最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

米政府関係[NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
・バイデン米大統領「政府閉鎖は経済に著しいダメージを与える」
・米財務省によると、7年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが4.327%、応札倍率(カバー)が2.58倍となった。
・バイデン米大統領は、ホワイトハウスで議会指導部と会談した。差し迫る政府機関の一部閉鎖を回避し、ウクライナへの支援を確実にするため、歳出法案の可決に向け迅速に行動するよう要請した。会合には共和党のジョンソン下院議長、民主党のシューマー上院院内総務、ハリス副大統領が出席したという。
・米国務省のミラー報道官は、レバノンの親イラン武装組織ヒズボラとイスラエルとの間の緊張がこれ以上高まることを米国は望んでいないと述べた。そのうえで「イスラエル政府は外交的な解決を望んでいると公に表明しており、米国に対してもそのように断言した。我々は外交的な解決を追求し続ける。これにより、最終的には軍事行動の必要性がなくなる」と指摘している。
・日本経済新聞によると、米国の政府機関が閉鎖になるリスクに再び直面している。現行の予算執行を可能にする「つなぎ予算」の期限が3月1日と8日に迫った。バイデン米政権と野党・共和党は事態打開へ協議を急ぐが、大統領選を控え党派対立は激化しており、先行きは不透明だ。
・ブルームバーグによると、米テキサス州で山火事が猛威を振るっており、製油所や牧場を脅かし、核兵器組立工場では従業員が避難を余儀なくされた。
・時事通信によると、バイデン米政権は28日、米国人の個人情報を保護し、中国への大規模な移転を阻止する大統領令を発表した。個人を特定するデータがサイバー攻撃やスパイ活動に悪用され、安全保障上の脅威となるのを防ぐ。世界規模で膨大なデータを収集する中国に対抗する。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2024-02-28][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)欧州連合(EU)
・ルメール仏財務相「ロシア資産の押収に法的根拠は必要ない」

[2024-02-28][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
会社・企業関係会社・企業関係
・米アパレル大手TJXは28日、11-1月期の決算を発表したが1株当たりの利益は1.22ドルとなった。事前予想は1株当たり1.11ドルの利益。

[2024-02-28][NP     HDP -2.2 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP +0.3]
欧州中央銀行(ECB)関係欧州中央銀行(ECB)関係
・デギンドス欧州中央銀行(ECB)副総裁「新たなデータで最近の評価が確認されれば、欧州中銀(ECB)理事会は金融政策を修正するだろう」「最近のインフレ見通しは非常にポジティブ、物価は下落を続けるだろう」「利下げをするには、物価目標の2%に向かうことを確認する必要がある」
・カジミール・スロバキア中銀総裁「利下げ開始は6月を支持」「利下げを急ぐ理由はない」

[2024-02-28][NP     HDP -0.4 CHDP +0.5 RHDP -0.4 CRHDP +0.5]
メキシコ政府関係メキシコ政府関係
・メキシコのブエンロストロ経済相は記者会見で、米国がメキシコからの鉄鋼に関税を課せば報復関税をかけると表明した。米国の動きは政治的な動機によるもので、貿易にとって良いことではないと述べている。同相は今月、米通商代表部(USTR)のタイ代表とオンラインで会談。タイ氏はこのなかで、メキシコから米国への鉄鋼・アルミニウム輸出が急増していることに対処するよう求めるとともに、関税が復活する可能性があると述べた。

[2024-02-28][NP     HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.0]
日本銀行(日銀)関係日本銀行(日銀)関係
・清水日銀理事「現時点では物価目標実現の十分な確度持っていない」「目標実現に十分な確度で見通せれば大規模緩和の見直しを検討」

[2024-02-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.3]
ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係ニュージーランド準備銀行(RBNZ)関係
・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)声明「インフレ率を確実に目標値に戻すためには、金融政策は引き続き制限的である必要がある」「インフレ見通しに対するリスクはよりバランスが取れた」「金利を一定期間制限レベルに維持する必要がある」
・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)声明「CPIインフレ率は今年7-9月期には目標範囲に戻ると予想」「CPIインフレ率は2025年後半に目標中間点の2%に戻る」「金融政策が需要を制限していると引き続き確信している」
・オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁「市場予想より高い水準で金利を維持する必要となる可能性」「我々は利下げではなく、利上げを議論した」
・オアNZ準備銀行(RBNZ)総裁「国内の物価圧力は予想通り緩和している」「インフレ期待が低下していることに安心感がある」

[2024-02-28][NP     HDP -2.5 CHDP -0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.1]
デーヴィッド・キャメロンデーヴィッド・キャメロン
・キャメロン英外相は、ロンドンの日本大使館が開いた天皇陛下の64歳の誕生日を祝うパーティーであいさつし、次期戦闘機の共同開発などで深まる日英関係を歓迎した。「(日英同盟を結んだ)1902年以来の緊密な関係だ」と述べている。

[2024-02-28][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
中国政府関係中国政府関係
・中国の国会にあたる全国人民代表大会(全人代)の常務委員会、国家機密の管理を厳しくする「国家秘密保護法」の改正案を可決した。改正された「国家秘密保護法」では国家機密を守るための、中国共産党の指導を徹底することが明記されたほか、宣伝や教育などを国家主導で進め、社会全体として機密漏洩を防ぐための意識を強化することが挙げられている。
・中国の住宅都市農村建設省は、地方政府は不動産市場の需給バランス維持を支援すべきだと指摘した。同省はウェブサイトに掲載した声明で、すべての都市は住宅需要を評価し、供給を改善し、不動産市場の大幅変動を防ぐべきだと述べている。

[2024-02-28][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP +0.2]
日本政府関係日本政府関係
・共同通信は、自民党の2024年運動方針の原案が判明したと報じている。派閥の政治資金パーティー裏金事件を受け「これまでの派閥から脱却し、二度と復活させない」と明記。国民の政治への信頼を取り戻すため「解体的に出直す覚悟で不断の改革努力に最優先で取り組む」と決意を示した。年内の憲法改正実現のため、国民投票を通じ判断を仰ぐとしている。
・時事通信によると、政府は27日、新しい資本主義実現会議(議長・岸田文雄首相)を開き、物価上昇を上回る構造的な賃上げの定着に必要な方策について議論した。岸田首相は会議の席上、賃上げの好循環を来年以降も続けるためには「労働生産性などの向上を通じた付加価値の拡大が不可欠」と述べ、労働市場改革を進める考えを表明。労働意欲のある高齢者層に仕事の機会を提供するため、企業に定年制度の見直しの検討を呼び掛けた。

[2024-02-28][NP     HDP +0.5 CHDP +0.5 RHDP +0.5 CRHDP +0.5]
カナダ政府関係カナダ政府関係
・カナダのフリーランド副首相兼財務相は、制裁措置のもとで凍結されたロシア資産を没収し、ウクライナの支援に充てる案について、カナダと米国は完全に合意していると述べた。

[2024-02-28][NP     HDP -0.3 CHDP +0.4 RHDP -0.3 CRHDP +0.4]
ロシア政府関係ロシア政府関係
・ロシア外務省のザハロワ情報局長は発表した声明で、ロシアにウクライナからの無条件完全撤退を求め、対露制裁の強化を表明したG7首脳声明を「ロシアへの不当な要求」と批判。米英両国が反露的な政策実行のために日本やドイツなど他のG7の指導者を「便利なバカ」として利用しているとこき下ろした。

[2024-02-28][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)G20(20カ国地域財務大臣中央銀行総裁会議)
・ロイターは、ブラジルのサンパウロで開かれるG20財務相・中銀総裁会合の共同声明が、世界経済のリスクを評価するうえで地域の紛争に関しては短い言及にとどまる見通しとなったと報じている。確認した声明案で分かったという。

[2024-02-28][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP +4.5 CRHDP +0.0]
連邦準備制度理事会(FRB)連邦準備制度理事会(FRB)
・ボウマンFRB理事「利下げを開始する時期には至っていない」「現行金利水準で据え置けば、基本シナリオはインフレの一段の減速につながると予想」
・FRBのボウマン理事は、インフレの上振れリスクを踏まえ、「将来において政策スタンスの変更を検討する際には慎重な姿勢を維持する」とし、利下げを急いでいない考えを示唆した。

[2024-02-28][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・関係筋「OPECプラス、第2四半期も自主的減産継続を検討」
・ウクライナのゼレンスキー大統領は、サウジアラビアを訪問し、ムハンマド皇太子と会談した。ロシアによる全面侵攻が3年目に入るなか、自らが提案するロシアとの和平案などについて協議したという。
・独英のほか、スペイン、ポーランド、チェコなどは、ロシアによる侵攻を受けているウクライナに地上軍を派遣する可能性を否定した。米ホワイトハウスも、ウクライナに軍隊を派遣しないと表明している。
・ロイターは、イエメンの親イラン武装組織フーシ派が、イスラエルがパレスチナ自治区ガザでの「侵略」を終了させた場合のみ、海運の要衝である紅海での船舶に対する攻撃について再考すると表明したと報じている。
・ロイターは、レバノンの親イラン組織ヒズボラが、イスラム組織ハマスがパレスチナ自治区ガザでのイスラエルとの停戦案に同意すれば、イスラエルに対する攻撃を停止すると報じている。ハマスは現在、先週パリで行われた仲介者との協議でイスラエルが合意した40日間の戦闘停止という案を検討している。
・香港は不動産市場の過熱抑制策の一部を撤回し、同市場の回復を促す方向にある。香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が匿名の関係者を引用して27日、報じた。ブルームバーグも紹介している。陳茂波(ポール・チャン)財政官が28日の予算演説で発表する見込み。撤回される過熱抑制策は一部にとどまる可能性。
・SMBC日興証券では、1月の全国消費者物価指数(CPI)の結果を受けて、コアCPIは(生鮮食品を除くCPI)は2月に再び+2%台後半まで伸びが加速(1月は前年同月比+2.0%)すると予想している。昨年2月から電気・ガス代支援策の効果が生じており、電気・ガス代の前年水準が下がることをその背景に挙げている。一方、財価格や宿泊価格の伸びが鈍化することで、伸びは2月に拡大した後、3月以降は縮小すると予想。2023年度は+2.8%が見込まれるコアCPIの伸びは、2024年度には+1.8%程度まで減速するとSMBC日興では予想している。
・時事通信によると、ウクライナ軍報道官は27日、東部ドネツク州で今月陥落したアウディイウカ近郊の2集落から部隊が引き揚げたと明かした。ウクライナメディアが伝えた。前日も別の集落から撤退したといい、ウクライナ軍は立て直しを急いでいる。前線で指揮を執るタルナフスキー司令官は27日、これら3集落の後方地点を挙げて、「防衛線は安定している」と主張した。
・ブルームバーグによると、暗号資産(仮想通貨)ビットコインは5日続伸し、月間では2021年10月以降で最大の上昇率を記録しそうな勢いだ。
・日本国際問題研究所は28日開催のシンポジウム「東京グローバル・ダイアログ」にて米中対立の長期化を想定し指揮統制連携や相互運用など日米韓の協調体制を強めるべきとの提言を柱とする2023年の戦略年次報告の概要を示した。
・代表的な暗号資産(仮想通貨)であるビットコインは堅調。対ドルでは一時6万ドル台まで上昇し2021年11月以来の高値を付けたほか、対円では908万円台まで買われている。

[2024-02-28][NP     HDP -0.7 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP +0.0]
米政府関係米政府関係
・バイデン米大統領「政府閉鎖は経済に著しいダメージを与える」
・米財務省によると、7年債入札(ダッチ方式)の落札結果は最高落札利回りが4.327%、応札倍率(カバー)が2.58倍となった。
・バイデン米大統領は、ホワイトハウスで議会指導部と会談した。差し迫る政府機関の一部閉鎖を回避し、ウクライナへの支援を確実にするため、歳出法案の可決に向け迅速に行動するよう要請した。会合には共和党のジョンソン下院議長、民主党のシューマー上院院内総務、ハリス副大統領が出席したという。
・米国務省のミラー報道官は、レバノンの親イラン武装組織ヒズボラとイスラエルとの間の緊張がこれ以上高まることを米国は望んでいないと述べた。そのうえで「イスラエル政府は外交的な解決を望んでいると公に表明しており、米国に対してもそのように断言した。我々は外交的な解決を追求し続ける。これにより、最終的には軍事行動の必要性がなくなる」と指摘している。
・日本経済新聞によると、米国の政府機関が閉鎖になるリスクに再び直面している。現行の予算執行を可能にする「つなぎ予算」の期限が3月1日と8日に迫った。バイデン米政権と野党・共和党は事態打開へ協議を急ぐが、大統領選を控え党派対立は激化しており、先行きは不透明だ。
・ブルームバーグによると、米テキサス州で山火事が猛威を振るっており、製油所や牧場を脅かし、核兵器組立工場では従業員が避難を余儀なくされた。
・時事通信によると、バイデン米政権は28日、米国人の個人情報を保護し、中国への大規模な移転を阻止する大統領令を発表した。個人を特定するデータがサイバー攻撃やスパイ活動に悪用され、安全保障上の脅威となるのを防ぐ。世界規模で膨大なデータを収集する中国に対抗する。

(最終更新日時 2024-02-29 10:52)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース