最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

世界の政策金利関係[NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
・ルーマニア中銀は、政策金利を0.25%引き下げ1.25%にする事を決定した。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2021-01-16][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +4.1 CRHDP -0.1]
エリック・ローゼングレンエリック・ローゼングレン
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「経済を支援するために拡張的な財政政策が必要」「バイデン次期大統領のの19億ドルのパッケージは大きいが、適切」「金利がゼロに近いため、財政援助を使用するのは最適な時」「米国は拡張的な財政政策を必要としている」「現行の金融政策は適切」
・ローゼングレン・ボストン連銀総裁「人々が安全であると感じるまで完全な回復とはならないだろう」「第1四半期の成長は弱いが、後半は強い」「ウイルスに感染した人が多すぎて、予防接種が遅すぎる」「米国債とMBSの買い入れ継続は適切」

[2021-01-16][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
米政府関係米政府関係
・米ジョンズ・ホプキンス大学の集計によると、世界の新型コロナウイルスの累計死者数が200万人を超えたようだ。

[2021-01-16][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
ニール・カシュカリニール・カシュカリ
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「パンデミックの影響は2021年を通じて持続」「インフレ率が2%を超えても問題はない」「インフレが2%を大きくにオーバーシュートするリスクはあまり見られない」「積極的な金融、財政政策は2%のインフレに戻るのに役立つ」
・カシュカリ・ミネアポリス連銀総裁「雇用は回復しているが、実際の失業率は約10%の可能性が高い」「失業率は非常に悪化した状態」「政府が提供できる財政刺激策が多ければ多いほど、経済はより良くなる」

[2021-01-16][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・15日の米10年物国債利回りは低下。0時24分時点では前営業日比0.0355%低い1.0937%前後で推移している。
・インターネット上の仮想通貨ビットコインは売りが優勢。ビットコイン・ドルは一時34409ドル前後まで下落したほか、ビットコイン円は358万円程度まで下げた。
・15日の米国株式相場は下げ幅を縮小。ダウ工業株30種平均は2時41分時点では前営業日比96.94ドル安の30894.58ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同67.58ポイント安の13045.05で推移している。
・15日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は3日続落。終値は前営業日比177.26ドル安の30814.26ドルとなった。バイデン次期米大統領の経済対策は総額1.9兆ドルの大規模な内容となったが、期待先行で相場は上昇していただけに、景気敏感株を中心に「材料出尽くし」として利益確定売りが優勢となった。12月米小売売上高が予想を下回ったことも相場の重しとなり、一時370ドル超下げた。ただ、押し目を拾いたい向きは多く売り一巡後は下げ渋った。

[2021-01-16][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係世界の政策金利関係
・ルーマニア中銀は、政策金利を0.25%引き下げ1.25%にする事を決定した。

(最終更新日時 2021-01-17 11:41)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース