ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

タカ派傾向

 HDP   +2.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-20][NP-4.8 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは景気拡大のために適切に行動する」「金融市場のリスクセンチメントは悪化した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「多くの委員は利下げが適切だと認識」「世界経済の先行きリスクが見られる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「4年の任期を全うするつもり」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ドットプロットが初めて利下げを示唆」「多くの委員が利下げの論拠が強まったとみている
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今回利下げしなかった理由は、現時点で利下げ支持が集まらなかったため」「世界的な基準を踏まえてインフレ目標の引き上げは検討しない」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2019-07-12][NP     HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエルFRB議長「労働市場は非常にひっ迫」
・パウエルFRB議長「準備通貨としてドルの地位が恒久的とは思わない」
・パウエルFRB議長「FRBの2%目標を防衛することが重要」
・パウエルFRB議長「もし、債務上限の引き上げがなければ、FRBは経済を保護することは不可能」
・パウエルFRB議長「FRBの政策は政治的な圧力に影響を受けない」
・パウエルFRB議長は、上院銀行委員会で証言し、G7が来週フランスで開く財務相・中銀総裁会議で、フェイスブックが導入を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」をめぐる懸念について討議される見通しと述べた。
・パウエルFRB議長は、上院銀行委員会で証言し「2%の物価上昇率を大きく下回りたくない。後手に回らないようにするのが、日本から得た教訓だ」と述べた。米経済の物価停滞を懸念して、早期の利下げに改めて意欲をみせた発言となる。

[2019-07-11][NP     HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエルFRB議長「財政政策は非常に力強く、金融政策よりも強力だ」
・パウエルFRB議長「賃金の一段の上昇を予想」「準備通貨としてのドルの地位は揺るがないだろう」
・FRBのパウエル議長は、フェイスブックが導入を計画している暗号資産(仮想通貨)「リブラ」について、「深刻な懸念」が対処されるまで前進させるべきではないと言明した。
・パウエルFRB議長「雇用とインフレの関連性はどんどん弱くなっている」「金融政策は思っているよりも緩和的ではない」

[2019-07-10][NP     HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「6月FOMC以降の不透明感、引き続き見通し曇らす」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレ圧力は依然として弱い」「貿易や世界経済の成長見通しに不透明感」
・パウエルFRB議長「リブラ(Facebookの仮想通貨)に対しては、プライバシー、マネーロンダリング、金融の安定において非常に懸念している」
・パウエルFRB議長「トランプ大統領に要請されても辞任しない」「月末までに小売り、GDPなど多くの指標が出る、綿密に監視していく」
・パウエルFRB議長「本日から月末にかけて重要な経済指標がある」「トランプ米大統領が辞任しろと要求されても、辞めないだろう」
・パウエルFRB議長「6月の強い雇用統計で政策見通し変えない」「当局の政策見通し、6月雇用統計でシフトしなかった」
・パウエルFRB議長「6月会合以降の製造業などの指標は引き続き、失望する結果」
・パウエルFRB議長「(6月の雇用統計の数値結果をみて見通しを変えたかとの問いに)変えていない」「6月の雇用指標で、FRBの経済見通しを根本的に変えることはなかった」「中国との通商交渉再開は良い兆候だが、不確実性は完全に拭い去れない」
・パウエルFRB議長「インフレを2%に引き上げることが非常に重要、日本の経験などから」「逆流にかかわらず経済は良好」
・パウエルFRB議長「日本の様な長期的な低インフレの軌道に入ること望まない」
・パウエルFRB議長「加熱している労働市場は、現時点での重要な問題ではない」「メキシコとカナダとの通商交渉成立は、ポジティブで不確実性を取り除くことにもなる」

[2019-07-09][NP     HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエルFRB議長は、ボストン連銀主催の会合で挨拶を行ったが、景気見通しや金融政策については言及しなかった。

[2019-06-26][NP     HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米当局は情報を注視し、適切に行動」「FOMCの見通しは依然として実現可能で、インフレは2%へと回帰する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは情報を注視し適切に行動する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「金融政策は短期的なセンチメントの変動に過剰反応してはならない」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは短期的な政治圧力から隔離」「政治に屈すれば打撃」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは綿密に情報を監視し、適切な行動をとる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「短期間で過大に反応しないことが重要」「経済の動向を踏まえて判断」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBがドルを目標にしていない」
・パウエルFRB議長は実施した講演で、フェイスブックによる仮想通貨LIBRAを綿密に監視していく方針を明らかにした。

[2019-06-20][NP-4.8 HDP +2.6 CHDP -0.1 RHDP +2.3 CRHDP -0.3]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは景気拡大のために適切に行動する」「金融市場のリスクセンチメントは悪化した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「多くの委員は利下げが適切だと認識」「世界経済の先行きリスクが見られる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「4年の任期を全うするつもり」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「ドットプロットが初めて利下げを示唆」「多くの委員が利下げの論拠が強まったとみている
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「今回利下げしなかった理由は、現時点で利下げ支持が集まらなかったため」「世界的な基準を踏まえてインフレ目標の引き上げは検討しない」

[2019-06-04][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気拡大の維持で当局は適切に行動へ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「貿易動向による影響、米金融当局は注意深く観察」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは貿易動向の影響を注視する」「FRBは景気拡大の維持のため適切に行動する」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「貿易の展開による影響を綿密に関ししていく」「景気拡大を持続されるために適切な行動をする」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済は成長し失業率は低い。インフレは安定している」

[2019-05-21][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長「企業債務の伸びは鈍化」「景気が悪化しても企業債務には大幅な悪影響はない」「景気が悪化すれば個人は逼迫に直面する可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「インフレの力学が変化したと十分認識」「通商協議の結論は分からず、判断には時期尚早」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「通商問題が金融政策の道筋に影響するか判断するには時期尚早」
・パウエル米FRB議長は「米国のインフレのダイナミクスは過去数十年と異なる」「インフレ枠組み、根本的変化の基準は厳しくなる」「米国のインフレのダイナミクスは過去数十年と異なる、国際化や技術が影響」「貿易と関税が金融政策の道筋に及ぼす影響を判断するのは尚早」「最近の生産性と労働参加率、健全な供給サイドの兆候」などと発言した。

[2019-05-10][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエルFRB議長は参加した会合で挨拶し、中間所得層の収入があまり伸びていないことや所得格差の拡大といった問題への取り組みが重要になるとの考えを示した。

[2019-05-09][NP     HDP +2.9 CHDP +0.0 RHDP +2.7 CRHDP -0.2]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「中間層の収入、近年は伸び低迷」

(最終更新日時 2019-07-13 15:45)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース