国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-07-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のゴピナート主任エコノミストは、米中などの貿易摩擦の影響が世界貿易を減速させているとし、関税をめぐる不透明感の長期化は世界の企業景況感を圧迫するとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)は、年次の「対外部門の安定性に関する報告書」を公表した。ドルについては短期のファンダメンタルズに基づき6-12%過大評価されているとの見解を示した。一方、ユーロや円、人民元は基礎的条件に沿った水準だとしている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2019-07-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のゴピナート主任エコノミストは、米中などの貿易摩擦の影響が世界貿易を減速させているとし、関税をめぐる不透明感の長期化は世界の企業景況感を圧迫するとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)は、年次の「対外部門の安定性に関する報告書」を公表した。ドルについては短期のファンダメンタルズに基づき6-12%過大評価されているとの見解を示した。一方、ユーロや円、人民元は基礎的条件に沿った水準だとしている。

[2019-07-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、次期ECB総裁に就任するために9月12日付で退任することを明らかにした。欧州議会の承認が得られれば、ドラギ総裁の後任として10月31日に就任する。
・国際通貨基金(IMF)のリプトン専務理事代行は、IMFには中国などの国々の台頭やフィンテック(金融技術)などへの順応が必要との考えを示した。

[2019-07-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は15日、暗号資産(仮想通貨)に関し、利用が拡大するスピードを「過小評価すべきではない」とし、対応策を早期に構築すべきだとの認識を示した。金融政策運営に影響を及ぼす恐れがあると指摘した。

[2019-07-03][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)理事会は2日、ラガルド専務理事が欧州中央銀行(ECB)総裁に指名されたことを受け、リプトン筆頭副専務理事が専務理事代行を務めると発表した。

[2019-07-02][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事をECBの次期総裁に、ドイツのフォンデアライエン国防相を次期欧州委員長に起用することで、ドイツとフランスが合意したと報じている。

[2019-06-26][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は26日公表した年次報告書で、ニュージーランド準備銀行(中央銀行)の金融政策スタンスは同国の抑制されたインフレ環境に合致しているとの見解を示した。

[2019-06-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、米国経済に関する年次審査で、中国などとの貿易摩擦に改めて懸念を示した。問題解消に向け相手国・地域との「建設的で協力的な取り組み」を促している。

[2019-06-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長は、ユーロ圏には、特定の加盟国が債務危機のような衝撃に見舞われるリスクが残存しているとの見解を示した。

[2019-06-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、ユーロ圏にとって貿易摩擦の高まりはリスクであり、通商問題などを背景に域内は低成長、低インフレの状態が続く恐れがあるとの見方を示した。

[2019-06-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、「世界経済の先行きは引き続き不安定で、いくつかの下振れリスクがある。主な脅威は貿易をめぐる緊張が原因だ」と述べ、米国と中国の貿易摩擦が世界経済に与える悪影響に強い懸念を示した。

(最終更新日時 2019-07-19 12:00)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース