国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-09-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例記者会見で、イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンが直面している経済状況を深く懸念しているとしたうえで、「迫り来る人道的危機」に警戒感を示した。
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例記者会見で、米国は「非生産的な瀬戸際政策」を回避し、債務上限をめぐる問題の解決を模索する必要があると指摘。債務上限の自動的な調整などの代替策を検討するよう呼び掛けた。
・国際通貨基金(IMF)は、ゲオルギエワ専務理事が22日に米国が主催する新型コロナウイルス関連の首脳会議に出席すると発表した。同会議は、国連の年次総会に付随してオンラインで開催される。バイデン米大統領から同会議で発言するよう要請があったという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2021-09-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例記者会見で、イスラム主義組織タリバンが実権を掌握したアフガニスタンが直面している経済状況を深く懸念しているとしたうえで、「迫り来る人道的危機」に警戒感を示した。
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は定例記者会見で、米国は「非生産的な瀬戸際政策」を回避し、債務上限をめぐる問題の解決を模索する必要があると指摘。債務上限の自動的な調整などの代替策を検討するよう呼び掛けた。
・国際通貨基金(IMF)は、ゲオルギエワ専務理事が22日に米国が主催する新型コロナウイルス関連の首脳会議に出席すると発表した。同会議は、国連の年次総会に付随してオンラインで開催される。バイデン米大統領から同会議で発言するよう要請があったという。

[2021-08-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)「アフガニスタンは特別引出権(SDR)を入手できないだろう」

[2021-08-03][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)が公表した年次「対外セクター報告書 」によると、2020年は新型コロナウイルス禍を受け、それまで安定的に縮小してきた世界的な経常収支不均衡が拡大に転じた。景気支援策の導入を受けた先進国の赤字急拡大に加え、原油需要の急減などが背景にあるとしている。

[2021-07-30][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は公表した論文で、IMFはデジタル通貨への「広範囲かつ複雑な移行を監視し、助言し、その管理を支援する」ためにリソースを増強する必要があるとの見方を示した。

[2021-07-28][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ゴピナート氏は記者会見で、米国を中心とするインフレ高進は来年鈍化が見込まれるとしたうえで、中期的なインフレ期待が高まった場合は懸念材料になると述べた。
・国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミスト、ゴピナート氏は記者会見で、新型コロナウイルス対策で無観客開催となった東京五輪について、今年の日本経済に影響を及ぼす「大きな要因になるとは考えていない」と明言した。

[2021-07-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)理事会は、FRBが新型コロナウイルス危機を管理し、短期的な物価の上振れを容認しながら景気回復を支援するなど、「非常に効果的」に対応していると評価した。同時に将来的な金融緩和の解除をめぐって慎重にコミュニケーションを図るよう要請している。
・共同通信によると、国際通貨基金(IMF)は22日、米経済に関する年次審査報告書を発表した。米連邦準備制度理事会(FRB)が2022年後半にもゼロ金利政策を解除し、利上げを開始する必要があるとの見方を示した。巨額経済対策による景気回復で、物価上昇が加速すると分析。量的緩和策の縮小は22年前半に始めるべきだとの認識を示した。

[2021-07-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のオカモト筆頭副専務理事は、各国に対し、景気支援策から成長推進に向けた政策改革に転換するよう呼び掛けた。改革を実施することでリストラが加速されるほか、労働力と資本を将来性がある部門に振り向けることができるとの考えを示している。

[2021-07-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・ロイターは、国際通貨基金(IMF)のオカモト筆頭副専務理事が、G20財務相・中銀総裁会議で、IMFの準備資産である特別引出権(SDR)1000億ドル相当の貧困国への配分が明確化されることを望んでいると述べたと報じている。

[2021-07-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、米国の追加財政刺激策が物価上昇圧力を後押しする可能性があり、物価が持続的に上がった場合、予想より早く利上げが必要となるリスクがあると警鐘を鳴らした。

[2021-07-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)専務理事「世界的なインフレ率の持続的な上昇リスクが高まっていることから、早急な金融引き締めが求められる」

(最終更新日時 2021-09-18 18:24)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース