ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-03][NP+6.0 HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率を2%の目標に戻すことに強く取り組む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「しばらくの間、制限的な政策スタンスが必要になるだろう」「米経済は昨年から大きく減速している」「雇用市場は依然として非常にひっ迫」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は依然として目標を大幅に上回っている」「金融環境が大幅に引き締まり、その効果が現れているが、効果が完全に現れるには時間がかかるだろう」「ある時点で、利上げペースを緩めることが適切となる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最終的な金利水準は従来の想定よりも高くなった」「政策金利の道のりはまだ残されている」「利上げ減速の時期は早ければ次回会合となる可能性がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「実質金利がプラスになるような政策金利が望ましい」「今回の会合で利上げを減速させることについて議論した」「利上げ停止を考えるのは非常に時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「引き締めが不十分であればインフレが定着してしまうリスクが生じる」「まだ道のりは長い、金利引き上げでカバーすべき範囲は残っている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2022-12-01][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利のピークは9月の見通しを上回る可能性が強い」「利上げペースを緩める時期、早くて12月に利上げ減速も」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利のピークは9月時点の予想よりいくぶん高いだろう」「景気を抑制する政策は当面の間必要となるだろう」「利上げペースを緩める時期は早ければ12月となる可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げペースを緩めることは理にかなっている」「物価安定の回復にはまだ長い道のりがある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「10月のインフレデータは驚き。インフレが実際に低下しているという安心感を与えるにはより多くの証拠が必要」「インフレの先行きは依然として非常に不確実」

[2022-11-03][NP+6.0 HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率を2%の目標に戻すことに強く取り組む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「しばらくの間、制限的な政策スタンスが必要になるだろう」「米経済は昨年から大きく減速している」「雇用市場は依然として非常にひっ迫」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は依然として目標を大幅に上回っている」「金融環境が大幅に引き締まり、その効果が現れているが、効果が完全に現れるには時間がかかるだろう」「ある時点で、利上げペースを緩めることが適切となる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最終的な金利水準は従来の想定よりも高くなった」「政策金利の道のりはまだ残されている」「利上げ減速の時期は早ければ次回会合となる可能性がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「実質金利がプラスになるような政策金利が望ましい」「今回の会合で利上げを減速させることについて議論した」「利上げ停止を考えるのは非常に時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「引き締めが不十分であればインフレが定着してしまうリスクが生じる」「まだ道のりは長い、金利引き上げでカバーすべき範囲は残っている」

[2022-11-02][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる金融当局は1、2日両日開催の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で、4会合連続となる0.75ポイントの大幅利上げを決める見通しだ。パウエル議長はインフレ抑制に向けた断固たるメッセージを繰り返すと見込まれる一方、必ずしも緩和姿勢にはまだ転換することなく、利上げペースを落とす可能性に道を開く可能性がある。

[2022-09-27][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.2]
・FRBのパウエル議長は参加したオンライン討論会で、デジタル金融資産について、公平な競争環境を確保し消費者を保護するために適切な規制が必要との見解を示した。

[2022-09-24][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは有する手段を使うことにコミット」「FRBは例外的で異常な混乱に対処している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日のイベントでFRBの仕組みについてのみ発言し、金融政策には言及しなかった。パウエル氏のあいさつが終了するとダウ平均は再び700ドル超下落している。
・パウエルFRB議長「我々は引き続き比類のない経済の混乱に取り組んでいる」

[2022-09-22][NP     HDP +0.9 CHDP +0.0 RHDP -1.7 CRHDP +0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率を2%の目標に戻すことに強く取り組む」「FRBには手段があり、価格の安定性を回復することを決意」「FRBは十分に制限的な水準へ金利を戻していく」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場はより良いバランスになると予想」「住宅市場は大幅に鈍化」「2021年の力強い成長以来、経済は減速」「成長の鈍化にもかかわらず、労働市場は非常にタイト」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「いつか利上げペースを落とすのが適切になるだろう」「インフレ率の低下には雇用と成長の鈍化が必要になる可能性」「今後の利上げペースは経済次第」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場がある程度鈍化する可能性はかなり高い」「これまでのところ、労働市場の冷え込みの兆しはわずか」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「このプロセスが景気後退(リセッション)につながるかどうかは誰にも分からない」「いつか利上げペースを落として効果を見極める可能性ある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「MBSを近く売却する可能性は検討していない」「痛みなくインフレを退治する方法はない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「住宅市場は調整局面を通過する必要があるだろう」

[2022-09-08][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「パンデミックが労働力規模の縮小の一因となった」「パンデミックが供給抑制の一因となった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBはインフレが低下するまで行動を維持する必要」「パンデミックがなければインフレ急上昇は起こらなかった」「FRBはインフレの社会的コストを回避するために今すぐ行動する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「早急な緩和のリスクを歴史が警告」「インフレ調整が完了するまでFRBは直ちに行動する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレを抑えることに強くコミット」「インフレ期待が固定されたままであることが非常に重要」「労働力は依然として非常に強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済上必要ならバランスシートのランオフの調整を用意」「米財政は近く持続可能な軌道に回帰する必要がある」

[2022-09-07][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる金融当局で、政策金利をどこまで引き上げるかの議論が繰り広げられる現状にあって、景気の加速も減速も招かない中立金利の捉え方に変化が生じている。

[2022-08-26][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「9月の利上げ幅は完全にデータ次第」「景気抑制の政策は一定期間必要になる可能性」「早急な緩和のリスクを歴史が警告」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「7月のインフレ率低下は歓迎。ただ、FRBがインフレ率の低下に自信を持つに必要な水準には達していない」「労働条件がいくらか緩和され、家計にいくらかの苦痛が生じる可能性が非常に高い」「高インフレが長引けば長引くほど、定着する可能性が高まる」

[2022-08-24][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、過去1週間の米金融市場のメッセージは、パウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長が26日のジャクソンホール会合(カンザスシティー連銀主催の年次シンポジウム)の講演で、ボルカー元FRB議長のように、インフレ抑制に向けて大幅な利上げ継続方針を打ち出すというものだ。

(最終更新日時 2022-12-02 18:11)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース