ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-03-23][NP-2.0 HDP +0.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「状況は大幅に改善されているが、経済回復は完了には程遠い」「経済回復は予想より迅速に進み、強化されているようだ」「FRBはあらゆる手段を使い経済を支援することを約束」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の道はコロナウィルスに依存」「FEDは必要な限り経済支援を提供し続ける」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「回復は完全ではなく、FEDの支援を継続する」「労働市場の状況は最近改善」「数百万の米市民が依然打撃受けている」
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日に行う議会証言で、米議会とFRBの「前例のない」支援策により、米経済は「大きく改善した」との認識を示す。同時に、完全な回復には「程遠い」として警戒感も表明する。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2021-04-15][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)「財政政策についてFRBはコメントしない」「現在の債務は十分に耐えられる水準であり、債務への懸念を最優先させるときではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)「新型コロナ感染の急拡大が主要なリスク」「22年末まで政策金利は引き上げられない可能性は高いが、データ次第ではある」

[2021-04-13][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・CBSは、パウエルFRB議長が、米投資会社アルケゴス・キャピタル・マネジメントを巡る巨額損失問題に関連し、状況を注視するとともに、国内外の規制当局とも協力しながら真相の解明に努めると表明したと報じている。

[2021-04-12][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「経済が完全に回復するまで支援を行う」「2008年の金融危機のようなリスクはかなり少ない」
・パウエルFRB議長「FRBは著しくインフレ率が2%を超えるのを望んでいない」「多くの人にとってコロナ・リセッションは終わったが、まだ何百万の人々は終わっていなく、それらの人々のことを頭に入れておかなければならない」

[2021-04-09][NP-3.0 HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエルFRB議長「3月の雇用統計は良い見通しを示すもの」「米国の景気回復はまだ不完全」「まもなく経済の完全な再開に目が向けられるだろう」「米国の回復は不均一で不完全」
・パウエルFRB議長「より持続的な雇用の拡大を見る必要がある」「量的緩和の縮小は米経済の見通しでなく実際の進展で判断」「米国での症例の増加は経済回復のリスク」
・パウエルFRB議長「パンデミックは低所得労働者を最も襲っており、FEDは非常に懸念」「900万人または1000万人のアメリカ人が失業している」「不要となるまで支援を行う」「米国経済はこれまでのところ最悪のシナリオを回避」
・パウエルFRB議長「一度の価格上昇は永続的なインフレとは言わない」「米国は25年間低インフレを経験」「より高いインフレは一時的なものになると予想」「FEDは高すぎるインフレを抑えるためのツールを持っている」「インフレ期待を注意深く監視」

[2021-03-25][NP     HDP +0.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「我々は、平均的なインフレ目標2%を強くコミットしている」

[2021-03-24][NP     HDP +0.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「(インフレのリスクについて質問されて)我々は物価安定の責務に強くコミット」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々は行き過ぎた高インフレに対処する手段ある」「インフレは今年、経済の回復とともに上昇すると予想」「将来の財政手段についてはコメントしない」
・パウエルFRB議長「インフレ率は年内に緩やかに上昇すると予想」「今年のインフレ率は大幅に上昇するが将来にわたって続くものと思わず」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「いくつかの資産はやや高い」「FEDの金融政策は適切で非常に融通が利く」「FEDはテーパリングに関して事前に告知する」「極めて緩和的な金融政策は適切」「金融安定性を注視する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利回り上昇はワクチン接種と経済成長ニュースを反映」「これまでの利回り上昇は秩序立った動き」

[2021-03-23][NP-2.0 HDP +0.7 CHDP -0.1 RHDP -2.3 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「状況は大幅に改善されているが、経済回復は完了には程遠い」「経済回復は予想より迅速に進み、強化されているようだ」「FRBはあらゆる手段を使い経済を支援することを約束」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の道はコロナウィルスに依存」「FEDは必要な限り経済支援を提供し続ける」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「回復は完全ではなく、FEDの支援を継続する」「労働市場の状況は最近改善」「数百万の米市民が依然打撃受けている」
・ロイター通信によると、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日に行う議会証言で、米議会とFRBの「前例のない」支援策により、米経済は「大きく改善した」との認識を示す。同時に、完全な回復には「程遠い」として警戒感も表明する。

[2021-03-22][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの中央銀行デジタル通貨(CBDC)プロジェクトは決定ではない」「CBDCで最初になる必要はない」「デジタルドルの実験は継続するものの、急いで採用することはない」「CBDCにはメリットあるが、重大なリスクもある」
・時事通信によると、パウエルFRB議長は、暗号資産(仮想通貨)はもっぱら投機資産、(価値が)極めて不安定といっちた見解を示した。

[2021-03-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日の講演で景気見通しや金融政策について言及しなかった。
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の先行きは明るい」「今後も必要な限りサポートを続ける」
・時事通信によると、パウエル米FRB議長は米ウォールストリート・ジャーナル紙に寄稿し、景気の完全回復には程遠い、FRBは景気を下支え続ける、という見解を示した。

[2021-03-19][NP     HDP +0.8 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はこの日の講演で景気見通しや金融政策について言及しなかった。

(最終更新日時 2021-04-16 11:41)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース