最新の相場概要

為替・株式・商品マーケット概要[NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは上値が重い。2時時点では1.0839ドルと24時時点(1.0857ドル)と比べて0.0018ドル程度のユーロ安水準。米長期金利の低下を手がかりに1.0861ドルまで買い戻しが入ったが、ユーロ圏の景気減速懸念や独政局の先行き不安への警戒感が根強く、1.0840ドル近辺に押し戻された。 n

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・14日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近3月限は堅調。0時22分時点では前営業日比0.63ドル高の1バレル=52.05ドルで取引されている。
・14日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の4月限は小高い。0時23分時点では前営業日比5.3ドル高の1トロイオンス=1584.1ドルで推移している。
・14日の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株30種平均は1時9分時点では前営業日比20.41ドル安の29402.90ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同27.51ポイント高の9739.48で推移している。
・14日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は小高い。0時50分時点では前営業日比25.81ポイント(0.14%)高の17846.98で取引されている。
・14日夜の日経平均先物3月物はナイト・セッションで下げ渋り。1時52分時点では大証終値比90円安の2万3540円で取引されている。
・14日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間15日3時時点の水準で、前営業日終値比0.024%低い(価格は高い)0.628%だった。
・14日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は3時20分時点では前営業日比109.70ドル安の29313.61ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同11.62ポイント安の9700.35で推移している。
・CNBC「ホワイトハウス、株式買い促す税制措置を検討」
・14日のニューヨーク金先物相場は3日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる4月限は前営業日比7.6ドル高の1トロイオンス=1586.4ドルとなった。中国の新型肺炎の感染拡大が続いており、感染の終息が見通せず、逃避資産の金を買う意欲が強い。
・14日のニューヨーク原油先物相場は4日続伸した。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で3月限の終値は前営業日比0.63ドル高の1バレル=52.05ドルとなった。中国の新型肺炎の感染拡大が続いているものの、市場では新型肺炎の中国経済への影響は一時的と楽観的な見方が強く、エネルギー需要が減退するとの過度の懸念が和らいでいることで、リスク資産の原油を買う動きが継続。
・14日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続落。終値は前営業日比25.23ドル安の29398.08ドルとなった。新型肺炎の感染拡大が世界経済に悪影響を及ぼすとの懸念から売りが優勢となり、一時140ドル超下げた。ただ、米企業業績の底堅さなどを背景に押し目買い意欲も旺盛で引けにかけては下げ幅を縮めた。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、同19.21ポイント高の9731.18と史上最高値で取引を終えた。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2020-02-15][NP     HDP +2.6 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP +0.0]
ロレッタ・メスターロレッタ・メスター
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の消費者は堅調だが、ビジネスサイドは軟調」「ビジネスサイドが年内に持ち直すことを期待」「コロナウィルスはリスクが予想されるが、まだ市場の低下は見られていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「中央銀行デジタル通貨はリスクと利益が存在する」「中央銀行の独立は非常に重要」「マイナス金利にはならない」

[2020-02-15][NP     HDP +2.8 CHDP +0.0 RHDP +3.5 CRHDP -0.2]
ロレッタ・メスターロレッタ・メスター
・メスター・クリーブランド連銀総裁「米国の消費者は堅調だが、ビジネスサイドは軟調」「ビジネスサイドが年内に持ち直すことを期待」「コロナウィルスはリスクが予想されるが、まだ市場の低下は見られていない」
・メスター・クリーブランド連銀総裁「中央銀行デジタル通貨はリスクと利益が存在する」「中央銀行の独立は非常に重要」「マイナス金利にはならない」

[2020-02-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
為替・株式・商品マーケット概要為替・株式・商品マーケット概要
・14日のニューヨーク外国為替市場でユーロドルは上値が重い。2時時点では1.0839ドルと24時時点(1.0857ドル)と比べて0.0018ドル程度のユーロ安水準。米長期金利の低下を手がかりに1.0861ドルまで買い戻しが入ったが、ユーロ圏の景気減速懸念や独政局の先行き不安への警戒感が根強く、1.0840ドル近辺に押し戻された。 n

[2020-02-15][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.1]
米政府関係米政府関係
・クドローNEC委員長「トランプ大統領は中間層を対象とした10%減税を望んでいる」
・クドロー米国家経済会議(NEC)委員長「トランプ米大統領は中間所得層を対象とする10%の減税を希望」

[2020-02-15][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・14日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近3月限は堅調。0時22分時点では前営業日比0.63ドル高の1バレル=52.05ドルで取引されている。
・14日のニューヨーク商品取引所(COMEX)で金先物相場の4月限は小高い。0時23分時点では前営業日比5.3ドル高の1トロイオンス=1584.1ドルで推移している。
・14日の米国株式相場は高安まちまち。ダウ工業株30種平均は1時9分時点では前営業日比20.41ドル安の29402.90ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同27.51ポイント高の9739.48で推移している。
・14日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は小高い。0時50分時点では前営業日比25.81ポイント(0.14%)高の17846.98で取引されている。
・14日夜の日経平均先物3月物はナイト・セッションで下げ渋り。1時52分時点では大証終値比90円安の2万3540円で取引されている。
・14日の英国債相場は上昇(利回りは低下)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間15日3時時点の水準で、前営業日終値比0.024%低い(価格は高い)0.628%だった。
・14日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は3時20分時点では前営業日比109.70ドル安の29313.61ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同11.62ポイント安の9700.35で推移している。
・CNBC「ホワイトハウス、株式買い促す税制措置を検討」
・14日のニューヨーク金先物相場は3日続伸した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で取引の中心となる4月限は前営業日比7.6ドル高の1トロイオンス=1586.4ドルとなった。中国の新型肺炎の感染拡大が続いており、感染の終息が見通せず、逃避資産の金を買う意欲が強い。
・14日のニューヨーク原油先物相場は4日続伸した。ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)で3月限の終値は前営業日比0.63ドル高の1バレル=52.05ドルとなった。中国の新型肺炎の感染拡大が続いているものの、市場では新型肺炎の中国経済への影響は一時的と楽観的な見方が強く、エネルギー需要が減退するとの過度の懸念が和らいでいることで、リスク資産の原油を買う動きが継続。
・14日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は続落。終値は前営業日比25.23ドル安の29398.08ドルとなった。新型肺炎の感染拡大が世界経済に悪影響を及ぼすとの懸念から売りが優勢となり、一時140ドル超下げた。ただ、米企業業績の底堅さなどを背景に押し目買い意欲も旺盛で引けにかけては下げ幅を縮めた。一方、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は反発し、同19.21ポイント高の9731.18と史上最高値で取引を終えた。

(最終更新日時 2020-02-16 12:41)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース