国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-07-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)が30日公表したデータによると、IMFに報告された第1・四半期の外貨準備にドルが占める比率は61.9%だった。昨年第4四半期の60.8%から上昇した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2020-07-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)が30日公表したデータによると、IMFに報告された第1・四半期の外貨準備にドルが占める比率は61.9%だった。昨年第4四半期の60.8%から上昇した。

[2020-06-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、新型コロナウイルスによる世界的な経済危機を受け、IMFが有する1兆ドルの総資産が試練を迎える可能性があると述べた。

[2020-06-26][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、金融安定報告書を発表し、新型コロナウイルスの感染拡大で暴落した株価を含む資産価格が急上昇している現状について「経済の実態と乖離している」と警鐘を鳴らした。相場が急落するリスクが高まり、景気回復の波乱要因になる恐れがあると懸念を示している。

[2020-06-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は発表した世界経済見通しで、2020年の日本の実質成長率が新型コロナウイルスの感染拡大が響いてマイナス5.8%に落ち込むと予測し、4月時点の見通しから0.6ポイント下方修正した。リーマン・ショック後の09年のマイナス5.4%を下回る水準の悪化となる。世界全体の成長率もマイナス4.9%とし、4月時点から1.9ポイント引き下げた。

[2020-06-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・IMF 「20年世界GDP予想4.9%マイナス成長に引き下げ(4月時点3%マイナス)」

[2020-06-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)が近く改定する世界経済見通しで、2020年の成長率予測をさらに引き下げると報じている。4月時点ですでにマイナス3%と大恐慌以来の落ち込みを想定していたが「新型コロナウイルスによって深刻な『世界大封鎖』が経済を直撃した」と強く懸念しているという。

[2020-06-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、世界各国の政府が新型コロナウイルス対策として打ち出した財政措置の規模は10兆ドルにのぼるが、一段の措置が必要だと述べた。

[2020-06-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)が新型コロナウイルス感染症対策の資金として、これまでに67ヵ国への緊急融資を決めたことがわかった、と報じている。発展途上国や新興国では感染対策の負担増や資源価格の下落で経済が低迷。IMFに緊急融資の要請が相次ぎ、4月から2ヵ月あまりでコロナ以前の利用実績34件のほぼ2倍に達したという。さらに約20ヵ国についても近く支援を決める見通しだ。

[2020-06-02][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、アルゼンチンが債権者に提示した新たな債務再編案は債務の持続可能性を回復させるものだとの見方を示した。

[2020-05-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は28日、2020年の世界経済の成長率予測を下方修正する可能性が高いとの認識を示した。最近の経済指標は「世界経済がさらに悪化することを示している」と指摘。4月時点でマイナス3.0%と見込んでいたが、6月に公表予定の経済見通しでさらに引き下げる考えを示した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、国連の会合にテレビで参加し、今年の世界経済成長率に関し「最近のデータは悪化がさらに進んでいる可能性を示している」と述べた。4月に公表したマイナス3.0%の予測を6月に下方修正する考えを示している。

(最終更新日時 2020-07-02 16:35)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース