フィッチ・レーティングスの発言・ニュース

フィッチ・レーティングス

 フィッチ・レーティングスは、イギリス・ロンドンおよびアメリカ合衆国・ニューヨークに本拠をおく格付け機関である

 ムーディーズS&Pと並ぶ3大格付け機関として知られており、その格上げ格下げが大きく相場に影響する場合がある。

 また、国が発行している国債についても格付けを行っており、フィッチによる格下げ格上げが行われた事により通貨価値の変動を及ぼすケースも散見される。

HDP

中間派

 HDP   (HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP (RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-01-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは12日、NZの格付け「AA」を確認したと発表した。また、見通しは「ポジティブ」とした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のフィッチ・レーティングスの発言・ニュース

[2021-01-12][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは12日、NZの格付け「AA」を確認したと発表した。また、見通しは「ポジティブ」とした。

[2021-01-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、世界的に政府債務が過去最高ペースで増えている状況による打撃が新興国市場に偏るとの見方を示した。こうした国が低金利の恩恵を受けられないほか、債務返済負担が懸念されると指摘している。

[2020-12-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、イタリアの信用格付けを「BBBマイナス」で据え置いた。見通しも「安定的」で維持している。ただ、イタリアの高い債務水準や構造的に脆弱な経済成長が、今後も格付けの重石になると警鐘を鳴らしていた。

[2020-11-23][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングス「南アフリカの高い債務水準と低い成長率が懸念材料」

[2020-11-21][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングス「トルコ金融政策に対する信用の再構築は時間がかかる」
・フィッチは南アの格付けを「BB」から「BB-」へと格下げ。見通し「ネガティブ」。
・格付け会社フィッチ・レーティングスは20日、南アフリカの格付けを「BB」から「BB-」に引き下げると発表した。見通しは「ネガティブ」とした。
・格付け会社フィッチ・レーティングス「南アの格下げとネガティブな見通しは、高水準ながらも更に拡大する政府債務を反映」「パンデミックは南ア経済成長に深刻な打撃を与え、2022年でも19年の水準を下回ると予測」

[2020-11-18][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングスの中国企業調査ダイレクター、ジェニー・フアン氏は、中国の地方政府が企業を支援する能力は比較的弱く、国有企業のデフォルト(債務不履行)リスクが次第に表面化するとの見方を明らかにした。来年は国有企業のデフォルト率が上昇し、今年1-10月の0.11%を上回るとみている。市場で注目されている河南省政府系の永城煤電控股集団有限公司(永城煤電)が起こした社債デフォルトについて、同社は競争が厳しく生産能力が過剰な石炭事業に従事しており、こうした国有企業は戦略的産業や民生関連の国有企業と比べて政府の支援を取り付けるのが難しいと指摘した。『香港経済日報』が18日伝えた。

[2020-11-07][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・フィッチはドイツの格付け「AAA」を確認。見通し「安定的」。

[2020-10-21][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチ・レーティングス「ニュージーランドの慎重な財政管理は、今後数年間の公的債務水準の上昇リスクを軽減する」「コロナウイルスが再拡大すればニュージーランドの景気回復を停滞させるだろう」

[2020-09-26][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・フィッチは英国の格付け「AA-」を確認。見通し「ネガティブ」。

[2020-09-01][NP     HDP CHDP RHDP CRHDP ]
・格付け会社フィッチは、安倍首相の辞任後も日本の政策方針は大きく変化しない可能性が高いとの見解を示した。首相交代後も大幅な政策変更は行われないというのが引き続き基本シナリオだとし、公的債務を「持続可能な軌道」に乗せることが今後も政策目標の柱になるとの見方を示している。

(最終更新日時 2021-01-13 16:53)

フィッチ・レーティングスの発言・ニュース バックナンバー

フィッチ・レーティングス カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース