フィッチ・レーティングスの発言・ニュース

フィッチ・レーティングス

 フィッチ・レーティングスは、イギリス・ロンドンおよびアメリカ合衆国・ニューヨークに本拠をおく格付け機関である

 ムーディーズS&Pと並ぶ3大格付け機関として知られており、その格上げ格下げが大きく相場に影響する場合がある。

 また、国が発行している国債についても格付けを行っており、フィッチによる格下げ格上げが行われた事により通貨価値の変動を及ぼすケースも散見される。

HDP

中間派

 HDP   (HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP (RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社のフィッチは中国の不動産開発会社、広州富力地産とその香港部門の長期発行体デフォルト格付けを「一部債務不履行(RD)」に引き下げたと発表した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフィッチ・レーティングスの発言・ニュース

[2022-01-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社のフィッチは中国の不動産開発会社、広州富力地産とその香港部門の長期発行体デフォルト格付けを「一部債務不履行(RD)」に引き下げたと発表した。

[2022-01-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・フィッチ、FRBの利上げ22年2回、23年4回を想定。
・有力格付け会社フィッチは、FRBが2022年に2回、23年に4回の利上げを実施するとの見通しを示した。これにより、FF金利の誘導目標は現行の0.25%から23年末には1.75%に引き上げられるという。

[2021-12-23][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチのアナリストは、トルコの通貨リラ支援に向けた預金保護策は代償をともなう恐れがあるとし、効果を見極めるのに時間がかかるとの見方を示した。フィッチは今月初め、現在「BBマイナス」としているトルコの格付けの見通しを、金融政策の方向性をめぐるリスクを理由に「安定的」から「ネガティブ」に変更している。
・ロイター通信によると、格付け会社フィッチのアナリストは22日、トルコの通貨リラ支援に向けた預金保護策は代償を伴う恐れがあるとし、効果を見極めるのに時間がかかるとの見方を示した。

[2021-12-15][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・フィッチは南ア格付け見通しを「弱含み」から「安定的」に変更。

[2021-12-13][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、スペインの格付けを「Aマイナス」に維持した。格付け見通しは「安定的」。スペインの公的債務の対GDP比率は中期的に段階的に低下すると予想し、来年は景気回復が加速するとの見方を示している。

[2021-12-10][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、中国恒大集団の長期外貨建て発行体デフォルト格付けを、「RD(一部デフォルト)」に引き下げたと発表した。「RD」は部分的な債務不履行(デフォルト)を示す。これまでの格付けは「C」だった。子会社の恒大地産集団と天基控股の格付けも同様に引き下げた。

[2021-12-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングスは、中国恒大集団を一部デフォルト(債務不履行)へ格下げにすると発表した。
・日本経済新聞によると、格付け会社フィッチ・レーティングスは9日、巨額の債務を抱えて経営難に陥った中国恒大集団の長期外貨建て発行体格付けをシングルCから部分的な債務不履行(デフォルト)を意味する「RD」に引き下げたと発表した。恒大はグループ会社が発行した米ドル債の利息8249万ドル(約93億円)を期日の11月6日までに支払わず、30日間の猶予期間に入っていた。日本時間の12月7日午後に猶予期限が切れたが、複数の報道によると恒大は利払いを実行していなかった。恒大の外貨建て債券の発行残高は200億ドル弱(約2兆2000億円)にのぼるとみられる。
・格付け会社フィッチ・レーティングスが、巨額債務を抱え経営困難に陥っている中国恒大集団の長期外貨建て発行体格付けをシングルCから「RD」(部分的な債務不履行を意味)へ引き下げたと発表。ユーロ円が一時128.34円、ポンド円が149.61円まで下落するなどリスク回避の円買いが強まった。ドル円も113.35円まで下値を広げた。

[2021-12-06][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、イタリアの長期発行体デフォルト格付け (IDR)を1段階引き上げて「BBB」とした。新型コロナウイルスワクチンの高い接種率や公的および民間支出拡大などが追い風となり、景気が予想以上に拡大するとの見方を示している。また、格付け見通しは「安定的」としていた。

[2021-12-03][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは2日、トルコの格付け「BB-」の見通しを「安定的」から「ネガティブ」に引き下げた。
・海外格付け機関のフィッチは、トルコの格付け見通しを弱含みに変更した。BB1は確認。

[2021-11-09][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・ロイター通信によると、格付け会社フィッチは中国の不動産開発会社、佳兆業の信用格付けを「CCC-」へ引き下げたと発表した。流動性が一段と悪化したとの見方を反映したと説明した。流動性の状況が厳しいことや理財商品に関する債務が明らかになっていないことを理由に、同社の信用リスクは大きいと警告した。

(最終更新日時 2022-01-16 10:35)

フィッチ・レーティングスの発言・ニュース バックナンバー

フィッチ・レーティングス カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース