ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +2.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.5(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-19][NP+2.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は良い状態が継続」「利下げはリスクに対する保険」「インフレ率は依然として2%に上昇すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今後の政策方針は経済の進展次第」「金利は事前に設定されたものではない。確実に今日の決定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「短期金利の上昇は、法人税支払いと債券償還によるもの」「FRBのレポ実施は効果的だった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「通商政策を巡る緊張は一進一退」「インフレ圧力は明らかに抑制されている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界経済と貿易摩擦を巡る状況は一段と悪化」「経済が弱まれば、より大幅な利下げが必要になる可能性もある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「危機の時でさえ、FRBがマイナス金利を使用するとは思わない」「現状では抑えた金利調整が必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「(今週の短期金利上昇について)あれほど強い市場の反応は予想せず」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「(流動性ひっ迫について)FRBには圧力に対処する手段ある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々が十分だと考えた時点で利下げを停止する」「不透明性が存在し、予想より早くバランスシートを拡大する可能性も」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2019-12-12][NP-3.0 HDP +2.0 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済見通しは依然として好ましい」「家計セクターは堅調。緩やかな経済成長が続くと想定」「雇用市場は引き続き堅調な見通し」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今年の利下げで米経済見通しを維持」「現在の金融政策スタンスは引き続き適切である可能性」「見通しの重大な変更に応じて対処していく」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げの必要性、1990年代半ばの利下げサイクル時より低い」「利上げには著しく持続性のあるインフレ加速が必要」
・パウエルFRB議長「雇用最大化達成のために金融緩和策を講じることに伴うリスクは少ない」「3回の利下げの効果が完全に表れるには時間がかかる」

[2019-11-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は当局目標を首尾良く支える状態」「経済が順調に推移なら政策は適切」「見通し変化なら政策も変更」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現在の金融政策は適切」「金融政策は力強い労働市場を支えるのに適切」「景気の見通しに大きな修正が必要になれば適切に対応する」

[2019-11-19][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は18日、トランプ大統領およびムニューチン財務長官とホワイトハウスで会談し、景気や経済成長、雇用、インフレについて話し合った。米金融当局が発表した。ホワイトハウスがFRB批判を続ける中で、パウエル議長とトランプ大統領が直接顔を合わせて会談したのは今年2回目。

[2019-11-15][NP+1.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は持続的な拡大の可能性が高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済成長よりも速いスピードで拡大する米国の債務は持続不可能」「時間がたつほどに米国は負債の利息に税金を投入することになる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米債務は経済より速く拡大しており持続不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「他の景気サイクルに見られた警告シグナルは見られない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は強い労働市場から上向きの圧力を受けていない」「低インフレは経済の過熱の兆候を示していない」

[2019-11-14][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場が過熱しすぎているというシグナルは出ていない」「インフレは横ばい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「高いインフレよりも低いインフレのほうがリスク」「低金利は政府が赤字を無視できることを意味しない」「国債は経済よりも急速に拡大」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「高インフレよりも低インフレのリスクのほうが大きい」「低金利だから、政府が負債を無視してよいというわけではない」「国債の増加は持続不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現時点でマイナス金利は適切ではない」「FRBは政治的な要因で政策を考慮しない」「政策はデータに依存しており、適切に機能している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「政策は指標次第」

[2019-11-13][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気の基本見通しは楽観的だが、注目に値すべきリスクが残る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が軌道を維持する限り現行政策は適切」「基本的な見通しは良好だが留意するべきリスクもある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気悪化時は財政政策による支援が重要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気悪化の時には財政政策による支援が重要に」

[2019-10-31][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「FEDは事実に基づき最良の意思決定を行う」「FEDはリスクに対する保険的な意味で利下げを行った」「金融政策は良い場所にあると確信」
・パウエルFRB議長「米経済は緩やかに拡大すると引き続き予想している」「事業投資や輸出、製造業に弱さがみられる」
・パウエルFRB議長「インフレ圧力は依然として中立」「インフレは2%に上昇すると予想」
・パウエルFRB議長「世界的な経済成長や貿易が依然としてリスク」「金利に関する見方はこの1年で大きく変化」
・パウエルFRB議長「現在の金融政策は適切であり続ける公算が高い」「今回の利下げは米景気を大きく下支えする」「金融政策に前もって決まったコースはない」
・パウエルFRB議長「利下げはリスクがある中で追加的な保険に」「将来、利上げが適切になる時期があるだろう」
・パウエルFRB議長「見通しがFEDの想定内であるなら現行政策は適切」「現時点で利上げは考えていない」「利上げには著しいインフレ率上昇が必要になる」

[2019-10-09][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.3 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは適切に行動する」「中長期的に準備供給を拡大する措置を近く発表する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「政策は事前に決められたコースではなく適宜変更される」「会合ごとに見通しとリスクを評価する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「準備供給拡大と量的緩和(QE)を混同しないように。これは技術的な問題」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがマイナス金利を利用する可能性は少ない」「必要とあれば非伝統的手段を再度利用する可能性も」

[2019-10-05][NP     HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済はリスクを抱えているものの全体的に良好な状態にある」「我々の政策や手段は効果を維持している」「インフレは目標の2%に近づいているものの、やや下回っている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はもう少しインフレを高くしたい」「我々はインフレを2%に回復させる必要がある」

[2019-09-19][NP+2.0 HDP +2.3 CHDP +0.0 RHDP +1.4 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は良い状態が継続」「利下げはリスクに対する保険」「インフレ率は依然として2%に上昇すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今後の政策方針は経済の進展次第」「金利は事前に設定されたものではない。確実に今日の決定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「短期金利の上昇は、法人税支払いと債券償還によるもの」「FRBのレポ実施は効果的だった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「通商政策を巡る緊張は一進一退」「インフレ圧力は明らかに抑制されている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界経済と貿易摩擦を巡る状況は一段と悪化」「経済が弱まれば、より大幅な利下げが必要になる可能性もある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「危機の時でさえ、FRBがマイナス金利を使用するとは思わない」「現状では抑えた金利調整が必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「(今週の短期金利上昇について)あれほど強い市場の反応は予想せず」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「(流動性ひっ迫について)FRBには圧力に対処する手段ある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々が十分だと考えた時点で利下げを停止する」「不透明性が存在し、予想より早くバランスシートを拡大する可能性も」

(最終更新日時 2019-12-13 12:09)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース