国際通貨基金(IMF)

国際通貨基金(IMF)のイメージ画像

 2020年2月の期間中の国際通貨基金(IMF)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2020年2月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2020年2月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-02-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、リプトン筆頭副専務理事が2月末で退任すると発表した。リプトン氏は2011年9月に筆頭副専務理事に就任。任期は2021年9月だった。また、ゲオルギエワ氏はグラッソ副専務理事も退任すると発表している。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)による2020年2月 発言・ニュース

[2020-02-10][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、リプトン筆頭副専務理事が2月末で退任すると発表した。リプトン氏は2011年9月に筆頭副専務理事に就任。任期は2021年9月だった。また、ゲオルギエワ氏はグラッソ副専務理事も退任すると発表している。

[2020-02-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)で対日審査を担当するカシン氏が書面インタビューで、新型コロナウイルスの感染拡大が長期化し、広範囲に及んだ場合、日本経済は観光や小売り、輸出などを通じて打撃を受ける可能性があるとの見方を示したと報じている。

[2020-02-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、対日4条協議の終了後にまとめたスタッフレポートで、日銀は金融政策の目標を包括的に見直す必要があるとの見解を示した。

[2020-02-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)は、公表した日本経済に関する年次審査報告書に関し、新型コロナウイルスによる肺炎感染の拡大は「新たな景気へのリスク」と警戒感を示した。高齢化による社会保障費増大で財政悪化が深刻になると懸念。消費税率を2030年までに段階的に15%へ引き上げるよう提言している。

[2020-02-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局のリー局長は、中国は景気が一段と減速した場合、財政出動による景気刺激策を講じる余地があるものの、構造改革や急速な信用の伸びへの対応も怠るべきではないと指摘した。

[2020-02-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、中国経済が新型コロナウイルス感染拡大の影響から「早期に回復する」可能性が高いとの見通しを明らかにした。

[2020-02-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、新型コロナウイルス感染拡大をめぐりかなりの不透明性が存在するため、中国および世界経済への影響を見極めることは困難としつつも、中長期的には中国経済は底堅く推移すると見通しと述べた。

[2020-02-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のライス報道官は、新型コロナウイルス感染拡大をめぐりかなりの不透明性が存在するため、中国および世界経済への影響を見極めることは困難としつつも、中長期的には中国経済は底堅く推移すると見通しと述べた。

[2020-02-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、新型コロナウイルスの感染拡大による経済的影響が明らかになった際には、世界各国の政府および中銀が協調して対応することを望むと述べた。

[2020-02-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.6 CRHDP +0.0]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事がインタビューで、新型コロナウイルスによるショックで今年の景気回復見通しが一段と暗くなるなか、世界経済システムの改善が大きく進んでいないことが既に「弱い」成長見通しの妨げになっていると述べた、と報じている。

国際通貨基金(IMF)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース