マーク・カーニーの発言・ニュース

マーク・カーニー

 マーク・カーニーは1965年生まれの元ヘッジファンド出身の元カナダ銀行(中央銀行)総裁、イングランド銀行総裁です。

 カーニーはハーバード大学で経済学学士号を取得後、オックスフォード大学の経済学修士号・経済学博士号を取得しています。

 卒業後は、ゴールドマン・サックスに入社し、ロンドン、東京、ニューヨーク、トロントでの13年の勤務歴が有り、アパルトヘイト後の南アフリカ新興債券市場への投機的業務にも関わった経歴があります。

HDP

中間派

 HDP   +0.0(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP +2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・英中銀のカーニー総裁は、世界的な経済成長はより緩慢な新たなペースで安定化する公算が大きいとの見方を示した。ただ、中国を巡る状況、通商戦争、保護主義の台頭などでこうした「繊細な均衡」が乱される恐れもあると警告している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のマーク・カーニーの発言・ニュース

[2019-02-13][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・英中銀のカーニー総裁は、世界的な経済成長はより緩慢な新たなペースで安定化する公算が大きいとの見方を示した。ただ、中国を巡る状況、通商戦争、保護主義の台頭などでこうした「繊細な均衡」が乱される恐れもあると警告している。

[2019-02-12][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「景気拡大が継続すれば、時間の経過とともに緩やかな金融政策引き締めがインフレ目標を達成するのに十分であると考えられる」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「世界経済の鈍化は緩和的な経済からより厳しい財政状態への移行を反映」

[2019-02-08][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・英中銀のカーニー総裁は記者会見で、3月末に迫った英国のEU離脱をめぐり、「英経済は全体として『合意なき離脱』への準備ができていない」と述べ、今後の展開次第では大きな混乱も予想されると警鐘を鳴らした。

[2019-02-07][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「国内のファンダメンタルズは健全」「不確実性のさらなる高まりがインフレを2%より下の水準に押し下げる可能性」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「ブレグジット後の金融政策は予想できない」「ブレグジットの不確実性が短期的なリスク」

[2019-01-25][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・英中銀のカーニー総裁は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のパネル討論で、英国のEU離脱が延期された場合、自身の任期を延長するかについて明言することは避けた。同総裁の任期は2020年1月までとなっている。
・英中銀のカーニー総裁は、世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)のパネル討論で、多くの英企業が、英国が合意なくEUを離脱した場合に想定される問題に直面していると述べた。

[2019-01-24][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「多くの企業にとって、ハードブレグジット(無秩序な英・欧州連合離脱)へ備えとしてできることは限られている」

[2019-01-22][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・英中銀のカーニー総裁の上級顧問であるファンステーニス氏が、仮想通貨は金融サービスの基本的なテストに不合格だと指摘したと報じている。

[2019-01-16][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「短期的な市場の動向を重要視していない」「合意なきブレグジットの可能性が減少したことなどを背景にポンドが反発しているようだ」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁(議会証言)「ブレグジット案の採決結果に対するマーケットの見解は為替相場が最も明確に反映している」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁(議会証言)「短期的な市場の動きは重視しない」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁(議会証言)「ポンドの反発は合意無き離脱の可能性が低下したことを反映している」「相場の変動が続くと予想している」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁(議会証言)「市場の英下院での欧州連合(EU)離脱案否決に対する反応は、為替市場に示されている」「金融システムには耐久性があり、危機への備えも十分」
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁(議会証言)「様々な指標は、中国経済が減速していることを示しており、2019年は更にこの傾向が強まる公算が大きいと予想される」

[2019-01-10][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁「中国人民元は将来的に世界の準備通貨になる可能性」
・英中銀のカーニー総裁は、中国人民元が将来的にドルに並び世界の準備通貨となる可能性があるとの見解を示した。ただ、こうした変化は各国の経済規模の変化よりも一段と緩慢なペースになる傾向があるとしている。

[2018-12-18][NP     HDP +0.0 CHDP +0.0 RHDP +2.0 CRHDP +0.2]
・カーニー英中銀総裁がインタビューで、気候変動に対する銀行の経営体力を調査する可能性が示した、と報じている。

(最終更新日時 2019-02-15 21:18)

マーク・カーニーの発言・ニュース バックナンバー

マーク・カーニー カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース