クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

クリスティーヌ・ラガルド

 クリスティーヌ・ラガルドは、1956年生まれのフランスの政治家・弁護士で、G8最初の女性財務相でもあり、ECB(欧州中央銀行)総裁。

 過去にはアメリカの経済誌フォーブスが取り上げた世界最強の女性30に選出された事もあり、反トラスト法、労働法専門の弁護士としても知られている。

 また、記者会見の際には、知的でユーモア溢れる発言をする場面も多く、2011年にはドミニク・ストロス=カーンの辞任を受けて、IMFから全会一致で推薦を受け女性初のIMF専務理事に就任した。

HDP

中間派

 HDP   -1.8(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.4(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-07-13][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「新しい戦略により、約2%のインフレに柔軟に対応できるようになる」「戦略レビューに合わせてフォワードガイダンスを再定義する必要がある」「2%は上限ではなく、2%前後で変動すると認識している」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近のクリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース

[2021-07-13][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「新しい戦略により、約2%のインフレに柔軟に対応できるようになる」「戦略レビューに合わせてフォワードガイダンスを再定義する必要がある」「2%は上限ではなく、2%前後で変動すると認識している」

[2021-07-08][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁は、戦略見直しの結果を8日午後8時に発表。
・ラガルドECB総裁は8日、「ECBは全会一致で戦略を承認」などと発言した。
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「全会一致で戦略を承認」「新たな目標は明白であり、対話が容易」「インフレ目標2%は上限ではない」

[2021-07-02][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「回復は良好だが、脆弱なまま」「持続可能な回復には至っていない」「より低いインフレに戻ってくると見越している」

[2021-07-01][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「変異株の蔓延で、欧州圏の回復が不確実性に直面している」「経済見通しの改善は、厳しいシナリオの可能性を少なくさせている」
・ロイター通信によると、欧州中央銀行(ECB)のラガルド総裁は1日、ユーロ圏経済が新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)発生時に想定された最も悲観的なシナリオは回避できるとみられるが、変異株によるリスクにはなお直面していると述べた。

[2021-06-22][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「必要ならECBには利下げする余地がある」
・ECBのラガルド総裁は、欧州議会の委員会で、新型コロナウイルス感染拡大が引き続きユーロ圏経済に対する重石となっているとしながらも、消費の再活性化が予想されるなか、成長ペースは現在の予想から加速する可能性があるとの見方を示した。

[2021-06-21][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「引き締めは時期尚早であり、進行中の経済回復とインフレ見通しにリスクをもたらす」「基礎的なインフレ圧力による上昇効果は、予想されるエネルギー価格の低下によってほぼ相殺されるだろう」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「欧米の経済状況は明確に異なる」

[2021-06-14][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・政治に特化した米ニュースメディアのポリティコは14日、ラガルドECB総裁の発言として「夏の終わりに戦略的レビューの結果提示を望む」などと報じた。

[2021-06-10][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「インフレは第2四半期に一段と上昇すると予想」「基本的な物価圧力はたるみの影響から抑制されている」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「不確実性は依然としてある」「短期的な経済見通しは不確実」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「基調的なインフレ圧力は依然として弱い」
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「総合インフレ率は予測対象期間では目標値を下回った」「拙速な引き締めは経済成長とインフレへのリスクになる」「ユーロ圏の成長率見通しは現在、概ね均衡」

[2021-06-03][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「強力な政策の維持は、パンデミックからの回復や経済復興を支援」

[2021-05-24][NP     HDP -1.8 CHDP +0.0 RHDP -2.4 CRHDP -0.1]
・ECBのラガルド総裁は、ユーログループ会合後の記者会見で、1兆8500億ユーロのパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の縮小について討議するのは尚早との考えを示した。

(最終更新日時 2021-07-15 17:02)

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュース バックナンバー

クリスティーヌ・ラガルド カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース