クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-25][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「景気回復の途上にあるが、先行きは不透明であり不完全で不安定」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2020-09-25][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「景気回復の途上にあるが、先行きは不透明であり不完全で不安定」

[2020-09-22][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は講演で、ユーロ相場の上昇を注意深く見守っていると表明した。「ユーロ相場の上昇は、さまざまな部門に影響を及ぼす。金融政策に関連する部分では、ユーロ高で物価水準に下向き圧力がかかる」とし、「我々はユーロの上昇を極めて注意深く見守っており、金融政策を決定する際に考慮する」と述べている。

[2020-09-22][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は講演で、ユーロ相場の上昇を注意深く見守っていると表明した。「ユーロ相場の上昇は、さまざまな部門に影響を及ぼす。金融政策に関連する部分では、ユーロ高で物価水準に下向き圧力がかかる」とし、「我々はユーロの上昇を極めて注意深く見守っており、金融政策を決定する際に考慮する」と述べている。

[2020-09-21][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁は、ECBは必要なら政策を調整する用意、という見解を示した。
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「我々はユーロの上昇に注意を払っている」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁が「我々はユーロの上昇に注意を払っている」と改めてユーロ高に警戒感を示したことや、ドル円のショートカバーによるドル強含みから、NY入りにかけてユーロドルは1.1752ドルまで下落した。英・EU離脱後の貿易協定の行方に不透明感を抱えるポンドも対ドルで一時1.2812ドルまで下落幅を拡大している。

[2020-09-14][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は、最近のユーロ相場上昇で金融政策のインフレ押し上げ効果が一部相殺されたと指摘。必要とあれば政策手段のすべてを調整する用意がECBにはあるとあらためて表明した。

[2020-09-11][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「新型コロナウィルス感染第2波が不確実性を増す」「独りよがりであってはならない、財政の努力も必要」

[2020-09-10][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁は10日、定例理事会後の会見で「国内需要は大幅に回復」などと発言した。
・ラガルドECB総裁「ユーロ相場のインフレへの影響を慎重に判断」
・ラガルドECB総裁「データは強いリバウンドを示唆している」「製造業は改善を続けている」
・ラガルドECB総裁「ユーロはインフレに下押し圧力」
・ラガルドECB総裁「必要に応じて全ての政策手段を調整する用意がある」「ECBはユーロ相場のインフレへの影響を慎重に判断する」
・ラガルドECB総裁「ユーロの上昇については話し合ったが、ECBは為替には目標(ターゲット)はない」「ユーロを注意深く監視する必要がある」
・ラガルドECB総裁「我々の使命は価格の安定」「ユーロの上昇が価格に悪影響を与える、これについては広範囲で話し合った」
・ラガルドECB総裁「PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)購入枠を全額使用する公算が極めて大きい」
・ラガルドECB総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の購入枠は、全てを使い切る公算が非常に大きい」

[2020-07-23][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁がインタビューに応じ、EU首脳が21日に合意した7500億ユーロの復興基金案について、補助金の割合が融資を大きく上回る「野心的」な案の方が望ましかったと述べたと報じている。
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「回復とは経済を変革すること」「欧州は迅速に行動し、制度を適応させることができると示した」

[2020-07-22][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「補助金と融資を合わせたEU復興基金案は合理的」「回復は不安定で不確実」

[2020-07-16][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁(FT紙報道)「欧州中央銀行(ECB)によるデータ精査で、追加刺激策は休止へ」
・ラガルドECB総裁「4月に底打ちの兆し見られた」「ECBの責務の範囲内で必要な事は何でもする」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「欧州中央銀行(ECB)の刺激策は、重要な支援となっている」「業務の範囲内で必要なことは何でもする」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「全ての政策手段を必要に応じて調整する用意」「データや調査は、5月と6月の改善を示唆」「4-6月の経済縮小はほぼ予想通り」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「リスクは依然として下振れ方向」「インフレ率は今後数カ月で一層低下へ、2021年初めに上昇へ」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「サプライズない限りPEPP(パンデミック緊急購入計画)全額を使い切る」「金利に変更を加えることは議論されなかった」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの想定はEU復興基金が承認されることを前提にしている」「キャピタルキー(ECBが行う債券買い入れは各中銀から出資の比率に基づくとの規定)は依然として指標」「ECBの戦略検証は来年下期に完了と予想」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの戦略検証は来年下期まで行う見通し」

(最終更新日時 2020-09-26 13:29)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース