国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース

 国際通貨基金(International Monetary Fund)は、通貨と為替相場の安定化を目的とした国際連合の専門機関で、本部はアメリカ合衆国のワシントンD.C.に置かれている。

 国際通貨基金は、一般的に国際通貨基金の英語表記である「International Monetary Fund」の頭文字をとって「IMF」と呼ばれている。

 国際通貨基金(IMF)関連の発言やニュースについては、複数の関係者のコメントやニュースが含まれるため、HDP・RHDPは全体としての目安となります。

HDP

中間派

 HDP   -1.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.1(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2024-06-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のコザック報道官は、ユーロ圏ではインフレ抑制にかなり進展が見られたとし、ECBによる利下げ開始は「適切」とした。そのうえで、ECBはデータに基づき「会合ごとの」アプローチを維持することが重要と述べている。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)関連の最近の発言・ニュース

[2024-06-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のコザック報道官は、ユーロ圏ではインフレ抑制にかなり進展が見られたとし、ECBによる利下げ開始は「適切」とした。そのうえで、ECBはデータに基づき「会合ごとの」アプローチを維持することが重要と述べている。

[2024-05-29][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、中国に対する経済審査の終了に合わせて声明を発表し、2024年の同国成長率見通しを5.0%に引き上げた。ただ、不動産市場の低迷が続き、米国が経済的な圧力を強めるなか、景気に「下振れリスク」が残るとの認識も明らかにした。

[2024-05-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のコザック報道官は、米国の最近のインフレ指標は「全体として我々が望む水準よりも高い」とし、FRBに対し、金融政策の決定に当たり慎重さを保ち、データに依存する姿勢を維持するよう求めた。

[2024-05-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、人工知能(AI)が「津波」のように世界の労働市場を襲っているという認識を示した。
・国際通貨基金(IMF)理事会声明「日本の短期政策金利の更なる引き上げは、データに依存し、緩やかなペースで進められるべき」「日本の長年にわたる柔軟な為替レート制度へのコミットメントは、ショックを吸収し、物価安定に焦点を当てた金融政策を支援する」

[2024-05-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は、参加した国際会議で「円相場の下落は本当に劇的だった」と述べ、日本政府・日銀による為替介入とみられる対応に理解を示した。円安ドル高進行の背景にある米経済や金融政策の先行きについても米金融業界トップが議論している。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は6日の国際会議で「円相場の下落は本当に劇的だった」と述べ、日本政府・日銀による為替介入とみられる対応に理解を示した。円安ドル高進行の背景にある米経済や金融政策の先行きについても米金融業界トップが議論した。

[2024-04-30][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミストを務めたブランシャール氏は、日銀が利上げを実施すれば日本は「かなり深刻な」景気後退に直面するとの見方を示した。
・ロイター通信によると、国際通貨基金(IMF)のチーフエコノミストを務めたオリビエ・ブランシャール氏は29日、日銀が利上げを実施すれば日本は「かなり深刻な」景気後退に直面するとの見方を示した。

[2024-04-22][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、欧州経済にとってインフレ緩和に向けた「中程度の経済的コスト」をともなう軟着陸は手の届く範囲にあるものの、確実からは程遠いとの見解を示した。また、域内の大半で経済回復が不安定な様子が見受けられるとも指摘している。
・ロイターは、国際通貨基金(IMF)の日本ミッションチーフを務めるシュエイリ氏がインタビューで、インフレ期待を示す一部指標が引き続き2%を下回るなか、日銀は慎重に利上げを進めるべきだと述べたと報じている。一方、円安は日本の経済成長にプラスの影響を与えたと指摘した反面、日本当局の介入は正当化されるかとの質問に対しては「柔軟な為替相場が世界経済に役立っていると確信している」と述べたという。
・国際通貨基金(IMF)は、中東とウクライナ情勢をめぐる見解の相違から国際通貨金融委員会(IMFC)の共同声明を取りまとめることができず、紛争がもたらす経済的リスクに対する認識を示す議長声明を代わりに発表した。
・国際通貨基金(IMF)のゴピナート筆頭副専務理事は、米国は高水準の財政赤字を削減するために歳入を増やす必要があるとの認識を示した。

[2024-04-18][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のガスパール財政局長は、中国は不動産危機を一刻も早く解決する必要があると述べた。IMFは公表した「財政モニター」報告書で、中国の不動産セクターの低迷継続は「成長の大きな足かせ」となっており、金融市場や消費者心理の重石となり、地方政府の財政を圧迫していると指摘している。
・国際通貨基金(IMF)は公表した「財政モニター」で各国に財政支出の抑制を促す一方、今年は異例の「選挙の年」であり実現が困難となることに懸念を示した。
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事と世界銀行のバンガ総裁、G20議長国ブラジルのアダジ財務相が、「グローバル・ソブリン債ラウンドテーブル(GSDR)」の閣僚級会議後に発表した共同声明で、こう宣言した。
・ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)専務理事「IMFは今年米国で利下げの条件が整ったと見ている」

[2024-04-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のエイドリアン金融資本市場局長は記者会見で、為替の変動が激しい場合には為替市場への介入が「適切になる可能性がある」と述べた。ドル高が進行するなか、為替介入を容認した形だ。
・時事通信によると、国際通貨基金(IMF)は16日発表した最新の世界経済見通しで、2024年の世界全体の成長率を3.2%と予測した。好景気が続く米国の成長率が大きく上振れし、1月の前回予測から0.1ポイント引き上げた。25年は3.2%で据え置いた。

[2024-04-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -2.1 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、ゲオルギエワ専務理事の再任を決めた。任期は10月1日から5年間。4日まで推薦を受け付けていたが、候補者はゲオルギエワ氏だけだった。理事会の協議を経て、正式に再任が決まっている。

(最終更新日時 2024-06-09 19:37)

国際通貨基金(IMF)関連の発言・ニュース バックナンバー

国際通貨基金(IMF)関連 カレンダー

2024年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2023年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2022年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2021年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース