クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-12-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「ECBは経済を支援するためにいくつかのツールを再調整する」「最新のデータは依然として経済が苦境にあることを示している」
・ラガルドECB総裁「経済支援のために金融政策の調整が必要」「最近のデータは経済が依然として厳しい状況にあることを示している」「コロナ感染の再拡大が最近のPMI低下につながっている」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2020-12-02][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「ECBは経済を支援するためにいくつかのツールを再調整する」「最新のデータは依然として経済が苦境にあることを示している」
・ラガルドECB総裁「経済支援のために金融政策の調整が必要」「最近のデータは経済が依然として厳しい状況にあることを示している」「コロナ感染の再拡大が最近のPMI低下につながっている」

[2020-11-30][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「金利はかなりの期間に渡って低い水準を維持する」「債務はある段階では安定させる必要があるが、今ではない」

[2020-11-20][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「景気回復のためには、断固たる措置が必要」

[2020-11-19][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「欧州の政策担当者は、ワクチンの実用化までの景気対策を継続すべき」「需要の低迷は、景気刺激策の必要性を示唆」「EU復興基金は遅滞なく実用化」
・ラガルドECB総裁「欧州連合(EU)の支出パッケージは、遅滞なく機能する必要」「12月の欧州中央銀行(ECB)理事会では、景気刺激策を発動する」
・ラガルドECB総裁「ECBは買い入れた債券に損失が生じても、破綻したり資金が尽きたりすることはない」「ユーロシステムは通貨ユーロの唯一の発行体として、必要に応じて追加の流動性を生み出すことができる。従って定義上、ユーロシステムは破綻したり資金が尽きたりすることはない。仮に金融損失が発生したとしても、物価安定を維持する能力が損なわれることはない」「ECBが保有する政府債務を帳消しにする法的根拠はない」

[2020-11-13][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「コロナワクチンについて熱狂的になることを望まない」
・ラガルドECB総裁は「デジタル・ユーロの方向に進む可能性あるだろう」

[2020-11-11][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)や条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)はECBの主要手段であり続ける」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの景気刺激策は規模と期間が重要」「為替レートの変動は、インフレの進行に悪影響を及ぼす可能性」「パンデミックからの経済的回復は、かなり不安定になる可能性」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「PEPP(パンデミック緊急購入計画)とTLTRO(条件付き長期リファイナンスオペ)はなおECBの主要ツール」

[2020-10-29][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「回復の勢いは予想よりも早く失速」「短期的な見通しは明らかに悪化」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「為替レートを含むすべての情報を評価する」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「新型コロナ危機収束までプログラム維持をコミット」「データは第4四半期の活動が減速することを示唆」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレは2021年初頭までマイナス」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「全員が行動を起こす必要性で一致」「政策委員会は政策手段の微修正で作業している」「ECBは12月の会合であらゆる手段を検討する」
・ラガルドECB総裁「デフレリスクがあるとは全くみていない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「本日の会合で政策手段の変更は全く議論しなかった」「デフレリスクがあるとは全く思わない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBが12月に行動することにほぼ疑いない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBが12月に行動するということにほぼ疑いはない」

[2020-10-21][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「公的債務は現状では問題ではない」

[2020-10-20][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は、参加した会議で、新型コロナウイルス感染拡大で引き起こされている危機に対応するため、ECBは緩和的な金融政策を維持すると述べた。

[2020-10-19][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は、新型コロナウイルスの感染が急速に拡大しているユーロ圏で、各国が導入を進めている新たな行動制限が企業や家計の先行き不透明感を一層高めるだろうと述べた。
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「新たなコロナ制限のなかで回復の勢いが衰えるリスクがある」「政策手段のオプションは使い切っていない」「必要であれば更なる政策を実施する」

(最終更新日時 2020-12-03 17:49)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース