ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-18][NP+6.0 HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがインフレ抑制に焦点を当てる時期であると我々は知っている」「インフレを2%に戻すことに焦点を当てた」「利上げ継続は適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が予測通りなら、0.50%利上げが選択肢」「フォワードガイダンスを提示することは難しい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ減速に関する明確で説得力のある証拠が欲しい」「供給が追い付けるように成長は減速する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「より正常な水準へ迅速に金利を引き上げている。今年の第4四半期におそらく達するだろう」「多数のメンバーが今後2回の会合で0.50%の利上げを支持」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要であれば中立以上に金利を引き上げることを躊躇しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「振り返ればもっと早い利上げが適切だった可能性」「ウクライナ戦争の影響は当初の予想より長引きそうだ」「インフレは高すぎる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2022-05-18][NP+6.0 HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがインフレ抑制に焦点を当てる時期であると我々は知っている」「インフレを2%に戻すことに焦点を当てた」「利上げ継続は適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が予測通りなら、0.50%利上げが選択肢」「フォワードガイダンスを提示することは難しい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ減速に関する明確で説得力のある証拠が欲しい」「供給が追い付けるように成長は減速する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「より正常な水準へ迅速に金利を引き上げている。今年の第4四半期におそらく達するだろう」「多数のメンバーが今後2回の会合で0.50%の利上げを支持」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要であれば中立以上に金利を引き上げることを躊躇しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「振り返ればもっと早い利上げが適切だった可能性」「ウクライナ戦争の影響は当初の予想より長引きそうだ」「インフレは高すぎる」

[2022-05-13][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ソフトランディング(軟着陸)は我々のコントロール外の要因次第だろう」「今後2回の会合で0.50%の利上げは適切となる公算」
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今後2回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で0.5ポイントずつ利上げするのが適切となる公算が大きいとの見解をあらためて示した。ただ経済指標次第で方針を転換する用意があるとした。

[2022-05-05][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは高すぎる」「インフレを低下させる手段を持っている」「労働市場は極端に引き締まっている」「経済の基調的な勢いは強いまま」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ロシアとウクライナの紛争は非常に不確実性が高い」「ウクライナ戦争は米国に波及する可能性が高い」「金利の継続的な上昇は適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「いかなる政策も必要ならば調整する用意」「今後2回の会合で0.50%の利上げ議題を想定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「さらなるインフレショックが起こる可能性がある」「失業率はさらに引き下がるだろう」「雇用創造は減速すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「中立金利は2-3%を想定」「0.75%の利上げは積極的に検討しているものではない」「必要ならば中立金利よりも高くなることを排除しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「量的引き締め(QT)の効果は不透明」「中立金利までは程遠い」

[2022-05-02][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は4日、連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に記者会見する。議長の発言次第では、インフレ抑制のために当局がどこまで政策金利を引き上げるかについて、投資家の予想にも大きな変化が生じる可能性がある。パウエル議長をはじめとする当局者は、年内に早急に2.5%前後の中立水準まで利上げした後は引き締めペースを緩めたい考えだが、中立水準を上回る一段と景気抑制的なスタンスが必要になるかもしれないとの見解を議長が会見で示唆すれば、それは大幅な転換と受け止められそうだ。

[2022-04-22][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済は強い、労働市場はひっ迫」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「迅速な行動が適切」「5月のFOMCでは0.50%の利上げが議題になる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRB当局者の多くは1回以上の0.50%の利上げが適切と認識」「価格の安定性を回復することが不可欠」「我々の目標はソフトランディング」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米労働市場は加熱。労働者にとっては非常に良い」「米労働市場は現在持続可能ではない」

[2022-04-04][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長ら当局者は、超緩和的な政策と金融状況を転換してより正常な水準にする取り組みを進めている。そこで問題なのは、目的地が不確かであり、利上げを進める中で情勢が変化する可能性があることだ。

[2022-03-22][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要なら毎会合で0.25%を上回る利上げを実施する可能性」「正当な理由がある場合、金利を0.50%引き上げる準備ができている」「FRBが中立金利を上回る引き締めが必要な場合はそうする」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場はかなりの勢いがあり非常にタイト」「ロシアの侵略はインフレで予想よりも悪い結果を生み出すリスク」「長期的なインフレ期待はしっかりと抑制されている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは次の利上げについて決定していない」「もっと迅速に行動する必要があると結論付ける可能性」「0.50%の利上げが適切なら、そうする」

[2022-03-17][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは2%に戻ると予想」「今会合でバランスシート計画を順調に進めた」「ウクライナ戦争は米貿易、供給への波及効果を生み出す可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「行動加速が適切となれば、そうするだろう」「リセッション確率は特に高まっていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは今年半ばまで高いと予想」「原油の影響で短期的には上向きのインフレ圧力」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「当局者は急速に価格安定性を回復する必要性を認識」「環境は非常に不確実であり、ツールを展開する」「経済は非常に強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「委員会は利上げとバランスシート縮小の時が来たことを認識」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「基本的な責務は物価安定を取り戻すこと」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融条件はより正常な環境に移行する時期」「バランスシート政策についての発表は早ければ5月になる可能性」

[2022-03-04][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「エネルギー価格の上昇は、米国経済全体に影響を及ぼす」「当面の間、インフレに上向きの圧力がかかるだろう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国では支出を控えている人々を見ることができる」「FRBの意思決定には、注意深く機敏である必要がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「短期的に、エネルギー価格は確実にインフレを押し上げるだろう」「原油高でインフレ期待が上昇するリスクある」「暗号資産(仮想通貨)には強力な規制が必要」

[2022-03-03][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「FRBの政策でサプライサイドの問題に対処不可能」「一段と正常化、おそらく引き締め政策に移行することを目指す」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今月のFOMCでは0.25%の利上げを支持する方向に傾斜」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレが高止まりの場合は0.50%の利上げもあり得る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは目標をはるかに上回っている」「ウクライナ戦争を踏まえて慎重に進める」「米国経済は非常に強く、労働市場は非常にタイト」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシートの正常化には3年超かかると予想」

(最終更新日時 2022-05-19 16:49)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース