最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

米政府関係[NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・米財務省は10年物TIPS入札を実施。最高落札利回り1.883%、応札倍率は2.38倍。
・NBCニュースはバイデン大統領に近い情報筋の話として、バイデン氏が大統領選からの撤退を発表しようとしていると伝えた。
・ニュースサイト・アクシオスは、米民主党首脳部や友人からの圧力を受け、バイデン大統領が今週末にも大統領選からの撤退を表明すると党の幹部はみている、と報じている。
・米紙ワシントン・ポストは、民主党のオバマ元大統領がここ数日、自身の側近に対し、バイデン大統領は11月の大統領選からの撤退を真剣に検討する必要があるとの考えを示した、と報じている。
・米民主党の重鎮ペロシ前下院議長が、バイデン大統領が11月の大統領選で勝利できないと考え、選挙戦からの撤退を求めるシフ下院議員の呼びかけに「全面的に関与している」もようだと報じている。ホワイトハウス筋が明らかにしたという。
・11月の米大統領選で再選を目指してきたバイデン大統領が、民主党大統領候補辞退を求める声を真剣に受け止めており、複数の同党担当者はバイデン氏の選挙戦撤退は時間の問題と考えていると報じている。
・米国のトランプ前大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が19日に電話会談を行う予定であることが分かったと報じている。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2024-07-19][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP +1.5 CRHDP +0.1]
ジョン・ウィリアムズジョン・ウィリアムズ
・ウィリアムズ・ニューヨーク連銀総裁「中央銀行はインフレ抑制の使命を担うべき」「FRBは2%のインフレ目標達成に引き続き注力している」「物価安定は金融安定の鍵」

[2024-07-19][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)欧州連合(EU)
・バルト3国のリトアニア議会は、クラスター弾の使用や保有を禁止する国際条約からの離脱を承認する法案を可決した。大統領の署名を経て国連に通知し、6ヵ月後に正式に離脱する。現在日本を含む112ヵ国・地域が締約しており、離脱した例はない。

[2024-07-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.3]
ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係
・NZのピーターズ副首相兼外相がインタビューに応じ、NZと歴史的に関係の深い太平洋島しょ国の支援をめぐり「日本と連携を強化し、より多くの事業をより早期に達成したい」と意欲を示したと報じている。

[2024-07-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -0.2 CRHDP +0.4]
オッリ・レーンオッリ・レーン
・レーン・フィンランド中銀総裁「インフレの減速ついて短期的な不確実性がある」「インフレが予想を上回るリスクは残る」
・レーン・フィンランド中銀総裁「インフレは中期的には2%目標に向かって減速していく」「いかなる金利の道筋についても事前に約束することはない」

[2024-07-19][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係日本銀行(日銀)関係
・日銀・債券市場会合議事要旨「当初大きく減額してもストック効果は持続、過度な金利上昇は生じない」「預金取扱金融機関がどこまで金利リスク取れるかは不確実性大、減額は慎重に進めるべき」「臨時オペや指し値オペ、金融システムへの影響が懸念されるようなケースに限るべき」
・日銀は19日、今月9、10両日に開いた国債買い入れの減額計画に関する市場参加者との会合の議事要旨を公表した。出席者からは、減額のペースについて「段階的な減額が望ましい」との意見が目立った。日銀は6月の金融政策決定会合で、市場参加者の意見を聞いた上で、7月会合で1~2年程度先までの具体的な減額計画を策定することを決めた。

[2024-07-19][NP     HDP -0.8 CHDP +0.1 RHDP -1.1 CRHDP +0.3]
イングランド銀行(BOE)イングランド銀行(BOE)
・英BBCは、10月に退任する北大西洋条約機構(NATO)のストルテンベルグ事務総長が、欧州はウクライナでの戦争が10年間は続くものと覚悟する必要があると話したと報じている。その一方で事務総長は、ウクライナ戦争には「逆説」が内在しており、NATOが戦争支援に長く注力すればするほど、事態の解決が素早く近づくはずだと述べたという。

[2024-07-19][NP     HDP -0.6 CHDP +0.2 RHDP -0.6 CRHDP +0.2]
フランソワ・ビルロワドガローフランソワ・ビルロワドガロー
・ビルロワドガロー仏中銀総裁「予想通りにディスインフレが起きつつある」「インフレ率はもう少し緩やかなペースで低下を続けるだろう」「金利についての市場の期待はかなり合理的」

[2024-07-19][NP     HDP -2.2 CHDP +0.0 RHDP +2.2 CRHDP +0.0]
欧州中央銀行(ECB)関係欧州中央銀行(ECB)関係
・ミュラー・エストニア中銀総裁「再び利下げするには、インフレ率が2%に向かうという確信がさらに必要」「インフレにはまだ変動があることを認識している」「金利は借入需要を抑制するのに十分高い水準にある」
・ECBが公表した専門家調査によると、ユーロ圏の成長率予測は20244年が+0.7%となった、前回は+0.5%。2025年は+1.3%(前回は+1.4%)となっている。
・ECBが公表した専門家調査によると、ユーロ圏のインフレ率見通しは2024年が+2.4%となった。前回は+2.4%。2025年は+2.0%(前回+2.0%)となっている。

[2024-07-19][NP     HDP -1.9 CHDP -0.1 RHDP -2.9 CRHDP -0.1]
ドナルド・トランプドナルド・トランプ
・トランプ前米大統領(共和党全国大会での演説抜粋を選挙陣営が公表)「インフレ危機を終わらせ、金利を引き下げる」「エネルギーコストを引き下げる計画」
・トランプ前米大統領(共和党全国大会での演説抜粋を選挙陣営が公表)「攻撃にもかかわらず、我々はこれまで以上に団結を強めている」「物価を押し下げ、再び購入できる価格にする」
・トランプ前米大統領(共和党全国大会での演説抜粋を選挙陣営が公表)「メキシコと中国での自動車工場建設は認めず」「就任初日に電気自動車の義務化を停止する」
・トランプ前大統領は、共和党大統領候補の指名を受諾した。

[2024-07-19][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
中国政府関係中国政府関係
・中国の政府系不動産開発会社である遠洋集団は、56億4000万ドル規模のオフショア債務を再編することで、一部の債権者と合意したと発表した。同社は債権者に対し、ドル建て融資の契約を新たに交わすとともに、22億ドル相当の短期社債を発行する案を提示していた。残る債務については、転換社債または有利子永久債と交換するという。
・中国共産党の中央財経委員会弁公室の韓副主任は、中国の景気回復は十分に力強くないと指摘し、政府はマクロ政策をより効果的に実施する必要があるとの認識を示した。特別債の発行と使用を加速すべきだとし、金融政策は柔軟で正確かつ効果的であるべきとの考えを示している。
・中国外務省は19日、日本の海上保安庁と台湾海巡署(海保に相当)による18日の合同訓練に反発した。林剣副報道局長が記者会見で「強烈な不満と断固反対」を表明し、日本側に厳重抗議したと明らかにした。
・中国は、欧州連合(EU)の3社を、同地域からの豚肉製品に対する反ダンピング(不当廉売)調査の中心に据えた。
・中国共産党で経済政策を統括する中央財経委員会弁公室の韓副主任は、第20期中央委員会第3回総会(3中総会)の閉幕を受けて北京市内で記者会見し、「地方の自主的な財源を増やす」と表明した。技術革新で国有企業が重要な役割を果たすとの認識も示している。
・中国商務省は、米国から化学物質のプロピオン酸が不当に安く輸入されたとして反ダンピング(不当廉売)で関税を課すと発表した。21日から43.5%の関税を納める必要がある。適用期間は5年間となる。
・中国商務省は、米商務省が人工知能(AI)向け半導体の製造装置で日本とオランダに対中規制強化の圧力をかけていることに反発した。「他国の企業間貿易への干渉は自由貿易の原則に大きく逸脱する」との報道官談話を出している。

[2024-07-19][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
会社・企業関係会社・企業関係
・ヤフーファイナンスは、米シカゴ連銀のグールズビー総裁が、労働市場のより急激な悪化を回避するため、金融当局は近く利下げに動く必要がありそうだとの考えを示唆したと報じている。労働市場はここ数ヵ月に軟化が見られているという。
・米マイクロソフトのクラウドサービスによる障害で、オーストラリアで19日、公共放送ABCの放送やカンタス航空の予約に支障が出た。
・米油田サービスのハリバートンは19日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は0.80ドルとなった。事前予想は1株当たり0.80ドルの利益。
・米保険大手トラベラーズは19日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は2.51ドルとなった。事前予想は1株当たり2.11ドルの利益。
・米金融総合サービス大手アメリカン・エキスプレスは19日、4-6月期の決算を発表したが1株当たりの利益は4.15ドルとなった。事前予想は1株当たり3.25ドルの利益。
・マイクロソフトは19日、「障害の影響あったアプリとサービスは全て復旧した」と発表した。

[2024-07-19][NP     HDP -5.0 CHDP +0.2 RHDP -3.0 CRHDP +0.0]
韓国政府関係韓国政府関係
・韓国統一省当局者は、北朝鮮が18日未明に韓国に流れ込む臨津江上流のダムを放流したと明らかにした。韓国側に事前通告しなかったという。韓国軍は、北朝鮮が南北軍事境界線付近に埋めた地雷が韓国側に流入する可能性があるとして警戒している。
・韓国軍合同参謀本部は1北朝鮮がゴミをぶら下げた風船を韓国側に向け飛ばしたことへの対抗措置として、18日夜から19日未明に南北の軍事境界線付近で拡声器による対北朝鮮宣伝放送を実施したと明らかにした。韓国の体制や暮らしの優位性を示す心理戦の一環で、6月9日以来のこと。

[2024-07-19][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP +0.2]
日本政府関係日本政府関係
・自衛官トップの吉田統合幕僚長が、東京・市ヶ谷の防衛省で、米軍のブラウン統合参謀本部議長、韓国軍の金合同参謀本部議長と会談した。日米韓の制服組トップが日本で会談するのは初めて。「緊密な協議を維持し、3ヵ国の安全保障協力を引き続き強化する」との共同声明を発表している。
・衆院は、海江田副議長が22-26日の日程で中国を訪問すると発表した。22日に北京で全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の常務委員会幹部らと会談する予定。西安と上海も訪れるという。
・NHKは、野党第一党である立憲民主党の代表選挙をめぐり、党執行部が、9月後半に実施する方向で調整を進めていると報じている。自民党の総裁選挙が9月末までに行われることを踏まえ、自民党に対抗して政策論議をアピールしようという狙いがあるという。
・鈴木財務相「来週のブラジルG20財務相・中銀総裁会議に出席。あわせて開催のG7にも出席する」「G20では為替の論点含め国際的な課題について日本の立場しっかり伝える」
・岸田首相「円安を背景とした物価上昇に警戒」
・河野デジタル相「いま日銀に利上げを直接求めているわけではない」「金融政策は日銀が決めることだ。具体的にどうするかは日銀が決める」「金利が上がれば円高になるという理論を申し上げただけだ」
・鈴木財務相は、ブラジル・リオデジャネイロで開催されるG7財務相・中銀総裁会議で、外国為替相場のドル高・円安基調については「為替を含む論点について日本の立場をしっかり伝える」と述べた。過度な円安の動きへの懸念を一連の会議で表明する考えを示している。
・産経新聞は、7月末で退任する神田財務官のインタビューを掲載している。そのなかで神田氏は「投機による過度な変動は家計や企業に悪影響を及ぼすため容認できない」、「円の実質実効為替レートは現在過去最低水準にある。その要因は円安進行や低インフレだ」と指摘していた。
・外務省は、日中外務次官による「戦略対話」を22日に東京で開くと発表した。日本から岡野氏、中国から馬氏が出席し、日中関係や地域・国際情勢をめぐり協議する。日中外務次官の戦略対話は2020年1月以来のこと。
・日中両政府が、ラオスで今月下旬に開かれる東南アジア諸国連合(ASEAN)関連外相会議に合わせ、上川外相と中国の王共産党政治局員兼外相が会談する方向で調整に入ったと報じている。東京電力福島第1原発の処理水海洋放出や中国当局による邦人拘束、外相間の相互往来などが議題となる見通しだという。
・複数の英メディアは日本、英国、イタリアによる次期戦闘機の共同開発をめぐり、スターマー新政権による包括的な国防政策見直しの一環で、開発計画が打ち切られる可能性があると報じている。

[2024-07-19][NP     HDP +1.7 CHDP -0.3 RHDP +1.7 CRHDP -0.3]
トルコ政府関係トルコ政府関係
・トルコ大統領府は、エルドアン大統領が、トランプ前米大統領と電話会談したと発表した。エルドアン氏は、トランプ氏への暗殺未遂事件は「民主主義への攻撃だ」と非難。一方で、「トランプ氏が凶悪な攻撃後に見せた勇敢な態度は称賛に値する」と強調したという。

[2024-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・台湾海巡署(海上保安庁に相当)は、同署所属の巡視船「巡護9号」がこのほど日本で燃料や食料の補給作業を行い、海上保安庁と遭難救助訓練を実施したと明らかにした。巡視船は公海での漁船保護活動の一環で日本に立ち寄ったという。
・朝鮮中央通信は、北朝鮮の金朝鮮労働党総書記が訪朝したロシアのクリボルチコ国防次官と18日に会談したと報じている。金氏は会談で「両国の軍隊がさらに堅固に団結し、新しい時代の朝ロ関係を導く」と強調したという。
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、同国に侵攻するロシアを今月訪問したEU議長国ハンガリーのオルバン首相への不信感を表明した。英南部で開かれたEU加盟国と近隣諸国の新たな連合体「欧州政治共同体(EPC)」の首脳会合で、名指しを避けながら「我々の共通の利益に反する約束をした」などと批判した。
・イスラエルのテルアビブにある米国領事館付近で爆発が発生したと地元メディアが報じている。
・石油輸出国機構(OPEC)と非加盟産油国でつくる「OPECプラス」が8月1日に開く合同閣僚監視委員会(JMMC)で、現在の生産方針の変更を勧告する公算は乏しいと報じている。
・英BBCは、ウクライナのゼレンスキー大統領がインタビューで、11月の米大統領選でトランプ前大統領が勝利すればウクライナにとって困難になるが、用意はできていると述べたと報じている。
・BAEシステムズやバブコック・インターナショナル・グループなどの英防衛関連企業の幹部は、ウクライナのゼレンスキー大統領と会談した。ロシアとの戦争で同国への軍事支援強化について協議したという。
・代表的な暗号資産のビットコイン(BTC)は対円で1005万円前後で推移。米マイクロソフト社のオンラインサービス障害でリスク回避の動きが強まると、BTCも弱含み、一時997万円台まで下押しした。ただ大台割れでは底堅く、一巡後は下値を切り上げている。BTCドルが6万3800ドル台での値動き。6万3500ドル付近で一旦支えられた。
・ロンドン金属取引所(LME)の銅相場は、このままいけば週間ベースで約2年ぶりの大幅下落となる。中国共産党は第20期中央委員会第3回総会(3中総会)で金属需要を下支えするような追加刺激策を打ち出すことができなかった。
・台湾の林外交部長(外相)は、台北市内で記者会見し、日米比でフィリピンの重要インフラに投資する「ルソン経済回廊」に協力する意向を表明した。各国と足並みをそろえ、南シナ海をめぐる海洋安保で中国に対抗する狙いとみられる。
・ウクライナのクレーバ外相とインドのジャイシャンカル外相は、電話会談を行い、両国間関係の発展につき協議を行った。ウクライナのゼレンシキー大統領は、インドのモディ首相がロシアの首長プーチン氏と会談時に抱擁したことなどを受け両国関係は微妙になっており、関係改善に動いたようだ。
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、英国のスターマー首相の招待で同国の閣議に出席した。ゼレンスキー氏は閣議の冒頭、ウクライナには長距離攻撃能力が必要だと主張。ウクライナが供給を受けた武器について使用制限を解除するよう他の同盟国を説得してほしいと訴えた。
・英PA通信は、スターマー英首相が、ウクライナのゼレンスキー大統領と首相官邸で会談したと報じている。
・またゼレンスキー氏は特別閣議に出席し「(欧米供与の)武器の使用制限が解除されれば、防衛を強化できる」と訴え、長射程兵器を用いたロシア領内への攻撃拡大を認めるよう求めたという。

[2024-07-19][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係ロシア政府関係
・インタファクス通信は、ロシアのリャプコフ外務次官が、米国がドイツに長距離兵器を配備する計画を発表したことを受け、核ミサイルを新たに配備する可能性を排除しないとの見方を示したと報じている。
・ロシア外務省のザハロワ報道官は、トランプ前大統領がウクライナ戦争を早期に終結できると主張していることについて、同氏が大統領在任中に中東和平案を発表しながらも何の成果も得られなかったことを踏まえると、現実的に捉えるべきと述べた。
・ロシア中部エカテリンブルクの裁判所が、スパイの罪に問われた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)のゲルシュコビッチ記者に対し、禁錮16年の判決を言い渡したと報じている。審理は非公開で行われ、ゲルシュコビッチ氏は「取材活動だ」と否認しているという。

[2024-07-19][NP     HDP -1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
イギリス政府関係イギリス政府関係
・英国のスターマー新首相は、欧州政治共同体(EPC)首脳会合で、ウクライナへの支援を進めると共に、欧州の喫緊の課題である不法移民対策や気候変動、エネルギー安全保障に取り組むため、欧州での協力を深めるよう呼びかけた。40ヵ国以上で構成する協力促進の枠組みEPCはロシアによるウクライナ侵攻を受けて設立されている。
・英政府は、スターマー首相がウクライナのゼレンスキー大統領を19日の特別閣議に招待したと発表した。14年ぶりに政権の座に就いたスターマー氏率いる労働党政権が、ロシアの侵攻を受けるウクライナへの支援を継続す方針を明確にする。5日の政権発足後、首相官邸を公式訪問するのはゼレンスキー氏が初めて。
・英国のスターマー首相は、不法移民問題に対処するため、今後3年間で中東・アフリカ諸国に最大8400万ポンドを資金提供すると発表した。移民の原因とされる教育や雇用の環境改善、紛争、気候変動の影響からの回復を支援することで移民抑止につなげる狙い。密航業者対策として東欧との連携も強化する。
・ロンドンとシンガポールの複数の主要な石油・ガストレーディングデスクで19日、サイバー障害が発生したため、取引に支障がでている。6人の関係筋がロイターに明らかにした。
・世界各地で、日本時間の19日、コンピューターのシステム障害とみられる影響が広がり、空港でチケットが発券できなくなるなどして飛行機の運航に支障が出ているほか、イギリスでテレビ局の放送が一時止まるなどさまざまな分野で影響が広がっている。
・英首相官邸は、ロシアが制裁を逃れて原油を輸出するために利用している「闇タンカー」について、英国など欧州45ヵ国が監視を強化することで合意したと発表した。

[2024-07-19][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
米政府関係米政府関係
・米財務省は10年物TIPS入札を実施。最高落札利回り1.883%、応札倍率は2.38倍。
・NBCニュースはバイデン大統領に近い情報筋の話として、バイデン氏が大統領選からの撤退を発表しようとしていると伝えた。
・ニュースサイト・アクシオスは、米民主党首脳部や友人からの圧力を受け、バイデン大統領が今週末にも大統領選からの撤退を表明すると党の幹部はみている、と報じている。
・米紙ワシントン・ポストは、民主党のオバマ元大統領がここ数日、自身の側近に対し、バイデン大統領は11月の大統領選からの撤退を真剣に検討する必要があるとの考えを示した、と報じている。
・米民主党の重鎮ペロシ前下院議長が、バイデン大統領が11月の大統領選で勝利できないと考え、選挙戦からの撤退を求めるシフ下院議員の呼びかけに「全面的に関与している」もようだと報じている。ホワイトハウス筋が明らかにしたという。
・11月の米大統領選で再選を目指してきたバイデン大統領が、民主党大統領候補辞退を求める声を真剣に受け止めており、複数の同党担当者はバイデン氏の選挙戦撤退は時間の問題と考えていると報じている。
・米国のトランプ前大統領とウクライナのゼレンスキー大統領が19日に電話会談を行う予定であることが分かったと報じている。

(最終更新日時 2024-07-20 13:02)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース