ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +1.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-05-02][NP+2.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは依然として高すぎる。2%の目標に戻すことに尽力」「経済は目標に向かって大きく前進した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレはさらなる進展の欠如を示唆」「インフレは顕著に緩和したが、依然として目標の2%を上回っている」「労働市場は依然として比較的逼迫しているが、バランスは改善している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは会合ごとに意思決定を継続する」「FRBがインフレ率の低下に自信を持てるようになるまでには、これまでの予想よりも時間がかかる可能性が高い」「短期的なインフレ期待が高まっている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利下げの確信を得るには想定より時間かかる見通し」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は時間とともに十分に抑制的になっていく」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利がピークにあるかどうかはデータ次第」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「堅調な労働市場それ自体はインフレの問題を引き起こすことはない」「次の行動が利上げになる可能性は低い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「成長もしくはインフレでスタグフレーション想定せず」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2024-05-14][NP     HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場は2019年のパンデミック以前とほぼ同じくらい逼迫」「労働市場は非常に堅調だが、より良いバランスに戻りつつある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場は徐々に冷え込む兆しが見られる」「第1四半期はインフレに関してさらなる進展が見られなかった。忍耐が必要であることが分かった」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「PPIは過熱気味とは言わないが強弱混在」「政策金利を現状維持する可能性が高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「次の行動が利上げになる可能性は低いと考える」「インフレが持続するかどうかは分からない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ低下の自信得るまでにより時間がかかりそうだ」「労働者の需要はかなり大幅に冷え込んでいる」「米国の財政政策は持続不可能な方向に進んでいる」

[2024-05-02][NP+2.0 HDP +1.0 CHDP +0.0 RHDP -1.2 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは依然として高すぎる。2%の目標に戻すことに尽力」「経済は目標に向かって大きく前進した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレはさらなる進展の欠如を示唆」「インフレは顕著に緩和したが、依然として目標の2%を上回っている」「労働市場は依然として比較的逼迫しているが、バランスは改善している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは会合ごとに意思決定を継続する」「FRBがインフレ率の低下に自信を持てるようになるまでには、これまでの予想よりも時間がかかる可能性が高い」「短期的なインフレ期待が高まっている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利下げの確信を得るには想定より時間かかる見通し」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は時間とともに十分に抑制的になっていく」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利がピークにあるかどうかはデータ次第」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「堅調な労働市場それ自体はインフレの問題を引き起こすことはない」「次の行動が利上げになる可能性は低い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「成長もしくはインフレでスタグフレーション想定せず」

[2024-04-29][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は5月1日の米連邦公開市場委員会(FOMC)の政策決定後に記者会見する。米当局が利下げに踏み切るまでの期間を見極めるため、議長の発言に注目が集まる。

[2024-04-17][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場は引き続き非常に堅調」「過去1年の米国経済は本当に非常に好調だった」「最近のデータはインフレに関してさらなる進展が見られないことを示している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米労働市場はより良いバランスに向かいつつある」「賃金圧力は徐々に緩和し続ける」「確信を得るまでにはさらに時間がかかる可能性が高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「政策の実行にさらに時間がかかるのは適切」

[2024-04-04][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FOMCには最新のデータ次第で決定する時間がある」「最近の物価指標が上振れ以上かどうかを判断するのは時期尚早」「インフレについて確信強めるまで利下げは想定していない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が予想通りに進展すれば、FOMC参加者の大半は年内に利下げが始まると見ている」「雇用の増加とインフレに関する最近の統計は予想よりも強いが、全体像は大きく変わらない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は引き締め的、需要を圧迫している」「インフレが上昇傾向に反転しているとは考えていない」

[2024-04-01][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は、当局は利下げを急いでいないと改めて表明した。インフレ抑制を示す証拠が増えるのを待ちたい考えだ。

[2024-03-30][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「本日のPCEレポートは我々の予想とほぼ一致」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済は強い、早急に利下げする必要はない」「FRBは利下げ決定について慎重になることが可能性、今後も慎重になるだろう」「昨年と同様、さらなる良好なインフレデータが必要」「利下げの前にもっと自信を持ちたい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレが低下しなければ金利を維持することも可能」「FRBは予想以上の景気悪化に対応できる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済に悪影響を与えることなくインフレを緩和する機会がある」「FRBの仕事は終わっていない。我々の目標はインフレ率2%」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBのインフレと雇用の責務に対するリスクは現在よりバランスがとれている」「金利がパンデミック以前の非常に低い水準に戻る可能性は低いだろう」「長期的に金利がどこに落ち着くかを言うのは早すぎる」

[2024-03-21][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は依然として高すぎる。今後の道筋も不透明」「FRBの目標達成へのリスクはより良いバランスに」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは引き続き2%のインフレ目標にコミット」「インフレは大幅に緩和したが、依然として高すぎる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今年のある時点で緩和を開始するのが適切」「政策金利はおそらくサイクルのピークにあると考えている」「長期インフレ期待は依然として抑制されている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「資産ランオフのペース減速は比較的早期開始が適切になる可能性」「インフレ抑制に向けて引き続き良好な進歩を遂げている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「1月のPCEおよびCPIは季節調整の影響があった可能性」「長期的に金利が高くなるかどうかは分からない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場が著しく悪化すれば、利下げを開始する理由になる」「商品価格の下落はそれほど早くないだろう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のインフレ統計はFOMCの待機姿勢を正当化」

[2024-03-18][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・ブルームバーグによると、世界の投資家は今週、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長率いる金融当局者の利下げ見通しに変化があるかや、日本銀行がマイナス金利政策解除に踏み切るか、それとも4月まで待つかなどの情報を得ることになりそうだ。

[2024-03-08][NP     HDP +1.0 CHDP +0.1 RHDP -1.6 CRHDP +0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利下げが遅くなり過ぎるリスクについて十分に認識」「経済が予想通りに推移すれば、今年中に政策の制限的な姿勢を慎重に解除し始めると考えられる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利下げに自信を持てる地点からさほど離れていない」「インフレが持続的に2%になるまでには時間がかかるだろう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBのバランスシートにMBSを持たない方が好ましい」
・日本経済新聞によると、米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は7日、米連邦議会上院で議会証言に臨んだ。11月の大統領選を控えて景気を下支えしたい与党の民主党議員らから早期の利下げを求める声が相次ぎ、共和党からはけん制する発言が出た。FRBに対する政治の圧力が強まっている。「今こそ金利を引き下げるべきだ」と、銀行・住宅・都市問題委員会の委員長を務める民主のブラウン議員はパウエル氏に詰め寄った。

(最終更新日時 2024-05-15 11:49)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース