マリオ・ドラギ

マリオ・ドラギ

 マリオ・ドラギ(Mario Draghi)は、イタリアの経済学者でトリシェ氏の欧州中央銀行総裁(ECB総裁)任期終了後の次期総裁はドイツ人になるであろうと言われていた中、次期ECB総裁の椅子が確実視されていたアクセル・ウェーバー氏の突然の辞任により、過去にイタリア銀行総裁を歴任した経験を買われ2011年11月1日より欧州中央銀行総裁(第3代)に就任する。

 また、イタリア経済財務省総務局長時代には、政府が大企業的な役割を行っている事態に対して危険性を唱え10兆円規模になる民営化を行った人物としても知られている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2018-12-13][NP-3.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「最近の経済データは予想より弱い」「インフレ圧力は徐々に強まっている」「インフレ持続のため大規模緩和は依然として必要」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは適切に全ての手段を修正する準備」「ブレグジットの合意を変えることは出来ないと思う」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「大規模な金融緩和、持続的なインフレに依然必要」「先行きは成長の勢いがやや鈍化すると見込む」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「リスクバランスは下振れ方向に動きつつある」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBのスタッフ予想では2018年のユーロ圏GDP伸び率は1.9%(9月時点2.0%)、19年GDPは1.7%(9月時点1.8%)、20年GDPは1.7%(9月時点1.7%)、21年GDPは1.5%」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「2019年のインフレ見通しを1.6%へ引き下げ、従来1.7%」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「先行きの成長は勢いがやや鈍化すると予想」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「金融政策は依然として緩和的」「貿易を巡る状況は2カ月前より良くなったようだ」
・ドラギECB総裁の会見で「先行きの成長は勢いがやや鈍化すると予想」「最近の経済データは予想より弱い」などと発言した。また欧州中央銀行(ECB)は国内総生産(GDP)やインフレ予想を下方修正したことで、ユーロがじり安になっている。ユーロドルは1.1339ドル、ユーロ円は128.71円まで下がり本日の安値を更新している。
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは再投資期間を協議しなかった」「ECB、さらなる将来の弱い状況に対処する手段ある」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

マリオ・ドラギによる最近の発言・ニュース

[2019-03-08][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ECBのドラギ総裁は、単一監督メカニズム(SSM)銀行監督委員会の副委員長ポストを数週間中に指名する方針を明らかにした。副委員長ポストについては、ドラギ氏がラウテンシュレーガー氏の後任指名を保留し、1ヵ月間近く空席となっている。
・ECB理事会で、ドラギ総裁が示した一連の踏み込んだ提案内容に当のハト派らも驚いたことが、関係筋4人の証言により明らかとなったと報じている。

[2019-03-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは必要に応じて全ての手段を調整する用意がある」「経済見通しに対するリスクは依然として下方向」「2019年の成長見通し下方修正はかなりの規模」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「目先の成長見通し、予想よりも弱い」「経済リスクの見通しは引き続き下方に傾斜」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「19年の成長見通し下方修正はかなりの規模」「経済見通しに対するリスク、依然下振れ方向に傾く」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「2019年のGDP見通しの下方修正は大幅なもの」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「新たな措置は貸出を良好なものにすることを確信する」「TLTROは銀行の資金の需要を基本にしたもの」
・ドラギECB総裁の会見が続いているが、今年の成長見通しやインフレ予測を大幅に下方修正したこともあり、ユーロは対ドルで1.1255ドルまで、対円では125.85円までじり安となっている。
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの新たな措置に緩和を追加する」「ECBは指標に基づき必要とあれば行動の準備」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの新たな措置は緩和を追加」「ECBの新たな措置に関する決定は全会一致」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の景気後退入りの可能性極めて低い」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの行動は経済の弾力性を向上」「将来のECBの決定は経済の見通し次第」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはガイダンスを2020年3月までと修正することも協議」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「QEの再開は協議しなかった」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済は成長している、ただ、弱いペース」「預金金利引き下げの議論はなかった」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の成長減速、イタリア経済やドイツ自動車産業の弱さが一因に」

[2019-02-25][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギECB総裁は、ユーロ圏を離脱することで政策の独立性は多少増すかもしれないが、主権が強まるとは限らないとの見方を示した。

[2019-02-14][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ECBのドラギ総裁は、ユーロ圏共通予算について、とくにユーロ加盟19ヵ国にマクロ経済的な安定をもたらす機能がある場合、歓迎すると述べた。

[2019-01-29][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ECBのドラギ総裁は、欧州議会で行った証言で、ユーロ圏経済はここ数ヵ月間は予想より軟調となっており、世界的な不確実性が経済心理の重しとなっているとの認識を示した。

[2019-01-28][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ここ数カ月、入手したデータは予想より弱い」「地政学的な要因と保護主義の脅威に関する不確実性の持続が心理的な重し」「大規模な金融刺激策が依然として不可欠」
・ドラギECB総裁 「ECBは必要とあればすべての手段を利用する準備」「大規模な金融刺激策が依然不可欠」

[2019-01-24][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「最近入ってくる情報は予想よりも弱い」「インフレを持続ささえるために、大規模な金融刺激策が依然必要」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレがECBの目標に収斂することに自信」「あらゆる措置を適宜調整する用意がある」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済見通しに対するリスクは下振れ方向に移った」「短期的な成長の勢いは予想を下回る」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「目先の成長の勢いは予想よりも弱い」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレがECBの目標に収れんすることに自信」「ECBはあらゆる措置を適宜調整する用意がある」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「目先の成長の勢いは予想より弱い」「経済見通しに対するリスクは下振れ方向に移った」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「見通しリスクは下方に移行」「原油価格の下落で、インフレも今後数か月低下へ」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「新たなTLTRO(貸出条件付き長期資金供給オペ)数人の委員が言及」「TLTROについて決定は下さなかった」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「新たなTLTROについて数人の委員が言及」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「もし、リスクが長期化した場合、勢いは長期にわたり弱まる」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはリスクの見直しにより時間をかける」「3月の会合で見通しの見直しをする」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「流動性の状況は依然、十分」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「リセッションに陥る可能性は非常に低い」「独自動車セクターは持ち直している」「中国の減速は長く続かないだろう」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは見直しをしているのであり、市場の期待の正当性を立証しているのではない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは手段が不足していない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の景気後退の公算が大きいとは見ていない」

[2019-01-16][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギECB総裁「最近の経済動向は予想よりも弱い」「依然として十分な金融緩和策が必要」
・ドラギECB総裁「予断を許さず、依然大規模な刺激策が必要」
・ドラギECB総裁「現在のECBのスタンスは十分に緩和的」
・ドラギECB総裁「労働市場は依然として堅調」「欧州経済は減速しているが、リセッションに直面しているわけではない」
・ドラギECB総裁「ユーロ圏の景気減速は予想より長期化する可能性も」
・ドラギECB総裁「消費や投資は拡大し労働市場も強いが、これらは低金利に支えられている」「景気は減速しているものの後退に向かってはいない」
・ドラギECB総裁「景気減速は以前に予測していたよりも長引く可能性はある」
・ドラギECB総裁「景気が後退すれば、ECBは必要な手段がある」
・ドラギECB総裁は、ユーロ圏経済がリセッションに向かっていないとしつつも、減速期が予想よりも長引く可能性があるとの見解を示した。
・ドラギECB総裁は、ユーロ圏の物価上昇を支えるため、引き続き相当程度の金融緩和が必要だとの認識を示した。

[2018-12-17][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギECB総裁が、EU首脳に対し、ユーロ圏の成長が従来見通しよりも鈍化しているとし、改革を進めるよう要請したと報じている。

[2018-12-13][NP-3.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「最近の経済データは予想より弱い」「インフレ圧力は徐々に強まっている」「インフレ持続のため大規模緩和は依然として必要」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは適切に全ての手段を修正する準備」「ブレグジットの合意を変えることは出来ないと思う」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「大規模な金融緩和、持続的なインフレに依然必要」「先行きは成長の勢いがやや鈍化すると見込む」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「リスクバランスは下振れ方向に動きつつある」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBのスタッフ予想では2018年のユーロ圏GDP伸び率は1.9%(9月時点2.0%)、19年GDPは1.7%(9月時点1.8%)、20年GDPは1.7%(9月時点1.7%)、21年GDPは1.5%」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「2019年のインフレ見通しを1.6%へ引き下げ、従来1.7%」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「先行きの成長は勢いがやや鈍化すると予想」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「金融政策は依然として緩和的」「貿易を巡る状況は2カ月前より良くなったようだ」
・ドラギECB総裁の会見で「先行きの成長は勢いがやや鈍化すると予想」「最近の経済データは予想より弱い」などと発言した。また欧州中央銀行(ECB)は国内総生産(GDP)やインフレ予想を下方修正したことで、ユーロがじり安になっている。ユーロドルは1.1339ドル、ユーロ円は128.71円まで下がり本日の安値を更新している。
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは再投資期間を協議しなかった」「ECB、さらなる将来の弱い状況に対処する手段ある」

(最終更新日時 2019-03-09 19:12)

マリオ・ドラギの発言バックナンバー

マリオ・ドラギ発言 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース