黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-12-26][NP-2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「物価安定目標の実現という中銀使命をしっかり果たす」「物価モメンタム損なわれる恐れが高まれば、躊躇なく追加緩和」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和維持下での財政活用、景気刺激効果がより強力になる」「政府の経済対策、景気拡大維持に大きな効果を持つ」
・黒田東彦日銀総裁「米中通商交渉の進展など世界経済を巡る不確実性は幾分緩和している」「世界経済は引き続き下振れリスクが大きい」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済の内需の増勢はいったん鈍化するものの、大きな落ち込みは回避される見込み」「賃金上昇と物価上昇の好循環はなお力強さに欠ける」
・黒田東彦日銀総裁「他の先進国と同様に2%の物価目指すことは、長い目でみた為替相場の安定につながる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2020-01-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「基調としては景気は穏やかに拡大」「消費者物価指数は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」「物価モメンタムが損なわれる恐れ高まれば、躊躇なく追加緩和」

[2020-01-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「海外経済のリスクを点検し、注意深く適切な政策運営に努める」「イランを巡る緊張の高まりなど、海外経済に警戒が必要」

[2019-12-26][NP-2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「物価安定目標の実現という中銀使命をしっかり果たす」「物価モメンタム損なわれる恐れが高まれば、躊躇なく追加緩和」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和維持下での財政活用、景気刺激効果がより強力になる」「政府の経済対策、景気拡大維持に大きな効果を持つ」
・黒田東彦日銀総裁「米中通商交渉の進展など世界経済を巡る不確実性は幾分緩和している」「世界経済は引き続き下振れリスクが大きい」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済の内需の増勢はいったん鈍化するものの、大きな落ち込みは回避される見込み」「賃金上昇と物価上昇の好循環はなお力強さに欠ける」
・黒田東彦日銀総裁「他の先進国と同様に2%の物価目指すことは、長い目でみた為替相場の安定につながる」

[2019-12-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「物価は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」「リスク要因は保護主義的な動きの動向とその影響」
・黒田東彦日銀総裁「引き続き緩和方向を意識した政策運営が適当」「国内景気は基調として緩やかに拡大」
・黒田東彦日銀総裁「経済対策の具体的な効果は1月の展望リポートに織り込む」「銀行の口座維持手数料はマイナス金利と直結して起こるわけではない」「マイナス金利の深堀りは必要になればあり得る」

[2019-12-11][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「来年の世界経済は全体として比較的明るいのではないか」「米中経済はしっかりしている」

[2019-11-29][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁が、衆院財務金融委員会に11時28分から16時35分まで出席することが明らかになった。「通貨及び金融の調整に関する報告書」の概要を説明したあと、議員の質問に答えるという。
・黒田東彦日銀総裁「物価が持続的に下がる意味でのデフレではなくなっている」「日銀の独立性を踏まえて政策運営に努める」「政府と中銀の意思統一は必要」
・黒田東彦日銀総裁「物価目標を引き下げることは考えてない」「物価目標を達成するため必要な金融緩和措置を講じていきたい」
・黒田東彦日銀総裁「現時点では今の金融政策が適切と考えている」
・黒田東彦日銀総裁「現時点では今の金融政策が適切、追加緩和は考えていない」「物価のモメンタムが損なわれれば追加緩和が必要で、余地もある」

[2019-11-28][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「気候関連リスクは金融安定化の新たな課題」「新しい金融イノベーションの推移をモニターするべきだ」「ポリシーミックスは経済対応で標準的な手法」
・黒田東彦日銀総裁「財政政策は普通金利の上昇を招くが、イールドカーブ・コントロール(YCC)で低水準にとどまる」「金融政策と財政政策のポリシーミックスは標準的なやり方」

[2019-11-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は基調として穏やかに拡大するとみられる」「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
・黒田東彦日銀総裁「物価2%目標は主要国間の為替を安定する方向に機能」「政策委員見通しの中央値は2021年度でも2%に達しない」
・黒田東彦日銀総裁「2021年度中に物価2%を達成する可能性は極めて薄い」「マイナス金利の深堀りに限界はないと言ったことはない」
・黒田東彦日銀総裁「金融政策手段は様々な余地がある」「マイナス金利の深堀り余地は十分にある」

[2019-11-13][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日銀の金融政策、あくまで物価安定のため」「中長期的な財政について信認確保が必要」

[2019-11-05][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「フォワードガイダンスを、物価安定の目標に向けたモメンタムと、明確に関連付けた」「緩和方向を意識して政策運営を行うというスタンスを、政策金利のフォワードガイダンスにも反映させた」「予断を持つことなく、適切な政策運営を行っていく方針」
・黒田東彦日銀総裁「マネタリーベースの増加率が減ったからといって緩和の程度が弱まったわけではない」「長短金利目標の変動幅、現在でも変わっていない」「超長期金利の過度な低下を防ぐためには50年債などの発行には意味がある」

(最終更新日時 2020-01-16 13:22)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース