クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.4(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -0.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2023-01-03][NP+6.0 HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP -0.1 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、一段の利上げが必要だと示唆した。消費者物価急騰を抑えるために必要な措置だと論じた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2023-01-24][NP     HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP -0.1 CRHDP +0.3]
・ラガルドECB総裁「金利はまだ大幅に上昇する必要がある」「インフレを目標に戻すために方策を維持」「インフレを引き下げなければならない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「欧州のインフレは高すぎる」「インフレを抑制し、目標を達成する必要がある」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「金利は依然として大幅に引き上げる必要がある」
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、インフレを目標に戻すためにあらゆる必要な行動を取ると述べ、向こう数回の会合で「大幅な」利上げがさらにあることを示唆した。

[2023-01-20][NP     HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP -0.1 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、昨年12月の政策委員会会合で一段と積極的なインフレ対応策を支持する声に直面した。最終的には利上げを比較的小幅に抑えながらタカ派的なメッセージを打ち出すことでまとまり、量的引き締め(QT)についても妥協が成立した。ECBが19日公表した議事要旨で明らかになった。
・ラガルドECB総裁「現在の政策路線継続は自分の信念」な
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「現状の道筋を続けることが、政策目的を果たすための私の信念」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は20日、中国経済の再開で同国のコモディティー消費が増え、世界のインフレ圧力が高まる可能性が高いとの認識を示した。

[2023-01-19][NP     HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP -0.1 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏は小幅なマイナス成長に留まる可能性」「2023年は素晴らしくはないものの、懸念されたよりはよい」「利上げの方向性を維持する」「インフレは極めて高すぎる」

[2023-01-03][NP+6.0 HDP -1.4 CHDP +0.1 RHDP -0.1 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、一段の利上げが必要だと示唆した。消費者物価急騰を抑えるために必要な措置だと論じた。

[2023-01-02][NP+6.0 HDP -1.5 CHDP +0.0 RHDP -0.4 CRHDP +0.3]
・クロアチア紙「Jutarnji list」は、ECBのラガルド総裁がインタビューで、一段の利上げが必要だと述べたと報じている。消費者物価急騰を抑えるために必要な措置だと論じたという。
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ユーロ圏の賃金は想定より速いペースで上昇していると指摘し、この動きがすでに高水準にあるインフレを一段と押し上げるのを阻止しなければならないと述べた。31日付のクロアチア紙Jutarnji listのインタビューで語った。

[2022-12-15][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「リセッションはかなり浅く、短い物に」「データを見ると2月と3月も0.50%の利上げを示唆」

[2022-12-02][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.3]
・ECBのラガルド総裁「金融政策は3つの不確実性で複雑に」

[2022-11-29][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.3]
・ラガルドECB総裁「インフレがピークに達したとの言及は控える」
・ラガルドECB総裁「ECBは必要であるだけ利上げする」「ECBは引き締め域に金利を引き上げる」

[2022-11-28][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「決定は会合ごとの評価に従う。データ次第」「成長率は今年の残りと来年の初めに引き続き弱まると予想」「堅調な労働市場が賃金上昇を後押しする可能性が高い」「追加利上げを予想」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は28日、ECBの将来的な利上げの規模と回数に対する自身の姿勢を明確にせず、多くの要因に左右されると述べた。

[2022-11-18][NP     HDP -1.6 CHDP +0.0 RHDP -1.0 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「さらなる利上げを予想」「ユーロ圏のインフレは高すぎる」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「リセッションのリスクは高まっている」「バランスシートは慎重に正常化させる必要」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は18日、ECBは利上げを継続すると表明、インフレを抑制するため、場合によっては経済活動を制限する必要が生じる可能性もあると述べた。
・ラガルドECB総裁「インフレ率を押し下げるため景気抑制の水準にまで金利引き上げる必要」

(最終更新日時 2023-01-25 10:56)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース