ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-18][NP+6.0 HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがインフレ抑制に焦点を当てる時期であると我々は知っている」「インフレを2%に戻すことに焦点を当てた」「利上げ継続は適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が予測通りなら、0.50%利上げが選択肢」「フォワードガイダンスを提示することは難しい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ減速に関する明確で説得力のある証拠が欲しい」「供給が追い付けるように成長は減速する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「より正常な水準へ迅速に金利を引き上げている。今年の第4四半期におそらく達するだろう」「多数のメンバーが今後2回の会合で0.50%の利上げを支持」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要であれば中立以上に金利を引き上げることを躊躇しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「振り返ればもっと早い利上げが適切だった可能性」「ウクライナ戦争の影響は当初の予想より長引きそうだ」「インフレは高すぎる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2022-07-28][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はインフレを抑えるために迅速に取り組んでいる」「インフレを低下させることが不可欠」「バランスシートを大幅に削減するプロセスを継続」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げのペースはデータ次第」「今後数ヶ月の間にインフレが低下する説得力のある証拠を探している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ある時点で利上げ速度を緩めることが適切であるだろう」「必要であれば、大幅利上げに躊躇しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「会合ごとに新たな判断すべき時期に来ていると思う」「直近のインフレ指標は予想より悪かった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「リセッションにはならないと考える」「金利変更についてより明確でないガイダンスを示していく」「緩みを作るために経済成長の減速が必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今、我々は中立的な立場にある」「いつ利上げを減速させるか、まだ決定していない」「金利の見通しは6月時点の予想とほぼ一致」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ソフトランディングはここ数カ月でより困難になってきている」「食料消費量の減少を実感」

[2022-07-27][NP     HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がリセッション(景気後退)指標として強調した短期フォワードスプレッドが警鐘を鳴らしている。

[2022-07-25][NP     HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.2]
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長がインフレ制御に成功すると、債券市場の関係者は信じたいようだ。

[2022-06-29][NP     HDP +0.8 CHDP +0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.2]
・パウエルFRB議長「パンデミック以降、経済は非常に違うものに」「パンデミック前の経済にもどるかどうかわからない」
・パウエルFRB議長「FRBの仕事は、新しい経済の中で価格安定を見つけること」「米国経済はかなり強い」
・パウエルFRB議長「利上げで成長を減速させる、プラス圏であることを期待」「米国経済は引き締めに耐えうる」
・パウエルFRB議長「軟着陸は可能だが、かなりの困難になる」「供給と需要の均衡改善させる必要」
・パウエルFRB議長「ウクライナ戦争がFRBの仕事を困難に」「大半、市場の予想はFRBの予想に一致」
・パウエルFRB議長「利回り曲線は現在のところ懸念する状況ではない」
・パウエルFRB議長「利回り曲線は現在のところ懸念する状況ではない」「FRBの公約を人々が理解することが非常に重要」
・パウエルFRB議長「我々の行動が行き過ぎるリスクもあるが、最大リスクではない」「最大のリスクは物価安定の修復に失敗すること」
・パウエルFRB議長「インフレ期待が引き続き低水準で推移すると確信することは最悪の間違いに」
・パウエルFRB議長「インフレをいかに理解していないことに理解を深めた」「ドル相場に我々の責務はない、金融状況のひとつ」「ドルは強い、ディスインフレ的な影響」
・パウエルFRB議長「パンデミック前の低インフレには当面戻らない」

[2022-06-24][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今になって思えばFRBはインフレを過小評価していた」「食料品や燃料費の上昇で軟着陸がより困難に」「目標はソフトランディングだが、達成はますます困難になっている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレへの対処をする中、強い労働市場が続くことは可能」 「人々は高インフレに苦しんでいる」「金融市場はうまく機能している」「失業率が上昇するリスクがある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気後退は不可避ではない」「FEDははMBSの売却について決定を下していない」
・共同通信によると、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、米国の利上げを背景とした外国為替市場でのドル高にインフレを緩和する効果があるとの見方を示した。輸入価格の抑制につながるため、ドル高を容認した形だ。米議会下院の公聴会で証言した。

[2022-06-16][NP     HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレを抑えることが不可欠」「我々は物価安定に対する決意を持っている」「我々は金利について迅速に動いている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは高すぎる」「労働市場は非常にタイト」「インフレ抑制に強くコミット」「住宅セクターの活動は軟化」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「0.75%の利上げが普通になるとは予想せず」「7月会合では0.50%か0.75%の利上げが選択肢となる公算」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ミシガン消費者マインド指数速報は強く目を引いた」「引き締め的な金利水準が必要なら引き締め的とする」「ブラックアウト期間の指標発表は非常に異例」「物価低下と強い雇用への道は見えている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々はリセッションを引き起こそうとしていない」「目標は労働市場が堅調に推移している間、インフレ率を2%まで下げること」「我々が管理していない多くの要因がそれが可能かどうかを決定する」「インフレ低下の明確な証拠がない限り、勝利宣言はしない」

[2022-05-18][NP+6.0 HDP +0.7 CHDP +0.1 RHDP -2.5 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがインフレ抑制に焦点を当てる時期であると我々は知っている」「インフレを2%に戻すことに焦点を当てた」「利上げ継続は適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が予測通りなら、0.50%利上げが選択肢」「フォワードガイダンスを提示することは難しい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ減速に関する明確で説得力のある証拠が欲しい」「供給が追い付けるように成長は減速する必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「より正常な水準へ迅速に金利を引き上げている。今年の第4四半期におそらく達するだろう」「多数のメンバーが今後2回の会合で0.50%の利上げを支持」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要であれば中立以上に金利を引き上げることを躊躇しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「振り返ればもっと早い利上げが適切だった可能性」「ウクライナ戦争の影響は当初の予想より長引きそうだ」「インフレは高すぎる」

[2022-05-13][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ソフトランディング(軟着陸)は我々のコントロール外の要因次第だろう」「今後2回の会合で0.50%の利上げは適切となる公算」
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は今後2回の連邦公開市場委員会(FOMC)会合で0.5ポイントずつ利上げするのが適切となる公算が大きいとの見解をあらためて示した。ただ経済指標次第で方針を転換する用意があるとした。

[2022-05-05][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは高すぎる」「インフレを低下させる手段を持っている」「労働市場は極端に引き締まっている」「経済の基調的な勢いは強いまま」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ロシアとウクライナの紛争は非常に不確実性が高い」「ウクライナ戦争は米国に波及する可能性が高い」「金利の継続的な上昇は適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「いかなる政策も必要ならば調整する用意」「今後2回の会合で0.50%の利上げ議題を想定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「さらなるインフレショックが起こる可能性がある」「失業率はさらに引き下がるだろう」「雇用創造は減速すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「中立金利は2-3%を想定」「0.75%の利上げは積極的に検討しているものではない」「必要ならば中立金利よりも高くなることを排除しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「量的引き締め(QT)の効果は不透明」「中立金利までは程遠い」

[2022-05-02][NP     HDP +0.6 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は4日、連邦公開市場委員会(FOMC)会合後に記者会見する。議長の発言次第では、インフレ抑制のために当局がどこまで政策金利を引き上げるかについて、投資家の予想にも大きな変化が生じる可能性がある。パウエル議長をはじめとする当局者は、年内に早急に2.5%前後の中立水準まで利上げした後は引き締めペースを緩めたい考えだが、中立水準を上回る一段と景気抑制的なスタンスが必要になるかもしれないとの見解を議長が会見で示唆すれば、それは大幅な転換と受け止められそうだ。

(最終更新日時 2022-07-29 17:36)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース