S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

S&P(スタンダード&プアーズ)

 スタンダード&プアーズ(Standard & Poor's)は、アメリカに本社を置き企業(株式と債券の発行体)や国債の信用力を調査研究して信用格付けを行っている投資情報会社・格付け会社として知られています。

 当時、サブプライムローン関連債権などに、最上級である「AAA」格付けが行われていたが、金融危機に発生後、わずか数日にて最上級からジャンク格にまでの格下げを行い市場は大混乱となった。

 また、アメリカの代表的株式指数であるS&P500を算出して発表している事でも世界的に有名な企業である。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-08][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、アルゼンチンの長期信用格付けを「SD(選択的デフォルト)」から「CCCプラス」に引き上げた。格付け見通しは「安定的」としている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のS&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

[2020-09-08][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、アルゼンチンの長期信用格付けを「SD(選択的デフォルト)」から「CCCプラス」に引き上げた。格付け見通しは「安定的」としている。

[2020-08-20][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、新型コロナウイルスのパンデミックが「史上もっとも顕著な信用力の低下」をもたらしており、投機的(ジャンク)等級に格付けされた欧州企業のデフォルト率は2021年6月までに2倍以上に上昇すると発表した。

[2020-08-18][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・大手格付け会社S&Pは、新型コロナウイルスのパンデミックからの中国経済の回復が、金利上昇とインフレ鈍化による実質金利上昇によって阻まれる可能性があるとの見解を示した。

[2020-08-07][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pグローバル「トルコが利上げを避けることは非常に難しくなるだろう」「外貨準備高の減少で、トルコ中銀は今後より多くの外貨を売ることはできないだろう」

[2020-08-05][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pグローバル・レーティングは5日、オーストラリアのビクトリア州の長期格付け「AAA」をクレジットウォッチに掲載し、格下げ方向で見直すと発表した。新型コロナウイルスの流行に伴うロックダウン(都市封鎖)を受けた措置。ロックダウン、政策の方向性、感染拡大への対応能力が財政にどのような影響を及ぼすかが明らかになれば、今後数カ月以内に格付けを引き下げる可能性が高まるとしている。

[2020-07-20][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pグローバルは20日、香港に関するリポートで、「特殊性」の喪失と急速な高齢化で今後10年の成長率が半分以下となる可能性を指摘した。ゼロ成長もあり得るとみている。香港の長期的な経済見通しは、米中関係の急速な悪化によるリスクに直面していると分析した。

[2020-07-14][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、新興国の今年の成長率見通しを平均でマイナス4.7%とし、従来予想のマイナス1.8%から下方修正した。また、すべての新興国が新型コロナウイルスの流行により長期的な影響を受けると警告している。

[2020-06-29][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「米中関係は暫く正常化しないだろう」「21-23年の中国の年平均成長率は5.5%を見込む」「中国の長期債格付け見通しは安定的」
・大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、中国のソブリン格付けを「A+/A-1」で据え置いた。見通しは安定的。S&Pは、中国が今後数年、他の中所得国と比較して平均以上の経済成長を維持すると予想。ただ、新型コロナウイルスの流行や経済構造改革の取り組み、米国との緊張による圧力を受けるとの見方も示し、米中関係は予見可能な将来、正常化しないと予想した。

[2020-06-09][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は9日、日本の格付け「A+」の見通しを「ポジティブ」から「安定的」に引き下げたと発表した。
・S&Pグローバル・レーティングは9日、日本の長期ソブリン格付けのアウトルックを「ポジティブ」から「安定的」に変更した。長期・短期ソブリン格付けは「A+/A-1」、自国通貨建ての外国為替規制リスク評価は「AA+」で据え置いた。

[2020-06-02][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・格付け会社S&Pは、現在「AAプラス」としている香港の格付けについて、米国が香港の金融部門に制裁措置を導入し、成長トレンドが大幅に悪化すれば、引き下げる可能性があるとの見解を示した。

(最終更新日時 2020-09-09 18:01)

S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース バックナンバー

S&P(スタンダード&プアーズ) カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース