最新の相場概要

 ・期間中にはニュース概要となる記事は有りません。

最新のゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・最新の更新にはゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最新更新日の最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド[NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレは来年1月から鈍化すると予想」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレは来年落ち着く」「1月からインフレ率が低下し始めると予想」「ECBのPEPP、純購入は来年春に終了の見込み」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の純購入は来春に終了する見込み」

更新されたFX要人発言・ニュース

[2021-11-27][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +1.6 CRHDP -0.2]
ラファエル・ボスティックラファエル・ボスティック
・ボスティック・アトランタ連銀総裁「テーパリング加速にオープン」「FRBはインフレを制御不能にするつもりはない」「新型コロナがインフレを引き起こしている」

[2021-11-27][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.1]
欧州連合(EU)欧州連合(EU)
・欧州連合(EU)の欧州疾病対策センター(ECDC)は26日、「新型コロナ変異型『オミクロン株』はワクチン効果を著しく低下させる恐れがある」と指摘した。

[2021-11-27][NP     HDP -0.8 CHDP +0.0 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
米政府関係米政府関係
・ホワイトハウス、アフリカ南部からの渡航制限を検討=DJ
・米政府は26日、南アフリカなどで確認された新たな新型コロナウイルスの変異ウイルスを巡り、アフリカ南部からの渡航を制限すると発表した。
・バイデン米大統領「WTO閣僚級会合を来週招集しワクチン特許放棄を協議」「米連邦準備理事会(FRB)とインフレについて協議した」

[2021-11-27][NP     HDP -0.9 CHDP +0.0 RHDP -2.6 CRHDP -0.2]
イングランド銀行(BOE)イングランド銀行(BOE)
・CNBCが報じたところによると、「米ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)はアフリカ南部で新たに確認された新型コロナ変異株に対応するワクチンを試験中」のようだ。

[2021-11-27][NP     HDP -2.1 CHDP +0.1 RHDP -1.7 CRHDP +0.3]
スペイン政府関係スペイン政府関係
・デコス・スペイン中銀総裁「新変異株はパンデミックが終了していないことを注意喚起」

[2021-11-27][NP     HDP +0.0 CHDP 0.00 RHDP +0.0 CRHDP 0.00]
会社・企業関係会社・企業関係
・米製薬大手ファイザー「100日で新型コロナウイルスの変異株に対応したワクチンを生産できる」
・製薬会社のJ&Jやファイザーは南ア変異株に対してのワクチン効力を調査していると発表。

[2021-11-27][NP     HDP -2.5 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP +0.2]
日本政府関係日本政府関係
・岸田首相「3%超の賃上げを期待」

[2021-11-27][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
OECD(経済協力開発機構)OECD(経済協力開発機構)
・大和証券では、12月1日に発表されるOECDの世界経済見通しに注目している。今年は発表時に緊急事態宣言が発出されており、日本は相対的に悪い見通しが続いていた。しかし、今回は日本の見通しが相対的に良くなると大和では予想している。足元の感染状況は欧米が悪化して一部ロックダウンとなる一方、日本の感染は抑制されている。加えて、追加経済対策が織り込まれれば、大幅な改善にもなり得る。実際、内閣府はGDPの押し上げ効果を+5.6%と試算しているとのこと。大和では、今回のOECD見通しをきっかけに、日本株が出遅れを解消する可能性があると考えている。

[2021-11-27][NP     HDP -1.0 CHDP -0.5 RHDP -1.0 CRHDP -0.5]
ニュースニュース
・26日の米10年物国債利回りは低下。一時1.4953%前後と10日以来の低水準を付けた。
・26日のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)期近1月限は急落。0時18分時点では前営業日比7.25ドル安の1バレル=71.14ドルで取引されている。
・ユーロドルは堅調。米10年物国債利回りが一時1.4919%前後と10日以来の低水準を付けたことでドル売りも出ている。一時1.1315ドルと日通し高値を更新したほか、ドル円は113.25円、ドルスイスフランは0.9229スイスフランまでドル安に振れた。
・WHOのアドバイザー、新型コロナ変異株に関し会合を開催するという。
・世界保健機関(WHO)は26日、新型コロナの変異ウイルス「B.1.1.529」を懸念すべき変異株に指定した。
・26日夜の日経平均先物12月物はナイトセッションで下げ足を速めた。3時28分時点では大証終値比800円安の2万7990円で取引されている。一時2万7920円まで下げた。

[2021-11-27][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
クリスティーヌ・ラガルドクリスティーヌ・ラガルド
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレは来年1月から鈍化すると予想」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレは来年落ち着く」「1月からインフレ率が低下し始めると予想」「ECBのPEPP、純購入は来年春に終了の見込み」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の純購入は来春に終了する見込み」

(最終更新日時 2021-11-28 17:50)

FX相場に関係する主な重要人物

ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー
ジェローム・パウエル クリスティーヌ・ラガルド 黒田東彦 マーク・カーニー

過去のFX要人発言・ニュース検索

 現在、何も日付が検索されていない状態になっています。過去の要人発言やニュースを検索するには左の日付選択から年と月を選択してください。

 年・月をそれぞれ選択すると現在の表示が変わり、検索した要人発言やニュースの該当日が表示されます。

 また、検索結果は見当たらない場合は「過去の要人発言やニュース検索」をご利用ください。

重要人物・その他の発言・ニュース