国際通貨基金(IMF)

国際通貨基金(IMF)のイメージ画像

 2022年11月の期間中の国際通貨基金(IMF)による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2022年11月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2022年11月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、湾岸協力会議に加盟するサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など6産油国の2023年の実質成長率の予想を3.6%と発表した。原油高を映して6.5%と予測する22年から鈍化するが、23年の世界全体の見通しである2.7%に比べれば堅調だ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

国際通貨基金(IMF)による2022年11月 発言・ニュース

[2022-11-01][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)は、湾岸協力会議に加盟するサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など6産油国の2023年の実質成長率の予想を3.6%と発表した。原油高を映して6.5%と予測する22年から鈍化するが、23年の世界全体の見通しである2.7%に比べれば堅調だ。

[2022-11-08][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・ブルームバーグによると、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、消費者物価の世界的な急上昇は現行サイクルにおける高水準に近づいている可能性があるが、なお根強いかもしれないとの見解を示した。

[2022-11-11][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、中銀が直面している最大の課題はインフレを抑制することだと訴えた。ゴピナート筆頭副専務理事は経済的分断のリスクが高まっていると警告している。

[2022-11-15][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は、G20首脳に対し、貿易保護主義が「根付く」ことを許してはならないと述べ、世界経済を地政学的ブロックに分割することは成長に大きな打撃を与えると警告した。

[2022-11-17][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・ロイターは、国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事が、バイデン米大統領と中国の習国家主席の会談は世界の2大経済国間の貿易の緊張状態を緩和する可能性がある「非常に建設的な」兆候だったと表明したと報じている。

[2022-11-23][NP     HDP -1.9 CHDP +0.0 RHDP -1.9 CRHDP -0.2]
・時事通信によると、国際通貨基金(IMF)は23日、中国に対する年次経済審査の終了に伴い声明を発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を徹底的に抑える「ゼロコロナ」政策が徐々に緩和されると想定し、2022年と23年の成長見通しを据え置く一方、米国との経済対立の長期化などを念頭に「リスクは依然下向き」だと警告を発した。

国際通貨基金(IMF)の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース