ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-01-31][NP-1.0 HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「米経済は19年も堅調なペースで拡大」「FEDの政策はデータに依存」
・パウエルFRB議長「利上げの根拠が幾分か弱まった」「FOMCは最近の展開が辛抱強さを正当化すると決定」
・パウエルFRB議長「最近の原油安がインフレを押し下げる可能性が高い」
・パウエルFRB議長「FRBは政策が指標次第と常に強調している」「忍耐強く、様子見姿勢が適切と判断」
・パウエルFRB議長「最近の原油安が、インフレを押し下げる可能性がある」
・パウエルFRB議長「バランスシートをツールとして活用する計画はない」「FOMC、資産縮小を終了する適切な時期を精査中」
・パウエルFRB議長「我々の政策方針は現在適切」「我々の政策は中立水準のレンジ内」
・パウエルFRB議長「中国や欧州経済など海外経済が減速」「堅調な米経済に若干縮小の兆し」「正常化後の保有資産、以前よりも大きい規模となる」
・パウエルFRB議長「次回の金利の動きは指標次第」
・パウエルFRB議長「過度に高いインフレのリスクは減退したもよう」「バランスシート正常化の時期を模索中」
・パウエルFRB議長「FRBの忍耐が景気を支えることができる」
・パウエルFRB議長「FRBの政策は中立水準のレンジ内」「現在の政策は適切」
・パウエルFRB議長「忍耐の期間はデータと見通しに依存」「18年後半から金融環境がタイト化、現在も継続」
・パウエルFRB議長「バランスシートの規模、準備金への需要などで決定」「政治的な配慮は決してしない」
・パウエルFRB議長「我々は金利やフォワードガイダンスの次とに、BSを手段として利用する」 「関税、現在のところGDPに大きな影響なし」
・パウエルFRB議長「著しい追加行動の余地はあるだろう」「長い政府機関の閉鎖でGDP失われても、2Qに取り戻せる」「社債は懸念材料、注視の対象」
・パウエルFRB議長「関税の影響は米中の成長率にまだ大きな影響はない」「通商摩擦の長期化を懸念する」
・パウエルFRB議長「将来の利上げに必要な大きな要因はインフレの可能性」「FRBは政治的な要因を考慮していない」「政府機関の一部閉鎖、第1四半期のGDPに影響を与える見通し」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2019-03-11][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国の見通しは良好と考える」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「トランプ氏の圧力理由に利上げ停止することない」「辛抱強さとは利上げを急がないことを意味する」

[2019-03-01][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「大半のデータは堅調、一部景況感調査は軟調」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は2%付近であり、経済は良好」「12月小売売上高の予想外の落ち込みが警戒する理由」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今後の金利決定についてFOMCは辛抱強くなる」「米国は低迷する生産を含む課題に直面している」

[2019-02-28][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシートの規模は債務の需要次第」「バランスシートに関する計画で決定に近い」「危機前のバランスシートの水準は不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融市場の安定はFRBの役割の一部」「我々は忍耐強く経済の進展を注視」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融の安定はFEDの責務の一部」「危機前のバランスシートの水準は不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「まもなくバランスシートについて何かしらの発表を行う予定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは忍耐強く経済の進展を注視」「近いうちにバランスシートの計画を発表する」

[2019-02-27][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシートの規模、経済や市場次第で修正する準備がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げに関して、FRBは辛抱強い方針」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働参加率は高水準」「労働参加率を維持するためには広域的な政策が必要」「FEDはすべての社会問題に影響を与えることはできない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは経済の拡大を維持するためにツールを使用」「ビジネスの敵は不確実性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々の銀行システムは全般的に非常に強固」「インフレ圧力は依然として弱まりつつある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの忍耐強い政策はなお適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2019年経済の成長、いくらか弱い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現在のトレンドは非常にポジティブであり、この傾向が続くことを望む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「リスクは中国の成長鈍化やブレグジットなどを含む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の見通しはポジティブだが、常にリスクはある」「経済は順調、常にリスクはある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは目標値、経済は過熱していない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気は過熱していない」「労働市場に更なる需給の緩みがあるかを調査中」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界経済は米国の逆風になりつつある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ブレグジット、米経済には大きな影響はないが注視はしていく」

[2019-02-26][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「一部に相反する流れも経済の見通しは良好」「一部データは軟化も依然支出の拡大を示唆」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「賃金の伸びに加速の兆しが見られる」「経済見通しは良好だが一部に相反する流れもある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のデータは軟化しているが2019年は堅調になる見通し。もっとも18年よりは遅いと予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率はエネルギー価格下落の一時的な影響の後、目標の2%近くに到達すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は物価上昇圧力に一服感があり、政策変更の様子見が正当化される」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の見通しは良好、一部に相反する流れも」「BSの規模は通貨や銀行の需要次第」

[2019-02-13][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国は国家レベルで最大雇用に近い」「労働力参加の優先度を上げる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「全米、最大雇用に近い」
・パウエルFRB議長は、米経済がリセッション(景気後退)に陥るリスクは現時点では高まっていないとの認識を示した。

[2019-02-07][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル・FRB議長「他国に比較し低い米国の労働参加率は懸念材料」「現在の米経済は良好な状況にある」

[2019-01-31][NP-1.0 HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「米経済は19年も堅調なペースで拡大」「FEDの政策はデータに依存」
・パウエルFRB議長「利上げの根拠が幾分か弱まった」「FOMCは最近の展開が辛抱強さを正当化すると決定」
・パウエルFRB議長「最近の原油安がインフレを押し下げる可能性が高い」
・パウエルFRB議長「FRBは政策が指標次第と常に強調している」「忍耐強く、様子見姿勢が適切と判断」
・パウエルFRB議長「最近の原油安が、インフレを押し下げる可能性がある」
・パウエルFRB議長「バランスシートをツールとして活用する計画はない」「FOMC、資産縮小を終了する適切な時期を精査中」
・パウエルFRB議長「我々の政策方針は現在適切」「我々の政策は中立水準のレンジ内」
・パウエルFRB議長「中国や欧州経済など海外経済が減速」「堅調な米経済に若干縮小の兆し」「正常化後の保有資産、以前よりも大きい規模となる」
・パウエルFRB議長「次回の金利の動きは指標次第」
・パウエルFRB議長「過度に高いインフレのリスクは減退したもよう」「バランスシート正常化の時期を模索中」
・パウエルFRB議長「FRBの忍耐が景気を支えることができる」
・パウエルFRB議長「FRBの政策は中立水準のレンジ内」「現在の政策は適切」
・パウエルFRB議長「忍耐の期間はデータと見通しに依存」「18年後半から金融環境がタイト化、現在も継続」
・パウエルFRB議長「バランスシートの規模、準備金への需要などで決定」「政治的な配慮は決してしない」
・パウエルFRB議長「我々は金利やフォワードガイダンスの次とに、BSを手段として利用する」 「関税、現在のところGDPに大きな影響なし」
・パウエルFRB議長「著しい追加行動の余地はあるだろう」「長い政府機関の閉鎖でGDP失われても、2Qに取り戻せる」「社債は懸念材料、注視の対象」
・パウエルFRB議長「関税の影響は米中の成長率にまだ大きな影響はない」「通商摩擦の長期化を懸念する」
・パウエルFRB議長「将来の利上げに必要な大きな要因はインフレの可能性」「FRBは政治的な要因を考慮していない」「政府機関の一部閉鎖、第1四半期のGDPに影響を与える見通し」

[2019-01-11][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.1 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは辛抱強く、注意深く監視することが可能」「FRBには金利に関し辛抱強く対応する能力がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2018年は米経済によって非常に良い年だった」「金融市場は下振れリスクへの懸念を表している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは忍耐強く慎重に注視できる」「FRBは忍耐強く柔軟に注視し、待てる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは辛抱強くかつ注意深く監視することが可能」「金融当局は様子を見ながら、辛抱強くかつ柔軟になれる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利に関し、設定された軌道はない」「景気後退のリスクが上昇している兆候は見られない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利に決められた軌道はない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「主な懸念は世界経済の成長」「期待インフレはちょうど2%前後」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「閉鎖の長期化は明確に経済指標にあらわれる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はバランスシートをより正常な状態に戻したい」「景気後退のリスクが上昇している兆候は見られない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは2%近辺を予想」「中国経済を注視」「資産バブルや景気後退のリスクは高まっていない」

[2019-01-07][NP     HDP +3.0 CHDP -0.1 RHDP +3.1 CRHDP +0.1]
・パウエルFRB議長「必要なら政策を大幅に変える準備が常にできている」と述べ、経済・金融情勢次第で、今年2回を想定している利上げのペースを落とす可能性を示唆した。一方、利上げに不満を持つトランプ大統領から辞任を迫られても、応じる考えは「ない」とも明言している。

(最終更新日時 2019-03-16 16:41)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース