ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2%のインフレを達成するには、平均2%のインフレを確認する必要」「2%に固定された状態でインフレ期待が欲しい」「新しい枠組みが信頼されるためには、しばらくの間、インフレ率が2%を超えるのを確認する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「厄介なインフレや不均衡がない限り、利上げしない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「パンデミックが後退するにつれて、短期的には物価上昇圧力がかかる可能性もある」「一時的な物価上昇は持続的なインフレを意味するものではない」「最大雇用にはほど遠い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界的に需要が不足している」「歓迎されないインフレについて、FRBは対応手段があり、それらを使用する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げ時期は全く近くない」「債務負担、歴史的に見れば高水準ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「良いタイミングで金融システムを強化する必要」「堅調な労働市場に戻ることに最も焦点を当てている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国にはヘリコプターマネーは必要ない」「米連邦債務は持続可能な道を進んでいない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今は出口戦略について話す時期ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「テーパリングの具体的な日程について議論が適切になった場合、世界に知らせる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2021-01-15][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2%のインフレを達成するには、平均2%のインフレを確認する必要」「2%に固定された状態でインフレ期待が欲しい」「新しい枠組みが信頼されるためには、しばらくの間、インフレ率が2%を超えるのを確認する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「厄介なインフレや不均衡がない限り、利上げしない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「パンデミックが後退するにつれて、短期的には物価上昇圧力がかかる可能性もある」「一時的な物価上昇は持続的なインフレを意味するものではない」「最大雇用にはほど遠い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界的に需要が不足している」「歓迎されないインフレについて、FRBは対応手段があり、それらを使用する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げ時期は全く近くない」「債務負担、歴史的に見れば高水準ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「良いタイミングで金融システムを強化する必要」「堅調な労働市場に戻ることに最も焦点を当てている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国にはヘリコプターマネーは必要ない」「米連邦債務は持続可能な道を進んでいない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今は出口戦略について話す時期ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「テーパリングの具体的な日程について議論が適切になった場合、世界に知らせる」

[2021-01-11][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・ロイターは、FRBのパウエル議長が11月、議員らと頻繁に連絡を取り合い、その数は14回と夏場以降で最多に上っていたことが分かったと報じている。ただ、会話の内容は明らかになっていない。

[2020-12-17][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは政策目標の達成に強くコミット」「今日、FEDは債券購入に関する追加ガイダンスを提供」「FEDは経済に強力な支援を提供することを目標としている」「経済活動は回復を継続」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「先行きは非常に不透明」「耐久消費財への支出は好調」「11月の失業率は上昇したまま」「フォワードガイダンスは景気が回復するまで強力な支援となる」「人々が安全であると感じるまで完全な経済回復はありそうもない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「パンデミックはインフレに大きな痕跡を残している」「ワクチンのニュースは非常にポジティブだが、大きな課題が残っています」「コロナの感染再拡大を特に懸念」「ワクチンのタイミング、生産、分配、効果には大きな試練と不確実性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今後数カ月は大きな試練となる公算が大きい」「金利と量的緩和は景気に強力な支援を提供」「政策金利と量的緩和策の指針は強力なメッセージ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「債券購入の縮小、事前に余裕を持って警告する」「今の財政政策は非常に強力」「今後数カ月にわたって、の前回文言は一時的な表現」「かなりの期間、経済には支援が必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは一度の物価上昇に反応することはしない」「FEDは国債買い入れの拡大、長期債の買い入れができる能力がある」「景気は金融緩和の欠如ではなく、コロナ感染により打撃を受けている」

[2020-12-07][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・FRBのパウエル議長が10月、ムニューシン財務長官と頻繁に連絡を取り合い、その数は7月以降で最多に上っていたことが分かったと報じている。会話の内容は明らかになっていない。

[2020-12-03][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「パンデミックのためにまだ1000万人が仕事をしていない」「多くの中小企業はこの冬に苦労するだろう」「州・自治体政府への援助も、検討する利点がある」「失効する失業保険プログラムに注目したい」
・パウエルFRB議長「冬の追加の財政援助が非常に重要」「ウイルスの広がりは経済活動に影響を与える可能性」「経済は追加の財政援助から利益を得るだろう」
・パウエルFRB議長「景気刺激策を引き揚げるのは、かなり先の話」「バランスシートの問題について考える時が来るだろう」

[2020-12-02][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緊急融資制度、法的には継続利用が可能」「FEDは危険が過ぎ去るまでそのツールを使用」「経済は期待よりも早く回復」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米景気回復は予想より早い」「中期的な上サイドのリスクがある」「回復までは長い道のり」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は相変わらず「大人の対応」を見せている。1日に議会上院が新型コロナウイルスの経済対策問題で開いた公聴会でムニューシン財務長官とともに出席したパウエル氏は、あくまで専門家の立場としての発言に終始した。政治論争から超越し続けるのは一苦労だが、それだけの価値がある目標だ。

[2020-12-01][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「米国経済の不確実性はウイルス次第」「経済活動は引き続き回復しているが、改善ペースは穏やか」
・パウエルFRB議長「労働市場の改善ペースも緩やか」「ワクチンのニュースは中期的にとてもポジティブ」
・パウエルFRB議長「最近数カ月の景気回復ペースは緩やかになった」「労働市場の改善ペースは緩やかになった」「景気見通しは極めて不透明」「コロナ感染再拡大を懸念」
・パウエルFRB議長「最近のワクチン開発に関する報道、中期的に非常に明るい材料」「当面は著しい試練と不確実性が続く」
・パウエルFRB議長「コロナワクチンの影響が景気に及ぼす時期と程度は、評価が困難」「景気回復を後押しするため、あらゆる手段を講じる」
・米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は30日、緩やかな景気改善ペースや、新型コロナウイルス感染者の急増を踏まえると、米国は向こう数カ月「厳しい」局面を迎えるとの見解を示した。新型コロナのワクチンを巡っては依然として生産や大量配布の面で課題があり、不透明な経済状況が続くと指摘した。

[2020-11-21][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「要請に応じ、未使用資金を財務省に返還する」

[2020-11-18][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「5-6月以降の回復は予想以上に強い」「改善のペースは鈍化し、回復が不均一になっている」「回復には、短期的には重大な下振れリスクがある」
・パウエルFRB議長「ワクチン開発は中期的に良いニュース」「短期的なリスクはコロナの急速な増加」「回復には長い道のり」「次の数か月は非常に困難な可能性」「コロナワクチンの経済への影響評価は時期尚早」
・パウエルFRB議長「我々はウイルスの経済へのダメージについて懸念を抱いている」「米経済は元通りにはならない、違う経済になる」「FEDは回復が完了するまですべてのツールを使用する」「完全雇用に至るにはまだ長い道のり」「経済は依然として財政的、財政的支援を必要としている可能性」
・パウエルFRB議長「債務の持続可能性に焦点を当てる時期ではない」「現在の危機が終わったら政府の赤字に対処」「バランスシート正常化を考えるのは時期尚早」

[2020-11-17][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・FRBのパウエル議長が、17日に開かれるサンフランシスコの企業団体イベントに参加すると発表した。サンフランシスコ連銀元高官のメフラン氏と対話するという。

(最終更新日時 2021-01-17 11:41)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース