黒田東彦

黒田東彦のイメージ画像

 2019年5月の期間中の黒田東彦による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年5月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年5月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「景気は輸出、生産面に海外経済減速の影響がみられる」「当面、海外経済減速の影響も、基調として緩やかな拡大」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

黒田東彦による2019年5月 発言・ニュース

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「景気は輸出、生産面に海外経済減速の影響がみられる」「当面、海外経済減速の影響も、基調として緩やかな拡大」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「少なくとも2020年春ごろまで現在の極めて低い金利を維持」「今後も経済、物価、金融情勢を踏まえ適切な政策運営を行う」「海外経済中心に下振れリスクの方が大きい」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「景気は基調として緩やかに拡大している」「海外経済中心に下振れリスクの方が大きい」「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「円に対する海外の信認は極めて厚いようにみえる」「中央銀行への信頼が通貨の信頼の大きな要素」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「中銀の政策への信頼が通貨の信認への大きな要素となる」「2%の物価安定目標は、物価安定の使命果たすためにも実現が引き続き必要であり、長い目で見て為替レートの安定に資する」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「米金融政策が日本経済金融にマイナスの状況を作り出すことは想定していない」「日銀のETF購入は、株価にプラスになるとかリスクプレミアムが一挙に削減できるものではない」「全体としてバブル期のような過熱感はない」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「シムズ理論はしっかりしており、間違っていると思わない」、「日本がMMTを正当化する実例というのは間違っている」

[2019-05-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「モメンタム損なわれれば迅速に追加緩和を行う」

[2019-05-14][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「現在の金融緩和を当分持続する必要がある」「低金利による銀行収益への影響は理解している」「5-10年で地方の金融機関に困難が生じる恐れがある」

[2019-05-14][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「物価上昇のモメンタムが失われれば躊躇なく緩和検討」

[2019-05-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「国債引き受けで財政ファイナンスを行うとハイパーインフレになる」

[2019-05-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「物価目標へモメンタムが失われれば当然、追加緩和を検討する」

[2019-05-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「モメンタムが失われれば、適切な追加緩和を行う」「追加緩和を行う場合、効果とコストを比較考慮し、適切な方向を検討する」

[2019-05-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「追加緩和では、金利や資産買入など様々な手段がある」「財政や通貨の信認が失われて、為替が下落した場合の輸入物価の上昇は受け入れられない」

[2019-05-15][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「原油価格暴騰で輸入物価が上昇した場合、物価安定目標を一切超えないという政策運営は適切でない」

[2019-05-17][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「来年春を超えて現在の低金利を維持する可能性は十分にある」「物価目標に向けたモメンタムは維持されている」「物価は2%に向けて徐々に上昇率を高めていく」

[2019-05-21][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.5 CRHDP +0.3]
・黒田東彦日銀総裁「日銀によるETF買い入れが株価変動を抑制していることは事実」「ETF買い入れは株価引き上げが目的ではなく、引き上げ効果はあっても大きなものではない」

黒田東彦の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース