国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は講演で、世界各地の所得格差に懸念を示し、「格差拡大は例外なく金融危機の明確な予兆になっている」と警告した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は講演で、新たな調査で示された各国における金融サービスの不平等性が将来的な金融危機につながりかねず、金融セクターは迅速に対処する必要があると述べた。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は講演で、米中が署名した「第1段階」通商合意について、世界経済の圧迫要因となる不確実性の低減にはつながるものの、完全には払拭されないという見方を示した。
・国際通貨基金(IMF)「2020年の世界経済成長見通しを10月の3.4%から3.3%へ引き下げ」「2021年の世界経済成長見通しを10月の3.6%から3.4%へ引き下げ」
・国際通貨基金(IMF)は20日、世界経済見通しを改定した。2020年の世界全体の経済成長率を前年比3.3%とし、昨年10月時点の予想から0.1ポイント下方修正した。インドなど新興国の成長鈍化を反映した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2020-01-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は講演で、世界各地の所得格差に懸念を示し、「格差拡大は例外なく金融危機の明確な予兆になっている」と警告した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は講演で、新たな調査で示された各国における金融サービスの不平等性が将来的な金融危機につながりかねず、金融セクターは迅速に対処する必要があると述べた。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は講演で、米中が署名した「第1段階」通商合意について、世界経済の圧迫要因となる不確実性の低減にはつながるものの、完全には払拭されないという見方を示した。
・国際通貨基金(IMF)「2020年の世界経済成長見通しを10月の3.4%から3.3%へ引き下げ」「2021年の世界経済成長見通しを10月の3.6%から3.4%へ引き下げ」
・国際通貨基金(IMF)は20日、世界経済見通しを改定した。2020年の世界全体の経済成長率を前年比3.3%とし、昨年10月時点の予想から0.1ポイント下方修正した。インドなど新興国の成長鈍化を反映した。

[2019-12-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエヴァ専務理事は、中銀デジタル通貨導入について、各国が遅れを取るリスクがないようにIMFとしてサポートする考えを表明した。

[2019-12-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、アルゼンチンのフェルナンデス新政権が掲げる貧困対策や持続可能な成長の促進という目標をIMFも共有しているものの、債務再編を協議する前に新政権の経済政策に関する詳細な情報が必要だと述べた。

[2019-11-26][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.2]
・国際通貨基金(IMF)「メキシコ経済は、ボラタイルな金融市場やエマージング市場からの資金逃避など、外的リスクに直面している」
・国際通貨基金(IMF)は、南アフリカに関する審査(4条協議)終了を受け、同国が経済改革を迅速に進めない限り、失業率の悪化や格差の拡大など長引く景気低迷を招く恐れがあるという見解を示した。
・国際通貨基金(IMF)は、年次対日審査の終了に際して声明を発表し、米中貿易摩擦が日本に及ぼす影響を踏まえ、今年の実質経済成長率の見通しを10月時点の0.9%から0.8%に下方修正した。また、消費税増税などによる成長減速を回避するため、景気対策を当面維持するよう求めている。

[2019-11-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.2]
・IMFのゲオルギエワ専務理事は西村再生相との会談冒頭で発言した。IMFは25日午後都内で、対日4条協議(経済審査)で記者会見を行う。西村再生相は以下のように語った。世界経済が不透明感を増す中、IMFと協力していきたい。
・IMF(国際通貨基金)は25日、日本の2019年の実質成長率を0.8%予測と下方修正した。従来は0.9%。
・ゲオルギエワIMF専務理事「積極的な財政刺激策で日本経済は推計上回る成長可能」
・ゲオルギエワIMF専務理事「いかに財政を持続可能にするかは日本政府が決める」「財政健全化で日本はもう少し消費税収に依存できる」

[2019-11-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)報道官「米中が部分的な通商合意に至れば、世界経済成長の予測が改善される可能性も」「米中の通商摩擦を緩和させる進展や関税撤廃への動きを歓迎」
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、米中が関税を段階的に撤廃する合意によってIMFのベースライン経済見通しが上向く可能性があるとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、ワシントンでの講演で、世界の公的部門と民間部門が抱える債務が計188兆ドルに達し、過去最大を更新したと明らかにした。世界のGDPの約2.3倍に当たり「債務の持続性や透明性の確保がより必要だ」と指摘し、リスク管理の強化を促している。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は7日、ワシントンでの講演で、世界の公的部門と民間部門が抱える債務が計188兆ドル(約2京円)に達し、過去最大を更新したと明らかにした。世界の国内総生産(GDP)の約2・3倍に当たり「債務の持続性や透明性の確保がより必要だ」と指摘し、リスク管理の強化を促した。日米欧など世界各地の中央銀行が実施している金融緩和策による金利低下で、お金を借りやすい状況が続いている。

[2019-10-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は発表した報告書で、イランが来年、財政赤字を解消するには、原油価格が1バレル=194.6ドルまで上昇する必要があるとの見方を示した。報告書によると、イランは米制裁強化を受け、今年の財政赤字がGDP比で4.5%に、来年は5.1%に膨らむ見通しだという。

[2019-10-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、米中貿易摩擦や中国の需要低下がアジア地域に悪影響を及ぼしているため、アジア各国は経済見通しに対するリスクの高まりに直面しているとの見方を示した。

[2019-10-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、年次総会に合わせてワシントンで記者会見し、米中貿易協議の部分合意を歓迎したうえで「世界経済はより大きな成長加速が必要だ」と述べ、さらなる進展に期待感を示した。

[2019-10-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のエイドリアン金融資本市場局長は、米中の貿易戦争が過去2年間、金融市場に著しい影響を及ぼしてきたと述べた。また、米中貿易摩擦は世界経済に対する著しいリスク要因で、新興国市場に影響をもたらすとの認識を示している。
・国際通貨基金(IMF)は公表した金融安定報告書で、マイナス利回りの債券の規模が日本や欧州など世界で15兆ドルに上っていると指摘した。世界的な金融緩和のために金利低下圧力が高まり、利回りがマイナス圏になった債券が増えたという。
・国際通貨基金(IMF)は公表した金融安定報告書で、日本を含む主要国でデフォルト(債務不履行)リスクを抱える企業の債務が2021年に計19兆ドルに達する恐れがあると警告した。長期にわたる低金利は世界景気を支えてきた一方、企業の巨額借り入れも促していると副作用を指摘。経済と金融システムを脅かすと注意を促している。
・国際通貨基金(IMF)は16日公表した世界金融安定報告で、マイナス利回りの債券の規模が日本や欧州など世界で15兆ドル(約1600兆円)に上っていると指摘した。世界的な金融緩和のために金利低下圧力が高まり、利回りがマイナス圏になった債券が増えた。

(最終更新日時 2020-01-21 20:39)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース