ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-05-19][NP-6.0 HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
・パウエルFRB議長「FRBは経済を支援するために全手段を利用する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは経済支援のためにあらゆる手段を講じる」「下落の勢いとスピードは前例がない」
・パウエルFRB議長 「連邦、地方政府への融資手段を検討」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBと議会はさらなる景気支援を打ち出す必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「メインストリート貸付プログラムやその他プログラムは5月末まで続くと予想」「新型コロナウイルスの州や地方自治体への影響を考慮することが重要」「FRBが対応できるのは州政府および地方政府の短期的な資金需要のみ」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2020-05-30][NP     HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は可能な手段を利用する」「FEDは可能な手段を利用」「FEDの緊急時の権限には制限がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緊急手段は支出ではなく貸出」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近の行動で我々はレッドラインを通過した」「FRBはメインストリート貸付プログラムを数日以内に開始する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「マイナス金利は銀行の収益を押しつぶし、融資を減らす」「マイナス金利の効果はまちまちで明確ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「明らかに感染の第2波リスクがある、信頼に大きく影響する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「成長やインフレリスクは下方に傾斜」

[2020-05-22][NP     HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
・パウエルFRB議長「見通しは新たな不確実性に直面」「経済が回復するまで手を緩めない」
・パウエルFRB議長「経済はかなり早期に回復に向かうだろう」「経済は回復するがそれは時間要するだろう」

[2020-05-20][NP     HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「TALFのクレジットリスクは非常に低い」「失業の継続は何年も経済の重しに」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「危機への対策は巨大だが、十分かどうかいまだに不明」「現行の危機の最中、銀行規制を緩和することを支持」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「失業者数は減少する前に増加する」

[2020-05-19][NP-6.0 HDP +1.4 CHDP -0.1 RHDP -1.2 CRHDP -0.3]
・パウエルFRB議長「FRBは経済を支援するために全手段を利用する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは経済支援のためにあらゆる手段を講じる」「下落の勢いとスピードは前例がない」
・パウエルFRB議長 「連邦、地方政府への融資手段を検討」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBと議会はさらなる景気支援を打ち出す必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「メインストリート貸付プログラムやその他プログラムは5月末まで続くと予想」「新型コロナウイルスの州や地方自治体への影響を考慮することが重要」「FRBが対応できるのは州政府および地方政府の短期的な資金需要のみ」

[2020-05-18][NP     HDP +1.5 CHDP -0.1 RHDP -0.9 CRHDP +0.0]
・パウエル米FRB議長「FRBの手段は尽きてない、必要ならさらなる行動可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「弾切れはない。必要ならさらに行動できる」「失業率は20-25%がピークとの見通しは正しい」
・パウエルFRB議長が、米経済は新型コロナウイルスのパンデミックから回復するが、その過程は2021年の終わりまで長引く可能性があるほか、ワクチンの有無に左右されるとの見方を示したと報じている。

[2020-05-14][NP     HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長が、ムニューチン財務長官とともに19日に上院銀行委員会で証言を行うことがわかった。

[2020-05-13][NP+1.0 HDP +1.6 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「見通しは極めて不透明、下向きのリスクが大きい」「新型コロナの感染拡大で長期の経済的打撃への懸念が高まった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「恒久的打撃限定で財政による追加支援は価値ある代償」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「危機終了まであらゆる手段を行使する。回復は順調」「景気悪化の長期化回避のため追加政策が必要となる可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「マイナス金利に対するFOMCの見解は変わらず」「マイナス金利は現時点で検討対象ではない」

[2020-04-30][NP     HDP +1.8 CHDP -0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「次の雇用統計で失業率は二桁台になる可能性」「製造業は4月よりもさらに落ち込む可能性」「経済活動は第2四半期に前例のないペースで低下する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「公衆衛生危機で甚大な損害」「公衆衛生危機への強力な対応で経済の大半が停滞」「景気の落ち込み度合いは政府の医療、政策対応次第」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの対応で市場機能は改善した。資産購入ペースは減速」「追加措置が必要になる可能性は高い」

[2020-04-10][NP     HDP +1.8 CHDP -0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長は参加したオンラインイベントで、新型コロナウイルスの感染拡大によるダメージから米経済が完全に回復し始めるまで、FRBは利用可能なあらゆる手段を使い続けるとの姿勢を示した。

[2020-04-04][NP     HDP +1.8 CHDP -0.1 RHDP +0.0 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長が2月にトランプ大統領と2回にわたり電話会談を行っていたことが、公表されたスケジュール表から明らかになったと報じている。初めの電話会談は2月7日に30分程度行われ、2回目は新型コロナウイルス感染拡大による米経済への影響が一時的ではない可能性が明らかになってきた2月26日に行われていた。

(最終更新日時 2020-05-31 12:10)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース