クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-14][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「インフレ上昇は主に一時的な要因で引き起こされている」「供給のボトルネックが長引くと、価格圧力はさらに持続する可能性」「ユーロ圏の成長見通しを取り巻くリスクは、概ね均衡している」
・ECBのラガルド総裁は、欧州のインフレ進行について、依然として一時的とみられ、賃金に定着する兆しはまだ見られないとの見解を改めて示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2021-10-14][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「インフレ上昇は主に一時的な要因で引き起こされている」「供給のボトルネックが長引くと、価格圧力はさらに持続する可能性」「ユーロ圏の成長見通しを取り巻くリスクは、概ね均衡している」
・ECBのラガルド総裁は、欧州のインフレ進行について、依然として一時的とみられ、賃金に定着する兆しはまだ見られないとの見解を改めて示した。

[2021-10-11][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は、「現時点での金融政策の性急な引き締めはユーロ圏の景気回復を脅かし、雇用を犠牲にしかねない」とし、ECBは金融引き締めを急ぐべきではないという見解を示した。さらにユーロ圏の景気回復が、新型コロナウイルスのパンデミック終息後も続く長期的な摩擦や不均衡に直面していると述べている。

[2021-10-08][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「早すぎる金融引き締めは回復の妨げになる」

[2021-10-06][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「欧州経済は回復の軌道」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ヨーロッパは回復の途上にある」「パンデミックを安全に終了するという課題に直面」「経済は年末までにパンデミック前のレベルに戻るだろう」「賃金、価格予想に細心の注意を払う」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「賃金動向に細心の注意を払う」「供給不足やエネルギー価格の上昇に過剰に反応するべきではない」

[2021-09-30][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏は年末には危機前の水準まで戻すだろう」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはインフレ期待を極めて注意深く監視」「現在のインフレ高進が広く波及すると考える理由はない」

[2021-09-29][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁とパネッタ専務理事は、ユーロ圏経済がパンデミックによる落ち込みから脱却するなか、政策引き締めに忍耐強く対応するよう促した。ラガルド氏は、「インフレ率が一時的に目標をやや上回ることを容認することで、改善が持続的なものだと確信できるまで政策引き締めに忍耐強く対応できる」とし、「パンデミックから安全に脱却し、インフレ率が持続的に2%に戻るようにするために、緩和的な金融政策がなお必要になっている」と述べている。

[2021-09-28][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレの急上昇が経済全体に広がっていることを示す兆候はない」「利上げのタイミングと最も可能性の高いインフレ見通しの間で緊密な調整を行い、さらなる進展がみられることを期待」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミックの影響が通過すると、インフレが低下すると予想」「依然として緩和的な金融政策が必要」

[2021-09-27][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレが中期的に目標の2%を下回ったままであることが基礎シナリオ」「予想よりも強い価格圧力につながる可能性のあるいくつかの要因があるが、今のところそういった兆候は限られている」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ上昇を主に一時的なものと見なし続けている」「パンデミックの進展に依存して、成長見通しは引き続き不透明」

[2021-09-24][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレ加速、エネルギー価格との関連性高い」「第4四半期のPEPP購入額の調整はテーパリングではなく、再調整」「ユーロ圏の恒大集団へのエクスポージャーは限定的」

[2021-09-16][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏の回復は半年前の予測より速まっている」

(最終更新日時 2021-10-15 21:46)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース