S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

S&P(スタンダード&プアーズ)

 スタンダード&プアーズ(Standard & Poor's)は、アメリカに本社を置き企業(株式と債券の発行体)や国債の信用力を調査研究して信用格付けを行っている投資情報会社・格付け会社として知られています。

 当時、サブプライムローン関連債権などに、最上級である「AAA」格付けが行われていたが、金融危機に発生後、わずか数日にて最上級からジャンク格にまでの格下げを行い市場は大混乱となった。

 また、アメリカの代表的株式指数であるS&P500を算出して発表している事でも世界的に有名な企業である。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -3.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -3.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-12-03][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダードアンドプアーズ(S&P)は3日、1日に行われた米中首脳会談で貿易戦争の「一時休戦」で合意したことについて、投資家心理の改善や、業績成長への期待につながるとの見方を示した。会談の結果は企業の信用格付けに直接に影響することはないものの、間接的な影響は大きいと指摘。また、最終的な交渉結果は依然として不確実性があるものの、双方が話し合う意向を示したこと自体が好材料になっているとした。『香港経済日報』が3日伝えた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2018-10-31][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「合意なき離脱、英国の格付けのリスクに」「英国が合意ない離脱を実施する確率が上昇」「合意なき離脱、英国の経済を景気後退に陥れる可能性も」
・有力格付け会社であるS&Pは発表文で、合意なき離脱に至れば英国経済は浅いリセッションが最長で5四半期にわたって続き、2019年の経済成長率はマイナス1.2%、20年はマイナス1.5%に落ち込むと予想した。また、このシナリオでは過去最低水準にある失業率も上昇に転じ、20年には金融危機以来となる7%超に達するだろうと警告している。

最近のS&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース

[2018-12-03][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダードアンドプアーズ(S&P)は3日、1日に行われた米中首脳会談で貿易戦争の「一時休戦」で合意したことについて、投資家心理の改善や、業績成長への期待につながるとの見方を示した。会談の結果は企業の信用格付けに直接に影響することはないものの、間接的な影響は大きいと指摘。また、最終的な交渉結果は依然として不確実性があるものの、双方が話し合う意向を示したこと自体が好材料になっているとした。『香港経済日報』が3日伝えた。

[2018-11-28][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pはカナダの格付け「AAA」を確認。見通しは「安定的」。

[2018-11-20][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社S&Pは、日産自動車会長のゴーン容疑者が逮捕されたことを受け、同社と同社の全ての海外子会社の格付けを引き下げる方向で見直すと発表した。

[2018-11-17][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pはオランダの格付け「AAA」を確認。見通し「安定的」。

[2018-11-16][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・有力格付け会社であるS&Pは、英国によるEU離脱(ブレグジット)が無秩序なものになる兆候が一段と明らかになれば、現在「AA」としている格付けを引き下げる可能性があると指摘した。

[2018-11-13][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・有力格付け会社S&Pは、アルゼンチンの経済成長やインフレ、債務内容の「悪化」を理由に、同国の信用格付けを1段階引き下げたと発表した。

[2018-10-31][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)「合意なき離脱、英国の格付けのリスクに」「英国が合意ない離脱を実施する確率が上昇」「合意なき離脱、英国の経済を景気後退に陥れる可能性も」
・有力格付け会社であるS&Pは発表文で、合意なき離脱に至れば英国経済は浅いリセッションが最長で5四半期にわたって続き、2019年の経済成長率はマイナス1.2%、20年はマイナス1.5%に落ち込むと予想した。また、このシナリオでは過去最低水準にある失業率も上昇に転じ、20年には金融危機以来となる7%超に達するだろうと警告している。

[2018-10-27][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・米格付け会社スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は26日、イタリアの格付け見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げたと発表した。
・S&Pはドイツの格付け「AAA」を確認。見通し「安定的」。
・S&Pは英国の格付けを確認。見通しを「ネガティブ」に維持。

[2018-10-11][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&P格付け会社「(無秩序な英・欧州連合離脱に対して)最もぜい弱なのは英国の銀行」

[2018-10-06][NP     HDP -3.0 CHDP 0.00 RHDP -3.0 CRHDP 0.00]
・S&Pはフランスの格付け「AA」を確認。見通し「安定的」

(最終更新日時 2018-12-04 14:41)

S&P(スタンダード&プアーズ)の発言・ニュース バックナンバー

S&P(スタンダード&プアーズ) カレンダー

2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース