黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.3(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は基調として穏やかに拡大するとみられる」「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
・黒田東彦日銀総裁「物価2%目標は主要国間の為替を安定する方向に機能」「政策委員見通しの中央値は2021年度でも2%に達しない」
・黒田東彦日銀総裁「2021年度中に物価2%を達成する可能性は極めて薄い」「マイナス金利の深堀りに限界はないと言ったことはない」
・黒田東彦日銀総裁「金融政策手段は様々な余地がある」「マイナス金利の深堀り余地は十分にある」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2019-11-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は基調として穏やかに拡大するとみられる」「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」
・黒田東彦日銀総裁「物価2%目標は主要国間の為替を安定する方向に機能」「政策委員見通しの中央値は2021年度でも2%に達しない」
・黒田東彦日銀総裁「2021年度中に物価2%を達成する可能性は極めて薄い」「マイナス金利の深堀りに限界はないと言ったことはない」
・黒田東彦日銀総裁「金融政策手段は様々な余地がある」「マイナス金利の深堀り余地は十分にある」

[2019-11-13][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日銀の金融政策、あくまで物価安定のため」「中長期的な財政について信認確保が必要」

[2019-11-05][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「フォワードガイダンスを、物価安定の目標に向けたモメンタムと、明確に関連付けた」「緩和方向を意識して政策運営を行うというスタンスを、政策金利のフォワードガイダンスにも反映させた」「予断を持つことなく、適切な政策運営を行っていく方針」
・黒田東彦日銀総裁「マネタリーベースの増加率が減ったからといって緩和の程度が弱まったわけではない」「長短金利目標の変動幅、現在でも変わっていない」「超長期金利の過度な低下を防ぐためには50年債などの発行には意味がある」

[2019-10-31][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「物価安定へのモメンタム損なわれていないが注意は必要」「輸出は当面弱め」
・黒田東彦日銀総裁「設備投資は建設投資、研究開発投資などで緩やかな増加」「海外原則の影響続くも国内への波及は限定的」
・黒田東彦日銀総裁「片岡委員は物価2%に高まる可能性低いと展望リポートに反対」「物価モメンタム一段と高まる状況になく政策維持決めた」
・黒田東彦日銀総裁「(海外中銀に対しての出遅れ感がないかについて)どの中央銀行も自国の経済、物価の安定を目標に最も適切な行動をとっている」
・黒田東彦日銀総裁「指針変更は緩和をより意識したスタンスを明確にした」「追加緩和は政策金利に限られているわけではない」
・黒田東彦日銀総裁「低金利は2020年春ころまでには終わらない」「(海外経済のリスク)さらに高まっている可能性がある」
・黒田東彦日銀総裁「マイナス金利の深堀りは可能」「金利の深掘りは欧州よりも余地がある」

[2019-10-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「日本で金融バブルが発生するリスクを認識せず」「長期にわたる緩和の副作用には注意が必要」「日本が金融政策をさらに緩和する可能性」

[2019-10-18][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「不確実性は米中貿易摩擦やBrexitに残る」「日銀は大規模な緩和を継続する必要がある」
・黒田東彦日銀総裁「米中貿易摩擦やブレグジットによる不確実性は依然としてある」
・黒田東彦日銀総裁「世界の経済の回復時期が後ずれしている」「物価モメンタムが損なわれるようなら躊躇なく緩和」

[2019-10-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「今後も大規模緩和を継続、バランスシードの拡大が続く」「物価安定目標が達成すれば大規模緩和を継続する必要はない」

[2019-10-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「政策金利、少なくとも2020年春頃まで極めて低い長短金利を維持する」「物価モメンタムが損なわれる恐れが高まる場合は、躊躇なく追加緩和」「金融システムは安定維持、金融環境は極めて緩和した状態」

[2019-10-11][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「(米欧の中銀に比べて)日銀が最も緩和的な政策をしている」
・黒田東彦日銀総裁「短期金利やシャドー金利で計算したものだけで、金融緩和の余地がないとは言えない」

[2019-09-27][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁は、東京都内で開かれた全国証券大会であいさつした。そのなかで、経済や物価の先行きについて「海外経済の動向を中心に下振れリスクが大きい」と強調。「海外経済は減速の動きが続いており、持ち直しに転じるはっきりとした兆しは確認できない」との見解を示している。

(最終更新日時 2019-11-20 17:35)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース