ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.7(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-21][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「企業債務の伸びは鈍化」「景気が悪化しても企業債務には大幅な悪影響はない」「景気が悪化すれば個人は逼迫に直面する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレの力学が変化したと十分認識」「通商協議の結論は分からず、判断には時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「通商問題が金融政策の道筋に影響するか判断するには時期尚早」
・パウエル米FRB議長は「米国のインフレのダイナミクスは過去数十年と異なる」「インフレ枠組み、根本的変化の基準は厳しくなる」「米国のインフレのダイナミクスは過去数十年と異なる、国際化や技術が影響」「貿易と関税が金融政策の道筋に及ぼす影響を判断するのは尚早」「最近の生産性と労働参加率、健全な供給サイドの兆候」などと発言した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2019-05-21][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「企業債務の伸びは鈍化」「景気が悪化しても企業債務には大幅な悪影響はない」「景気が悪化すれば個人は逼迫に直面する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレの力学が変化したと十分認識」「通商協議の結論は分からず、判断には時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「通商問題が金融政策の道筋に影響するか判断するには時期尚早」
・パウエル米FRB議長は「米国のインフレのダイナミクスは過去数十年と異なる」「インフレ枠組み、根本的変化の基準は厳しくなる」「米国のインフレのダイナミクスは過去数十年と異なる、国際化や技術が影響」「貿易と関税が金融政策の道筋に及ぼす影響を判断するのは尚早」「最近の生産性と労働参加率、健全な供給サイドの兆候」などと発言した。

[2019-05-10][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長は参加した会合で挨拶し、中間所得層の収入があまり伸びていないことや所得格差の拡大といった問題への取り組みが重要になるとの考えを示した。

[2019-05-09][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「中間層の収入、近年は伸び低迷」

[2019-04-12][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「中国経済の軟調が米国の経済成長見通しに影響と指摘している」
・パウエルFRB議長「金利は適正な水準」

[2019-03-21][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済は良い状況にあり、それの維持を望む」「インフレは我々の目標である2%付近にある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2019年の経済成長は2018年よりは減速するが、堅調なものとなる」「9月以降の経済指標の減速は予想より深い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済は依然良好。我々は成長維持を望む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは忍耐強くなれる」「2019年の経済成長は底堅く拡大していくと予想」「インフレは落ち着いている」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金利は広範で中立水準」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「忍耐強くとは判断を急がないことを意味する」「我々の見通しはポジティブなもの」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済の指標はまちまち」「米国経済のファンダメンタルズは依然非常に強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界経済の減速は米国への逆風となりえる」「欧州経済は実質的に減速」「ヨーロッパでのリセッションはよそしていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国の経済指標はまちまち」「米経済のファンダメンタルズは依然として非常に強い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「関税は米経済の規模からすれば相対的には小さい」「関税は企業にとって主要な懸念」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「英国のEU離脱と貿易交渉のリスクが顕在化している」「米国の成長に伴う動向を注意深く監視」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済指標は利上げ、利下げの方向性を示していない」「忍耐強くなるうえで非常に良いとき」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現段階で金融システムの脆弱性はみられていない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「弱い小売売上高を無視できない」「9月以降、バランスシートがいつまで安定した状態を保つかは不確か」「FRBはイールドカーブをフラット化しようとはしていない」

[2019-03-11][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国の見通しは良好と考える」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「トランプ氏の圧力理由に利上げ停止することない」「辛抱強さとは利上げを急がないことを意味する」

[2019-03-01][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「大半のデータは堅調、一部景況感調査は軟調」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率は2%付近であり、経済は良好」「12月小売売上高の予想外の落ち込みが警戒する理由」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今後の金利決定についてFOMCは辛抱強くなる」「米国は低迷する生産を含む課題に直面している」

[2019-02-28][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシートの規模は債務の需要次第」「バランスシートに関する計画で決定に近い」「危機前のバランスシートの水準は不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融市場の安定はFRBの役割の一部」「我々は忍耐強く経済の進展を注視」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融の安定はFEDの責務の一部」「危機前のバランスシートの水準は不可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「まもなくバランスシートについて何かしらの発表を行う予定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは忍耐強く経済の進展を注視」「近いうちにバランスシートの計画を発表する」

[2019-02-27][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「バランスシートの規模、経済や市場次第で修正する準備がある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「利上げに関して、FRBは辛抱強い方針」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「労働参加率は高水準」「労働参加率を維持するためには広域的な政策が必要」「FEDはすべての社会問題に影響を与えることはできない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは経済の拡大を維持するためにツールを使用」「ビジネスの敵は不確実性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「我々の銀行システムは全般的に非常に強固」「インフレ圧力は依然として弱まりつつある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBの忍耐強い政策はなお適切」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「2019年経済の成長、いくらか弱い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「現在のトレンドは非常にポジティブであり、この傾向が続くことを望む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「リスクは中国の成長鈍化やブレグジットなどを含む」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の見通しはポジティブだが、常にリスクはある」「経済は順調、常にリスクはある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレは目標値、経済は過熱していない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気は過熱していない」「労働市場に更なる需給の緩みがあるかを調査中」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界経済は米国の逆風になりつつある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ブレグジット、米経済には大きな影響はないが注視はしていく」

[2019-02-26][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「一部に相反する流れも経済の見通しは良好」「一部データは軟化も依然支出の拡大を示唆」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「賃金の伸びに加速の兆しが見られる」「経済見通しは良好だが一部に相反する流れもある」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最近のデータは軟化しているが2019年は堅調になる見通し。もっとも18年よりは遅いと予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ率はエネルギー価格下落の一時的な影響の後、目標の2%近くに到達すると予想」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は物価上昇圧力に一服感があり、政策変更の様子見が正当化される」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済の見通しは良好、一部に相反する流れも」「BSの規模は通貨や銀行の需要次第」

(最終更新日時 2019-05-22 19:08)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース