黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-12-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「現時点では金融政策の効果が副作用を上回っている」「持続的・安定的な物価目標の実現にはなお時間を要する」「金融政策の枠組みについて具体的に論じるのは時期尚早」
・黒田東彦日銀総裁「消費者物価は来年度に2%割れを見通している」「2%の物価安定目標は適切な金融政策の目標」
・黒田東彦日銀総裁「来年度と再来年度の物価見通しには一定の幅がある」「賃金が3%上がっても物価見通しを達成しなければ緩和を継続する」「持続的・安定的な物価目標を達成すれば金融緩和の出口を検討」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2022-12-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「現時点では金融政策の効果が副作用を上回っている」「持続的・安定的な物価目標の実現にはなお時間を要する」「金融政策の枠組みについて具体的に論じるのは時期尚早」
・黒田東彦日銀総裁「消費者物価は来年度に2%割れを見通している」「2%の物価安定目標は適切な金融政策の目標」
・黒田東彦日銀総裁「来年度と再来年度の物価見通しには一定の幅がある」「賃金が3%上がっても物価見通しを達成しなければ緩和を継続する」「持続的・安定的な物価目標を達成すれば金融緩和の出口を検討」

[2022-12-02][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「世界的な景気減速がみられる」「国内インフレは2023年から減速が予想される」

[2022-12-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田日銀総裁は、G30全体会合などに出席のため1-4日の日程で米国出張する。

[2022-11-28][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「現時点で政府・日銀の役割を見直す必要があるとは思わない」「賃金上昇に伴う2%物価目標の達成を目指すのが責務」

[2022-11-18][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「消費者物価の前年比は来年度以降2%を下回る」「コアCPIの先行きは来年半ばにかけてプラス幅を縮小すると予想」「金融・為替市場の動向や経済・物価への影響を十分注視する」
・黒田東彦日銀総裁「コアCPIはかなりの上昇率になっているのは事実」「来年度全体で物価2%割る、日銀だけでなく民間・IMFも同様の見方」「2%物価安定目標の実現には、それ以上に賃金上昇する必要ある」
・黒田東彦日銀総裁「2%の物価安定目標の安定的持続には3%程度の賃上げ継続が必要」「金融緩和が続いたために労働生産性が低下したとの証拠はない」「金融緩和でゾンビ企業残るとは考えない、企業の存続は経済にプラス」
・黒田東彦日銀総裁「いま金利引き上げて経済回復遅らせ、賃金上昇余地減るのは望ましくない」「日銀が金利を上げられなくなっているということは全くない、今の政策が適切と考えている」「急速かつ一方的な円安進行、日本経済全体にマイナスで望ましくない」

[2022-11-17][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田日銀総裁「賃金上昇を伴う物価目標、時間がかかるとしても実現可能」

[2022-11-14][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・日本経済新聞によると、日銀の黒田東彦総裁は14日、名古屋市で開かれた金融経済懇談会後の記者会見で足元の為替状況について「政府が為替市場に介入したこともあって、一方的で急速な円安の傾向はいったん止まっている。大変結構なことだ」との認識を示した。政府・日銀が2013年に掲げた物価2%目標を柱とするアコード(政策協定)については「現在でも有効だ」との認識を示し、大規模な金融緩和を維持する方針を示した。

[2022-11-10][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和継続し、日本経済を支える」「金融・為替市場の動向や経済・物価への影響を十分注視」「コアCPIは年末にかけて上昇率を高めた後にプラス幅縮小と予想」
・黒田東彦日銀総裁「海外経済、先進国中心に減速の動き」「景気の現状は持ち直し、先行き回復していく」「消費者物価の前年比、来年度以降は2%下回る水準に低下」「賃金上昇伴う2%物価目標の維持・安定的な実現目指す」
・黒田東彦日銀総裁「最近の円安は急速かつ一方的で望ましくない」「金融緩和の継続が適当」
・黒田東彦日銀総裁「目標達成が見通せれば、出口戦略を議論し市場と対話する」「出口戦略の具体的な手法、今言うのは時期尚早」「マイナス金利の引き上げペース、出口戦略の一つ」
・黒田東彦日銀総裁「賃金上昇ともなう形で物価目標実現目指すと説明」「首相からは国民生活の安定、構造的賃上げに取り組む話あった」
・黒田東彦日銀総裁「為替についても話した、一方的で急速な円安望ましくないと話した」「為替については首相から特別にコメントなかった」

[2022-11-02][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「量的・質的金融緩和政策の導入以来、デフレ状況ではなくなった」「来年度以降の物価見通しの低下は、コストプッシュの減衰のため」「辞任するつもりはない、との考えに変わりない」
・黒田東彦日銀総裁「現在の政策金利目標でイールドカーブの低位安定が最も適当」「金融緩和の継続で日本経済を支えることが重要」
・黒田東彦日銀総裁「物価目標実現する状況になれば、YCC柔軟化も選択肢」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済を巡る不確実性が大きく、金融緩和の継続が適当」「最近の円安は急速かつ一方的で望ましくない」
・黒田東彦日銀総裁「急激かつ一方的な変動は投機であり、介入はG7でも当然視されている」「今後も政府と連携して、市場動向や経済への影響を注視する」
・黒田東彦日銀総裁「急激な変動自体がファンダメンタルズに反している可能性」「為替は財務相の所管であり、私の立場では為替相場に影響を与える意図はない」

[2022-11-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP -0.1]
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和で下支えする必要」「足もとの物価高の主因は輸入物価の上昇」「政府との政策は相互補完的、連携密にすることは当然」

(最終更新日時 2022-12-07 11:39)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース