最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

米政府関係[NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・米当局、SECにステーブルコイン規制権限認める報告公表へ=関係筋
・米国のグローバルエネルギー安全保障担当アドバイザー、ホッホシュタイン氏は、ロシアがエネルギー不足に悩む欧州への燃料輸出を抑制しているとすれば、プーチン大統領は天然ガスを政治的手段として活用する路線に傾きつつあると述べた。
・米国のイラン担当特使マリー氏は、イラン核合意再建に向けた協議をめぐり、協議再開を拒むイラン側の理由が薄れてきたとし、「重要な局面」に突入したと述べた。また米国はイランとの外交に積極的に関与していくと強調している
・米国務省は、サイバー空間・デジタル政策局を設置する計画を明らかにした。ハッキング問題の深刻化が背景にある。国務省のプライス報道官は、上院で承認を受けたトップがこの部署を率いることになると述べた。
・バイデン米大統領は、自身の看板政策のひとつである気候変動・社会保障関連歳出法案について、今週中に民主党内で合意に達することを期待すると述べた。ただ、今週中に議会で採決が実施されるかどうかは「分からない」と指摘している。
・ロイターは、バイデン米大統領が26日、米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議にバーチャル形式で参加することが分かったと報じている。米国の参加は4年ぶり。中国の影響力を視野にASEAN地域との連携を深めたい考えだという。
・ロイター通信によると、米国のグローバルエネルギー安全保障担当アドバイザー、アモス・ホッホシュタイン氏は25日、ロシアがエネルギー不足に悩む欧州への燃料輸出を抑制しているとすれば、プーチン大統領は天然ガスを政治的手段として活用する路線に傾きつつあると述べた。
・バイデン米大統領は、米国に入国する外国人に新型コロナウイルスワクチンの接種完了を義務付ける大統領宣言に署名した。これまで国別に決めていた米入国条件をワクチン接種に一本化した。18歳未満や、健康上の理由でワクチンを受けられない人は対象外で、11月8日から発効する。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は26日、米コロナ対応が転換局面に、国境再開で緩和にカジ、飛行機は満席、サンフランシスコはマスク着用緩和と報じた。
・時事通信によると、米国務省のプライス報道官は25日の記者会見で、サイバー空間と デジタル政策を担当する局を創設すると発表した。上院の承認が必要な大使が統括する。 身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」による米国のインフラへの攻撃が深刻化する中 、バイデン政権はサイバー攻撃への対応を強化する方針を打ち出していた。
・米財務省「イエレン米財務長官は劉鶴中国副首相と、米中のマクロ経済や金融情勢について協議した」「イエレン米財務長官は懸念事項を率直に提起した」
・共同通信によると、バイデン米政権は25日、成長戦略の一つの柱である総額3兆5千億ドル(約400兆円)の大型歳出法案の規模を半額近くに大幅に縮小する方向で検討に入った。法案を巡り対立が続く与党民主党の左派と穏健派が合意に近づきつつある。もう一つの柱となる超党派の1兆ドル規模のインフラ投資法案も成立させ、中間選挙を見据えた成果としたい考えだ。
・日経新聞は、米国が制裁を科す中国のファーウェイをめぐり、米政府が614億ドル分の製品に同社への輸出許可を与えていたことがわかった、と報じている。半導体やその製造装置で技術水準が高くない製品を認めたという。議会の対中強硬派は不満を募らせており、対中輸出規制の強化を訴えている。
・米国防総省のカービー報道官は記者会見で、中国とロシアの艦艇が太平洋を南下して東シナ海に入るなど合同で航行した問題で、「合同で作戦行動し訓練を行う必要があると判断したのは彼らだ。彼らがそれを説明すべきだ」と述べたうえで「米国は自らの能力を向上させ、地域の同盟・友好諸国と連携を続けていく」と強調した。
・米疾病対策センター(CDC)は、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにウクライナを追加した。
・米連邦通信委員会(FCC)は26日、中国国有の通信最大手、中国電信(チャイナテレコム)の米国での事業免許を取り消すと発表した。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2021-10-26][NP     HDP -2.1 CHDP +0.1 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係スペイン政府関係
・ECB理事会メンバーでもあるデコス・スペイン中銀総裁は、環境リスクを適切に低減しなければ、気候変動の影響を受ける銀行の重大なリスク要因になる可能性があると述べた。

[2021-10-26][NP     HDP -0.4 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
オーストラリア準備銀行(RBA)関係オーストラリア準備銀行(RBA)関係
・豪中銀は今年7月、中国人民銀行との為替スワップ協定を延長した。先週公表の年次報告書で初めて公式に明らかにした。両国は通商関係の悪化で政府間交渉が停滞しているが、協定の延長に踏み切った。前回のスワップ協定は4月に失効している。

[2021-10-26][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP -0.1]
ニュージーランド政府関係ニュージーランド政府関係
・NZ中銀のオア総裁は、二酸化炭素の排出量が多い国の国債へのエクスポージャーを削減することを計画していると明らかにした。

[2021-10-26][NP     HDP -2.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
オーストラリア政府関係オーストラリア政府関係
・共同通信によると、オーストラリアのモリソン首相は26日、温室効果ガス排出量を2050年までに実質ゼロにする新たな目標を発表した。電力の大半を石炭火力に頼り、自動車の利用者も多いオーストラリアは1人当たりの排出量が米国を上回り、先進国で最も多い。国際圧力が強まり、主要国の目標に追随した。15年に策定した「30年までに05年比で26~28%削減する」との目標は見直さなかった。今月末に英国で開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)でモリソン氏が表明する。

[2021-10-26][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
イギリス政府関係イギリス政府関係
・ブルームバーグによると、イングランド銀行(英中央銀行)は利上げを待つべきだと、金融政策委員会(MPC)のテンレイロ委員が主張した。インフレ圧力は後退する公算が大きいとの見方からだ。
・時事通信によると、英政府は25日、全国の最低賃金を従来の時給8.91ポンド(約1394円)から9.5ポンド(約1487円)に引き上げると発表した。上げ幅は6.6%となる。来年4月から実施する。スナク財務相は声明で「この政権は働く人々の味方だ。今回の賃上げで仕事に見合った報酬が得られるようになる」と述べた。27日の議会演説で正式に表明する。最低賃金は23歳以上の労働者が対象。
・ジョンソン英首相は、今月末に英北部グラスゴーで開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)について「うまくいかないかもしれない」と述べ、期待された成果に届かない可能性を示唆した。英国はCOP26の議長国を務める。
・英首相府は、ジョンソン首相がロシアのプーチン大統領と電話会談し、ロシアが温室効果ガスの排出量を実質ゼロ(ネットゼロ)にする目標期限を10年前倒しして2050年にするよう求めたことを明らかにした。

[2021-10-26][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・核合意再建協議でイラン交渉団のトップを務めるカーニ氏は、再建協議を仲介しているEUのモラ主席調整官との2回目の会談を月内に開くことを明らかにした。ツイッターで、27日にブリュッセルでモラ調整官と会談し、「結果重視の」協議を続けるとしている。両氏は14日にテヘランで1回目の会談を行っていた。
・シンガポール日経平均先物は、2万8820円で推移している。前日の大証夜間取引は、2万8800円で終了した。
・サウジアラビアで開催された気候変動対策を話し合う国際会議において、サウジアラビアのムハンマド皇太子は、二酸化炭素の排出を抑えながら石油を活用する技術の開発に向けた基金の設立と、クリーンエネルギーの普及のため、合わせておよそ100億ドルを投資する構想を発表した。
・暗号資産(仮想通貨)ビットコインは強保ち合い。上値も重たそうだが、下値も堅く63000ドル挟みでの一進一退をたどっている。強気派からは、足もとの時間調整を経て、再び上値トライを目指すとの声も聞かれていた。
・世界保健機関(WHO)は報告書を公表し、北朝鮮で今月8-14日に住民678人が新型コロナウイルスの検査を受け、全員陰性だったことを明らかにした。北朝鮮で検査を受けた人は累計4万2773人となったが、感染者はいまだに「ゼロ」のままとなっている。
・欧州株は総じて堅調。英国株は3日続伸。好調な決算を発表した日用品大手のレキット・ベンキーザーが大幅高の展開。日用品株や食品株を中心に幅広い銘柄に買いが入っている。ドイツ株は1%超高で推移している。時間外の米株価指数先物の上昇などを背景にリスク選好ムードが広がり、ソフトウェア関連株や輸送関連株の上昇が目立っている。
・日本経済新聞によると、銅やアルミニウム加工品の原料となる非鉄スクラップが最高値をつけた。国際指標であるロンドン金属取引所(LME)の非鉄相場の上昇に加え、為替相場の円安傾向が国内価格を押し上げた。銅スクラップは代表品種である「1号銅線」の問屋買値が前週時点で1トン105万7500円前後。5月につけた最高値(99万7500円)を6万円(6.0%)上回り、初めて100万円台に到達した。
・ドル円は底堅い動き。米長期金利が上昇に転じると円売りドル買いがじわりと強まり、一時114.20円と日通し高値を付けた。22日の高値114.21円や21日の高値114.41円が目先レジスタンスとして意識される。

[2021-10-26][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係日本銀行(日銀)関係
・ブルームバーグによると、日本銀行が今週開く金融政策決定会合では、現行の金融緩和策が維持されるとエコノミストはみている。岸田文雄政権下でも日銀の政策運営に大きな変化はないと予想しているが、大規模な経済対策の策定を見据えて財政との連携をより強めていくとの見方も出ている。

[2021-10-26][NP     HDP +0.4 CHDP +0.2 RHDP +0.4 CRHDP +0.2]
習近平習近平
・中国の習国家主席は演説で、「国連で中華人民共和国政府の代表を唯一の合法的な代表と認められたことは中国人民の勝利」などと主張し、国際機関への台湾の参加拡大に向けた動きを暗にけん制した。
・ロイターは、中国の習国家主席が30-31日にイタリアのローマで開催されるG20首脳会議に対面形式では出席しないと、関係筋が明らかにしたと報じている。会議には外相が出席し、習氏はオンライン形式で会議に参加するという。

[2021-10-26][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP +0.2]
日本政府関係日本政府関係
・月刊誌「Hanada」は、岸田首相がインタビューで、自民党総裁任期中の憲法改正実現に意欲を示したと報じている。また、中国に「毅然とした」対応を取ることも主張したという。衆院選の街頭演説では改憲や中国対応に関してほとんど触れていないが、保守層にアピールする狙いがあるとみられる。
・読売新聞は、金融庁が、主要国の金融当局と連携し、金融機関が使うIT企業のサービスへの監督・規制を強化することがわかったと報じている。インターネットバンキングなどではIT企業への依存度が高く、障害やトラブルが起きれば利用者に大きな影響を与えかねないためだ。金融機関に委託先企業との連携を徹底させることなどを想定しているという。
・岸田首相は、11月上旬にも緊急提言を取りまとめる。経済安保などの優先政策について。
・時事通信によると、経済産業省は26日の有識者会議で、今年度の冬の電力需給についての見通しを公表した。それによると、10年に1度の厳しい寒さを想定した場合は、需要に対する供給力の余裕を示す「予備率」が東京電力管内で「ぎりぎりになる」と試算した。電力の安定供給に必要な予備率は3%。試算では、10年に1度の寒さとなった場合でも「全エリアで3%を確保できる」とした。ただ、東電管内の予備率は来年1月が3.2%、2月が3.1%まで低下。2月は中部、北陸、関西、中国、四国、九州の各電力管内でも4%を切り「極めて厳しい」との見通しを示した。
・岸田首相は、今月末に英国で開幕する国連気候変動枠組み条約第26回締約国会議(COP26)に出席する意向を明らかにした。官邸で気候変動対策有識者会議の報告書を受け取った際、COP26について「わたしも出席し議論に貢献していきたい」と述べている。
・岸防衛相は記者会見で、中国とロシアの海軍艦艇が日本列島をほぼ半周する形で航行したことについて、「このような大規模かつ長期間にわたる活動は初めての確認だ。極めて異例なことだ」と述べた。そのうえで、「わが国に対する示威活動を意図したものと考えている」と分析している。
・松野官房長官は、岸田首相が27日、オンライン形式で開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議に出席すると発表した。首相は衆院選の遊説の合間を縫って参加するという。
・萩生田経産相は閣議後会見で、このところの原油高を受けて、アラブ首長国連邦(UAE)に増産を要請したと発表した。25日にUAEの担当相とテレビ会談を実施。サウジアラビアへの要請も調整中だという。
・岸田首相はテレビ番組で、自民党の麻生副総裁が地球温暖化により北海道産米が「うまくなった」と発言したことに関し、「発言は適切ではなかった。申し訳ないと思う」と陳謝した。

[2021-10-26][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
中国政府関係中国政府関係
・2022年2月に北京で開催される冬季オリンピックの組織委員会は、参加者ほぼ全員にワクチン接種か21日間の隔離を義務付けるなど厳格な新型コロナウイルス対策を打ち出した。コロナ感染対策の「プレーブック」第1弾で示した条件は、今夏開催された東京夏季五輪のものよりかなり厳しく、中国政府の示唆していた意向が確かめられた格好だ。
・台湾の中央通信社は、同外交部(外務省)の欧報道官が、台湾を追放し中国の代表権を認めた1971年10月25日の国連の「アルバニア決議」について「国連は決議内容を拡大解釈して、台湾を排除している」として、是正するよう要求したと報じている。
・中国商務省「劉鶴中国副首相とイエレン米財務長官が26日に会談を行った」「経済を中心とした議論で、2国間とグローバル双方での協力について話し合った」
・中国の国家発展改革委員会(発改委)は、物価指数の操作を規制し、市場の健全かつ秩序ある発展を促進するために、エネルギー情報会社がうわさの流布や指数の改ざん、価格指数を操作していないか調査する作業部会を設立した。『中国証券報』が25日伝えた。
・ロイター通信によると、中国で、新型コロナウイルス感染が再び拡大する兆しが出ている。当局は検査体制の一層の充実化を自治体に要請している。ここ1年、国内で感染が報告されると大規模な検査が実施されてきたが、当局は一部地域の対応が不十分と指摘した。今月17日以降、12の省で報告された発症した感染例が200近くに達している。その多くは、大都市のように医療体制が充実していない東北部で確認されている。
・中国商務部は26日、劉鶴副首相が同日午前にイエレン米財務長官とビデオ形式で電話協議したと発表した。「マクロ経済情勢や多国間・二国間協力について、双方は実用的で率直かつ建設的な交流を行った」とした。双方はまた、世界経済が回復するための決定的な時期にあるとし、マクロ経済政策について、対話や協調を強化することが重要との認識を示し、対話を継続することで合意したと明かした。中国側は、米国の追加関税や制裁の取り消しを求め、中国企業への公正な扱いについて懸念を表明したという。
・中国政府は中国恒大集団の創業者に対して個人資産を売却して債務を支払うよう要請すると一部通信社が伝えた。
・中国国務院(内閣)は、二酸化炭素(CO2)の排出を2030年までにピークアウトするための行動計画を発表した。効率化や再生可能エネルギーの普及、電力網の改革を進める。行動計画では、2020年代末までに風力・太陽光発電容量を1200ギガワットとする目標や、水力・原子力発電所を増設する目標、天然ガス資源の開発をさらに進める目標を改めて表明した。
・中国国家発展改革委員会(発改委)は、同委員会と外為当局が26日に主要セクターの企業との会合を持ったと明らかにした。声明によると、当局は企業側に、対外債務構造を最適化し、元本と利息の返済に向けて事前の準備をするよう要請したというが、企業名は明らかにしていない。
・中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の第6回年次総会が、アラブ首長国連邦(UAE)の主催で3日間の日程で始まった。新型コロナウイルスの影響で前年に続くオンライン開催。中国出身の金立群総裁は開幕式で、AIIBがコロナ対策で「必要な資金を迅速にメンバーに回すことができた」と述べ、地域への貢献を強調している。
・中国外務省の趙副報道局長は記者会見で、台湾の呉外交部長(外相)が東欧を訪問していることに猛反発した。「関係国が台湾独立の分裂分子を黙認したことに断固反対する」と強調している。
・中国が豪州産ワインに反ダンピング(不当廉売)関税を課しているのは不当だとして、豪州が中国を世界貿易機関(WTO)に提訴した案件で、WTOは紛争処理機関(DSB)会合で、裁判の一審に相当する紛争処理小委員会(パネル)の設置を決定した。

[2021-10-26][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係ロシア政府関係
・ロイターは、新型コロナウイルス感染が再拡大しているロシアで、過去24時間の新規感染者数が3万7930人と、過去最多に達したと報じている。東欧諸国でも感染状況は悪化しており、感染拡大抑制に向けて新たな制限措置を導入する動きが出ているという。

[2021-10-26][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)欧州連合(EU)
・英紙フィナンシャルタイムズ(FT)は、ポーランドのモラウィエツキ首相がインタビューに応じ、裁判官の独立性侵害などの是正を求めるEUに対し「頭に銃を突き付けられているようだ」と不満をあらわにしたと報じている。

[2021-10-26][NP     HDP +0.4 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.0]
ドイツ政府関係ドイツ政府関係
・ドイツやデンマーク、アイルランドなどの欧州9ヵ国は、価格高騰について議論するEUのエネルギー担当相理事会の臨時会議を前に、EUの電力市場改革を支持しないと表明した。9ヵ国は共同声明の中で卸売電力市場の見直しなど「域内ガス・電力市場に抵触するいかなる措置も支持できない」とし、こうした提案に冷や水を浴びせた格好だ。
・アルトマイヤー独経済相「独GDP見通し、2021年を+3.5%から+2.6%に下方修正、2022年を+3.6%から+4.1%に上方修正」
・ロイター通信は26日、関係筋によるとドイツ政府は今年の経済成長率予想を2.6%に引き下げる一方、来年の経済成長率予測を4.1%に引き上げたと伝えた。4月時点の予測は、今年3.5%、来年3.6%だった。アルトマイヤー経済相が27日の会見で明らかにする。経済省報道官はコメントを控えた。

[2021-10-26][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.0]
トルコ政府関係トルコ政府関係
・トルコのエルドアン大統領は、米国など主要西側諸国との関係が険悪化し、トルコリラが急落する原因となった外交問題を鎮静化させる意向を示唆した。エルドアン氏が直接、態度の軟化を示唆したのは初めてのこと。
・共同通信によると、トルコのエルドアン大統領は25日、同国で拘束されている実業家の釈放を求めた米独仏など10カ国の駐トルコ大使について、国外追放を当面見送る考えを示した。10カ国が同日、内政不干渉を順守する声明を出したことを評価した。閣議後のテレビ演説で明らかにした。懸念された決定的な関係悪化は回避される見通し。

[2021-10-26][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
会社・企業関係会社・企業関係
・フェイスブック株、時間外取引で一時4.5%高。
・米マイクロソフトは、ロシアを拠点とするハッカー集団「ノベリウム」が数百の企業や組織を標的に、最近の米コンピューターシステムに対するサイバー攻撃を仕掛けたという認識を示した。
・中国不動産開発の当代置業が25日期限社債の元本・利払いを実施しなかったと、一部で報じている。市場はニュースでの反応は限られユーロ円は132.00円近辺、豪ドル円は85.30円付近で推移。この後の中国、香港の株式市場の動きには要警戒か。
・中国の不動産開発会社、当代置業(モダン・ランド・チャイナ)は、25日が期限だった社債の元本と利息の支払いを実施しなかったことを明らかにした。「予想外の流動性問題」が理由だという。シンガポール取引所に文書を提出。さらなる通知があるまで、同社の株式と債券は取引停止が続くとしている。
・米貨物輸送大手UPS(ユナイテッド・パーセル・サービス)は26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.71ドルとなった。事前予想は1株当たり2.54ドルの利益。
・米複合企業ゼネラル・エレクトリックは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.57ドルとなった。事前予想は1株当たり0.43ドルの利益。
・米複合企業の3Mは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.45ドルとなった。事前予想は1株当たり2.22ドルの利益。
・米防衛・航空機大手ロッキード・マーチンは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.21ドルとなった。事前予想は1株当たり1.97ドルの利益。
・米医薬品大手イーライ・リリーは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.94ドルとなった。事前予想は1株当たり1.95ドルの利益。
・米液晶ガラス基板大手のコーニングは26日、7-9月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.56ドルとなった。事前予想は1株当たり0.58ドルの利益。
・アマゾン、アップル、アルファベット傘下のグーグル、フェイスブックといった米巨大テック企業の影響力を低下させることを目的とするEUのルール案について、クラウドコンピューティング企業による反競争行為の可能性をあるとして、規制対象に入れるべきとする研究報告が公表された。EUのデジタル市場法(DMA)案をめぐっては、一部欧州議会議員から、クラウド企業には手ぬるい可能性が指摘されていた。

[2021-10-26][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
米政府関係米政府関係
・米当局、SECにステーブルコイン規制権限認める報告公表へ=関係筋
・米国のグローバルエネルギー安全保障担当アドバイザー、ホッホシュタイン氏は、ロシアがエネルギー不足に悩む欧州への燃料輸出を抑制しているとすれば、プーチン大統領は天然ガスを政治的手段として活用する路線に傾きつつあると述べた。
・米国のイラン担当特使マリー氏は、イラン核合意再建に向けた協議をめぐり、協議再開を拒むイラン側の理由が薄れてきたとし、「重要な局面」に突入したと述べた。また米国はイランとの外交に積極的に関与していくと強調している
・米国務省は、サイバー空間・デジタル政策局を設置する計画を明らかにした。ハッキング問題の深刻化が背景にある。国務省のプライス報道官は、上院で承認を受けたトップがこの部署を率いることになると述べた。
・バイデン米大統領は、自身の看板政策のひとつである気候変動・社会保障関連歳出法案について、今週中に民主党内で合意に達することを期待すると述べた。ただ、今週中に議会で採決が実施されるかどうかは「分からない」と指摘している。
・ロイターは、バイデン米大統領が26日、米国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳会議にバーチャル形式で参加することが分かったと報じている。米国の参加は4年ぶり。中国の影響力を視野にASEAN地域との連携を深めたい考えだという。
・ロイター通信によると、米国のグローバルエネルギー安全保障担当アドバイザー、アモス・ホッホシュタイン氏は25日、ロシアがエネルギー不足に悩む欧州への燃料輸出を抑制しているとすれば、プーチン大統領は天然ガスを政治的手段として活用する路線に傾きつつあると述べた。
・バイデン米大統領は、米国に入国する外国人に新型コロナウイルスワクチンの接種完了を義務付ける大統領宣言に署名した。これまで国別に決めていた米入国条件をワクチン接種に一本化した。18歳未満や、健康上の理由でワクチンを受けられない人は対象外で、11月8日から発効する。
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は26日、米コロナ対応が転換局面に、国境再開で緩和にカジ、飛行機は満席、サンフランシスコはマスク着用緩和と報じた。
・時事通信によると、米国務省のプライス報道官は25日の記者会見で、サイバー空間と デジタル政策を担当する局を創設すると発表した。上院の承認が必要な大使が統括する。 身代金要求型ウイルス「ランサムウエア」による米国のインフラへの攻撃が深刻化する中 、バイデン政権はサイバー攻撃への対応を強化する方針を打ち出していた。
・米財務省「イエレン米財務長官は劉鶴中国副首相と、米中のマクロ経済や金融情勢について協議した」「イエレン米財務長官は懸念事項を率直に提起した」
・共同通信によると、バイデン米政権は25日、成長戦略の一つの柱である総額3兆5千億ドル(約400兆円)の大型歳出法案の規模を半額近くに大幅に縮小する方向で検討に入った。法案を巡り対立が続く与党民主党の左派と穏健派が合意に近づきつつある。もう一つの柱となる超党派の1兆ドル規模のインフラ投資法案も成立させ、中間選挙を見据えた成果としたい考えだ。
・日経新聞は、米国が制裁を科す中国のファーウェイをめぐり、米政府が614億ドル分の製品に同社への輸出許可を与えていたことがわかった、と報じている。半導体やその製造装置で技術水準が高くない製品を認めたという。議会の対中強硬派は不満を募らせており、対中輸出規制の強化を訴えている。
・米国防総省のカービー報道官は記者会見で、中国とロシアの艦艇が太平洋を南下して東シナ海に入るなど合同で航行した問題で、「合同で作戦行動し訓練を行う必要があると判断したのは彼らだ。彼らがそれを説明すべきだ」と述べたうえで「米国は自らの能力を向上させ、地域の同盟・友好諸国と連携を続けていく」と強調した。
・米疾病対策センター(CDC)は、世界各地の新型コロナウイルス感染状況を4段階に分類したリストを更新し、レベル4の「極めて高い」カテゴリーにウクライナを追加した。
・米連邦通信委員会(FCC)は26日、中国国有の通信最大手、中国電信(チャイナテレコム)の米国での事業免許を取り消すと発表した。

(最終更新日時 2021-10-27 20:44)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース