ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-07-16][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレの上振れは予想よりも大きい」「インフレ期待が許容範囲を超えた場合は対応する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融市場の状況は非常に緩和的」「時折、市場は泡立っていると感じる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2021-07-16][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレの上振れは予想よりも大きい」「インフレ期待が許容範囲を超えた場合は対応する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融市場の状況は非常に緩和的」「時折、市場は泡立っていると感じる」

[2021-07-15][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用の回復はまだ道半ば」「住宅価格は高騰している」「住宅価格の上昇は無責任な貸し出しによるものではない」「より多くの住宅供給は住宅価格の上昇を緩和するだろう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「入手したインフレデータは予想よりも高かった」「FRBは高インフレの状況を非常に注意深く監視」「テーパリングについては今後数週間で再度協議する予定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「物価上昇で予想が大きく崩れた場合、FRBは金融政策を変更する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「大規模緩和策は引き続き適切」「経済は最大雇用とはほど遠い」「テーパリングへ向けたテストは適切」
・パウエルFRB議長「今のインフレ率は2%を緩やかでなく大幅に上回っている」「長期的な利回りを予測するのは非常に難しい」「適切な支出によるインフラ投資は経済の潜在力を高める」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCは国債やMBS買い入れについて今後数週間で協議する予定」「テーパリングを始めるために新たな労働力参加の傾向を理解する必要はない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は2%をはるかに上回っている」「2%をはるかに超えるインフレはいいとは思わない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「債務は持続可能な軌道に戻る必要」「我々はインフレ期待を注意深く監視」

[2021-07-14][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「一段の顕著な進展には程遠い」「FOMCは今後数会合で債券購入の議論継続へ」
・パウエルFRB議長「FOMCは今後数会合で債券購入の議論継続へ」

[2021-07-07][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長は、14日下院金融サービス委員会で証言を行う。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は14日に米下院金融サービス委員会の公聴会で金融政策や経済情勢に関する半期に一度の証言を行う。

[2021-06-17][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「急速な成長の多くは、落ち込んだレベルからの跳ね返りを反映」「景気回復は不完全であり見通しにリスク残る」「雇用は引き続き回復するが、持ち直しは一様でない」
・パウエルFRB議長「インフレはここ数ヶ月で著しく上昇」「供給のボトルネックが予想よりも大きくなっている」
・パウエルFRB議長「インフレ率は想定よりも高く、長期化する可能性がある」「インフレ率は今後、高止まりしたあと、低下する可能性」「インフレ率、長期期待インフレ率が大幅、持続的に上昇すれば政策調整」
・パウエルFRB議長「インフレは過去数ヶ月で予想を上回った」「長期的なインフレ期待はインフレにとって重要なこと」「インフレ率の押し上げは一時的とみられる」
・パウエルFRB議長「利上げはFOMCの焦点ではない」「一段と顕著な進展はかなり遠い」「今回は議論することについて議論する会合だった」「次回会合から進展具合の評価を始める」
・パウエルFRB議長「インフレ期待は上昇する可能性がある」「FEDは政策対応の遅れに直面している状況にない」「FEDは価格圧力が一時的であると考えている」
・パウエルFRB議長「テーパリングへの市場反応回避へ可能な行動を取る」

[2021-05-21][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「デジタル通貨に関して夏にリポートを公表する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国のデジタル通貨巡りFEDは今夏にリポート公表」「FEDは中央銀行デジタル通貨を前進させるかを決定していない」「中央銀行デジタル通貨は現金を置き換えるのではなく、補完するもの」

[2021-05-05][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグは、パウエルFRB議長を再任させる是非をめぐり、バイデン米大統領の上級経済顧問である経済諮問委員会(CEA)のバーンスタイン委員が、新議長選出は入念な「プロセス」を経て決定されると述べ、明確な発言を避けたと報じている。パウエル氏のFRB議長としての任期は来年2月に満了となる。

[2021-05-04][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済の見通しは明るくなったが、危機を脱したわけではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は再開され、より強力な経済活動と雇用創出をもたらしている」「米国経済は、全ての人が繁栄に貢献し恩恵を受けることができて初めて、可能性を最大限に発揮することができる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDの政治独立性、米国に貢献」「FEDはインフレに対処する手段がある」「デジタルドル発行には極めて難しい政策的課題がある」

[2021-04-29][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「回復は依然として不均衡、完全な状態からは程遠い」「失業率は依然として高い水準にある」「消費が物価を押し上げるものの、一時的なものだろう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ワクチン接種継続で今年後半には経済はより正常な状況に向かうだろう」「今年の一時的な物価上昇は利上げ要件を満たさないだろう」「テーパリングについて議論する時期ではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ期待が2%を超えてくればFRBは手段を行使する」「インフレ抑制のためにFRBが行動することについて疑うべきではない」

[2021-04-21][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長(米上院議員からの書簡に対する返答で)「低インフレは家計や企業に害を及ぼす」「FRBは2つの責務に取り組んでいる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「高インフレは予想していないが、1970年代のタイプのインフレが発生した場合は対処するための手段がある」「回復が強まっている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「来年のインフレは小幅に上昇」「FEDは高インフレを望んでいない」

(最終更新日時 2021-07-17 12:30)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース