ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-30][NP-4.0 HDP +1.0 CHDP -0.1 RHDP -2.0 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「4-6月期のGDPは過去最大の落ち込みなる公算大」
・パウエルFRB議長「設備投資の指標はまだ回復を示していない」「失業の増加は特に低賃金労働者、女性、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニックにとって深刻」「経済の道筋は並外れて不確実」
・パウエルFRB議長「力強い経済が回復するまでツールを使う」「コロナ感染抑止へ新たな段階に入った」「資金の流れを維持することは、回復に不可欠」
・パウエルFRB議長「直接的な財政支援が必要」「回復には継続的な金融および財政的支援が必要」
・パウエルFRB議長「利上げを考えることを考えてさえいない」「必要ならフォワードガイダンスと資産購入の調整可能」
・パウエルFRB議長「財政政策は現状不可欠」「社会的距離の維持と速やかな経済再開は両立可能」
・パウエルFRB議長「労働市場の改善には長い時間がかかる」「成長ペースは今後鈍化するだろう」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

[2020-07-30][NP-4.0 HDP +1.0 CHDP -0.1 RHDP -2.0 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「4-6月期のGDPは過去最大の落ち込みなる公算大」
・パウエルFRB議長「設備投資の指標はまだ回復を示していない」「失業の増加は特に低賃金労働者、女性、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニックにとって深刻」「経済の道筋は並外れて不確実」
・パウエルFRB議長「力強い経済が回復するまでツールを使う」「コロナ感染抑止へ新たな段階に入った」「資金の流れを維持することは、回復に不可欠」
・パウエルFRB議長「直接的な財政支援が必要」「回復には継続的な金融および財政的支援が必要」
・パウエルFRB議長「利上げを考えることを考えてさえいない」「必要ならフォワードガイダンスと資産購入の調整可能」
・パウエルFRB議長「財政政策は現状不可欠」「社会的距離の維持と速やかな経済再開は両立可能」
・パウエルFRB議長「労働市場の改善には長い時間がかかる」「成長ペースは今後鈍化するだろう」

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2020-07-30][NP-4.0 HDP +1.0 CHDP -0.1 RHDP -2.0 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「4-6月期のGDPは過去最大の落ち込みなる公算大」
・パウエルFRB議長「設備投資の指標はまだ回復を示していない」「失業の増加は特に低賃金労働者、女性、アフリカ系アメリカ人、ヒスパニックにとって深刻」「経済の道筋は並外れて不確実」
・パウエルFRB議長「力強い経済が回復するまでツールを使う」「コロナ感染抑止へ新たな段階に入った」「資金の流れを維持することは、回復に不可欠」
・パウエルFRB議長「直接的な財政支援が必要」「回復には継続的な金融および財政的支援が必要」
・パウエルFRB議長「利上げを考えることを考えてさえいない」「必要ならフォワードガイダンスと資産購入の調整可能」
・パウエルFRB議長「財政政策は現状不可欠」「社会的距離の維持と速やかな経済再開は両立可能」
・パウエルFRB議長「労働市場の改善には長い時間がかかる」「成長ペースは今後鈍化するだろう」

[2020-07-03][NP     HDP +1.2 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、トルコリラ急落局面だった5月に、ウイサル・トルコ中銀総裁と電話で会談していたという。FRBが2日に公表した記録により明らかになった。

[2020-07-01][NP     HDP +1.2 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「銀行システムは非常に強固」「財政上の問題について財務長官に委任」「経済の道のりは非常に不透明」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ウイルス第2波は信頼低下につながる可能性も」

[2020-06-30][NP     HDP +1.2 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長(30日の米下院金融委員会での証言原稿)「今後の経路は極めて不確実。新型コロナウイルス次第」「人々が安全を確信するまで完全な回復はないと予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長(30日の米下院金融委員会での証言原稿)「公表されたデータは活動再開を示唆し始めている」「経済は予想より早期に新たな段階に入った」
・米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は29日、景気後退の底打ちの兆しがみえる米経済の「新たな課題」として「新型コロナウイルス感染症を抑制し続ける必要性」を挙げた。米国内では早期に規制を緩和した南部や西部州を中心に感染が再び拡大しており、経済への影響に対する懸念を表明した。

[2020-06-20][NP     HDP +1.2 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長「米国は回復するが時間と労力がかかる」「ウィルス流行以前の堅実な経済が依然として一部に残されている」「パンデミックは長年の経済的不平等を暴露した」

[2020-06-18][NP+1.0 HDP +1.2 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長 「2500万人が失業しており、早過ぎる財政支援の解消は懸念に」「失業者や小企業にとり財政支援は賢明」
・パウエルFRB議長「FRBは米国にとりマイナス金利が適切だと考えていない」「YCCの導入に関して決定はしていない」
・パウエルFRB議長「市場が安定したらいずれ、FRBはETF購入を取りやめ」
・パウエルFRB議長「7月にかけて強い雇用の増加が予想される」「米国経済は回復開始の初期段階」
・パウエルFRB議長「FRBは長期にわたり手段を解消することは考えない」「バランスシート縮小を検討するには、当分かかる」

[2020-06-17][NP     HDP +1.2 CHDP -0.1 RHDP -1.5 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長「FRBは必要である限り、緩和策を供給していく」
・パウエルFRB議長「米国経済は強く、米国債には多くの需要がある」
・米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は16日の米上院委員会で、「米国は基軸通貨国で、大いに国債発行能力がある。財政悪化を懸念するのではなく、今は歳出増で経済再生を優先すべきだ」と主張した。早期の財政立て直しを意識する米議会に対して、追加の新型コロナウイルス対策を求めた発言だ。

[2020-06-16][NP     HDP +1.2 CHDP -0.1 RHDP -1.5 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長は16日、上院銀行委員会においてバーチャル形式で半年に一度の議会証言を行う。公表された証言テキストは「回復の時期と強さは著しく不透明」、「景気軌道に乗るまでゼロ付近の金利維持すると再表明」などとなっている。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気回復の時期や強さについて著しい不透明感がある」「景気が軌道に乗るまでゼロ%近辺の金利を維持する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレはしばらくの間目標を下回り続けるだろう」「長期的なインフレ期待はかなり安定している」
・パウエルFRB議長「経済封鎖による景気の悪化は底入れした可能性も」
・パウエルFRB議長「経済の再開が大きな雇用の伸びにつながった」「雇用は危機前の水準を大幅に下回る」
・パウエルFRB議長「大きな雇用の拡大を予想するが回復には時間がかかる」「バランスシートの縮小は考えていない」
・パウエルFRB議長「もし、市場機能が引き続き改善したら、社債購入プログラムを縮小」
・パウエルFRB議長「米国にとりマイナス金利は魅力的ではないとほぼ判断している」「FRBは必要である限り、緩和策を供給していく」
・パウエルFRB議長「米国経済は強く、米国債には多くの需要がある」

[2020-06-15][NP     HDP +1.3 CHDP -0.1 RHDP -1.4 CRHDP -0.2]
・パウエル米FRB議長が半年に1度の議会証言を行う。16日に上院銀行委員会、17日に下院金融委員会で予定されている。

[2020-06-11][NP     HDP +1.3 CHDP -0.1 RHDP -1.4 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用統計が予想外に好調」「FEDは必要なだけのツールを使用することを約束」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今四半期のGDPは過去最大の落ち込みとなるだろう」「米労働省の失業率は失業を十分反映していない可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済を支援するためにあらゆる手段を行使することにコミット」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要なら債券購入を調整する用意」「イールドカーブ・コントロール(YCC)導入についてはまだ答えが出ていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「物価上昇率押し上げる能力について謙虚であるべき」「5月の雇用統計は歓迎すべきサプライズ」「金利の引き上げは考えていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げについては考えていない」「物価上昇率押し上げ能力については謙虚となる必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2200万から2400万人の失業者が雇用復帰する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「数百万人がしばらく失業する状況も」「低賃金労働者を再び支援できるようにしたい」「労働市場、5月に底打ちしたかどうかは不明」

(最終更新日時 2020-07-31 11:17)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース