黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済、依然として深刻な状況」「日本のインフレ、一時的な要因を除けばわずかにプ明日」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2021-09-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済、依然として深刻な状況」「日本のインフレ、一時的な要因を除けばわずかにプ明日」

[2021-07-27][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「気候変動への対応に向けては、まずは重要であると考えられる施策を開始し、変更が必要であればその時に修正していく」「気候変動への対応は中央銀行としても、その使命に沿って必要な対応を進めることがますます重要」

[2021-07-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「景気は厳しい状態にあるが基調として持ち直している」「感染症の影響収束まで金融仲介機能が円滑に発揮されるか注視」などと発言した。
・黒田東彦日銀総裁「物価見通しは下振れリスクの方が大きい」「気候変動対応オペは一定の開示を求めて規律付けをした」
・黒田東彦日銀総裁「引き続き経済動向を注視していきたい」「気候変動対応オペの規模は現時点では申し上げられない」
・黒田東彦日銀総裁「現時点で中銀のマンデートが大きく変わることはない」
・黒田東彦日銀総裁「2%物価目標を達成すべく金融政策を運営することに変わりはない」「国債買い入れを減らすということはない」

[2021-07-05][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田日銀総裁「国内景気は引き続き厳しいが、基調としては持ち直している」「引き続き資金繰り支援と、金融市場の安定に努める」「政策金利は現行水準、またはそれを下回る水準を想定している」「消費者物価指数(CPI)は、目先は前年比でゼロ%程度で推移と予想している」

[2021-06-24][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「強力な金融緩和を粘り強く続ける」

[2021-06-23][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田日銀総裁(菅首相との会談)「内外経済情勢などを話した」「特別プログラムの延長や気候変動の新しい方針を説明した」

[2021-06-18][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「景気は厳しい状態にあるが基調として持ち直している」「当面の経済活動水準は感染症拡大前に比べて低めに推移」
・黒田東彦日銀総裁「コアCPIは目先、前年比0%程度で推移と予想」「政策金利は現在の長短金利水準または下回る推移を想定」
・黒田東彦日銀総裁「感染症の影響の収束にはしばらく時間がかかる」「気候変動支援の資金供給は効果的で規模も大きくなりうる」
・黒田東彦日銀総裁「企業物価の上昇が消費者物価に転嫁しやすくなる可能性」「経済回復しっかりしていけば消費者物価は徐々に上昇」
・黒田東彦日銀総裁「欧米の急速な物価上昇は一時的なものが大きい」
・日本経済新聞によると、日銀の黒田東彦総裁は18日の金融政策決定会合後の記者会見で「円高というより、むしろドル高の可能性のほうが普通は言われる」と語り、一般論ながらも中央銀行総裁としては踏み込んで為替相場の方向性に言及した。米連邦準備理事会(FRB)が金融政策の正常化に軸足を移し始め、日銀が最も恐れる円高のリスクは目先、低下している。金融政策は当面は開店休業でよい、そんな余裕も垣間見えた。

[2021-06-04][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「日銀は国債とETFを大量に保有しているが、これは金融政策決定の結果」「金融政策は資源配分をゆがめないなどの要因を考慮して決定する必要がある」

[2021-05-28][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「ETFの購入はまだ必要であり、今のところ停止することを検討していない」「パンデミック後も強力な緩和を続ける」「日本経済は年末までにパンデミック前の水準に回復する」

[2021-05-13][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「物価の先行きは一時的下押し要因が剥落して徐々に上昇へ」「経済・物価見通しは、当面は下振れリスクが大きい」
・黒田東彦日銀総裁「景気は、引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」「持続性、機動性を増した緩和策で強力緩和を粘り強く続ける」
・黒田東彦日銀総裁「強力な緩和を続け、効果と副作用を十分に勘案する」「超長期金利の過度な低下が経済活動に及ぼすことを念頭に置く」
・黒田東彦日銀総裁「物価2%目標の未達成は残念だが、最大限の努力をする」「日本の物価の相対的な低さは、適合的期待形成の根強さが要因」
・黒田東彦日銀総裁「緩和政策の出口や金利水準を議論する段階にはない」「物価目標の達成が見込まれれば、金融緩和の是正が必要」
・黒田東彦日銀総裁「金融政策で物価上昇率を上げるのは可能だし日銀の使命」「賃金上昇がデフレ脱却・経済の安定成長に重要」

(最終更新日時 2021-09-16 15:50)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース