ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-17][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、FRBのパウエル議長が、FRB当局者の金融資産の保有と取引に関する倫理規定を抜本的に見直すよう指示したと報じている。FRB報道官が明らかにしたという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2021-09-17][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ロイターは、FRBのパウエル議長が、FRB当局者の金融資産の保有と取引に関する倫理規定を抜本的に見直すよう指示したと報じている。FRB報道官が明らかにしたという。

[2021-09-09][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は9日、パウエルFRB議長の再任、民主議員の対立深まる、と報じた。

[2021-08-30][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・東京市場は堅調か。パウエルFRB議長はジャクソンホール会合の講演で、年内のテーパリング開始が適当との見方を示した。ただし、利上げの時期に関しては明言を避けた。27日の米国株は講演内容を好感して3指数がそろって上昇。S&P500とナスダックが史上最高値を更新した。ダウ平均は242ドル高の35455ドル高で取引を終えた。ドル円は足元で109円80銭近辺で推移している。CME225先物は円建てが大証日中終値と比べて215円高の27855円、ドル建てが225円高の27865円で取引を終えた。

[2021-08-27][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「年内のテーパリング開始が適切になり得る」「テーパリングは利上げ時期を示す直接的なシグナルではない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用に関して顕著な進展があった」「重要な進展はインフレ面で満たした」「新型コロナウイルスデルタ株の拡大、注意深く点検」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「資産購入が終了しても長期債保有は緩和的な金融環境を支える」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ上昇は一時的なものである可能性」「持続的な高インフレが深刻な懸念となった場合、FRBは対応する」
・パウエルFRB議長「デルタ株は短期的なリスクに」

[2021-08-20][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・ロイター通信によると、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、米東部時間27日10時にジャクソンホール年次経済シンポジウムで経済見通しについて講演する。FRBが19日、発表した。

[2021-08-18][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「デルタ株が経済に重要な影響を与えるかどうかはまだ明確ではない」「パンデミック前の経済に簡単に戻れるわけではない」
・パウエルFRB議「デルタ株が経済に重要な影響を与えるかどうか不明」「政府の措置により、サービス関連の雇用の回復は遅い」
・パウエルFRB議長「FRBがデジタルドルを発行すべきかどうかは、挑戦的な課題」「財政政策は金融政策よりもさらに力強い」「一部に的を当てた経済支援は財政政策のみ可能」

[2021-08-11][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・有力欧米紙であるウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、パウエルFRB議長の2期目に向けて、一部の民主党議員が難色を示しているようだと報じている。なお、交代の場合、ブレイナードFRB理事の名前が候補者として挙がりそうだという。

[2021-07-30][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・米ウォールストリート・ジャーナル紙は30日、テーパリング戦略、MBS先行論にパウエル氏は難色、と報じた。

[2021-07-29][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ワクチンの進展や財政支援が経済に強力な支援を与えた」「家計支出は急速なペースで拡大した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「住宅セクターは引き続き非常に堅調、企業の設備投資は底堅い」「労働市場の状況は引き続き改善したが、なお時間がかかる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は著しく上昇」「今後数カ月は高止まりし、その後鈍化する見通し」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は引き続き長期目標を下回る見通し」「供給のボトルネックは予想よりも大規模」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは予想よりも長期化する可能性」「テーパリング時期はデータ次第」「債券購入の調整案をFOMCで精査した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げには程遠い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「新たなレポ制度創設は市場に安全策を提供」「インフレは一時的」「インフレ率は目標を大幅に上回って推移」「短期的なインフレリスクは上サイド」「インフレを極めて注意深く監視している」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「テーパリングの時期やペース・構成を巡り、初めて突っ込んだ討議をした」「テーパリングの時期巡り決定しておらず、適切な時期については様々な見方がある」

[2021-07-16][NP     HDP +0.7 CHDP +0.0 RHDP -2.3 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレの上振れは予想よりも大きい」「インフレ期待が許容範囲を超えた場合は対応する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融市場の状況は非常に緩和的」「時折、市場は泡立っていると感じる」

(最終更新日時 2021-09-18 18:24)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース