黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-23][NP+3.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「しっかり強力な金融緩和を続けていく」「世界経済の不確実性が日本の経済や物価に及ぼす影響を十分注視」
・黒田東彦日銀総裁「日本の経済は著しく改善した」
・黒田東彦日銀総裁「期待への働きかけ、低金利環境下ではフォワードガイダンスが重要な役割」「長期・超長期金利の過度な低下、金融機能の持続性に不安をもたらす可能性に留意必要」「行き過ぎた低金利、金融機関の貸出スタンスを消極化し、緩和効果を低減する可能性」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2019-07-30][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「国内経済の先行きは当面、海外減速の影響を受けるも緩やかに拡大」
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇のモメンタム損なわれれば躊躇なく追加緩和」「強力な緩和を粘り強く続けることが重要」「海外経済の下振れリスクは大きい」
・黒田東彦日銀総裁「他国の政策変更で世界経済に影響及ぼす可能性に留意が必要」「従来より明確に追加緩和に対する姿勢を示した」
・黒田東彦日銀総裁「特に保護主義的な動きを巡る不確実性が高まっている」「物価の下振れリスクにこれまで以上に留意が必要」
・黒田東彦日銀総裁「(追加緩和は)必ずしも時間的にすぐということ意味しない」「モメンタム喪失の恐れ高まる場合は直ちに追加緩和を講じる」
・黒田東彦日銀総裁「消費増税は前回引き上げ時に比べて影響が小さいと考えている」「追加緩和、時間的にすぐとは必ずしも示していない」
・黒田東彦日銀総裁「(欧米の緩和姿勢について)背景に世界経済の不確実性がある」
・黒田東彦日銀総裁「足元でモメンタム失われる恐れが高まっているとは言えない」「予想インフレ率も横ばいで安定している」
・黒田東彦日銀総裁「足もとでモメンタムが失われる恐れが高まっているわけではない」「欧米の利下げが適切に行われれば日本経済にはプラス」
・黒田東彦日銀総裁「当面の間、フォワードガイダンスを変更する必要はない」「現状、リバーサルレートになっているとは思わない」「マイナス金利引き下げは片岡委員の意見」
・黒田東彦日銀総裁「まだ具体的に検討しているわけではない」
・黒田東彦日銀総裁「躊躇なくの文言は従来よりも金融緩和に向けて前向きになったと言える」「マイナス金利、追加緩和手段の1つではある」

[2019-07-23][NP+3.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「しっかり強力な金融緩和を続けていく」「世界経済の不確実性が日本の経済や物価に及ぼす影響を十分注視」
・黒田東彦日銀総裁「日本の経済は著しく改善した」
・黒田東彦日銀総裁「期待への働きかけ、低金利環境下ではフォワードガイダンスが重要な役割」「長期・超長期金利の過度な低下、金融機能の持続性に不安をもたらす可能性に留意必要」「行き過ぎた低金利、金融機関の貸出スタンスを消極化し、緩和効果を低減する可能性」

[2019-07-20][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「中央銀行への世間の信頼が重要」「日本経済はすでにデフレではない」

[2019-07-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田日銀総裁は記者会見で、G7財務相・中銀総裁会議において、物価安定目標の実現に向け、強力な金融緩和を粘り強く続けると説明したと明らかにした。また29-30日の金融政策決定会合の直前までの情勢を見極め、経済・物価動向を議論する考えも示している。

[2019-07-18][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「粘り強く強力な金融緩和を継続していく」

[2019-07-17][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田日銀総裁「世界経済の先行きには色々な下方リスクがある」「モメンタムを損なえば追加緩和を検討」

[2019-07-08][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「今後も物価目標に向けたモメンタムを維持するために必要な政策調整を行う」「当面の間、少なくとも2020年春頃まで極めて低い金利を維持」
・黒田東彦日銀総裁「景気の先行きは基調としては緩やかながら拡大続けると見ている」「コアCPIは2%に向け徐々に徐々に上昇率を高めていく」
・本日午前、黒田日銀総裁は定例支店長会議で挨拶し、「景気は基調としては緩やかに拡大」、「コア消費者物価は2%に向け徐々に上昇率を高めていく」「少なくとも2020年春ごろまで現在の極めて低い金利を維持」などと発言した。

[2019-06-20][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦・日銀総裁「景気現状、基調として緩やかに拡大」「景気の先行き、当面は海外減速の影響も、緩やかに拡大していく」「海外の下振れリスクは大きい」
・黒田東彦・日銀総裁「2%目標は物価安定を目指すために必要」「日銀は物価だけが上がればよいと考えているわけではない」「(主要国が緩和した場合追随するかについて)適切に金融政策を行う方針で、物価安定のモメンタム損なえば躊躇無く追加緩和をする」
・黒田東彦・日銀総裁「過度の金利低下による経済に悪影響及ぼす可能性に留意必要」「現状ややフラット化が進んでいる事は注視している」
・黒田東彦・日銀総裁「7月米利下げ織り込まれていれば何かあっても変わらない」

[2019-06-18][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「FRBは適切な金融政策運営を行っていく」「海外リスクの影響等を踏まえて適切な政策運営に努める」「米中貿易摩擦を巡るリスクは高まっている」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和の副作用についても十分に点検し、適切な運営に努める」「長期や超長期金利が過度に低下すると年金利回りにも影響することで、注意する必要がある」

[2019-06-10][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「大規模な緩和を行う余地がある」「追加緩和の際は副作用を最大限軽減する措置を取る」

(最終更新日時 2019-08-04 20:23)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース