クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.6(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-09-08][NP-1.0 HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロの下落がインフレ高進を増長している」「高インフレは弱いユーロも原因」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「成長へのリスクは主に下振れ方向」「インフレ見通しのリスクは主に上振れ方向」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ガス価格の混乱が経済停滞を強めている」「全会一致で利上げを決定」「次回の利上げは75bpである必要はない、75bpは標準ではない」「インフレは極めて高い」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはユーロの為替レートは目標にしていない」「ユーロ相場を注視している」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「恐らく2回以上の会合で利上げを行う」「恐らく5回未満の会合で利上げする」「データが大幅利上げを必要とするなら、そうする」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2022-09-21][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレの長期化を許さない」「追加の利上げを予想」「ユーロ圏は米国のように需要主導の過熱はない」「賃金・物価スパイラルのリスクは今のところ抑制されたまま」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「今後複数回の理事会での利上げを予想」「ECBはインフレ率を2%に戻すと決意」

[2022-09-16][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は16日、ECBの措置により成長が圧迫される可能性があるが、物価安定が最優先になると表明した。仏中銀で行われた高校生とのイベントで述べた。インフレ抑制策が成長を圧迫する可能性について「あり得る。だが物価安定は根本的で最も重要なため、負わなければならないリスクだ」と述べた。

[2022-09-09][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ率の上昇が主要な懸念」「ECBはインフレ率を2%に戻すことを決意し、団結している」

[2022-09-08][NP-1.0 HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.4 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロの下落がインフレ高進を増長している」「高インフレは弱いユーロも原因」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「成長へのリスクは主に下振れ方向」「インフレ見通しのリスクは主に上振れ方向」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ガス価格の混乱が経済停滞を強めている」「全会一致で利上げを決定」「次回の利上げは75bpである必要はない、75bpは標準ではない」「インフレは極めて高い」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはユーロの為替レートは目標にしていない」「ユーロ相場を注視している」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「恐らく2回以上の会合で利上げを行う」「恐らく5回未満の会合で利上げする」「データが大幅利上げを必要とするなら、そうする」

[2022-07-23][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「物価を調整するために必要なだけ利上げを行う」「記録的なインフレは2%の目標に戻るだろう」「新しいECBのツール、中期的に価格を安定させるのに役立つ」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「物価抑制のために必要なだけ利上げを実施する」「過去最高のインフレは目標の2%に戻るだろう」

[2022-07-21][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「企業はコスト上昇とサプライチェーンの混乱に直面」「戦争は現在進行形で足を引っ張っている」「経済活動は減速している」「下期以降の見通しは不透明」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「物価圧力はますます様々なセクターに広がっている」「ユーロ安もまたインフレ圧力を高めている」「物価の伸びは依然抑えられている」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレに対するリスクは上方向」「インフレ期待が上昇する兆候を注視する必要」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「前回理事会で公表した9月に向けたガイダンスは9月の金利決定には適用しない」「ECBは利上げを加速、最終的な金利水準は変えない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはインフレに対して行動を起こさなければならない」「危機対策ツールの適用には健全なマクロ政策が必要になる」

[2022-07-19][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルドECB総裁「分断化対策ツールの今週合意に向け努力を加速」

[2022-07-12][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ECB報道官は、ラガルド総裁がサイバー攻撃の標的となったが、迅速に阻止され、いかなる情報も流出しなかったと発表した。

[2022-06-29][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「低インフレの環境に戻る可能性は低い」「インフレ期待は以前よりはるかに高い」
・ラガルドECB総裁「インフレを誤解していたのはECBだけではない」

[2022-06-28][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルドECB総裁「7月に0.25%の利上げの意図を再確認」「9月利上げの規模は必要に応じて大きくなる可能性も」「引き続きプラス成長を見込んでいる」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECBが検討している債券買い入れプログラムについて、ユーロ圏の利回り格差の無秩序な拡大を抑制すると表明した。各国政府に健全な財政を維持するよう圧力をかけ続ける考えも示した。

(最終更新日時 2022-09-22 11:14)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース