黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-13][NP-4.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.2]
・黒田日銀総裁「大量の国債購入の副作用はあり得るが、大幅な金融緩和は必要」「金利を上げると景気が悪くなり、銀行の貸出量が減ると銀行収益は増大しない」
・黒田日銀総裁「為替市場の短期間の過度な変動は先行きの不確実性を高め望ましくない」「具体的な出口戦略の手法などを論じるのは時期尚早」「2%の物価安定目標は時間がかかるが実現できる」「私の任期との関係で出口を考えることは適切ではない」
・黒田東彦日銀総裁「ファンダメンタルズを反映し、安定推移が極めて重要」「為替相場の短期間での過度な変動は望ましくない」「為替相場の影響は変化しうる、きめ細かく点検していく」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2022-05-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.2]
・黒田東彦日銀総裁「為替はファンダメンタルズを反映し、安定推移が重要」「為替の過度の変動は望ましくない」
・黒田東彦日銀総裁「インフレ予想に前向きな評価が生じている」「金融緩和を粘り強く継続」

[2022-05-13][NP-4.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.2]
・黒田日銀総裁「大量の国債購入の副作用はあり得るが、大幅な金融緩和は必要」「金利を上げると景気が悪くなり、銀行の貸出量が減ると銀行収益は増大しない」
・黒田日銀総裁「為替市場の短期間の過度な変動は先行きの不確実性を高め望ましくない」「具体的な出口戦略の手法などを論じるのは時期尚早」「2%の物価安定目標は時間がかかるが実現できる」「私の任期との関係で出口を考えることは適切ではない」
・黒田東彦日銀総裁「ファンダメンタルズを反映し、安定推移が極めて重要」「為替相場の短期間での過度な変動は望ましくない」「為替相場の影響は変化しうる、きめ細かく点検していく」

[2022-04-28][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「国内経済、一部に弱めの動きが見られるが基調としては持ち直している」「先行きの景気は外需増や経済対策効果などを支えに回復していく」「消費者物価、22年度にいったん2%程度まで上昇率高める」
・黒田日銀総裁「当面は感染症の影響を注視、必要なら躊躇なく追加緩和」
・黒田日銀総裁「好循環の中でのインフレ2%実現にはなお時間がかかる」「強力な金融緩和を粘り強く続ける」
・黒田日銀総裁「為替の変動が経済・物価に与える影響を十分注視」「為替の短期的な過度な変動は先行き不確実性を高める」「為替相場はファンダメンタルズを反映し安定推移が望ましい」
・黒田日銀総裁「特に金融政策が困難になることはない」「指値オペの明確化は何か変化することではない」「オペの有無による政策スタンスの憶測を払拭するために明確化した」「全体として円安がプラスとの評価は変えていない」
・黒田日銀総裁「今回の政策がより円安を促すものだと思ってっていない」「最近の急激な変動はマイナスとの認識は財務相と同じ」

[2022-04-23][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「円が下落しても積極的な金融緩和を継続する必要」「日本は景気過熱を懸念すべき状況にない」
・黒田東彦日銀総裁「日銀の法的責務は1つだが、経済も勘案する」
・黒田東彦日銀総裁「日銀はインフレ目標のオーバーシュート目指す方針を維持」

[2022-04-22][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「日本のインフレは条件的にも構造的にも米国とは違う、一時的」「サービス価格が日本は全く上がっていない」
・黒田東彦日銀総裁「日本のエネルギー輸入対GDP比で3%を占め、家計や企業を直撃、実質所得を下げる」

[2022-04-21][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田日銀総裁「為替はファンダメンタルズに反映して安定推移が望ましい」

[2022-04-18][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田日銀総裁「為替相場は経済・金融のファンダメンタルズを反映するべき」「為替相場の動きが経済・物価に与える影響は十分注視」
・黒田日銀総裁「円安が全体としてプラスという評価は変えていない」「為替、短期に急激に動くと企業の事業計画の策定難しくなる」
・黒田日銀総裁「最近の円安はかなり急速な為替変動」
・黒田日銀総裁「2%目標の実現目指し緩和政策を続けることが適当」「円安のマイナス面も考慮しないといけない」「物価上昇の主因はエネルギーであり、為替の影響は小幅に」
・黒田日銀総裁「現状、出口戦略を議論する状況にない」

[2022-04-13][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「景気の基調は持ち直し、先行きも回復へ」「コアCPIはエネルギー価格の大幅上昇などでプラス幅を拡大」

[2022-04-11][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田日銀総裁「コロナの影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和」「政策金利、現在の長短金利の水準またはそれを下回る水準で推移することを想定」

[2022-04-05][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「ウクライナ侵攻を受けて国際金融市場は不安定な動き、不確実性が高い」「基調的な物価上昇圧力は高まっていくと考えられる」「景気の先行きは回復していくとみられる」
・黒田日銀総裁「2%の物価安定目標の実現に時間がかかっているのは残念」「金融緩和を粘り強く続け、物価が上がりづらい慣行の変化を期待」
・黒田日銀総裁「今回の為替相場の変動はやや急、引き続き注視する」「円安が全体として日本経済にプラスとの基本姿勢は変わらない」
・黒田日銀総裁「為替動向を今後もきめ細かく点検していく」「為替変動の日本経済への影響は、経済・貿易構造などで変化」「最近の輸入物価の上昇は、資源価格の上昇の影響がはるかに大きい」
・黒田日銀総裁「安定的な物価上昇に必要なものとしてYCCをやっている」「急激な長期金利上昇に指し値オペを使う」「指し値オペでのラストリゾートは適切な表現ではなかったかもしれない」
・黒田日銀総裁「為替介入の効果、個人的経験からしても一概に測れない」
・黒田日銀総裁「日銀の大幅緩和は財政ファイナンスではない」「YCCと国債買い入れは、あくまでも物価2%目標の実現のため」
・黒田日銀総裁「共同声明で掲げた政府・日銀の政策連携は成果をあげている」「物価が持続的に下落するという意味でのデフレではなくなった」
・黒田日銀総裁「金融を引き締めると健全な企業まで成り立たなくなる」「生産性が上がっていないのは、金融緩和が続いたからではない」
・黒田日銀総裁「金融緩和の長期化がゾンビ企業の維持との議論は現実的ではない」「政府による財政再建目標の堅持と努力は極めて重要」「財政の信認が失われれば、長期金利低位に努めても金利は上昇する」
・黒田日銀総裁「不測の事態が発生した場合、潤沢な資金供給が中銀の役割」「出口戦略は、安定的な物価2%の達成が近づけば当然議論する」「具体的な出口戦略を今申し上げるのは時期尚早」
・黒田日銀総裁「出口に差し掛かった際には、事前に市場に伝えるのは当然」「4月以降の消費者物価指数は、2%程度になる可能性」「金融緩和で経済活動を支える、政府と基本的に方向性は同じ」「政府の対策は、エネルギー上昇の影響を緩和し景気下支えに貢献」
・黒田日銀総裁「長期金利が0.25%を超えると、緩和効果が減殺される」

(最終更新日時 2022-05-17 12:29)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース