最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ジェローム・パウエル[NP     HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は可能な手段を利用する」「FEDは可能な手段を利用」「FEDの緊急時の権限には制限がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緊急手段は支出ではなく貸出」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近の行動で我々はレッドラインを通過した」「FRBはメインストリート貸付プログラムを数日以内に開始する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「マイナス金利は銀行の収益を押しつぶし、融資を減らす」「マイナス金利の効果はまちまちで明確ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「明らかに感染の第2波リスクがある、信頼に大きく影響する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「成長やインフレリスクは下方に傾斜」

更新されたFX要人発言・ニュース

[2020-05-30][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
ドナルド・トランプドナルド・トランプ
・トランプ米大統領「WHOとの関係を打ち切り」
・トランプ米大統領「中国政府はいつも約束を反故にする」「中国による武漢ウイルス隠蔽のせいで世界中に広まった」「米国はWHOと関係を断つことになる」
・トランプ米大統領「米国に上場している中国企業について調査」「香港への優遇措置を撤回する方向」

[2020-05-30][NP     HDP +0.6 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
連邦準備制度理事会(FRB)連邦準備制度理事会(FRB)
・米連邦準備理事会(FRB)は29日、来週から債券買い入れ額を1日あたり50億ドルから45億ドルに減額すると発表した。

[2020-05-30][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係世界の政策金利関係
・コロンビア中銀は、政策金利を0.50%引き下げ2.75%にする事を決定した。

[2020-05-30][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・29日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は1時17分時点では前営業日比258.78ドル安の25141.86ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同6.82ポイント安の9362.17で推移している。
・29日夜の日経平均先物6月物はナイト・セッションで小安い。2時6分時点では大証終値比60円安の2万1750円で取引されている。
・29日のフランクフルト株式相場は6営業日ぶりに反落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前営業日終値比194.28ポイント安の11586.85となった。トランプ米大統領の中国に関する記者会見を控える中、米中関係が悪化するとの懸念が売りを誘った。3連休を控えた週末とあってポジション調整目的の売りも出やすかった。個別ではルフトハンザ(6.43%安)やエーオン(5.88%安)、コベストロ(4.91%安)などの下げが目立った。
・29日のロンドン株式相場は4営業日ぶりに反落。FTSE100種総合株価指数は前営業日終値比142.19ポイント安の6076.60で取引を終えた。米中関係の悪化をめぐる懸念から売りが出たほか、市場では「前日までに3日続伸し約2カ月ぶりの高値を付けたあとだけに、利益確定目的の売りが出やすかった」との声が聞かれた。HSBCやバークレイズ、ロイズ・バンキング・グループなど金融株の下げが目立った。
・29日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間30日3時時点の水準で、前営業日終値比0.026%低い(価格は高い)0.184%だった。
・29日の米国株式相場は買い戻しが優勢。ダウ工業株30種平均は3時12分時点では前営業日比153.68ドル安の25246.96ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同40.94ポイント高の9409.93で推移している。「トランプ米大統領は米中貿易交渉を巡る『第1段階の合意』は破棄しない意向」と伝わると、買い戻しが入った。
・29日の米国債券相場で長期ゾーンは反発。表面利率0.625%の10年物国債利回りは前営業日比0.04%低い(価格は高い)0.65%で終えた。米中関係悪化への警戒感から債券買いが先行したほか、月末を控えて機関投資家による保有債券の残存年限を長期化するための買いが入った。

[2020-05-30][NP     HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
ジェローム・パウエルジェローム・パウエル
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は可能な手段を利用する」「FEDは可能な手段を利用」「FEDの緊急時の権限には制限がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緊急手段は支出ではなく貸出」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近の行動で我々はレッドラインを通過した」「FRBはメインストリート貸付プログラムを数日以内に開始する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「マイナス金利は銀行の収益を押しつぶし、融資を減らす」「マイナス金利の効果はまちまちで明確ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「明らかに感染の第2波リスクがある、信頼に大きく影響する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「成長やインフレリスクは下方に傾斜」

(最終更新日時 2020-05-31 12:10)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース