最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

ニュース[NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
・18日のメキシコ株式相場は軟調。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時14分現在、前営業日比326.16ポイント(0.65%)安の49876.64で推移している。
・18日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで下げ渋り。1時49分時点では大証終値比310円安の2万8620円で取引されている。
・米国株式市場はダウが500ドル超の下げとなって引け。ブラード・セントルイス連銀総裁のタカ派的な発言などが意識され、リスク回避的な動きが強まった。

更新されたFX要人発言・ニュース

[2021-06-19][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
フィッチ・レーティングスフィッチ・レーティングス
・フィッチは英国の格付け「AA-」を確認。見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更。

[2021-06-19][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP -0.1 CRHDP +0.0]
ニール・カシュカリニール・カシュカリ
・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁「少なくとも2023年まで利上げに反対」
・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁「最大雇用とは少なくともパンデミック前のレベルに戻ることを意味する」「新型コロナウィルスの勝利宣言はまだ早すぎる」
・カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁「労働供給の進捗を判断するのは9月よりも時間がかかる場合がある」「少なくとも2023年まではフェデラル・ファンドは変わらないべきだ」「ドットチャートは過去にもタカ派すぎた」

[2021-06-19][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・18日のメキシコ株式相場は軟調。メキシコの代表的な株式指数であるボルサ指数は0時14分現在、前営業日比326.16ポイント(0.65%)安の49876.64で推移している。
・18日夜の日経平均先物9月物はナイトセッションで下げ渋り。1時49分時点では大証終値比310円安の2万8620円で取引されている。
・米国株式市場はダウが500ドル超の下げとなって引け。ブラード・セントルイス連銀総裁のタカ派的な発言などが意識され、リスク回避的な動きが強まった。

(最終更新日時 2021-06-21 16:40)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース