国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-01-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、英国が条件などで合意できないままEUを離脱することは英経済にとり最大の短期リスクとなるとの認識を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2019-01-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、英国が条件などで合意できないままEUを離脱することは英経済にとり最大の短期リスクとなるとの認識を示した。

[2018-12-31][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)が公表した第3四半期の外貨準備統計によると、外貨準備総額に占めるドルの比率は61.94%となり、前四半期の62.4%から低下、2013年第4四半期以来約5年ぶりの低水準となった、と報じた。

[2018-12-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のリプトン筆頭副専務理事は参加した会議で、世界経済に暗雲が立ち込めつつあると発言、政府・中銀の備えが十分ではない可能性があるとの認識を示した。

[2018-11-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、アルゼンチンで30日に始まるG20首脳会議に向け、報告書を発表した。そのなかで、世界経済の成長に減速兆候が見えると指摘。「貿易摩擦の緩和と最近発動された制裁関税の見直しが急務」とし、懸案への対処でG20の協調を呼び掛けている。
・国際通貨基金(IMF)は、日本経済の年次審査報告書を発表し、高齢化による人口減少で「実質GDPは今後40年で25%以上落ち込む恐れがある」と予測した。労働力を確保して成長を継続させるため、外国人労働者の受け入れ拡大などを選択肢として検討するよう提言している。

[2018-11-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、豪州の力強い経済成長は今後も続き、賃金もインフレも徐々に上昇すると発表した。またバブルのような動きだった住宅市場も落ち着きをみせていることも評価した。豪州に対する懸念材料は、中国経済の鈍化と米中間の貿易戦争などによる世界経済の見通しが立たないことがダウンサイドリスクであるとした。経済の見通しは明るく、失業率はこの6年で最も低い5%まで下がっているものの、IMFは豪準備銀行(RBA)が現行の1.5%から利上げをしないことを支持している。理由としては労働市場は改善しているものの、賃金上昇などがまだ弱いことをあげている。

[2018-11-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、英国が貿易協定を結ばないままEUを離脱した場合、残留する場合に比べてGDPの約6%に当たるコストが発生するとの見方を示した。

[2018-11-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、イタリアが計画している財政刺激策は金利上昇につながり、その結果としてリセッションが引き起こされる恐れがあるとし、緩やかな財政緊縮を実施するよう助言した。

[2018-10-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、アルゼンチン向けのスタンドバイ(一定期間内にいつでも合意された資金の引き出しができる)取り決めの額を従来の500億ドルから563億ドル相当に引き上げた。

[2018-10-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長は、イタリアの2019年予算について、EUの予算ルールに従う必要があり、次の景気低迷に備えて準備金を積み立てるべきだとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)幹部が、人民元の為替水準が中国経済のファンダメンタルズに「ほぼ沿っている」と述べたと報じている。

[2018-10-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は米CNBCテレビとのインタビューで、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長と「クレイジーさ(狂気)」は結びつかないとコメントした。トランプ米大統領は10日、利上げを続ける米連邦準備理事会(FRB)は「狂ってしまった」と述べていた。

(最終更新日時 2019-01-19 23:45)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース