黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦総裁「2%の物価安定目標を変える必要あるとは考えてない」「物価目標は時間がかかるものの達成できる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2021-04-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦総裁「2%の物価安定目標を変える必要あるとは考えてない」「物価目標は時間がかかるものの達成できる」

[2021-04-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「国内景気は厳しい状況にあるが、基調としては持ち直している」「消費者物価の前年比は当面マイナス圏で推移する」「感染症の影響を注視し、必要であれば躊躇なく追加緩和」

[2021-04-14][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「経済・物価見通しは、まん延防止等重点措置の影響を含めて引き続き下振れリスクが大きい」
・黒田東彦日銀総裁「消費者物価指数の前年比は当面マイナス、その後プラスに転じて上昇率を高める」「強力な金融緩和で企業の資金繰り支援と市場の安定維持に努める」

[2021-04-13][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「(政府の政策)構造改革の面でもう少しあってもよかった」
・黒田東彦日銀総裁「円安はプラス面もある」「為替はある均衡値の幅で動いているのが望ましい」
・ロイター通信によると、日銀の黒田東彦総裁は13日午後の参院財政金融委員会で、日銀が保有している上場投資信託(ETF)の残高について、簿価ベースで34─35兆円、時価ベースで40兆円程度だと明らかにした。

[2021-03-30][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「21年度ははっきりとしたプラス成長になるとみている」「消費者物価の前年比、先行きは当面マイナスが続く」
・黒田東彦日銀総裁「追加緩和手段、長短金利引き下げは重要な選択肢」「経済・物価見通し、引き続き下振れリスクが大きい」「金融仲介機能への影響に配慮し、追加緩和手段の実効性を高める」

[2021-03-25][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「日経平均が2万円を下回ると保有株の時価が簿価を下回る」「2%成長の目標達成には時間がかかるため、当面はETF買い入れを必要に応じて継続」

[2021-03-24][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「保有ETFの処分は全く考えていない」「金融緩和の出口のタイミングを検討する局面ではない」

[2021-03-22][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「2%のインフレターゲットはグローバルスタンダードで変更すべきでない」「ETFの買い入れは個別銘柄に影響が出ないようにTOPIX連動限定にした」「現時点でのETF買い入れ停止や売却は検討していない」

[2021-03-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「長期金利の過度な低下は経済活動に悪影響を及ぼす可能性」「貸出促進付利制度はより機動的に、長短金利の引き下げが可能になる」
・黒田東彦日銀総裁「長期金利の変動幅は上下0.25%程度であること明確化する」「超長期金利の過度な低下は経済活動に悪影響及ぼす可能性」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は基調としては持ち直している」「日本経済は外需回復や緩和的な金融環境などで改善傾向たどる」
・黒田東彦日銀総裁「今回明記した長期金利の変動幅変更は表現明確化であり拡大ではない」「当面は感染症の影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和講じる」
・黒田東彦日銀総裁「ETF、12兆円の上限を維持し必要に応じて弾力的に買い入れ」「出口を考えているわけではない」「マイナス金利の深堀りができないことはない」
・黒田東彦日銀総裁「長期金利が-0.25%を下回っても緩和効果を阻害するとは思わない」「長期金利の上昇によって緩和効果下げることは絶対避ける」
・黒田東彦日銀総裁「為替の動向、大きな問題があるとは考えていない」「為替はファンダメンタルズを反映して安定するのが望ましい」

[2021-03-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.0]
・黒田東彦日銀総裁「長期金利の過度な低下は経済活動に悪影響を及ぼす可能性」「貸出促進付利制度はより機動的に、長短金利の引き下げが可能になる」
・黒田東彦日銀総裁「長期金利の変動幅は上下0.25%程度であること明確化する」「超長期金利の過度な低下は経済活動に悪影響及ぼす可能性」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は基調としては持ち直している」「日本経済は外需回復や緩和的な金融環境などで改善傾向たどる」
・黒田東彦日銀総裁「今回明記した長期金利の変動幅変更は表現明確化であり拡大ではない」「当面は感染症の影響を注視し、必要なら躊躇なく追加緩和講じる」
・黒田東彦日銀総裁「ETF、12兆円の上限を維持し必要に応じて弾力的に買い入れ」「出口を考えているわけではない」「マイナス金利の深堀りができないことはない」
・黒田東彦日銀総裁「長期金利が-0.25%を下回っても緩和効果を阻害するとは思わない」「長期金利の上昇によって緩和効果下げることは絶対避ける」
・黒田東彦日銀総裁「為替の動向、大きな問題があるとは考えていない」「為替はファンダメンタルズを反映して安定するのが望ましい」

(最終更新日時 2021-04-18 11:40)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース