ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-30][NP-1.0 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「コロナウイルスを含め、不確実性は残る」「我々は米国を支援するための十分な政策を行っていると信じている」
・パウエルFRB議長「現行の政策は適切」「低所得者層が職を見つけることができている」
・パウエルFRB議長「見通しに重要な変化が生じた場合、それに応じて対処」「「IOERの引き上げはテクニカルな小幅調整を意味する」
・パウエルFRB議長「昨年講じた政策の影響を注視」「金融市場の状況を引き続き注意深く監視」
・パウエルFRB議長「常時2%を下回るインフレは快適ではない」「インフレに関する表現での誤解を避けたい」「目標を下回る水準は望ましくないとの信号を送りたい」
・パウエルFRB議長「コロナウイルスの非常に深刻な問題」「ウイルスがどのように広がるかについて非常に不確か」「FEDはウイルスに関する状況を注意深く監視」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2020-02-13][NP     HDP +1.9 CHDP -0.1 RHDP +0.2 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「サイバー攻撃の脅威に焦点を当てている」「サイバー攻撃の成功は金融システムの信頼を損なう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「低金利下で景気の下降時にフォワードガイダンスやQEが必要に」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「必要なら政策手段を積極的に活用」「連邦債務の伸びをGDP成長率より低く抑える必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働参加者が一段と増える余地がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「失業率の低下や賃金の上昇が継続できない理由はない」
・パウエルFRB議長は、議会上院の銀行住宅都市委員会で「将来の景気後退期には長期資産を買い入れねばならない」と証言し、米国債などを購入する量的金融緩和策を再び採用する必要があるとの考えを示した。
・米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は12日、議会上院の銀行住宅都市委員会で「将来の景気後退期には長期資産を買い入れねばならない」と証言し、米国債などを購入する量的金融緩和策を再び採用する必要があるとの考えを示した。
・ドル円は、湖北省の新型コロナウイルス「COVID-19」感染症例が14840件増加との報道を受けて109.84円まで下落。8時51分時点では109.93円前後で推移している。

[2020-02-12][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「短期証券の購入、第2四半期まで継続へ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は非常に良好な位置にある」「コロナウィルスは米経済に影響を与える可能性があるが、まだそれを言うのは早すぎる」「米金融当局は少なくとも4月までレポオペ継続」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「第1四半期経済、新型肺炎を巡る中国の影響があるだろう」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「短期金融市場は9月以降、非常にスムースに機能している」「新型肺炎による経済への影響はまだ判断できない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「失業率はインフレを生まずに、低下することが可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気拡大に不安定や持続不能を示唆するものはない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米金融当局、デジタル通貨目指すかどうか決めていない」「米国経済における現金利用は成長を続けている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDはマイナス金利ではなく、過去に用いた手段に依存」「FEDはマイナス金利を導入しない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBはマイナス金利を導入しないことを選択」
・パウエルFRB議長が半期に一度の議会証言に臨むなか、トランプ大統領は米政策金利が高過ぎるとし、FRBを改めて批判した。さらに、パウエル議長の証言が米株価の上昇を阻害している可能性があると指摘したほか、「米国は最盛期にあるがFF金利は高過ぎ、ドルは輸出にとって有利ではない」とも述べている。

[2020-02-11][NP     HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長(議会証言原稿)「見通しへのリスクは残っている」「新型コロナウイルスの感染拡大による影響を注意深く監視」「重大な判断の見直しがなければ政策が適切である可能性が高い」

[2020-01-30][NP-1.0 HDP +2.0 CHDP +0.0 RHDP +0.3 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「コロナウイルスを含め、不確実性は残る」「我々は米国を支援するための十分な政策を行っていると信じている」
・パウエルFRB議長「現行の政策は適切」「低所得者層が職を見つけることができている」
・パウエルFRB議長「見通しに重要な変化が生じた場合、それに応じて対処」「「IOERの引き上げはテクニカルな小幅調整を意味する」
・パウエルFRB議長「昨年講じた政策の影響を注視」「金融市場の状況を引き続き注意深く監視」
・パウエルFRB議長「常時2%を下回るインフレは快適ではない」「インフレに関する表現での誤解を避けたい」「目標を下回る水準は望ましくないとの信号を送りたい」
・パウエルFRB議長「コロナウイルスの非常に深刻な問題」「ウイルスがどのように広がるかについて非常に不確か」「FEDはウイルスに関する状況を注意深く監視」

[2019-12-12][NP-3.0 HDP +2.0 CHDP -0.1 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済見通しは依然として好ましい」「家計セクターは堅調。緩やかな経済成長が続くと想定」「雇用市場は引き続き堅調な見通し」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今年の利下げで米経済見通しを維持」「現在の金融政策スタンスは引き続き適切である可能性」「見通しの重大な変更に応じて対処していく」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げの必要性、1990年代半ばの利下げサイクル時より低い」「利上げには著しく持続性のあるインフレ加速が必要」
・パウエルFRB議長「雇用最大化達成のために金融緩和策を講じることに伴うリスクは少ない」「3回の利下げの効果が完全に表れるには時間がかかる」

[2019-11-26][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は当局目標を首尾良く支える状態」「経済が順調に推移なら政策は適切」「見通し変化なら政策も変更」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現在の金融政策は適切」「金融政策は力強い労働市場を支えるのに適切」「景気の見通しに大きな修正が必要になれば適切に対応する」

[2019-11-19][NP     HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長は18日、トランプ大統領およびムニューチン財務長官とホワイトハウスで会談し、景気や経済成長、雇用、インフレについて話し合った。米金融当局が発表した。ホワイトハウスがFRB批判を続ける中で、パウエル議長とトランプ大統領が直接顔を合わせて会談したのは今年2回目。

[2019-11-15][NP+1.0 HDP +2.1 CHDP +0.0 RHDP +0.5 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は持続的な拡大の可能性が高い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済成長よりも速いスピードで拡大する米国の債務は持続不可能」「時間がたつほどに米国は負債の利息に税金を投入することになる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米債務は経済より速く拡大しており持続不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「他の景気サイクルに見られた警告シグナルは見られない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は強い労働市場から上向きの圧力を受けていない」「低インフレは経済の過熱の兆候を示していない」

[2019-11-14][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働市場が過熱しすぎているというシグナルは出ていない」「インフレは横ばい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「高いインフレよりも低いインフレのほうがリスク」「低金利は政府が赤字を無視できることを意味しない」「国債は経済よりも急速に拡大」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「高インフレよりも低インフレのリスクのほうが大きい」「低金利だから、政府が負債を無視してよいというわけではない」「国債の増加は持続不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現時点でマイナス金利は適切ではない」「FRBは政治的な要因で政策を考慮しない」「政策はデータに依存しており、適切に機能している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「政策は指標次第」

[2019-11-13][NP     HDP +2.2 CHDP +0.0 RHDP +0.9 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気の基本見通しは楽観的だが、注目に値すべきリスクが残る」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済が軌道を維持する限り現行政策は適切」「基本的な見通しは良好だが留意するべきリスクもある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気悪化時は財政政策による支援が重要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気悪化の時には財政政策による支援が重要に」

(最終更新日時 2020-02-14 12:11)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース