クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.7(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-05-11][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「正常化は最初の利上げ後に段階的に行う」「資産買入れは第3四半期の初め頃に終了すべき」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレはしばらく高いままだろう」「インフレ見通しは中期的に目標を大きく超えている」「インフレ期待は2%かそれ以上」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2022-05-11][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「正常化は最初の利上げ後に段階的に行う」「資産買入れは第3四半期の初め頃に終了すべき」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレはしばらく高いままだろう」「インフレ見通しは中期的に目標を大きく超えている」「インフレ期待は2%かそれ以上」

[2022-05-09][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・スロベニア紙デロは、ラガルドECB総裁がインタビューに応じ、ユーロ圏経済についてウク ライナでの戦争によって成長は鈍化し、インフレは加速しているものの、スタグフレーションがもっとも有力なシナリオではないとの見解を示したと報じている。
・ブルームバーグによると、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁はユーロ圏経済について、ウクライナでの戦争によって成長は鈍化し、インフレは加速しているものの、スタグフレーションが最も有力なシナリオではないとの見解を示した。

[2022-04-28][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルドECB総裁「ユーロ圏のインフレは主にエネルギー主導」「ECBは価格目標を達成するための確固たるコミットメントを持っている」

[2022-04-23][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「われわれは経済指標次第で対処しなければならない」「年内に利上げの可能性」「第3四半期の早期に資産の純購入終了は可能性高い」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「7-9月の早い時期に資産購入プログラム(APP)終了の可能性が高い」「年内利上げの可能性はかなり高い」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「中国にテールリスクの可能性が見られる」「現在のデータでは、欧州にスタグフレーションリスクはない」

[2022-04-22][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ウクライナ危機の影響、欧州が顕著だが他に波及」「ヨーロッパの回復は一定の程度で停滞」「経済制裁の継続はロシアに大きな影響」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「欧州の景気回復は幾分停滞している」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「6月理事会では資産購入プログラム(APP)終了が鍵。金利の道筋を示唆する可能性もある」「我々は為替の目標を持っていない。為替動向は注視する」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの政策はあくまでも正常化であり、引き締めではない」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は、ECB当局者がメディアに発言する際の非公式なガイドラインを設け、反対意見の表明を数日間控えるよう求めた。関係筋が明らかにした。

[2022-04-21][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「政策は今後のデータ次第となる」「供給面のボトルネックによるさらなるインフレ圧力が見られる」

[2022-04-15][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は14日、ウクライナ戦争によって一段のインフレ高進のリスクが高まったとの認識を示した。数カ月以内に債券購入を終了させることが適切だとの姿勢を確認した。

[2022-04-14][NP     HDP -1.7 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP +0.3]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「戦争は新たなボトルネックを生み出した」「エネルギーが依然としてインフレ高進の主要原因」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「エネルギー価格は短期的には依然として高く維持されるだろう」「経済再開や強い労働市場が経済を支援」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「コアインフレがどのくらい継続的に上昇するのかは不確実」「労働需要は依然として強く、賃金上昇は概ね落ち着いている」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ見通しの上向きリスクは増している」「成長の下向きリスクは増している」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「現在の不確実性に対して極めて注意している」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「資産買入れプログラムは7-9月期に終了する可能性が極めて高い」「資産買入れプログラムが7-9月期に終了するかはまだ決まっていない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「資産買い入れ終了し、一定期間後に利上げを行う」「一定期間後とは1週間とも数カ月とも意味する」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「量的引き締めの議論は時期尚早」

[2022-03-30][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「足元のインフレ指標は見通しをサポートしており、第3四半期に資産買入れを完了させるだろう」「家計は悲観的になっており、支出を減らす可能性」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「短期的には、インフレ率の上昇と成長率の鈍化となるだろう」「欧州は困難な局面を迎えている」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの金利調整は常に段階的」「物価安定のためにあらゆることを行う」

[2022-03-28][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・キプロス紙「Phileleftheros」は、ECBのラガルド総裁がインタビューで、ウクライナ戦争のユーロ圏への影響に関して、エネルギー価格高騰によりインフレを押し上げて成長を圧迫するとしても、スタグフレーションにはつながらない見込みだと述べたと報じている。

(最終更新日時 2022-05-12 18:43)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース