修正した。世界的に実施されている新型コロナウイルス感染拡大防止に向けたロックダウン(都市封鎖)措置の影響を考慮したという。また、同年の米成長率はマイナス5.2%、ユーロ圏はマイナス7.3%と予想している。

[2020-04-08][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、豪州の格付け見通しを「安定的」から「弱含み」に引き下げた。この措置を受け、対円などで豪ドル安が進行している。

[2020-04-03][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は3日、日本の格付け「A+」を確認したと発表した。見通しは「ポジティブ」とした。

[2020-03-31][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pグローバルの幹部は、新型コロナウイルス危機に対するイタリア中銀の支援などを背景にイタリアの信用格付けをすぐに変更する必要はないと述べた。
・格付け会社S&Pは、中東ペルシャ湾岸産油国が原油安、新型コロナウイルスの感染拡大に起因する経済への圧迫、新興国市場からの資金流出といった向かい風にさらされるとの見解を示した。

(最終更新日時 2020-06-30 12:36)

S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース バックナンバー

S&P(スタンダード&プアーズ) カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース