安倍晋三の発言・ニュース

安倍晋三

 安倍晋三(あべ しんぞう)は1954年生まれの日本の政治家で、第90代、第96代、日本の内閣総理大臣です。

 安倍晋三は、早い段階から北朝鮮拉致問題に取り組むなど、2006年に内閣総理大臣就任時には大きな期待が有ったが、道半ばで体調悪化のため内閣総辞職をする事になる。

 また、2012年に行われた選挙において、当時与党であった民主党に対し「インフレ目標2%」を掲げ圧倒的な大差で破り再び内閣総理大臣となると、アベノミクスと呼ばれる3本の矢(「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」)を基本とした経済政策を決定し、世界中から大きな注目を集めている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は衆院予算委員会で、日米安保は不公平とのトランプ米大統領の発言は脅しとは考えていないとの見解を示しつつ、「米国側から日米安保の改訂要求は来ていない」と発言した。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の安倍晋三の発言・ニュース

[2019-10-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は衆院予算委員会で、日米安保は不公平とのトランプ米大統領の発言は脅しとは考えていないとの見解を示しつつ、「米国側から日米安保の改訂要求は来ていない」と発言した。

[2019-10-10][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、公邸で自民、公明両党の国対委員長らと会食した。出席者によると、年内に衆院解散があるとの臆測が流れていることが話題になり、首相は「12月は衆院選で勝ったことがある」と言及したという。

[2019-10-09][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が22日に行われる「即位礼正殿の儀」に参列する見込みの李韓国首相と短時間会談することも検討されている、と報じている。

[2019-10-08][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相(マイナス金利深堀りなどの可能性で)「黒田日銀総裁は政策のベネフィットとコストを比較考慮し適切に判断」
・安倍晋三首相「下振れリスク顕在化なら機動的かつ万全な対策を講じる」「不透明さを増す世界経済の先行きを注視する」
・安倍首相は衆院本会議で、消費税をめぐる今後の対応について「安定的な経済再生と財政健全化に一体的に取り組むことで、今後10年程度は消費税率を引き上げる必要がないのではないか」と述べた。

[2019-10-08][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相(マイナス金利深堀りなどの可能性で)「黒田日銀総裁は政策のベネフィットとコストを比較考慮し適切に判断」

[2019-10-07][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相はロシアのアキモフ副首相と会談した。首相は「科学技術分野での日露協力の発展を期待する」と表明した一方、アキモフ氏は、日露首脳間の対話が「さまざまな分野で日露関係にダイナミズムを与えている」とし、エネルギー、運輸、イノベーションなどの分野で協力を発展させたいとの考えを伝えたという。
・安倍晋三首相「米国とトウモロコシ購入の合意をした事実はない」
・安倍晋三首相は7日の衆院本会議で、米国とトウモロコシ購入で約束合意した事実はない、と述べた。立憲民主党の枝野幸男代表による代表質問への答弁。首相によると、トランプ米大統領との会談でのやり取りについて「害虫の被害拡大により、代替飼料を民間が前倒し購入する。トウモロコシはその多くが米国から購入されているため、(米国産トウモロコシの)前倒し購入が期待されるが、(大統領と)購入を約束や合意した事実はない」と説明した。

[2019-10-04][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が、経済ブレーンの浜田内閣官房参与と官邸で会い、消費税率引き上げについて意見を交わしたと報じている。浜田氏によると、首相は今後10年程度は10%超への税率引き上げは不要だとした自身の発言が「消費者の心理的な不安をうまく取っているのではないか」と述べたという。

[2019-10-02][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は記者団に対し、北朝鮮のミサイル発射について、「国連決議違反であり、厳重に抗議し、強く非難する」と述べた。また、「米国はじめ国際社会と連携しながら、厳重な警戒態勢のもと、国民の安全を守るために万全を期す」とも指摘している。

[2019-09-30][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、EUのユンケル欧州委員長と懇談し、東京電力福島第1原発事故を受けた日本産食品輸入規制を緩和するEUの方針を歓迎するとともに、早期に実現するよう要請した。また、別途英国のEU離脱や北朝鮮の核開発について意見交換したという。
・安倍晋三首相は30日、首相官邸で開いた経済財政諮問会議で「日本経済は緩やかに回復しているものの、米中間の通商問題を巡る緊張の増大など、海外経済の動向など十分注意する必要がある」との見方を示したうえで「内外リスクの顕在化に備えた万全のマクロ経済財政運営を尽くしていく」と述べた。

[2019-09-27][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相とトランプ米大統領が25日の会談で、日米韓が安全保障で協力する重要性を改めて確認したと報じている。会談ではトランプ氏が日韓関係に言及。元徴用工問題や、韓国による日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の破棄通告などで日韓関係が悪化するなか、米国の危機感が高まっていると指摘していた。
・安倍晋三首相とトランプ米大統領が25日、貿易協定をめぐり最終合意に達した。共同声明には、協定発効から4カ月後に追加交渉を始める意向と記し、今回見送られた米国の自動車関税やサービス、投資などを市場開放の対象に含めるかについて協議を続ける。ただ、来年の大統領選を前に功を急ぐトランプ氏の要求は予測不能。日本政府は引き続き米側の出方に神経をとがらせることになりそうだ。
・ベルギーを訪問している安倍総理大臣は、日本時間の27日夕方、ヨーロッパの首脳らが出席する国際会議で講演し、日本とEU=ヨーロッパ連合は、成長著しいアフリカでのインフラ整備の協力など幅広い分野で連携をさらに強化していくべきだと訴えた。この中で、安倍総理大臣は、アメリカと中国の貿易摩擦などを念頭に、自国の利益を最優先する動きがあるなか、民主主義や法の支配といった、価値と原則を分かち合う日本とEUは、「同じ旗のもと、共有の価値観を奉じる二つの頑丈な柱だ」と指摘した。
・安倍晋三首相は27日(日本時間同)、ベルギー・ブリュッセルで開かれた欧州連合(EU)の関連会合で基調講演し、東欧やアフリカでEUと協力して質の高いインフラ整備を進める考えを表明した。巨大経済圏構想「一帯一路」を掲げて影響力を広げる中国の動向が念頭にある。インフラ整備の強化に関するEUとの合意文書にも署名した。

(最終更新日時 2019-10-15 11:39)

安倍晋三の発言・ニュース バックナンバー

安倍晋三 カレンダー

2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース