黒田東彦の発言・ニュース

黒田東彦

 黒田東彦(くろだ はるひこ)は1944年生まれの日本の財務官僚・経済学者で、元アジア開発銀行の総裁で、日本銀行総裁です。

 黒田は、東京大学在学中に司法試験合格し、その後、入省した大蔵省(財務省)では「ミスター円」として知られた榊原英資の後任として財務官に就任した。

 また、アジア開発銀行総裁を務めるなど、世界各国に深い人脈を持っている事から、世界を代表する「通貨マフィア(表舞台には出ず裏で金融交渉などを行うグループの総称)」の1人だと言われている。

HDP

中間派

 HDP   -1.3(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-04-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「貿易保護、世界経済の最大のリスクに」
・黒田日銀総裁がインタビューで、必要なら一段の緩和余地はあるとの考えを示した、と報じている。ただ現時点では必要性はないと述べたという。
・黒田東彦日銀総裁「物価目標実現に向けたモメンタムは維持されている」「物価上昇率は弱めの動きが続いている」
・黒田東彦日銀総裁「設備投資はかなり堅調、雇用もかなりしっかりしている」「日本経済は、堅調な緩やかな拡大続くとの見通し維持できる」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は緩やかな拡大続くとの見通しはかなり確か」「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続けていくことが大事」
・黒田東彦日銀総裁「2%物価目標実現は従来考えていたよりかなり長くかかる」「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続けていくことが大事」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の黒田東彦の発言・ニュース

[2019-04-16][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「貿易保護、世界経済の最大のリスクに」
・黒田日銀総裁がインタビューで、必要なら一段の緩和余地はあるとの考えを示した、と報じている。ただ現時点では必要性はないと述べたという。
・黒田東彦日銀総裁「物価目標実現に向けたモメンタムは維持されている」「物価上昇率は弱めの動きが続いている」
・黒田東彦日銀総裁「設備投資はかなり堅調、雇用もかなりしっかりしている」「日本経済は、堅調な緩やかな拡大続くとの見通し維持できる」
・黒田東彦日銀総裁「日本経済は緩やかな拡大続くとの見通しはかなり確か」「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続けていくことが大事」
・黒田東彦日銀総裁「2%物価目標実現は従来考えていたよりかなり長くかかる」「現在の大幅な金融緩和を粘り強く続けていくことが大事」

[2019-04-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・黒田日銀総裁は、G20財務相中銀総裁会議後の記者会見で、「金融政策の余地がもうないと決め付けることはできない」と強調した。さらに「これ以上の緩和余地がまったくないということはなく、必要があればさらなる追加緩和を考える余地がある」と述べ、政策が手詰まりに陥っているとの見方を否定している。
・黒田東彦日銀総裁「賃金の上昇には落胆している」「労働生産性はどの先進経済国よりも早い成長」「まだ金利を下げる余地はあるが、限られている」

[2019-04-13][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「各国がタイムリーな政策必要との認識で一致」「世界経済は拡大し続けている」
・黒田東彦日銀総裁「世界経済は今年下期に減速する見通し」「G20、潜在的な金融政策は協議しなかった」

[2019-04-12][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP +0.1]
・黒田東彦日銀総裁「米中貿易摩擦や英国EU離脱がどう進むかなど不確実性が残っている」
・黒田東彦日銀総裁「世界景気は減速に直面している」「2019年下期から景気は回復し、20年には十分な成長がみられるだろう」
・黒田東彦日銀総裁「保護主義的な動きは米中にとってプラスにならない」「米中協議、合意成立を期待している」

[2019-04-10][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「2%の物価目標は長い目でみた為替水準の安定に資する」「賃金が徐々に上がることで物価も徐々に上がる見通し」
・黒田東彦日銀総裁「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けることが必要」「物価が2%を超えて上昇する時、現在のような金融緩和を続けることはない」
・黒田東彦日銀総裁「現在の強力な金融緩和を粘り強く続けていくことが適当」「物価2%目標の実現にはなお時間を要する、海外経済はじめ様々なリスク要因も存在している」
・黒田東彦日銀総裁「ベネフィットとコストの両方を考慮しながら、適切な政策運営を行っていくことが大事」「プラスの需給ギャップが続き価格引き上げが広がれば、予想物価上昇率も徐々に高まっていく」
・黒田東彦日銀総裁「輸出は中国向け中心に足もと弱めの動きとなっており、生産面の弱さにつながっている」「海外経済は、中国の景気刺激策の効果などから緩やかに成長していく見込み」

[2019-04-08][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「景気は輸出と生産に減速が見られるものの、緩やかに拡大」「物価2%目標の実現めざし、現行緩和策を継続」「政策金利は当分の間、現在の極めて低い長期金利の水準を維持」

[2019-04-07][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「景気は輸出と生産に減速が見られるものの、緩やかに拡大」「物価2%目標の実現めざし、現行緩和策を継続」「政策金利は当分の間、現在の極めて低い長期金利の水準を維持」

[2019-04-04][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「金融政策運営は金融情勢も十分勘案して進めていく」「粘り強く現在の金融緩和を続けていく」「2%の目標達成にはなお時間を要する」

[2019-04-01][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.2]
・黒田総裁は日銀入行式で挨拶し、「環境変化を的確に捉え、チャレンンジ精神を持って新たな課題に取り組んでいってほしい」と述べた。また、周囲の声に真摯に耳を傾け、チームワークを大事にして仕事に取り組む大切さや中央銀行員としての基本動作の重要性を説いている。

[2019-03-25][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.9 CRHDP +0.2]
・黒田東彦日銀総裁「出口では、当座預金への付利により収益は減少しやすい」「債券取引損失引当金で出口への事前対応としては十分」「国債利回りが徐々に上昇した場合、日銀は長期債へシフトする」

(最終更新日時 2019-04-18 12:31)

黒田東彦の発言・ニュース バックナンバー

黒田東彦 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース