ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-12-02][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「賃金は大幅に上昇」「現行のインフレは依然パンデミック絡み」
・パウエルFRB議長「賃金の伸び、問題のあるペースだとは思わない」「多くのエコノミスト、インフレは2022年下半期に低下すると予想」
・パウエルFRB議長「持続的な高インフレリスクは明らかに上昇」「サプライチェーン問題はインフレの著しい要因」
・パウエルFRB議長「インフレが一時的とはもはや見ていない」「高インフレリスクは上昇した」
・パウエルFRB議長「インフレは想定より持続」「FRBはインフレリスクの上昇に対応」
・パウエルFRB議長「テーパーが市場の混乱イベントとなるべきではなく、なっていない」「12月FOMCでテーパリングを早めることを検討することが適切」
・パウエルFRB議長「米財政は持続可能な軌道に戻らなくてはならない」「インフレは低下すると予想しているが確実ではない」
・SMBC日興証券では、パウエルFRB議長が11月30日にテーパリングの加速を検討すべきと述べたにも関わらず、これを受けて米長期金利が前日から低下したことについて、今後の金融引き締めで景気が悪化するとみていることが背景にあると考えている。将来のFF金利予想をみると、5年後で1.5%であり、これは利上げ完了後の完全雇用下の長期金利が1.5%程度あることを示唆するとのこと。ただ、この金利水準は、米国の潜在GDP成長率がマイナスであることを意味しており、にわかには信じ難いとコメント。米国経済の潜在成長率がマイナスでなければ、金利上昇の余地はまだあると考えている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2021-12-02][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「賃金は大幅に上昇」「現行のインフレは依然パンデミック絡み」
・パウエルFRB議長「賃金の伸び、問題のあるペースだとは思わない」「多くのエコノミスト、インフレは2022年下半期に低下すると予想」
・パウエルFRB議長「持続的な高インフレリスクは明らかに上昇」「サプライチェーン問題はインフレの著しい要因」
・パウエルFRB議長「インフレが一時的とはもはや見ていない」「高インフレリスクは上昇した」
・パウエルFRB議長「インフレは想定より持続」「FRBはインフレリスクの上昇に対応」
・パウエルFRB議長「テーパーが市場の混乱イベントとなるべきではなく、なっていない」「12月FOMCでテーパリングを早めることを検討することが適切」
・パウエルFRB議長「米財政は持続可能な軌道に戻らなくてはならない」「インフレは低下すると予想しているが確実ではない」
・SMBC日興証券では、パウエルFRB議長が11月30日にテーパリングの加速を検討すべきと述べたにも関わらず、これを受けて米長期金利が前日から低下したことについて、今後の金融引き締めで景気が悪化するとみていることが背景にあると考えている。将来のFF金利予想をみると、5年後で1.5%であり、これは利上げ完了後の完全雇用下の長期金利が1.5%程度あることを示唆するとのこと。ただ、この金利水準は、米国の潜在GDP成長率がマイナスであることを意味しており、にわかには信じ難いとコメント。米国経済の潜在成長率がマイナスでなければ、金利上昇の余地はまだあると考えている。

[2021-12-01][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「物価上昇はここ数カ月でかなり広がった」「インフレ高進のリスクは高まった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレに関する一過性という表現を止めるときがきた」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働参加率の回復にはかなりの時間が要する可能性」「労働参加率が横ばいなのは非常に驚き」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ高進が定着しないように手段を講じる」「来年中頃にかけて高インフレが予想される」「持続的なインフレが実現するリスクが増大」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「数カ月早いテーパリングの終了を検討することが可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ巡り供給サイドの問題を予測しなかった」「テーパリング終了前倒しの是非を議論するのは適切」
・パウエルFRB議長「資産購入を通じた支援の必要性は明白に低下した」「FEDは2022年の後半にインフレが沈静化すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ予測で見逃していたのはサプライチェーンの制約」「インフレ圧力は2022年後半には落ち着くと予想、しかしながら予測には非常に不確実性がある」

[2021-11-30][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の事前原稿では、経済や金融政策についての言及はなかった。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「新型コロナウイルスの変異型『オミクロン株』はインフレの不確実性を増大させる」「オミクロン株は経済、雇用に下振れリスクをもたらす」「FRBはインフレが定着することを阻止するため手段を講じる」「インフレを加速させる要因は2022年にかけて継続」

[2021-11-10][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・FRBのパウエル議長は、労働市場に参加していない労働者に焦点を当てることの重要性を強調し、経済がどの程度完全雇用に近づいているか推し量るためにFRBは幅広い指標を精査すると述べた。

[2021-11-09][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「パンデミックは経済の不均衡を拡大させた」
・パウエルFRB議長「パンデミック、女性労働者に最も影響を与えた。労働市場に復帰が不可能な人も」
・FRBのパウエル議長は、参加したオンライン会議で、新型コロナウイルスの感染拡大で引き起こされた景気後退で、失業したのは男性よりも女性の方が多かったとし、米経済が潜在能力を十分に発揮するにはジェンダーギャップの解消が重要になるとの考えを示した。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは労働市場の表明指標よりも不均衡に注視している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBはヘッドラインの数字だけでなく、労働市場の格差にも注意を払っている」「可能な限り多くの人が働くことができれば、経済はより強くなる」(金融政策について言及せず)

[2021-11-08][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が間もなく再任されるとの観測が高まっている。しかし、仮に二番手の候補者であるブレイナード理事が議長に就任した場合でも、金融政策は現状とほぼ見分けがつかないだろう。賭けサイトでは4日夜、パウエル氏再任の確率が80%を超え、ブレイナード氏指名の確率は10%未満に下がった。パウエル氏がホワイトハウスを訪問したとの報道が飛び交った後のことだ。しかし、バイデン政権がパウエル氏の再任を見送った場合、最も有力な後任候補がブレイナード氏であることに変わりない。

[2021-11-04][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「経済は目標に向けて前進した」「FOMCは引き続きリスクに注意」「テーパリングでも、FRBの金融政策は引き続き経済に強い支援を供給する」
・パウエルFRB議長「供給と需要の不均衡が物価上昇に貢献」「サプライチェーンの混乱は想定以上に長引いている」
・パウエルFRB議長「会合の焦点は資産購入の縮小、利上げではない」「インフレへの対応を躊躇しない」「利上げに関し、FRBは辛抱強くなれる」「今は利上げの時期ではない」
・パウエルFRB議長「物価と賃金のスパイラル的上昇を確認していない」「一過性とは、恒久的な物価上昇ではないことを意味する」
・パウエルFRB議長「経済は引き続き新型コロナパンデミックによる影響をかなり受けている」「我々は金融政策において立ち遅れていない、良い位置にある」
・パウエルFRB議長「金融緩和は遅行でより経済活動をけん引」

[2021-10-23][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「非常に強弱まちまちな回復」「供給混乱、2022年まで続く可能性が強い」「供給サイドの混乱は悪化している」
・パウエルFRB議長「高インフレ、想定以上に長期化する可能性が強い」「我々はテーパーを開始し、2022年中旬に終了する道のり」「もし、インフレ期待が高まる深刻なリスクが見られれば利上げする可能性も」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは目標をはるかに上回っている」「利上げは時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「テーパリングを開始する時期がきた」「テーパリングは開始するべきだが利上げの時期ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレが弱まるまでにどれ程時間がかかるか分からない」「インフレを注意深く監視し適切に対処」「我々の政策は良好な位置にある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場が来年最大雇用達する可能性」

[2021-10-12][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・東海東京調査センターでは米国株リポートの中で、パウエルFRB議長の去就が注目されていることについて触れている。バイデン大統領は、9月にも来年2月に任期満了を迎えるパウエル議長の後任指名を行うとみられていたが、先送りされた形となっている。こうした中、市場の一部には、クオールズ副議長の任期満了日である今週13日(水)に、正副議長の人事が同時に発表されるのではないかとの見方が広がっているとのこと。以前はパウエル議長の再選というのがコンセンサスだったが、ここにきてリーダーとしての資質や監督責任を巡る批判が高まっているもよう。仮にパウエル議長が再任されない場合には、後任としてブレイナード理事の選出が最有力視されていると東海東京ではコメントしている。

[2021-10-01][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要ならFRBは手段を講じて高インフレを抑制する」「インフレ期待は中期的に2%のインフレ目標とほぼ一致」

(最終更新日時 2021-12-04 12:27)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース