最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -0.5 CHDP -0.5 RHDP -0.5 CRHDP -0.5]
・21日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は小幅安。23時55分時点では前営業日比31.39ポイント(0.19%)安の16543.44で取引されている。
・21日のメキシコ株式相場は小動き。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時2分現在、前営業日比17.98ポイント(0.04%)安の43627.13で推移している。
・21日のロンドン株式相場は反落。FTSE100種総合株価指数は前営業日終値比16.94ポイント安の7407.50で取引を終えた。序盤は原油高を背景にエネルギー株が買われ指数を押し上げたものの、週末を控えたポジション調整目的の売りが出ると終盤失速した。構成銘柄の約半数以上が下落した。
・21日のフランクフルト株式相場は反落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前営業日終値比15.47ポイント安の12339.92となった。前日に5月3日以来約1カ月半ぶりの高値を付けたあとだけに利益確定の売りが優勢となった。個別ではメルク(2.26%安)やボノビア(1.49%安)、バイエル(1.21%安)などの下げが目立った。
・21日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近8月限はもみ合い。1時56分時点では前営業日比0.38ドル高の1バレル=57.45ドルで取引されている。
・21日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は2時19分時点では前営業日比34.54ドル高の26787.71ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同9.51ポイント安の8041.83で推移している。
・メキシコペソは弱含み。ドルペソは一時19.1290ペソ、ペソ円は5.61円までペソ安に振れた。なお、メキシコ株式相場で代表的な株式指数であるボルサ指数は0.48%安で推移している。
・21日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間22日3時時点の水準で、前営業日終値比0.039%高い(価格は安い)0.845%だった。
・21日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は4時58分時点では前営業日比14.66ドル安の26738.51ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同16.00ポイント安の8035.34で推移している。
・21日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落。終値は前営業日比34.04ドル安の26719.13ドルとなった。米早期利下げ観測を背景に買いが先行すると、ダウ平均は一時150ドル超上昇し昨年10月3日に付けた史上最高値26951.81ドルに迫る場面があった。ただ、週末を控えたポジション調整目的の売りが強まると下げに転じた。米商務省が中国スパコン企業を事実上のブラックリストに加えたことも相場の重し。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も5日ぶりに反落し、同19.63ポイント安の8031.71で取引を終えた。
・21日の米国債券相場で長期ゾーンは下落。表面利率2.375%の10年物国債利回りは前営業日比0.03%高い(価格は安い)2.05%で終えた。足もとで相場上昇が続いたあとだけに、週末を控えたポジション調整目的の売りが優勢となった。5月米中古住宅販売件数が予想を上回ったことも相場の重し。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2019-06-22][NP     HDP -3.8 CHDP -1.8 RHDP -3.8 CRHDP -1.8]
世界の政策金利関係世界の政策金利関係
・コロンビア中銀は、政策金利を現行の4.25%に据え置く事を決定した。

[2019-06-22][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP +0.0]
米政府関係米政府関係
・米財務省は10年債入札を実施。最高落札利回りは2.065%、応札倍率は3.43倍。
・米商務省は21日、軍事用途のスーパーコンピューターを手掛ける複数の中国企業と国有機関について、安全保障上懸念のある外国企業の「エンティティー・リスト(EL)」に追加したと発表した。ELは通商分野における事実上のブラックリスト。

[2019-06-22][NP     HDP -0.5 CHDP -0.5 RHDP -0.5 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・21日のカナダ株式市場でS&Pトロント総合指数は小幅安。23時55分時点では前営業日比31.39ポイント(0.19%)安の16543.44で取引されている。
・21日のメキシコ株式相場は小動き。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時2分現在、前営業日比17.98ポイント(0.04%)安の43627.13で推移している。
・21日のロンドン株式相場は反落。FTSE100種総合株価指数は前営業日終値比16.94ポイント安の7407.50で取引を終えた。序盤は原油高を背景にエネルギー株が買われ指数を押し上げたものの、週末を控えたポジション調整目的の売りが出ると終盤失速した。構成銘柄の約半数以上が下落した。
・21日のフランクフルト株式相場は反落。ドイツ株式指数(DAX)の終値は前営業日終値比15.47ポイント安の12339.92となった。前日に5月3日以来約1カ月半ぶりの高値を付けたあとだけに利益確定の売りが優勢となった。個別ではメルク(2.26%安)やボノビア(1.49%安)、バイエル(1.21%安)などの下げが目立った。
・21日のウエストテキサスインターミディエート(WTI)期近8月限はもみ合い。1時56分時点では前営業日比0.38ドル高の1バレル=57.45ドルで取引されている。
・21日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は2時19分時点では前営業日比34.54ドル高の26787.71ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同9.51ポイント安の8041.83で推移している。
・メキシコペソは弱含み。ドルペソは一時19.1290ペソ、ペソ円は5.61円までペソ安に振れた。なお、メキシコ株式相場で代表的な株式指数であるボルサ指数は0.48%安で推移している。
・21日の英国債相場は下落(利回りは上昇)。長期金利の指標となる10年物国債の利回りは、日本時間22日3時時点の水準で、前営業日終値比0.039%高い(価格は安い)0.845%だった。
・21日の米国株式相場は頭が重い。ダウ工業株30種平均は4時58分時点では前営業日比14.66ドル安の26738.51ドルで推移している。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同16.00ポイント安の8035.34で推移している。
・21日の米国株式市場でダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落。終値は前営業日比34.04ドル安の26719.13ドルとなった。米早期利下げ観測を背景に買いが先行すると、ダウ平均は一時150ドル超上昇し昨年10月3日に付けた史上最高値26951.81ドルに迫る場面があった。ただ、週末を控えたポジション調整目的の売りが強まると下げに転じた。米商務省が中国スパコン企業を事実上のブラックリストに加えたことも相場の重し。ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数も5日ぶりに反落し、同19.63ポイント安の8031.71で取引を終えた。
・21日の米国債券相場で長期ゾーンは下落。表面利率2.375%の10年物国債利回りは前営業日比0.03%高い(価格は安い)2.05%で終えた。足もとで相場上昇が続いたあとだけに、週末を控えたポジション調整目的の売りが優勢となった。5月米中古住宅販売件数が予想を上回ったことも相場の重し。

(最終更新日時 2019-06-23 18:14)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル マリオ・ドラギ 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース