マリオ・ドラギ

マリオ・ドラギ

 マリオ・ドラギ(Mario Draghi)は、イタリアの経済学者でトリシェ氏の欧州中央銀行総裁(ECB総裁)任期終了後の次期総裁はドイツ人になるであろうと言われていた中、次期ECB総裁の椅子が確実視されていたアクセル・ウェーバー氏の突然の辞任により、過去にイタリア銀行総裁を歴任した経験を買われ2011年11月1日より欧州中央銀行総裁(第3代)に就任する。

 また、イタリア経済財務省総務局長時代には、政府が大企業的な役割を行っている事態に対して危険性を唱え10兆円規模になる民営化を行った人物としても知られている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.1(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-06][NP-2.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「第1四半期のデータは予想より良かった」「雇用の増加や賃金の上昇が経済を支える」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「あらゆる手段を調整する用意がある」「ECBは不測の事態に行動すると決意」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「第1四半期の指標は予想をいくらか上回った」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは不測の事態には行動すると決意」「弱い成長は貿易の鈍化が反映」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の見通しへのリスクは下振れ方向に傾いている」「域内の景気見通しリスクは下方に傾斜」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBのスタッフ予想では2019年のインフレ見通しは1.3%(3月時点1.2%)、20年は1.4%(3月時点1.5%)、21年は1.6%(3月時点1.6%)」「ECBのスタッフ予想では2019年のGDP成長率見通しは1.2%(3月時点1.1%)、20年は1.4%(3月時点1.6%)、21年は1.4%(3月時点1.5%)」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「万が一、偶発的な有害事象が起こった場合、行動することを約束」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済指標は悪くない」「経済見通しで大幅な悪化は全く見込んでいない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済見通しについて大幅な悪化を全く見込んでいない」「経済指標は悪くない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「政策委員の一部は利下げの可能性を提起した」「一部のメンバーが利下げの可能性を主張した」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「政策委員の一部は量的緩和再開の可能性も提起した」「マイナス金利は銀行の融資能力に影響を与えていない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「この日の政策決定は全会一致」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

マリオ・ドラギによる最近の発言・ニュース

[2019-06-19][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁はこの日のECBフォーラム閉会のあいさつで、景気見通しや金融政策について言及しなかった。

[2019-06-18][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.8 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁はこの日の講演で、景気見通しや金融政策について言及しなかった。
・ドラギECB総裁「量的緩和はまだ余地がある」「見通しが改善しない場合は、新たな緩和も必要」
・ドラギECB総裁「さらなる利下げは、依然としてECBの政策手段の一部」
・ドラギECB総裁が講演で、「ユーロ圏の見通しに改善がみられない場合は、追加緩和が必要」と発言したことをうけて、ユーロは急落している。
・ドラギECB総裁「マイナス金利は欧州圏にとって、とても重要な政策手段として証明されている」「全てのオプションは前回の会合で議題に上った」
・ドラギECB総裁が再利下げの可能性を示唆したことで、ユーロの下げ幅が拡大している。ユーロドルは1.1188ドル、ユーロ円は121.16円、ユーロポンドは0.8930ポンドまで下落した。
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「為替レートをターゲットにはしない」

[2019-06-14][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・ドラギECB総裁「銀行収益に対する金融政策の影響は、おおむね中立」

[2019-06-07][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・ECBのドラギ総裁は6日、イタリアには中期的に公共債務を削減する確かな計画が必要と述べた。さらに、同国政府内から債務支払い支援に向け提案された小額の債券「ミニBOT(短期財務証券)」発行の可能性については懐疑的な見方を示している。

[2019-06-06][NP-2.0 HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「第1四半期のデータは予想より良かった」「雇用の増加や賃金の上昇が経済を支える」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「あらゆる手段を調整する用意がある」「ECBは不測の事態に行動すると決意」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「第1四半期の指標は予想をいくらか上回った」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは不測の事態には行動すると決意」「弱い成長は貿易の鈍化が反映」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の見通しへのリスクは下振れ方向に傾いている」「域内の景気見通しリスクは下方に傾斜」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBのスタッフ予想では2019年のインフレ見通しは1.3%(3月時点1.2%)、20年は1.4%(3月時点1.5%)、21年は1.6%(3月時点1.6%)」「ECBのスタッフ予想では2019年のGDP成長率見通しは1.2%(3月時点1.1%)、20年は1.4%(3月時点1.6%)、21年は1.4%(3月時点1.5%)」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「万が一、偶発的な有害事象が起こった場合、行動することを約束」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済指標は悪くない」「経済見通しで大幅な悪化は全く見込んでいない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「経済見通しについて大幅な悪化を全く見込んでいない」「経済指標は悪くない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「政策委員の一部は利下げの可能性を提起した」「一部のメンバーが利下げの可能性を主張した」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「政策委員の一部は量的緩和再開の可能性も提起した」「マイナス金利は銀行の融資能力に影響を与えていない」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「この日の政策決定は全会一致」

[2019-05-09][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギECB総裁「2%弱というインフレ目標は長らく達成されていない。なぜECBはインフレ目標を引き下げて負けを認めないのか」といった声が聞かれていると指摘。「我々は負けたと認めない。だからこそ、インフレ目標を引き下げない」と続けている。

[2019-04-15][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギECB総裁は、ワシントンで開催されている国際通貨基金(IMF)の会合で記者団に対し、「中銀の独立性に関し、確かに懸念している」と発言、とくに「世界でもっとも重要な地域において」だと述べた。トランプ米大統領が米金融当局であるFRBを批判するコメントを繰り返していることを、質上批判したものとみられている。
・ドラギECB総裁は、ユーロ圏の経済成長見通しは域外の経済情勢に左右されるとの考えを示した。

[2019-04-12][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏見通しは世界的な成長の勢い次第」「世界的な逆風が引き続き成長の重し」

[2019-04-10][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「必要であればECBはあらゆる手段を調整する用意がある」「マイナス金利の影響を軽減する必要性があるか検討する」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「TLTRO3の詳細については将来伝える」「足もとの経済データは弱い」「経済成長のリスクは下方向のまま」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「域内の景気見通しリスクは依然下向きに傾斜」「欧州経済の見通しに対するリスクは依然下振れ方向に傾く」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「TLTROs(ターゲット長期オペ)に関する更なる分析の必要性がある」「TLTROの詳細を公約するのは時期尚早」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「米国の関税、全般的に信頼への脅威に」「貿易の脅威は世界経済の勢いを損なう」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「中銀預金金利の階層化について決定することは時期尚早」「貿易の脅威は世界経済の勢いを押し下げる」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「新しい経済指標も引き続き弱い」
・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁「リセッションに陥る可能性の見通しは依然低い」 「英国のEU離脱の協議は経済の不透明感につながる」

[2019-04-02][NP     HDP -2.1 CHDP +0.0 RHDP -0.6 CRHDP -0.2]
・ECBのドラギ総裁は年次報告で、地政学的な不確実性に起因するリスクに対処するために、ECBは大幅な刺激策を維持する必要があるとの認識を示した。

(最終更新日時 2019-06-20 17:31)

マリオ・ドラギの発言バックナンバー

マリオ・ドラギ発言 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース