国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -1.9(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、参加したイベントで、インフレ抑制を目的とした利上げは先進国・途上国間の経済発展の隔たりを危機的な水準に深化させる恐れがあると述べた。
・CNBCは、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事がインタビューで、米国のインフレ率は今年第2四半期に低下するとの予想を示したと報じている。同専務理事は「サプライチェーンの制約に対処することが条件となるが、その点ではいくつか改善の兆候が見られる」と述べたという。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2022-01-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、参加したイベントで、インフレ抑制を目的とした利上げは先進国・途上国間の経済発展の隔たりを危機的な水準に深化させる恐れがあると述べた。
・CNBCは、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事がインタビューで、米国のインフレ率は今年第2四半期に低下するとの予想を示したと報じている。同専務理事は「サプライチェーンの制約に対処することが条件となるが、その点ではいくつか改善の兆候が見られる」と述べたという。

[2022-01-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金は10日、「米連邦準備理事会(RRB)による利上げ加速は金融市場を混乱させ、米国の需要を弱め、新興市場からの資本流出を引き起こす可能性」との見解を示した。

[2022-01-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は「世界経済見通し」の公表を25日に1週間延期することを決めた。広報担当者が明らかにした。経済予測に新型コロナウイルスに関する最新の情勢を反映させるためだとしている。広報担当者は先月、記者団に対し、公表日は1月19日だと述べていた。

[2021-12-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、FRBが発表したテーパリング加速は賃金や物価の上昇圧力に対する「調整の取れた」対応だと記者会見で述べた。また、FRBがデータに基づいて政策を設定することでインフレ期待の安定化につながるとしている。一方で、FRBの金融政策正常化のペースが迅速化することで、ドル資金に依存する新興国や発展途上国の市場が直面するリスクが高まると警告した。

[2021-12-16][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、世界の公的部門と民間部門が抱える債務が2020年に急拡大し、計226兆ドルに達したとする試算を発表した。新型コロナウイルス禍の影響で、過去最大を更新している。
・共同通信によると、国際通貨基金(IMF)は15日、世界の公的部門と民間部門が抱える債務が2020年に急拡大し、計226兆ドル(約2京6千兆円)に達したとする試算を発表した。新型コロナウイルス禍の影響で、過去最大を更新した。

[2021-12-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、英国のインフレ率が来年には5.5%と30年ぶりの高水準に達する可能性が高いとし、英中銀は利上げをめぐる「不作為バイアス」を避けるべきと警告した。
・国際通貨基金(IMF)は、世界の公的部門と民間部門が抱える債務が2020年に急拡大し、計226兆ドルに達したとする試算を発表した。新型コロナウイルス禍の影響で、過去最大を更新している。

[2021-12-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミストであるゴピナート氏は、各国中銀は緩和的な金融政策や低金利を維持する余裕がないと述べた。

[2021-12-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・IMF(国際通貨基金)「南ア経済見通しの下振れリスクはより顕著」

[2021-12-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)「ユーロ圏の経済回復は国によって不均衡になるだろう」「ユーロ圏のインフレリスクは上昇サイドに傾いている」
・国際通貨基金(IMF)は、ユーロ圏各国が新型コロナウイルス禍からの景気回復を支援する財政政策を継続し、財政強化は景気回復がしっかりと進んでから行うべきとの見方を示した。ただ、将来的な財政強化をどのように行うのかに関する信頼できる方法をいまのうちに発表すべきとしている。

[2021-12-06][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は参加した会議で、新型コロナウイルスの新たな変異株である「オミクロン株」の感染拡大が広がる状況にあって、IMFが世界の景気回復見通しを下方修正する見込みだと明らかにした。

(最終更新日時 2022-01-14 17:12)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース