クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-04-28][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミックの最悪期を過ぎたかどうかの判断は時期尚早」「短期的な見通しへのリスクは下方向」「下期には堅調な景気回復を見込む」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2021-04-28][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミックの最悪期を過ぎたかどうかの判断は時期尚早」「短期的な見通しへのリスクは下方向」「下期には堅調な景気回復を見込む」

[2021-04-22][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ブルームバーグによると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は22日の政策決定発表後、新型コロナウイルス感染拡大に対応し導入したパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)をユーロ圏経済がいつまで必要とするか問われるだろう。総裁は、新型コロナ禍が続く限り資金調達条件を支え、景気を支援するため、加速させたペースの購入を6月末まで継続する意向を表明する見込みだが、7月以降の金融政策に関する総裁の見解は、はるかに曖昧なものとなる可能性が高い。
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「短期的な見通しは不透明」「経済活動は年を経るにしたがって堅調な回復を見込む」「基調的な物価圧力は依然として安定している」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはインフレ見通しに関して為替レートの影響を注視」「ECBは必要に応じてあらゆる手段を調整する用意がある」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の減額はデータ次第であり、カレンダー通りに進むことはない」「テーパリング協議は時期尚早」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏経済は2022年後半にコロナ危機前の水準を回復する見通し」「ECBの戦略検証結果を秋に公表する」

[2021-04-14][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「米国の財政支援策、中期的には欧州GDPを0.3%押し上げる」「米政策の欧州への影響はほとんどが来年」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「観光セクターが大きい国の回復はより長くかかるだろう」「我々は依然としてパンデミック危機に対処しているところ」「回復に向けて十分な支援が要求される」

[2021-04-10][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「回復は2021年の後半に加速する」

[2021-04-08][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)「全体として成長見通しに関するユーロ圏のリスクはより均衡」「短期的には新型コロナウイルスによる下振れリスクが存在」

[2021-03-31][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「刺激策の終了前には、十分な周知を行う」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は31日、ECBの低金利維持の決意を試すかのようなユーロ圏国債利回りの上昇について、「われわれを好きなだけ試せばよい。われわれには現在、使える特別なツールがある。必要に応じて使っていく」と述べた。ブルームバーグTVのインタビューでの発言。

[2021-03-23][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は、新型コロナウイルス感染状況とワクチン接種のスピードをめぐる先行き不透明性がユーロ圏経済の見通しの重石になっているとの見解を示した。

[2021-03-22][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「短期的な経済見通しは、パンデミックやワクチン接種次第ということもあり、不確実性の影響を受ける」

[2021-03-18][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「中期のユーロ圏成長見通し、リスクさらに均衡」「ワクチン接種普及やコロナ抑制策緩和で、年後半は底堅い経済活動に」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「短期的な下方リスクは残存」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ相場の動向を引き続き注視していく」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「市場の状況に応じ、柔軟に資産買い入れを実施」「インフレの多少の振れは焦点にならない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「PEPP(パンデミック緊急購入プログラム)は市場の状況に応じて柔軟に行われる」

[2021-03-11][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「短期的な見通しは不透明」「インフレは主に一時的な要因により持ち直した」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「根底にある価格圧力は抑制」「全体的な経済情勢は年間で改善していく」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「中期のインフレ見通しはほぼ変わらず」「早すぎるタイト化は望ましくない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは柔軟に、市場の状況に応じて資産買い入れを行う」「ECBは為替レートを引き続き注視」「ECBはすべての政策手段を必要に応じて調整する用意」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ユーロ圏経済は1-3月期は縮小する公算」「リスクはより均衡した」「ヘッドラインインフレは今後数カ月で上昇する公算」「インフレは今年ボラタイルな可能性」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「債券購入の加速について具体的な数字は念頭にない」「ECBの債券購入ペース加速について、コンセンサスで決定」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBはイールドカーブコントロールはしていない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは一時的なインフレ急騰は重視しない」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBは為替レートを目標にしていない」

(最終更新日時 2021-05-01 01:50)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース