クリスティーヌ・ラガルド

クリスティーヌ・ラガルドのイメージ画像

 2020年11月の期間中のクリスティーヌ・ラガルドによる発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-11-11][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)や条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)はECBの主要手段であり続ける」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

クリスティーヌ・ラガルドによる2020年11月 発言・ニュース

[2020-11-11][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)や条件付き長期リファイナンスオペ(TLTRO)はECBの主要手段であり続ける」

[2020-11-11][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「ECBの景気刺激策は規模と期間が重要」「為替レートの変動は、インフレの進行に悪影響を及ぼす可能性」「パンデミックからの経済的回復は、かなり不安定になる可能性」

[2020-11-11][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「PEPP(パンデミック緊急購入計画)とTLTRO(条件付き長期リファイナンスオペ)はなおECBの主要ツール」

[2020-11-13][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁「コロナワクチンについて熱狂的になることを望まない」

[2020-11-13][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁は「デジタル・ユーロの方向に進む可能性あるだろう」

[2020-11-19][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「欧州の政策担当者は、ワクチンの実用化までの景気対策を継続すべき」「需要の低迷は、景気刺激策の必要性を示唆」「EU復興基金は遅滞なく実用化」

[2020-11-19][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「欧州連合(EU)の支出パッケージは、遅滞なく機能する必要」「12月の欧州中央銀行(ECB)理事会では、景気刺激策を発動する」

[2020-11-19][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「ECBは買い入れた債券に損失が生じても、破綻したり資金が尽きたりすることはない」「ユーロシステムは通貨ユーロの唯一の発行体として、必要に応じて追加の流動性を生み出すことができる。従って定義上、ユーロシステムは破綻したり資金が尽きたりすることはない。仮に金融損失が発生したとしても、物価安定を維持する能力が損なわれることはない」「ECBが保有する政府債務を帳消しにする法的根拠はない」

[2020-11-20][NP     HDP -1.8 CHDP -0.1 RHDP -2.1 CRHDP -0.1]
・ラガルドECB総裁「景気回復のためには、断固たる措置が必要」

クリスティーヌ・ラガルドの発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース