国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.6(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-04-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルスの発生源となった中国で限定的ではあるが経済に回復の兆しが見られ、希望を与える内容だと述べた。ただ、中国やその他の国でパンデミックが再発する可能性を除外できないとしている。
・古沢国際通貨基金(IMF)副専務理事がインタビューで、「世界の成長率は金融危機を上回るマイナスも」、「日本も相当に大きな規模の対策が必要になる」、「金融危機時と調べれば金融システムは強固だが、予断は持てない」などと述べたと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2020-04-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルスの発生源となった中国で限定的ではあるが経済に回復の兆しが見られ、希望を与える内容だと述べた。ただ、中国やその他の国でパンデミックが再発する可能性を除外できないとしている。
・古沢国際通貨基金(IMF)副専務理事がインタビューで、「世界の成長率は金融危機を上回るマイナスも」、「日本も相当に大きな規模の対策が必要になる」、「金融危機時と調べれば金融システムは強固だが、予断は持てない」などと述べたと報じている。

[2020-04-04][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事「新型ウイルスによる経済への影響は世界金融危機より一段と深刻」
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエヴァ専務理事は、新型コロナウイルスにより起きている現在の世界的な景気後退を、2008年のリーマン危機より悪い状況だと指摘した。

[2020-04-02][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、医療体制の拡充や経済的打撃を受けた家計や企業への直接支援など、政府を含む公的部門の「戦時対応」が不可欠だと強調した。速やかな景気回復に向け、貿易の維持を含めた国際協調を訴えている。
・国際通貨基金(IMF)当局者は1日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)により新興国経済への圧力が強まっているものの、IMFはこれらの国のニーズに対応できる十分な財源を有しているとの認識を示した。

[2020-04-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルスへの対応に必要な融資能力の確保に向け、二者間借入取り決めの期限を今年末から3年間延長し2023年末までとし、24年末までさらに1年間の延長も可能とすることを決定した。IMF全体の融資能力は1兆ドルに維持する。
・国際通貨基金(IMF)が発表した2019年第4四半期の世界全体のドル準備額は6兆7450億ドルで、第3四半期の6兆7250億ドルから減少した。また通貨準備総額に占める割合は61.5%から60.8%に低下している。ドル以外の通貨では、円の割合が5.6%と横ばい。人民元は1.9%とほぼ変わらずだった。ユーロは前四半期の20.2%から20.5%となっていた。

[2020-03-31][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のトムセン欧州局長は、新型コロナウイルス対策として、ユーロ圏の財政規律緩和やECB、欧州安定メカニズム(ESM)の支援が欠かせないという考えを示した。
・国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルスの感染拡大にともなう経済混乱が、金融システム不安に波及するリスクに警戒感を示した。各国の監督当局が規制に関し「国際的な枠組みの一体性を維持することは金融システムに対する信頼性と統合性に不可欠だ」と訴えている。

[2020-03-27][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、新型コロナウイルスに対応するための緊急融資枠の倍増をG20に要請したことを明らかにした。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事が、新型コロナウイルス対策としての緊急融資枠の規模をめぐり、当初の500億ドルからの倍増を目指しており、27日に開催される運営方針を決める委員会で検討される見通しだと報じている。関係筋が明らかにしたという。

[2020-03-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)「世界経済は今年縮小する見通し。2021年は回復を見込む」

[2020-03-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)の当局者が、新型コロナウイルスのパンデミックによる経済的影響に関するブログで、中国経済に正常化の兆しが見え始めているが、依然としてリスクはくすぶっているとの見解を示したと報じている。
・国際通貨基金(IMF)の戦略政策審査局長を務めるミューライゼン氏は、新型コロナウイルスのパンデミックが世界経済に及ぼす影響は「非常に深刻」になる見込みだが、長期にわたる成長拡大や高い就業率を背景に、世界経済は苦境を乗り切ることが可能という見方を示した。

[2020-03-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は20日、イタリア経済に関する年次審査報告書を発表し、2020年の実質経済成長率の見通しを1月時点の0.5%からマイナス0.6%に引き下げた。

[2020-03-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は16日、新型コロナウイルス対策で1兆ドルの融資能力を動員する用意があると発表した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は16日、新型コロナウイルスの感染拡大で経済に長期的な影響が及ばないよう、各国政府に対し協調的な財政・金融政策を実施するよう呼び掛けた。

(最終更新日時 2020-04-08 16:16)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース