ジェローム・パウエルの発言・ニュース

ジェローム・パウエル

ジェローム・パウエルは、1953年生まれの銀行家・弁護士でトランプ政権下においてジャネット・イエレン氏の後を継ぎ、FRB議長に任命されました。

また、ブッシュ政権では財務次官補・財務次官を歴任し、投資ファンド会社カーライル・グループ共同経営者を務めるなど、金融のプロでもあり2012年からFRB委員としてFRBの運営にも参加しています。

エコノミスト以外の出身者としてのFRB議長就任は40年ぶりのことになるが、パウエルは金融緩和推奨の穏健派として知られており、イエレン氏の考えるFRBの運営を継続すると市場では考えられています。

HDP

中間派

 HDP   +0.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-05][NP-4.0 HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長「今日の雇用統計の結果は良かった」「経済は長期にわたる低金利を必要としている」
・パウエルFRB議長「雇用の増加は多くが予測したよりも速い」「マスク着用とソーシャルディスタンスにより非常に大きな経済の上昇を得ている」「ここからさらに厳しくなるとは思わず」
・パウエルFRB議長「財政による追加支援は実施されるし、必要とされる」「FEDは多くのことを行ったが、必要に応じてさらに多くのことが可能」
・パウエルFRB議長「インフレが0%に近付くのは良い傾向ではない」「FEDは現状、インフレを押し上げる方向に焦点を当てており、押し下げる方向ではない」
・パウエルFRB議長「FEDは早い段階でのサポート解除をしない」「雇用回復のペースは安定している」「労働者・企業への政府からの援助はさらに必要に」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のジェローム・パウエルの発言・ニュース

[2020-10-19][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米FRB議長「FRBはドルが米国と世界にとって安全で健全である責務を負う」

[2020-10-07][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「パンデミックの中で赤字を心配する時ではない」「短期的には金融政策、財政政策が連携することがカギ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「世界中のディスインフレ圧力を意識」「FEDは変化する経済にフレームワークを適応させる必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済への長期的な損害を最小限に抑える必要」「米国の労働市場を回復に対し、非常に楽観的」「経済の拡大が非常に良好に推移」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「マイナス金利は検討していない」「もし回復が鈍ければ、金利が低水準に留まる期間が長引くだろう」「FRBは資産価格に焦点を当てていない」

[2020-10-06][NP     HDP +0.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP +0.0]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気対策、過剰となるリスクは不足するリスクより小さい」「景気回復の道のりは長くて険しい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「5、6月から景気改善のペースは鈍化」「回復は予想よりも早く進んだ」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「支援が少なすぎると不必要なハードシップが発生する」「政策支援をやりすぎるリスクは小さい」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「見通しは非常に不確実」「家計はおそらくより多くの財政支援を必要としている」

[2020-09-25][NP     HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「連邦政府債務拡大への対処、コロナ危機の最中では優先でない」「何らかの経済支援が継続しなければ、恐らく景気下向きリスクが生じる」
・FRBのパウエル議長とムニューシン米財務長官は、上院銀行委員会での証言で、2兆3000億ドルの新型コロナウイルス対策のうち、未使用分の数千億ドルが家計や企業への支援に再配分される可能性があると述べた。

[2020-09-24][NP     HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長「考えられる全部の手段を実施」「米経済、回復ながらも深い穴の中」
・パウエルFRB議長「財政政策の力は他の何よりも大きい」「米国経済は財政支援をさらに必要とする」「財政支援により回復が速くなる」

[2020-09-23][NP     HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「財政・金融が連携すれば、経済はより迅速に復旧」「持続可能な形の経済再開が必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済は回復基調にあるが、依然として不透明」「FRBは引き続き必要とされる期間、あらゆる政策手段を講じることにコミット」「金融だけでなく財政支援も必要」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「平均2%インフレ到達前の利上げは可能」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「多くのFOMC参加者、経済見通しにいくらかの追加対策を考慮」「コロナで失業した1100万人の復職には時間がかかる」「追加の財政支援が必要である可能性大」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米国経済は弾力性を証明した」「さらなる財政支援が必要となる可能性が高い」

[2020-09-22][NP     HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「米経済活動は4-6月期の落ち込みから持ち直した」「景気が力強く回復し、長期的な打撃を抑えるために可能な手段を講じる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「景気と雇用の軌道は引き続き極めて不確実性が高い」「景気の軌道はコロナ感染拡大の抑制、政府機関による政策次第」「融資支払いが困難な企業に財政政策支援が必要である可能性」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは経済支援のためにあらゆる手段を講じる」

[2020-09-18][NP     HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・「パウエルFRB議長が下院委で22、23日に証言」などと報じた。

[2020-09-17][NP     HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDは政策目標を達成することに強くコミット」「FEDは本日、声明に重要な変更を加えた」「財政刺激は収入にタイムリーなサポートを提供した」「回復が予想以上に速い」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FRBは本日、声明で重要な変更を行った」「FRBは政策目標達成のために強くコミット」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「全体的な活動は、パンデミック前のレベルをはるかに下回っている」「失業率は引き続き上昇しており、数百万の失業者がいる」「経済活動は圧迫された4-6月期から持ち直した」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「企業の設備投資に改善の兆しが出ている」「経済はウイルスを阻止できるかによる」「人々が安全に感じるまで、おそらく完全な経済回復はない」「あらゆるツールの使用を約束」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「雇用の最大化は広範で包括的な目標」「我々の強力な政策ガイダンスは経済に貢献」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「一部の消費財価格が上昇しているにも関わらず、全体的なインフレは変わらない」「経済の見通しは極めて不安定」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「FEDはリスクに対応して金融政策のスタンスを調整する準備をした」「財政政策の行動が決定的な違いをもたらした」「景気と雇用がコロナ前の水準に戻るまでには時間がかかる」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「経済はさらなる財政・金融サポートを必要としている可能性」「必要に応じて資産買い入れを調整する用意」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「最大雇用が回復するとインフレは目標の2%に近づくと考えている」「より多くの財政支援が必要になる可能性が高い」「財政支援は順調に進むために不可欠」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「援助の不足は最終的に経済を傷つける」「財政刺激策の欠如が継続することがダウンサイドリスク」
・パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長「緩やかな物価水準、2%を大幅に超えるという意味ではない」「最大雇用は広範かつ包括的な目標」

[2020-09-05][NP-4.0 HDP +0.9 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・パウエルFRB議長「今日の雇用統計の結果は良かった」「経済は長期にわたる低金利を必要としている」
・パウエルFRB議長「雇用の増加は多くが予測したよりも速い」「マスク着用とソーシャルディスタンスにより非常に大きな経済の上昇を得ている」「ここからさらに厳しくなるとは思わず」
・パウエルFRB議長「財政による追加支援は実施されるし、必要とされる」「FEDは多くのことを行ったが、必要に応じてさらに多くのことが可能」
・パウエルFRB議長「インフレが0%に近付くのは良い傾向ではない」「FEDは現状、インフレを押し上げる方向に焦点を当てており、押し下げる方向ではない」
・パウエルFRB議長「FEDは早い段階でのサポート解除をしない」「雇用回復のペースは安定している」「労働者・企業への政府からの援助はさらに必要に」

(最終更新日時 2020-10-20 13:51)

ジェローム・パウエル バックナンバー

ジェローム・パウエル カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース