国際通貨基金(IMF)

国際通貨基金(IMF)のイメージ画像

 2021年10月の期間中の国際通貨基金(IMF)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2021年10月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2021年10月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2021-10-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・時事通信によると、国際通貨基金(IMF)は1日に発表した最新の金融安定報告書で、インターネットを通じた決済手段として注目を集める暗号資産(仮想通貨)について「リスクを注意深く監視する必要がある」と警告を発した。今月末にイタリアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を控え、国境を越えた規制や監督の枠組み構築に向けて協調を促した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)による2021年10月 発言・ニュース

[2021-10-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・時事通信によると、国際通貨基金(IMF)は1日に発表した最新の金融安定報告書で、インターネットを通じた決済手段として注目を集める暗号資産(仮想通貨)について「リスクを注意深く監視する必要がある」と警告を発した。今月末にイタリアで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議を控え、国境を越えた規制や監督の枠組み構築に向けて協調を促した。

[2021-10-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、今月公表する新たな世界経済見通しで、2021年の実質成長率を小幅に下方修正すると明らかにした。コロナワクチンが確保できない途上国の打撃に加え、物価高や債務の膨張により「世界の均衡がとれた回復へ、リスクや障害がさらに顕著になっている」と述べている。

[2021-10-05][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・ゲオルギエバ国際通貨基金(IMF)専務理事「ビットコイン、暗号通貨をお金として考えるのは難しい」

[2021-10-07][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、世界経済見通しの一部を公表し、消費者物価の上昇が今秋にピークに達し、2022年半ばまでにコロナ禍前の水準に緩和するという見通しを示した。同時に、供給不足にともなう物価上昇がより長期間持続し、インフレ期待を不安定化させるリスクが存在すると指摘している。

[2021-10-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)の理事会は、ゲオルギエワ専務理事世界銀行の幹部時代に中国に配慮してデータを操作したとされる疑惑をめぐり、同氏の進退についての決断を「早急に」下すと発表した。法律事務所ウィルマーヘイルが先月まとめた調査報告書は、ゲオルギエワ氏が世界銀行の最高経営責任者(CEO)時代に他の幹部と共に職員に圧力をかけ、年次報告書「ビジネス環境の現状」2018年度版のデータを中国の利益となるよう変更させたと結論付けている。

[2021-10-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・時事通信によると、国際通貨基金(IMF)トップのゲオルギエワ専務理事が、世界銀行の幹部だった際、ビジネス環境に関する国別ランキングで中国の順位を不正に引き上げたとされる疑惑が波紋を広げている。事態を重く見たIMFが連日調査するなど、同専務理事の進退問題に発展している。11日に始まるIMFと世銀の年次総会に影を落としそうだ。

[2021-10-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)理事会声明「ゲオルギエバIMF専務理事への全面的な支援を再確認」

[2021-10-12][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)「21年の世界GDP予想を7月時点の6.0%から5.9%に引き下げ」「21年中国GDP予想は8%、22年予想は5.6%」「21年米GDP予想は6.0%に下方修正、22年予想は5.2%」「21年ユーロ圏GDP予想は5.0%、22年予想は4.3%」

[2021-10-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、公表した最新の国際金融安定性報告書で、パンデミックからの回復で舵取りが難しい局面に入るなか、世界各国は金融市場の不安定性を助長させることなく、景気支援を継続していく必要があるとの見解を示した。

[2021-10-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、中国には経営危機に陥っている不動産大手、中国恒大集団に関連する問題に対応する能力があるが、その影響が拡大してより広範な金融ストレスを引き起こすリスクがあるとの見方を示した。

[2021-10-13][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、中国には経営危機に陥っている不動産大手、中国恒大集団に関連する問題に対応する能力があるが、その影響が拡大してより広範な金融ストレスを引き起こすリスクがあるとの見方を示した。

[2021-10-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は公表した財政報告で、ワクチン接種率や歳入の伸び、借り入れ能力に差があることから、低所得国の経済成長は新型コロナウイルスのパンデミック前の予想より何年も遅れるとの見方を示した。世界の公的債務は、2020年に226兆ドルという記録的な水準に達した。わずか1年で27兆ドルの増加であり、世界金融危機の2年間(08-09年)の累積増加額20兆ドルをはるかに上回る。

[2021-10-14][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は記者会見で、世界銀行の報告書で中国のランキングが不正に引き上げられたとされる問題をめぐり、世銀幹部だった自身の関与が疑われていることについて「IMFではなく世銀の問題だ」と述べた。続けて、IMF理事会が決定した専務理事職の続投に理解を求めてもいる。

[2021-10-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)の国際通貨金融委員会(IMFC)は、世界各国の政策当局者に対し、物価動向を注意深く監視する一方、インフレ圧力は一過性であり、経済正常化とともに薄れていくため「看過する」よう求めた。

[2021-10-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・ロイターは、国際通貨基金(IMF)アジア太平洋局のブレック副局長が書面インタビューに応じ、岸田首相の新経済対策や、格差是正重視の方針を、新型コロナウイルスのパンデミックによる経済的影響を緩和するのに必要だとして歓迎の意を示したと報じている。

[2021-10-19][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、今年のアジアの経済成長率予想を6.5%とし、4月時点の見通しを1.1%ポイント下方修正した。感染力が強い新型コロナウイルス変異株のデルタ株の流行が消費や生産の足かせになるとしている。2022年については5.7%成長を予想した。新型コロナワクチンの接種進展を反映し、4月の5.3%から予想を引き上げている。

[2021-10-20][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、チーフエコノミストを約3年間務めてきたゴピナート調査局長が来年1月に退任すると発表した。休職中の米ハーバード大に復職するという。ゴピナート氏はIMFのチーフエコノミストで初めての女性。

[2021-10-21][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のカマー欧州局長は、欧州でのエネルギー価格の高騰は来年収束するとみられるほか、労働市場にスラック(需給の緩み)が存在することから、インフレスパイラルに陥ることはないと述べた。

国際通貨基金(IMF)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース