国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)当局者が、通商摩擦が世界成長の重しになっているものの、世界的なリセッションを予測するには「程遠い」と述べたと報じている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2019-09-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)当局者が、通商摩擦が世界成長の重しになっているものの、世界的なリセッションを予測するには「程遠い」と述べたと報じている。

[2019-09-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、米中が相互に関税措置を発動させていることで、2020年の世界的な経済成長率は0.8%押し下げられるとの見方を示した。

[2019-09-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)の次期専務理事に、ブルガリア出身のゲオルギエワ世界銀行最高経営責任者(CEO)が就任することが固まった。ラガルド専務理事の辞任に伴って6日まで後任の立候補を受け付けたが、米国や新興国などから独自候補の擁立はなかった。
・国際通貨基金(IMF)は9日、次期専務理事人事で、欧州連合(EU)が推薦したゲオルギエワ世界銀行最高経営責任者(66)が唯一の立候補者だったと発表した。事実上、同氏の就任が決まった。現専務理事のラガルド氏は欧州中央銀行(ECB)総裁に就く予定で、2代続けて女性のトップとなる。

[2019-08-30][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・来日中のセラッシー国際通貨基金(IMF)アフリカ局長がインタビューに応じ、一部のアフリカ諸国が高水準の債務を抱えていると指摘し、これらの国の成長は今後抑制されかねないと警戒感を示したと報じている。

[2019-08-22][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、米中貿易摩擦を念頭に、為替操作で貿易不均衡は解決しないとの見解を示した。介入による自国通貨の押し下げや高関税は是正効果が限られる一方、「国際金融システムの秩序に悪影響を及ぼす」と警告し、通貨安競争の回避を促している。

[2019-08-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は、中国経済に関する年次審査報告で、米国が中国からの全輸入品に25%の制裁関税を課せば、発動後1年間の成長率が0.8ポイント程度押し下げられるとの試算を示した。また、人民元相場への介入実績の公表など透明化に取り組むよう提言している。
・国際通貨基金(IMF)は、中国経済に関する年次審査報告で、中国の通貨・人民元の相場について「中国人民銀行による為替介入はほとんどみられない」と指摘した。トランプ政権は貿易戦争が2018年夏に始まってから中国が輸出を下支えするため元安誘導したと批判してきたが、IMFは為替操作とは判断しなかった。ただ、報告書は7月末にまとめたもので、8月1日以降の米中対立激化は反映していない。

[2019-07-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)の次期専務理事について、EU加盟国政府は現在5人の候補から1人に絞り込む作業を進めている、と報じている。候補に挙がっているメンバーは、ユーログループ)議長を務めたオランダのデイセルブルム氏、スペイン経済相のカルビノ氏などで、フランスがIMF専務理事の欧州出身の候補の絞込みで主導的な役割を果たしているという。

[2019-07-26][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は25日、欧州中央銀行(ECB)が超緩和的な金融政策の維持を確約し、必要に応じてさらなる緩和策を検討する姿勢であることに支持を表明した。

[2019-07-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は23日、世界経済見通しを公表した。2019年の世界経済の成長率予想を従来の3.3%から3.2%へと下方修正した。20年は3.5%と予想した。また、19年の米成長率予想を従来の2.3%から2.6%に上方修正したほか、中国については6.3%から6.2%に下方修正した。
・国際通貨基金(IMF)「世界経済の見通しを引き下げ、貿易緊張の下方リスク」
・IMF(国際通貨基金)は23日、最新の世界経済見通しを発表した。2019年米成長率予想は2.6%と従来の2.3%から上方修正された。一方、中国は6.2%と同6.3%から小幅下方修正となった。

[2019-07-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のゴピナート主任エコノミストは、米中などの貿易摩擦の影響が世界貿易を減速させているとし、関税をめぐる不透明感の長期化は世界の企業景況感を圧迫するとの認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)は、年次の「対外部門の安定性に関する報告書」を公表した。ドルについては短期のファンダメンタルズに基づき6-12%過大評価されているとの見解を示した。一方、ユーロや円、人民元は基礎的条件に沿った水準だとしている。

(最終更新日時 2019-09-17 18:55)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース