フィッチ・レーティングスの発言・ニュース

フィッチ・レーティングス

 フィッチ・レーティングスは、イギリス・ロンドンおよびアメリカ合衆国・ニューヨークに本拠をおく格付け機関である

 ムーディーズS&Pと並ぶ3大格付け機関として知られており、その格上げ格下げが大きく相場に影響する場合がある。

 また、国が発行している国債についても格付けを行っており、フィッチによる格下げ格上げが行われた事により通貨価値の変動を及ぼすケースも散見される。

HDP

中間派

 HDP   (HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP (RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-06-25][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングスは最新リポートで、2022年の中国国内総生産(GDP)が3.7%増にとどまると予測した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一部でロックダウン(都市封鎖)が行われた影響を織り込んだ。『経済通』が24日伝えた。一方、中国のネット・IT企業について、マクロ経済のリスクが当局の監督管理によるリスクを上回る可能性があると指摘。中国の指導部が経済成長の下支えに焦点を移し、ネット・IT企業にとっては監督管理リスクが低下しつつあるとした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフィッチ・レーティングスの発言・ニュース

[2022-06-25][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングスは最新リポートで、2022年の中国国内総生産(GDP)が3.7%増にとどまると予測した。新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一部でロックダウン(都市封鎖)が行われた影響を織り込んだ。『経済通』が24日伝えた。一方、中国のネット・IT企業について、マクロ経済のリスクが当局の監督管理によるリスクを上回る可能性があると指摘。中国の指導部が経済成長の下支えに焦点を移し、ネット・IT企業にとっては監督管理リスクが低下しつつあるとした。

[2022-06-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、中国の不動産開発大手、中国恒大集団とその子会社2社に対する信用格付けを取り下げることを決定したと発表した。信用力の評価に必要な情報を確保できていないことが理由と説明している。
・欧米系格付け機関のフィッチ・レーティングスは2日、中国の外貨建て長期発行体デフォルト格付けを「Aプラス」に据え置いた。見通しは「安定的」とした。『明報』が3日伝えた。

[2022-06-02][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・フィッチ・レーティングスは2日、中国の格付けを「A+」に据え置き、見通しは安定的とした。堅固外部ファイナンスが下支えとしながらも、経済見通しに対する下振れは拡大としている。

[2022-05-24][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングス「豪新政権が気候変動に焦点を当てており、豪財政の見通しは安定的」

[2022-05-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、2022年の中国のGDP伸び率予想を4.8%から4.3%に下方修正したと発表した。新型コロナウイルス流行に関連した混乱が第1および第2四半期の経済に影響を及ぼしたと指摘している。

[2022-03-25][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・ロイター通信によると、格付け会社フィッチは25日、日本の長期外貨建て発行体デフォルト格付け(IDR)の見通しを「ネガティブ」から「安定的」に変更した。格付けは「A」で据え置いた。マクロ経済や財政見通しに対する新型コロナウイルスの影響に関する不透明感が薄れたとしている。

[2022-03-24][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、すべてのロシア企業とその子会社の格付けを4月15日までに取り下げると発表した。ウクライナ侵攻を受けたEUの対ロシア制裁に対応する措置としている。なお、同業のS&Pグローバル・レーティングも、すべてのロシア企業の格付けを4月15日までに取りやめるとすでに発表している。

[2022-03-16][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・フィッチは、16日に期限を迎えるロシアのドル建て債の利払いについて、現地通貨で行われた場合、30日の支払い猶予期間終了後にデフォルトに相当することになると明らかにした。

[2022-03-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは8日、ロシアの格付けを「B」から「C」に引き下げたと発表した。
・ブルームバーグによると、格付け会社フィッチ・レーティングスは、新興国市場がロシアのウクライナ侵略に伴うさまざまな信用リスクに見舞われており、特に価格圧力増大と投資家のリスク許容度低下が極めて顕著になっていると指摘した。主な内容は以下の通り。

[2022-03-08][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・海外格付け機関のフィッチは、ベラルーシを「CCC」に格下げした。従来は「B」だった。
・格付け会社フィッチは7日、ベラルーシの格付けを「B」から「CCC」に引き下げたと発表した。

(最終更新日時 2022-06-26 10:39)

フィッチ・レーティングスの発言・ニュース バックナンバー

フィッチ・レーティングス カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース