黒田東彦

黒田東彦のイメージ画像

 2019年9月の期間中の黒田東彦による発言や関係のあるニュースが掲載されています。

 「期間最大RHDP」は、2019年9月の中でも直近の最大RHDPとなっている発言・ニュースを紹介しています。

 そのため、最大RHDPとなっている発言やニュースが同値で2回以上有った場合には、2019年9月の中で最も新しい内容を掲載しています。

期間最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-09-04][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「金融サービスの高度化や新たなサービスの創造が経済成長につながるよう、積極的に取り組みを続けていく」「フィンテック企業は十分な資金を備えているわけではなく、顧客から寄せられる資金需要への対応が課題」

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

黒田東彦による2019年9月 発言・ニュース

[2019-09-04][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「金融サービスの高度化や新たなサービスの創造が経済成長につながるよう、積極的に取り組みを続けていく」「フィンテック企業は十分な資金を備えているわけではなく、顧客から寄せられる資金需要への対応が課題」

[2019-09-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「マイナス金利の深堀りは従来から示している4つのオプションに必ず入っている」「世界経済はさらに下方リスクが高まっている」

[2019-09-06][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田総裁がBIS総裁会議に出席するため7-11日の日程でスイスに出張すると発表した。

[2019-09-09][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁がインタビューで、「世界経済はさらに下方リスクが高まっている」、「短期金利の深掘りは選択肢のなかにある」、「現時点で2%の物価安定の目標に向けたモメンタムは維持されている」と述べたと報じている。

[2019-09-12][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「安倍首相との会談は定例のもので、日本経済や世界経済について説明」「金融政策に関しては、何も話していない」

[2019-09-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「少なくとも2020年春頃まで現在の極めて低い長短金利を維持」「(欧米の政策金利変更について)どの国も自国経済安定のために金融政策を運営している」

[2019-09-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「(さえない日本の指標にもかかわらず変更がなかったことについて)海外経済の減速が続き回復の兆しが見えないことで、輸出や生産に現れている。消費や設備投資は比較的に安定。内需は堅調。全体としてみた時は経済と物価を判断し、経済の先行きが後退することはないと判断」

[2019-09-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「(FRBと比べて日銀は金融緩和の余地が少ないことについて)単純に名目金利を比較すると、FRBと比べると少ないかもしれない。しかしECBと比較すると金融緩和の余地がある」

[2019-09-19][NP     HDP -1.3 CHDP +0.0 RHDP -0.3 CRHDP +0.2]
・黒田日銀総裁「金融緩和は前回会合より前向きになった」「適切なイールドカーブになるように必要な調整を行うことになる」「追加緩和の場合でも、大きな変更が必要だとは思っていない」

黒田東彦の発言・ニュースTOPへ

重要人物・その他の発言・ニュース