黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-12-26][NP-2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「物価安定目標の実現という中銀使命をしっかり果たす」「物価モメンタム損なわれる恐れが高まれば、躊躇なく追加緩和」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和維持下での財政活用、景気刺激効果がより強力になる」「政府の経済対策、景気拡大維持に大きな効果を持つ」
・黒田東彦日銀総裁「米中通商交渉の進展など世界経済を巡る不確実性は幾分緩和している」「世界経済は引き続き下振れリスクが大きい」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済の内需の増勢はいったん鈍化するものの、大きな落ち込みは回避される見込み」「賃金上昇と物価上昇の好循環はなお力強さに欠ける」
・黒田東彦日銀総裁「他の先進国と同様に2%の物価目指すことは、長い目でみた為替相場の安定につながる」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2020-02-04][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「新型ウイルスによる日本・世界経済への影響懸念」「中国経済のプレゼンス大きくなっており、新型ウィルスの影響大きくなる可能性」
・黒田東彦日銀総裁「(新型ウイルス)日本経済・物価への影響に最大限の注意を払う」「今の時点での追加緩和は時期尚早」「以前から言っているとおり、必要あれば躊躇なく追加緩和」
・黒田東彦日銀総裁は4日の衆院予算委員会で、新型肺炎がもたらす経済への影響に関し、「G20(20カ国・地域)その他の国際会議でも意見交換して、万全の対応をしたい」と述べた。ただ、当面の金融政策運営については「今の時点で追加緩和する(議論)などは時期尚早」との認識を示した。
・黒田東彦日銀総裁「必要あれば躊躇なく緩和を追加すると以前から言っている」「いまの時点で追加緩和するというのは時期尚早」
・黒田東彦日銀総裁「新型ウイルス、日本・世界経済への影響が懸念される」、「日本経済・物価への影響、最大限の注意払っていきたい」「2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)の流行時よりも影響が大きくなる可能性も意識する必要がある」

[2020-01-28][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「物価安定のために引き続き必要な金融緩和を行う」
・黒田日銀総裁は、出席した衆院財務金融委員会で「金融緩和はあくまで2%の物価目標達成のため。今後も必要な金融緩和を行う」と述べた。

[2020-01-24][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「設備投資の強さは継続すると予想」「日銀は当面の間、緩和政策を続ける」「低金利の結果としてのバブルはまだ認められない」

[2020-01-21][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田日銀総裁「国内景気、海外減速や災害で弱めの動きがみられるが基調としては緩やかに拡大」「物価の見通しは下振れリスクのほうが大きい」「景気先行き、当面の海外の影響あるものの国内への波及は限定的」
・黒田日銀総裁「片岡委員は物価が2%に高まる可能性低いと展望リポートに反対」「物価2%目標は長い目で見た為替レートの安定に資する」
・黒田日銀総裁「(米中関係の影響による下振れリスクについて)ひところよりも低下したとはいえ、米中の第2段階はなどは不透明で(中略)海外リスクは依然として大きい」「低金利の長期化の副作用に留意は必要だが、政策の効果がコストを上回っている」
・黒田日銀総裁「物価の基調変わったとは思わない」「引き続き緩和方向を意識した政策運営を行う」
・黒田日銀総裁がマイナス金利について「長期化の副作用に留意は必要だが、政策の効果がコストを上回っている」と発言している。市場では日銀総裁の発言はここ最近ほぼ変わらないことで、相場を大きく動意づけるのは難しいとの声が多い。ドル円は一時109.89円へ小幅に下押している。
・黒田日銀総裁「(五輪後の景気)建設投資の減少は考えられない」「(長期金利)ゼロ%程度で上下は問題ない」

[2020-01-21][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田日銀総裁「国内景気、海外減速や災害で弱めの動きがみられるが基調としては緩やかに拡大」「物価の見通しは下振れリスクのほうが大きい」「景気先行き、当面の海外の影響あるものの国内への波及は限定的」
・黒田日銀総裁「片岡委員は物価が2%に高まる可能性低いと展望リポートに反対」「物価2%目標は長い目で見た為替レートの安定に資する」
・黒田日銀総裁「(米中関係の影響による下振れリスクについて)ひところよりも低下したとはいえ、米中の第2段階はなどは不透明で(中略)海外リスクは依然として大きい」「低金利の長期化の副作用に留意は必要だが、政策の効果がコストを上回っている」
・黒田日銀総裁「物価の基調変わったとは思わない」「引き続き緩和方向を意識した政策運営を行う」
・黒田日銀総裁がマイナス金利について「長期化の副作用に留意は必要だが、政策の効果がコストを上回っている」と発言している。市場では日銀総裁の発言はここ最近ほぼ変わらないことで、相場を大きく動意づけるのは難しいとの声が多い。ドル円は一時109.89円へ小幅に下押している。
・黒田日銀総裁「(五輪後の景気)建設投資の減少は考えられない」「(長期金利)ゼロ%程度で上下は問題ない」

[2020-01-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「基調としては景気は穏やかに拡大」「消費者物価指数は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」「物価モメンタムが損なわれる恐れ高まれば、躊躇なく追加緩和」

[2020-01-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「海外経済のリスクを点検し、注意深く適切な政策運営に努める」「イランを巡る緊張の高まりなど、海外経済に警戒が必要」

[2019-12-26][NP-2.0 HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.2 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「物価安定目標の実現という中銀使命をしっかり果たす」「物価モメンタム損なわれる恐れが高まれば、躊躇なく追加緩和」
・黒田東彦日銀総裁「金融緩和維持下での財政活用、景気刺激効果がより強力になる」「政府の経済対策、景気拡大維持に大きな効果を持つ」
・黒田東彦日銀総裁「米中通商交渉の進展など世界経済を巡る不確実性は幾分緩和している」「世界経済は引き続き下振れリスクが大きい」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済の内需の増勢はいったん鈍化するものの、大きな落ち込みは回避される見込み」「賃金上昇と物価上昇の好循環はなお力強さに欠ける」
・黒田東彦日銀総裁「他の先進国と同様に2%の物価目指すことは、長い目でみた為替相場の安定につながる」

[2019-12-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「物価は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」「リスク要因は保護主義的な動きの動向とその影響」
・黒田東彦日銀総裁「引き続き緩和方向を意識した政策運営が適当」「国内景気は基調として緩やかに拡大」
・黒田東彦日銀総裁「経済対策の具体的な効果は1月の展望リポートに織り込む」「銀行の口座維持手数料はマイナス金利と直結して起こるわけではない」「マイナス金利の深堀りは必要になればあり得る」

[2019-12-11][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「来年の世界経済は全体として比較的明るいのではないか」「米中経済はしっかりしている」

(最終更新日時 2020-02-05 12:27)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース