国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-10-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、新型コロナウイルス流行にともなうリセッションからの回復を迅速化することにより、世界の所得が2025年までに9兆ドル増加すると述べた。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2020-10-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、新型コロナウイルス流行にともなうリセッションからの回復を迅速化することにより、世界の所得が2025年までに9兆ドル増加すると述べた。

[2020-10-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、2020年の世界全体の政府債務残高が、GDP比で98.7%と、過去最悪に膨張すると予測した。
・国際通貨基金(IMF)のガスパール財政局長は、中国の新型コロナウイルス感染拡大に対応する財政刺激策について、焦点を財生産のための投資から消費支援と社会的安全網の拡充に移す必要があると述べた。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、IMF・世銀総会で、新型コロナウイルス感染拡大に対応するための財政政策が尚早に引き揚げられれば、世界経済は深刻な影響を受けると警告した。

[2020-10-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は13日発表した世界経済見通しで、新型コロナウイルスの感染拡大以降初めて2020年の世界成長率予測を引き上げた。だが感染拡大の封じ込めに失敗すれば、20年はマイナス5%超に落ち込むシナリオも提示。「著しい景気下振れリスクが残っている」と警戒を解いていない。

[2020-10-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、参加したオンラインイベントで、新型コロナウイルス危機の経済的影響に対応するために、国際社会は一段の措置を実施する必要があると述べた。
・IMF(国際通貨基金)は13日、2020年の日本の経済成長率を従来のマイナス5.8%からマイナス5.5%に上方修正した。一方2021年は従来のプラス2.4%からプラス2.3%に下方修正した。
・IMF(国際通貨基金)は13日、2020年の米国の経済成長率見通しをマイナス4.3%とした。2021年はプラス3.1%としている。
・国際通貨基金(IMF)は経済見通しを発表し、2020年の世界経済は-4.4%と前回6月の-5.2%から上方修正した一方で、2021年は+5.2%と前回の+5.4%から引き下げた。また、2020年において米国は-8.0%から-4.3%、中国は+1.0%から+1.9%、ユーロ圏は-10.2%から-8.3%にそれぞれ上方修正した。

[2020-10-09][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、新型コロナウイルス感染拡大を受け、早い段階でロックダウン(都市封鎖)が実施されれば、感染拡大を大幅に抑制できるとの考えを示した。また、その後の景気回復が加速化されるとし、感染が高水準で継続している間は経済活動再開を急ぐべきではないとしている。

[2020-10-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、今年の世界全体の経済成長率の見通しについて、これまでの想定よりいくぶん上向くとの認識を示した。新型コロナウイルスの影響は依然深刻だが、中国経済の回復が予想を上回ると予想されることを理由に挙げている。

[2020-09-25][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、中国などの経済指標が底堅いなか、世界経済の見通しは3ヵ月前ほど暗くないものの、新型コロナウイルスの感染拡大にともない困難な状況に変わりはないという認識を示した。

[2020-09-24][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のオカモト筆頭副専務理事は、新型コロナウイルス感染拡大による危機は予想より長引いており、一部の国は回復に何年もかかる恐れがあるとの認識を示した。

[2020-09-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、新型コロナウイルス禍からの脱却に向け、各国政府は支援基金への投資を巡ってより選択的になる必要があるとの見解を示した。支援の恩恵がどこに向かうのかなどを見極める必要があるとしている。さらに、国民の信認失墜を回避するため、公的調達における透明性と競争を確実にする必要があると述べた。

[2020-08-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、米国経済に関する年次審査協議の終了後に声明を発表し、新型コロナウイルス感染拡大による深刻な打撃を受け、景気回復には長い時間を要するとの見方を示した。そのうえで、「大型の追加財政策が必要」と指摘し、米政府に対応を促している。

(最終更新日時 2020-10-18 14:44)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース