国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-02-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、2023年の日本経済の低迷が24年の下振れリスクにつながる可能性があると指摘した。一方、経済指標から英経済は回復する兆しが見て取れるとした。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2024-02-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、2023年の日本経済の低迷が24年の下振れリスクにつながる可能性があると指摘した。一方、経済指標から英経済は回復する兆しが見て取れるとした。

[2024-02-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、今後5年間のウクライナの経済・金融改革を支援するための新たな信託基金「ウクライナ能力開発基金」を正式に設立したと発表した。供与国からの6500万ドルの資金調達を目指すという。

[2024-02-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・IMFのゴピナート筆頭副専務理事は、多くの国でインフレ率が低下し、世界経済はソフトランディングに向かっているように見えるが、各国中銀は利下げに慎重になるべきと述べた。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、世界経済がソフトランディングに向かうと「非常に強く確信している」との見解を示した。さらに、主要中銀は今年なかばごろから政策金利の引き下げを始めるだろうと予想した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、ロシア経済について、経済成長は大規模な軍事費に支えられているものの、人口の流出と技術不足を受け、厳しい局面を迎えるとの見方を示した。ロシア経済は2022年に1.2%のマイナス成長に陥った後、23年は3.6%のプラス成長に回復。IMFは今年の成長率が2.6%になると予想している。

[2024-02-09][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・IMF対日審査団長は、今の円相場はファンダメンタルズおおむね反映という見解を示した。
・IMF対日審査団長は、日銀が短期的に金融緩和的な環境を維持することに同意、という見解を示した。
・IMFは、日銀はYCCと量的・質的緩和の撤廃検討を、利上げ段階的に、という見解を示した。
・IMFは、日銀は政策展望期間にわたって政策金利の段階的引き上げを、という見解を示した。
・ゴピナートIMF筆頭副専務理事「日本経済の供給力と需要の足並みがそろう」

[2024-02-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ロイター通信によると、IMFは中国経済に関する審査(4条協議)で緊急のトーンを打ち出した。不動産危機と弱い外需が打撃となり、2024年の成長率は4.6%と、昨年の5.2%から鈍化すると予想した。

[2024-02-02][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、FRBが数ヵ月以内に利下げを開始するとの見通しを示したうえで、緩和が遅れれば世界経済にリスクをもたらすと指摘した。
・日本経済新聞によると、国際通貨基金(IMF)は2日、中国経済の年次報告を発表した。不動産開発企業の整理・再編などの対応が遅れれば、2025年の成長率が2.3%に下振れする恐れがあると予測した。都市に住む世帯の増加ペースなどが鈍り「新築住宅を買う需要が今後10年で35~55%減る」と試算した。2024年の実質経済成長率は4.6%と予測した。

[2024-01-31][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ブルームバーグによると、国際通貨基金(IMF)は、予想を上回る米景気拡大と中国の財政刺激策を理由に今年の世界経済の成長見通しを引き上げた。一方で戦争とインフレからのリスクを指摘した。IMFは30日発表した四半期世界経済見通しで、今年の世界経済成長率を3.1%と予想。昨年10月時点予想の2.9%から引き上げた。2025年の見通しは3.2%に据え置いた。日本の成長率は24年が0.9%(従来予想は1%)に小幅下方修正された一方、25年は0.8%(同0.6%)に上方修正された。

[2024-01-30][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・ロイターは、国際通貨基金(IMF)が、経済危機にあるアルゼンチンへの総額440億ドルの融資をめぐり、最終審査の2ヵ月延期を認めることが分かったと報じている。同国政府が改革に取り組む時間的猶予を与える狙い。両者が新たな支援プログラムについて協議する可能性もあるという。
・IMF(国際通貨基金)は30日、最新の世界経済見通しを発表した。2024年世界成長率予想を+3.1%とし、前回10月の+2.9%から上方修正した。
・国際通貨基金(IMF)はこの日公表した世界経済見通しで、2024年の世界経済の成長率予測を従来の2.9%から3.1%に上方修正した。また、24年の米国GDP成長率予測を従来の1.5%から2.1%に引き上げた。なお、FRB、ECB、BOEは下期まで金利を現行水準に維持すると予想した。

[2024-01-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・CNBCは、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事が、中国は「かなり大幅な成長の鈍化」阻止に向け、構造改革が必要という認識を示したと報じている。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は15日、中国が経済成長の大幅な減速を阻止するには構造的な改革を行う必要があるとの認識を示した。中国が短期的と長期的な課題に直面していると指摘。短期的な課題は不動産市場や地方政府の債務問題、長期的な課題は人口の変化と国民の信頼感の低迷だとした。『香港経済日報』が16日伝えた。
・国際通貨基金(IMF)のゴピナート筆頭副専務理事は、急激な利下げに対する市場の期待はやや時期尚早だとし、インフレとの闘いはまだ終わっていないと主張した。過去2年間に急速な利上げがあったあとですら、米国と欧州の両方で労働市場は依然として逼迫しており、当局の仕事はまだ終わっていないと指摘している。

[2024-01-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、アルゼンチンと440億ドルの金融支援をめぐりと合意に達したと発表した。予想を上回る47億ドルの融資実施に道が開かれたことになる。

(最終更新日時 2024-02-24 18:18)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース