安倍晋三の発言・ニュース

安倍晋三

 安倍晋三(あべ しんぞう)は1954年生まれの日本の政治家で、第90代、第96代、日本の内閣総理大臣です。

 安倍晋三は、早い段階から北朝鮮拉致問題に取り組むなど、2006年に内閣総理大臣就任時には大きな期待が有ったが、道半ばで体調悪化のため内閣総辞職をする事になる。

 また、2012年に行われた選挙において、当時与党であった民主党に対し「インフレ目標2%」を掲げ圧倒的な大差で破り再び内閣総理大臣となると、アベノミクスと呼ばれる3本の矢(「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」)を基本とした経済政策を決定し、世界中から大きな注目を集めている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-11-15][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・時事通信が8~11日に実施した11月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比4.3ポイント増の48.5%、不支持率は同3.6ポイント減の29.4%となった。2閣僚の辞任や大学入試への英語民間試験の導入見送りなど、政権の不手際が相次いだにもかかわらず、支持率は上昇した。一方、政府は13日に首相主催の「桜を見る会」を来年度は中止することを決定したが、調査期間とは重なっていない。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の安倍晋三の発言・ニュース

[2019-11-15][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・時事通信が8~11日に実施した11月の世論調査で、安倍内閣の支持率は前月比4.3ポイント増の48.5%、不支持率は同3.6ポイント減の29.4%となった。2閣僚の辞任や大学入試への英語民間試験の導入見送りなど、政権の不手際が相次いだにもかかわらず、支持率は上昇した。一方、政府は13日に首相主催の「桜を見る会」を来年度は中止することを決定したが、調査期間とは重なっていない。

[2019-11-12][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、麻生副総理兼財務相や二階幹事長、岸田政調会長ら自民党幹部と都内のステーキ店で会食した。出席者によると、2020年東京五輪のマラソンの札幌開催や安倍政権下で行われた国政選挙などが話題に上がったという。

[2019-11-11][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・テレビ東京は、安倍首相が来月16日からインドを訪問する方向で調整に入ったことがわかった、と報じている。モディ首相との会談では、先日インドが交渉からの撤退を表明した東アジア地域包括的経済連携(RCEP)もテーマになるとみられ、安倍首相はインドに交渉への残留を呼びかけるとみられるという。
・安倍首相と韓国の文大統領が4日にタイで対話した際、韓国側が日本側に無断で両首脳が話し合う写真を撮影したと産経新聞が報じたことについて、韓国大統領府関係者が、対話の場所は「ほかの首脳もいた開かれた空間だった」と記者団に述べ、問題はなかったとの認識を示したと報じている。
・安倍首相が12月下旬、中国・北京で習国家主席と会談する方向で調整していることが分かった、と報じている。四川省成都で開かれる日中韓首脳会談への出席に先立って北京を訪れる計画だという。
・安倍内閣を「支持する」と答えた人は、2か月前の調査より1ポイント下がって47%だったのに対し、「支持しない」と答えた人は2ポイント上がって35%だった。

[2019-11-08][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相のインタビューとして、自民党総裁の連続4選の可能性を改めて否定したと報じている。「総裁任期は3選までと党規約で決まっている」と述べている。また、残り任期2年の課題として日本人拉致問題と北方領土問題の解決を挙げていた。
・安倍晋三首相は7日の経済財政諮問会議で、足元の景気動向について「先を見据えたマクロ経済政策を講じていくことの重要性を強く感じた」と語った。その上で「きょうの議論を踏まえ、今何をなすべきか判断したい」と述べ、景気の腰折れ回避に向けた経済対策を近く取りまとめる考えを示した。
・日本経済新聞によると、安倍晋三首相は8日、3年ぶりの経済対策の策定を閣僚らに指示した。2019年度補正予算と20年度当初予算を一体とする大型予算を組み、喫緊の課題である災害対応から東京五輪後の景気動向までを視野に入れる。各府省庁は具体的な対策づくりに乗り出したが、財政赤字が膨らむなか、今まで以上にメリハリが問われる経済対策になる。

[2019-11-04][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は4日、東南アジア諸国連合(ASEAN)関連首脳会議の会場内で、中国の李克強首相と会談した。李氏は中国が議長を務める次回の日中韓首脳会談について、12月に中国四川省成都で開催すると伝達し、安倍氏は出席する意向を表明した。

[2019-11-01][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、首相官邸で開いた国家安全保障会議(NSC)ののち記者団に対し、北朝鮮から発射された飛翔体について「わが国と地域の平和と安全を脅かすもので、強く非難する」と述べた。

[2019-10-24][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・外務省は、安倍首相が「即位礼正殿の儀」に参列するため来日した韓国の李首相と24日午前に会談すると発表した。なお、李氏は会談で文大統領の親書を安倍氏に渡す見通しとなっている。
・安倍首相は、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した中国の王国家副主席と東京・元赤坂の迎賓館で会談した。来春に予定している習国家主席の国賓来日の成功に向けて協力することで一致したほか、安倍首相は北海道大の40代の男性教授を含め中国当局による邦人拘束が相次いでいることについて、前向きな対応を強く求めたという。
・安倍総理大臣は「即位礼正殿の儀」に参列したイランのジョネイディ副大統領と会談し、中東情勢の緊張緩和と安定化に向けて、イランが建設的な役割を果たすよう求めるとともに、日本としても粘り強く外交努力を続ける考えを伝えた。

[2019-10-23][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」に合わせて来日した中国の王岐山国家副主席と23日午前に会談する。同国の習近平国家主席が来春に訪日することを踏まえ、日中の協力促進を確認する見通しだ。午後には米国のチャオ運輸長官とも会談する。
・安倍晋三首相は23日、東京元赤坂の迎賓館で米国のチャオ運輸長官と会談し、「日米貿易協定を活用し、2国間経済をさらに発展させ日米関係を一層強化していきたい」と伝えた。インフラ分野での協力についても協議した。チャオ氏は天皇陛下が即位を国内外に宣明する22日の「即位礼正殿の儀」にあわせて来日している。

[2019-10-21][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、国家安全保障会議(NSC)を官邸で開き、中東情勢の悪化を踏まえ、自衛隊派遣の検討を関係閣僚に指示した。イラン沖ホルムズ海峡の安全確保に向けて米国が提唱する有志連合構想には参加せず、アラビア半島南部オマーン湾やイエメン沖で日本独自に活動するという。
・安倍首相は20日、台風19号による河川氾濫などで甚大な被害が出た長野市を訪問した。決壊した千曲川の堤防を視察し、浸水した住宅地の被害状況を確認した。視察後、2019年度予算の予備費など計5000億円を災害復旧や被災者支援の費用に充てる考えを示した。「生活再建に向けて対策パッケージを早急に取りまとめたい」と記者団に述べている。

[2019-10-18][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、天皇陛下のご即位にともなう22日の「即位礼正殿の儀」のあとに行うパレード「祝賀御列(おんれつ)の儀」について、台風19号の甚大な被害を考慮して延期する意向を表明した。11月10日に延期する方針で、18日の閣議で決めるという。

(最終更新日時 2019-11-16 11:08)

安倍晋三の発言・ニュース バックナンバー

安倍晋三 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース