安倍晋三の発言・ニュース

安倍晋三

 安倍晋三(あべ しんぞう)は1954年生まれの日本の政治家で、第90代、第96代、日本の内閣総理大臣です。

 安倍晋三は、早い段階から北朝鮮拉致問題に取り組むなど、2006年に内閣総理大臣就任時には大きな期待が有ったが、道半ばで体調悪化のため内閣総辞職をする事になる。

 また、2012年に行われた選挙において、当時与党であった民主党に対し「インフレ目標2%」を掲げ圧倒的な大差で破り再び内閣総理大臣となると、アベノミクスと呼ばれる3本の矢(「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」)を基本とした経済政策を決定し、世界中から大きな注目を集めている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-06-20][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、都内のホテルで自民党の岸田政調会長と面会した。夏の参院選や外交などをめぐって意見交換したという。このほか、新潟県で最大震度6強を観測した地震への対応や、首相と野党党首が出席した19日の党首討論なども話題にのぼったようだ。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の安倍晋三の発言・ニュース

[2019-06-20][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、都内のホテルで自民党の岸田政調会長と面会した。夏の参院選や外交などをめぐって意見交換したという。このほか、新潟県で最大震度6強を観測した地震への対応や、首相と野党党首が出席した19日の党首討論なども話題にのぼったようだ。

[2019-06-19][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が、大阪で28-29日に開くG20首脳会議(サミット)に合わせた日韓首脳会談を見送る方針を固めた、と報じている。いわゆる徴用工訴訟に関する昨年10月の韓国最高裁判決をめぐり、日本側は日韓請求権協定に基づく仲裁委員会の設置を求めたが、韓国政府は協定上の委員の任命期限となる18日中に返答しなかった。政府は、韓国側に関係改善に向けた具体的な動きがみられない現状では、文大統領と実のある会談はできないと判断したという。
・安倍首相は内閣不信任案提出の場合の衆院解散について、頭の片隅にもない、などと発言した。

[2019-06-17][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍政権が、夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙を行う衆参同日選の実施を見送る方針を固めた、と報じている。内閣支持率が安定していることなどから、参院選単体でも優位に選挙戦が進められると判断したという。26日が会期末の通常国会は延長せず、参院選は「7月4日公示、21日投開票」の日程となる見通しだ。

[2019-06-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相と中国の習国家主席による首脳会談が、6月27日に行われる方向で調整が進んでいることがわかった、と報じている。日中関係筋によると、安倍首相と習主席は、サミット開幕前日の6月27日に大阪で首脳会談を行うほか、夕食をともにする方向で調整が進められているという。
・安倍晋三首相は14日夜、都内のホテルでイランの緊張緩和を今後も働きかけを続ける考えを示した。「様々な困難が伴うが、粘り強く、絶対に武力衝突があってはならないとの思いで日本の役割をこれからも果たしていきたい」と語った。
・安倍晋三首相は14日夜、トランプ米大統領と電話で会談した。自身のイラン訪問や、ホルムズ海峡付近でのタンカーへの攻撃を巡って協議したとみられる。

[2019-06-13][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「イランが建設的役割果たすことが不可欠」「何としても衝突を避ける必要がある」「緊張緩和に日本として出来る限り役割果たしたい」
・安倍晋三首相「(中東情勢について)武力衝突は避ける必要」「イランが引き続き核合意を順守することを期待」「緊張緩和に向け日本としてできる限りの役割を果たしたい」
・安倍晋三首相は12日夜(日本時間12日深夜)、テヘランのサーダーバード宮殿でイランのロハニ大統領と会談した。ロハニ師は会談後の共同記者発表で「米国との戦争を求めない。核合意を維持していきたい」と述べた。
・安倍首相「ハメネイ師から平和の信念を聞いた。核兵器保有は使用の意図はない、とのこと」「トランプ米大統領の意図について私の見方を伝えた」
・安倍晋三首相は13日、イラン最高指導者のハメネイ師と約50分、会談した。ハメネイ師は「核兵器の製造も保有も使用もしない。その意図はないし、するべきでない」と表明した。首相は会談後、記者団に「平和への信念をうかがうことができた。地域の平和と安定の確保に向けた大きな前進だ」と評価した。

[2019-06-11][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は自民党役員会で、12-14日の日程で現職首相として41年ぶりにイランを訪問することについて、「中東の安定は地域の安定、ひいては日本の安定に直結している。先輩たちの築いた友好的な基盤のうえに建設的な役割を果たしたい」と述べた。
・安倍晋三首相は11日午前、トランプ米大統領と電話会談した。菅義偉官房長官が会見で明らかにした。12日からのイラン公式訪問を控えて、イランを含む地域情勢について意見交換したという。

[2019-06-10][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「G20で各国が団結できる共通点見出したい」
・安倍内閣を「支持する」と答えた人は、先月の調査と変わらず、48%だったのに対し、「支持しない」と答えた人も先月と同じ32%だった。
・安倍晋三首相は夏の参院選に合わせて衆院解散・総選挙に踏み切る衆参同日選を見送る方針を固めた。内閣支持率が堅調に推移する中、参院選単独でも与党が優位に立つと判断。衆院での議席減のリスクを回避する思惑もある。10月の消費税率10%への引き上げは「リーマンショック級の出来事」が起きない限り、予定通り実施する。

[2019-06-05][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相「内需を支えるファンダメンタルズはしっかりしている」「リーマンショック級の出来事ない限り10月に消費増税」

[2019-06-04][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、都内の私邸で自民党の岸田政調会長と会談した。夏の参院選の公約や政治状況についても意見を交わしたとみられている。
・安倍首相が12-14日に予定しているイラン訪問に河野外相が同行することがわかった、と報じている。首相とハメネイ最高指導者、ロハニ大統領との会談にも同席するという。
・安倍総理大臣が来週、イランを訪問する方向で最終調整される中、イラン政府の高官は「この地域の緊張緩和につながることを願う」と述べ、アメリカと関係が深い日本の役割に期待を示した。
・安倍首相は、自民党の二階幹事長と首相官邸で約40分間会談し、夏の参院選への対応などをめぐり協議した。会談後、二階氏は衆院選について、「選挙の話が出るわけはない」と否定している。

[2019-06-03][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、アラブ首長国連邦(UAE)アブダビ首長国のムハンマド皇太子と電話で会談し、中東情勢をめぐり意見交換した。首相は5月30日にもイランを敵視するサウジアラビアのムハンマド皇太子と電話会談しており、6月に調整しているイラン訪問への地ならしを進めたとみられている。
・安倍首相が12-14日を軸に調整しているイラン訪問で、ロハニ大統領に加え、最高指導者のハメネイ師と会談する見通しであることがわかった、と報じている。
・安倍晋三首相は3日、浜田宏一内閣官房参与と首相官邸で会い、10月に予定される消費税増税などについて意見交換した。

(最終更新日時 2019-06-21 12:02)

安倍晋三の発言・ニュース バックナンバー

安倍晋三 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース