黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.0(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-30][NP+2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は徐々に上向いている」「輸出は堅調」「消費は依然として極めて弱い」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は来年約4%成長の見込み」
・時事通信によると、黒田東彦日銀総裁は29日、中国不動産開発大手の中国恒大集団の経営危機について、日本のバブル崩壊や米国のサブプライムローン問題とは異なると指摘した。欧米や日本の金融機関による中国不動産市場への直接投資は限定的として、「中国から世界に大規模な金融危機が広がることはないだろう」と述べた。
・黒田東彦日銀総裁「個人消費の回復ペース、不透明感が強い」「物価の基調は底堅さ意地、徐々に上昇率を高める」「景気は基調として持ち直し、先行き回復傾向が明確に」「コロナの影響注視し、必要なら躊躇なく追加緩和」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2021-11-29][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「気候変動オペは日本の市場構造を踏まえると最も効果的な方法」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は新型コロナの影響を乗り越えるだろう」

[2021-11-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和、物価上昇率1%でも緩める、撤回するとか、そういったこと全く考えていない」

[2021-11-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田日銀総裁は、わが国経済は、従来の想定と比べ回復がやや遅れている、といった見解を示した。
・黒田日銀総裁は、感染症の影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和を行う、といった見解を示した。
・黒田日銀総裁「物価目標実現に向け、強力緩和を粘り強く続ける」「日本の物価上昇率は徐々に高まっていくとは言え、2%物価安定目標には達しない」「先行きの景気回復のメカニズムは崩れていない」
・黒田東彦日銀総裁「政府の経済対策による家計支援の拡大は重要」「適切なイールドカーブ(利回り曲線)が維持されている」
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇率1%でも金融緩和措置を緩めることは全く考えていない」「適切なイールドカーブが維持されている」
・黒田東彦日銀総裁「消費者物価はデフレ期のような状況ではない」

[2021-11-04][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「岸田首相と金融政策や内外の経済・金融情勢について話した」「日銀のコロナプログラムなどについて説明した」「日銀、物価目標に向けたYCCをコロナ対策終了後も継続」

[2021-10-28][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「予想物価上昇率は持ち直している」「国内景気、感染症の影響で引き続き厳しい状況にあるが基調としては持ち直している」「経済見通しのリスク、当面は下振れリスクが大きい」「必要な時点まで現行政策を継続」
・黒田東彦日銀総裁「日本でのインフレ高進リスクは極めて限定的」「円安の企業収益押上げ効果はより大きくなっている」
・黒田東彦日銀総裁「現時点での円安は日本経済にマイナスではない」「為替相場、経済のファンダメンタルズを反映して安定的に推移することが望ましい」「内外金利差拡大は円安をもたらす可能性があるが、現時点でそうなるかははっきりしない」
・黒田東彦日銀総裁「現時点でYCCによってさらなる円安にはなりそうにない」「YCC、海外金利次第でほかの状況が等しければ円安促進」
・黒田東彦日銀総裁「現在の為替相場、経済のファンダメンタルズに反した動きとは思えない」「他国中銀の緩和縮小、日本の金融政策に影響しない」「実質実効為替レートの水準について具体的なコメント控えたい」
・ブルームバーグによると、日本銀行の黒田東彦総裁は28日の金融政策決定会合後の記者会見で、現時点の為替水準は「ファンダメンタルズの範囲内」とした上で、「悪い円安や日本経済にとってマイナスになるということはない」との見方を示した。

[2021-10-14][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「世界経済は回復を続けている」「インフレは一時的なもの」「新型コロナデルタ株流行などで一部の新興国に下押し圧力が継続している」

[2021-10-07][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「新型コロナの影響注視し必要なら躊躇なく追加緩和」
・黒田東彦日銀総裁「物価の先行き、エネルギー価格などの上昇反映し小幅のプラスに転じていく」「金融システムは全体として安定性を維持」「国内景気、コロナ影響で引き続き厳しい状態だが、基調としては持ち直している」

[2021-10-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は輸出や製造業主導で持ち直している」「日本のインフレ率は米国をはっきりと下回っている」

[2021-09-30][NP+2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.0 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は徐々に上向いている」「輸出は堅調」「消費は依然として極めて弱い」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は来年約4%成長の見込み」
・時事通信によると、黒田東彦日銀総裁は29日、中国不動産開発大手の中国恒大集団の経営危機について、日本のバブル崩壊や米国のサブプライムローン問題とは異なると指摘した。欧米や日本の金融機関による中国不動産市場への直接投資は限定的として、「中国から世界に大規模な金融危機が広がることはないだろう」と述べた。
・黒田東彦日銀総裁「個人消費の回復ペース、不透明感が強い」「物価の基調は底堅さ意地、徐々に上昇率を高める」「景気は基調として持ち直し、先行き回復傾向が明確に」「コロナの影響注視し、必要なら躊躇なく追加緩和」

[2021-09-27][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「経済はデルタ株の流行で不透明感が強い状態にある」「国内景気は感染症の影響で厳しい状況にあるが、基調としては持ち直している」「感染症の影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和を行う」
・黒田東彦日銀総裁「ワクチン進捗などで個人消費が回復に転じるかポイント」

(最終更新日時 2021-11-30 13:00)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース