国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.8(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-05-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)がドイツ経済について、第1四半期のGDが前期比0.4%増と3期ぶりにプラスだったものの、一時要因により押し上げられた可能性があるとして、通年見通しの0.8%成長を据え置く方針としたと報じている。ドイツ担当ミッションチーフが明らかにしたという。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、米中が貿易戦争の解決を見いだせなければ、世界経済見通しに対するリスクとなるとの見解を示した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2019-05-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)がドイツ経済について、第1四半期のGDが前期比0.4%増と3期ぶりにプラスだったものの、一時要因により押し上げられた可能性があるとして、通年見通しの0.8%成長を据え置く方針としたと報じている。ドイツ担当ミッションチーフが明らかにしたという。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、米中が貿易戦争の解決を見いだせなければ、世界経済見通しに対するリスクとなるとの見解を示した。

[2019-05-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は7日、中国と米国の貿易を巡る緊張は世界経済への脅威だとして、両国に解決を促した。ラガルド専務理事は、仏財務省で開催された会合の合間に「貿易の緊張は誰もが納得する形で解決されなければならない。米国と中国の明らかな緊張は世界経済にとって脅威だからだ」と述べた。
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は、中国と米国の貿易をめぐる緊張は世界経済への脅威だとして、両国に解決を促した。

[2019-05-06][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)の古沢副専務理事がインタビューに応じ、IMFが検討している資本増強について、「役割を果たすため。しっかりとした資金基盤を維持することは重要」と強調したと報じている。

[2019-04-30][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は29日、米シンクタンク・ミルケン研究所主催の会議で講演し、米国を含めた世界経済の先行きについて「細心の注意を必要とする時間帯だ」と指摘し、減速懸念はまだ払拭できないとの認識を示した。30日に北京で再開する米中貿易交渉について早期合意に強い期待感を示した。

[2019-04-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は29日、MENAP(中東産油国、北アフリカ、アフガニスタン、パキスタン)地域の経済に関する報告書を発表し、原油価格の先行き不透明感や世界経済の減速から、中東の産油国は改革をさらに進め、雇用を創出する必要性が高まっていると指摘した。

[2019-04-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)の運営方針を決める国際通貨金融委員会(IMFC)は会合でIMFの資本増強の結論を持ち越した。新興国への金融支援の原資を確保するため増資が必要だとの意見がある一方で、最大出資国である米国が強く反対。10月までに結論を出すものの増資は見送る公算が大きい。
・米ワシントンで開かれていた国際通貨金融委員会(IMFC)は閉幕し、声明を発表した。世界経済は「想定より減速している」と懸念し、成長持続のため協調すると表明。自由貿易は「成長の原動力」とし、貿易摩擦を解決する必要があるとの認識を示している。
・国際通貨基金(IMF)のイ・チャンヨン・アジア太平洋局長は、米中通商協議について、知的財産権など構造問題の解決や多国間主義に基づく合意が必要との考えを示した。
・国際通貨基金(IMF)の助言機関である国際通貨金融委員会(IMFC)は13日(日本時間14日)、声明を採択して閉幕した。声明は「マクロ経済政策と構造政策を通じて、過度な世界的不均衡を削減するために協働する」と明記した。20カ国・地域(G20)の議長国を務める日本は経常収支の不均衡是正を主要議題に掲げており、こうした主張が反映された形だ。

[2019-04-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事は記者会見で、英国のEU離脱(ブレグジット)の再延期は、世界経済のさらなる下押しにつながりかねない「合意なき」ブレグジットという「悲惨な結末」を回避すると述べた。
・国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局のブレック副局長がインタビューで、日本の財政金融政策について、景気への下振れリスクが顕在化した場合、消費税率10%への引き上げを延期したり一段の金融緩和を行うよりも、財政支出を拡大して対応すべきだとの見解を示したと報じている。

[2019-04-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)が発表した世界金融安定報告によると、債務返済が不能となるリスクが大きい低格付け社債の発行残高(推計値)が米国とユーロ圏で合計4兆ドルを突破した。リーマンショックが起きた2008年時点の4倍の規模に膨らんだことになる。
・国際通貨基金(IMF)は発表した世界金融安定報告書で、世界の金融システムリスクが過去6ヵ月間に増大したとの認識を示した。合意なき英国のEU離脱や貿易摩擦激化が、リスク資産売りの引き金となる可能性を指摘したという。

[2019-04-09][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は9日、世界経済見通しを公表した。2019年の世界経済の成長率予想を従来の3.5%から3.3%へと下方修正した。「英EU離脱や米中通商協議などを背景にリスクは下方に傾斜している」との見解を示した。
・国際通貨基金(IMF)は2019年の世界成長見通しを3.3%へ引き下げた。(従来3.5%)金融危機以降で最低となる。
・IMFチーフエコノミスト「トルコがIMF支援を求めるとは考えていない」

[2019-04-04][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.8 CRHDP +0.1]
・国際通貨基金(IMF)は発表した世界経済見通しで、米中貿易協議が決裂し、双方が全品目に25%の追加関税を発動すれば、2国間貿易は長期的に30-70%落ち込む恐れがあるとの試算を示した。製造業の国際分業が広がるなか、「関税や貿易戦争の影響が世界全体に波及するリスクが高まる」と警鐘を鳴らしている。
・国際通貨基金(IMF)は3日、米中貿易摩擦がさらに激化し追加関税が全面的に拡大した場合、両国間の貿易規模が「長期的に3~7割減少する可能性がある」との試算を発表した。

(最終更新日時 2019-05-21 15:39)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース