安倍晋三の発言・ニュース

安倍晋三

 安倍晋三(あべ しんぞう)は1954年生まれの日本の政治家で、第90代、第96代、日本の内閣総理大臣です。

 安倍晋三は、早い段階から北朝鮮拉致問題に取り組むなど、2006年に内閣総理大臣就任時には大きな期待が有ったが、道半ばで体調悪化のため内閣総辞職をする事になる。

 また、2012年に行われた選挙において、当時与党であった民主党に対し「インフレ目標2%」を掲げ圧倒的な大差で破り再び内閣総理大臣となると、アベノミクスと呼ばれる3本の矢(「財政出動」「金融緩和」「成長戦略」)を基本とした経済政策を決定し、世界中から大きな注目を集めている。

HDP

ハト派傾向

 HDP   -2.9(HDP:ゴゴヴィ全体のデータより算出)

RHDP

中間派

 RHDP -2.2(RHDP:直近30のデータより算出)

最大CRHDPとなっている 発言・ニュース

[2020-09-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相(自民党総裁)の後継を決める自民党総裁選が行われ、新総裁に菅官房長官が選出された。獲得票数は、石破元幹事長が68票、菅官房長官が377票、岸田政調会長が89票だった。

ゴゴヴィの注目 発言・ニュース

 ・期間中にゴゴヴィが注目する発言・ニュースは有りません。

最近の安倍晋三の発言・ニュース

[2020-09-14][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相(自民党総裁)の後継を決める自民党総裁選が行われ、新総裁に菅官房長官が選出された。獲得票数は、石破元幹事長が68票、菅官房長官が377票、岸田政調会長が89票だった。

[2020-09-10][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相はインドのモディ首相と電話で会談した。自衛隊とインド軍が食料や燃料などを相互に提供できるようにする協定が署名に至ったことを歓迎し、両国が国際社会の平和と安全に一層、積極的に寄与していくことを確認したという。

[2020-09-09][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、モリソン豪首相と電話し、辞任すると伝えた。モリソン氏は「安倍首相は世界の指導者にとって模範だ」と述べたという。また両首脳はポストコロナを見すえ、日豪がインド太平洋地域で主導的な役割を果たしていく重要性を確認したとされている。
・安倍首相は、オーストリーのクルツ首相、トルコのエルドアン大統領と相次ぎ電話会談し、任期途中で辞任することを伝えた。クルツ氏は「これまでの協力に感謝する。辞任後も個人的関係を保ちたい」と表明。エルドアン氏は「2国間関係の発展に連携して取り組めたことをうれしく思う」と述べたという。

[2020-09-07][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍政権が始めた「敵基地攻撃能力」の保有の検討が次期政権の課題になり、具体化するかが注目されると報じている。自民党総裁選への出馬を表明している菅官房長官、岸田政調会長、石破元幹事長のあいだには考えに隔たりもあり、総裁選でも争点になりそうだという。
・安倍首相が16日の退陣前に談話を発表し、弾道ミサイル防衛に関する新たな見解を打ち出す方向で検討していることが分かった、と報じている。自民党が他国領域内への攻撃能力保有を主張しているのに対し、公明党内には慎重論が根強く、談話がどこまで踏み込んだ内容になるかが焦点になる。
・安倍晋三首相(自民党総裁)の病気退任を受けた後任選びだ。前週以降には菅義偉官房長官の自民党総裁選出馬と党主流派による菅氏支持の拡大、菅氏の総裁選勝利と次期総理就任の可能性が高まり、「アベノミクス路線の継承」期待で日本の株高と円高歯止めが後押しされた。

[2020-09-02][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は2日、英国のジョンソン首相と約15分間電話会談した。安倍氏は任期途中で辞任することになったと報告。ジョンソン氏は「日英関係が安倍首相の下、これまでになく強固になったことに感謝する」と述べた。両首脳は大詰めを迎えている貿易協定交渉の早期妥結が必要だとの認識で一致した。

[2020-09-01][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・自民党が、安倍首相の後任総裁選出を受けた臨時国会を9月16日に召集する方向で調整に入った、と報じている。会期は3日間。17日に実施予定だった首相指名選挙は16日に前倒しする方向だという。また、与野党の本格論戦の場となる臨時国会は10月下旬に改めて召集する考え。新首相の所信表明演説や代表質問を行う。
・安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選で、出馬の意向を固めた菅義偉官房長官(71)が31日、支持を広げた。二階派(47人)に続き、最大派閥の細田派(98人)、麻生派(54人)も同日、菅氏支持を決めた。無派閥議員グループ(約20人)なども菅氏支持を確認。国会議員票(394票)の過半数を固めた格好だ。出馬を表明している岸田文雄政調会長(63)は有力者に支援を求め、石破茂元幹事長(63)も立候補する意向を固めた。

[2020-08-31][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が31日にトランプ米大統領と電話会談する方向で調整に入ったと報じている。首相は持病の潰瘍性大腸炎が悪化し、任期途中で辞任せざるを得なくなったことを説明する見通しだ。また、トランプ氏が年内開催を目指すG7サミットに参加できなくなったと伝えるとともに、政権が代わっても日本外交の基軸である日米同盟の重要性は変わらないとの考えを訴えるとみられている。
・辞任を表明した安倍首相がロシアのプーチン大統領と31日にも電話で協議する方向で調整していることがわかった、と報じている。持病の悪化を理由に辞任することを説明し、日露平和条約交渉などについて引き続き協力することなどを確認するとみられるという。
・安倍首相が健康上の理由で辞任を表明したことについて、日本の「損失」だと断じる社説を掲載している。安倍氏は経済などさまざまな面で日本をより「正常な国」にしようと改革に取り組んだと評価していた。
・安倍晋三首相の辞任表明に伴う自民党総裁選に、菅義偉官房長官が出馬する意向を固めた。二階俊博幹事長や麻生太郎副総理兼財務相が菅氏を推す考えで、首相も前向きとされる。次期政権でも主流派として既得権益を維持し、人事や政策決定に影響力を行使したい勢力が、政権中枢で7年8カ月にわたり首相を支えた菅氏が適任とみて白羽の矢を立てた格好だ。
・安倍首相は、トランプ米大統領と電話会談した。両首脳が電話会談を行うのは5月8日以来で、28日の辞意表明後に外国首脳と電話会談するのは初めてのこと。安倍首相は持病の再発により任期途中で辞任することを直接伝えるとともに、後継首相とも緊密な連携を取るよう要請したとみられている。
・安倍首相の退陣表明を受け共同通信社が29-30両日に実施した全国緊急電話世論調査で、次期首相に「誰がふさわしいか」と聞いたところ、石破茂自民党元幹事長が34.3%でトップとなり、菅義偉官房長官が14.3%、河野太郎防衛相が13.6%と続いた。
・安倍首相の後継を決める自民党総裁選について、以前から出馬に意欲を見せていた麻生派の河野防衛相が、菅氏への支持が広がる情勢などを受けて、自らの出馬を見送る意向を固めたと報じている。
・安倍晋三首相は31日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、北方領土問題を含む日ロ平和条約交渉を継続する方針を確認した。首相は自身の辞任意向を説明し、プーチン氏は「日ロ関係の発展や両国間の障害除去に向けた偉大な貢献を高く評価する」とねぎらった。首相は首脳外交を通じ、4島一括返還の基本原則から「2島先行返還」にかじを切って領土交渉の打開を狙ったものの、進展がないまま退陣することになる。
・安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選で、出馬の意向を固めた菅義偉官房長官(71)が31日、支持を広げた。二階派(47人)に続き、麻生派(54人)も同日、菅氏支持を決めた。無派閥議員グループ(約20人)なども菅氏支持を確認。既に出馬を表明している岸田文雄政調会長(63)は有力者に支援を求め、石破茂元幹事長(63)も立候補を目指している。
・安倍晋三首相(自民党総裁)の病気退任を受けた後任選びだ。週明け31日には菅義偉官房長官の自民党総裁選出馬と党主流派による菅氏支持の観測が浮上し、「アベノミクス路線の継承」期待で日本の株高と円高歯止めが後押しされた。

[2020-08-28][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相は、来日中の米宇宙軍制服組トップのレイモンド作戦部長と官邸で会談した。新型コロナウイルスの影響で、首相が来日した海外要人と官邸で会うのは中国外交担当トップの楊共産党政治局員の表敬訪問を受けた2月28日以来。外務省によると、昨年12月に発足した宇宙軍幹部の来日は初めてのことになる。
・安倍首相「新型コロナウィルスのワクチンを来年前半までに全国民に提供できるように量の確保を目指す」「ウイルス検査を1日20万件できることを目指す」
・安倍総理大臣は、持病が悪化したことなどから国政に支障が出る事態は避けたいとして、総理大臣を辞任する意向を固めた。安倍総理大臣は、28日夕方記者会見することになっていて、理由などをみずから説明するものとみられる。
・安倍晋三首相は28日、官邸で麻生太郎副総理兼財務相と面会した。麻生氏は閣議終了後、財務省幹部とともに首相執務室に入り、同省幹部が退席した後は1対1で35分間話し合った。首相は同日夕に記者会見を予定しており、今後の政局運営などについて意見を交わしたとみられる。
・安倍首相は臨時代理を置かずに後任が選出されるまで執務する方針と共同通信が伝えた。
・安倍晋三首相「新体制移行するならこのタイミングしかないと判断した」
・安倍晋三首相「次の首相が任命されるまで責任を果たす」「次の自民総裁選出方法は執行部に任せている」
・安倍首相の辞任を受けて、円は全面高の展開。ドル円は105.25円、ユーロ円は125.38円を安値に125.40円前後、ポンド円は140.04円を安値に140.20円前後、豪ドル円は77.09円を安値に77.35円前後、NZドル円は70.51円を安値に70.75円前後で円高気味に推移している。
安倍晋三首相が28日に辞意を表明し、自民党の後継総裁選びが事実上スタートした。9月中旬にも総裁選を実施。直ちに臨時国会を召集し、新首相を選出する見通しだ。

[2020-08-26][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍晋三首相は28日に記者会見を開く調整に入った。政府の新型コロナウイルス対策を説明するのに合わせ、体調不安説が出ている自らの健康状態にも言及する見通しだ。首相官邸で記者会見を開くのは通常国会閉幕後の6月18日以来となる。
・安倍晋三首相が28日に東京・信濃町の慶応大学病院を再び訪れ、その後に記者会見をする方向で調整していることが分かった。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

[2020-08-25][NP     HDP -2.9 CHDP +0.0 RHDP -2.2 CRHDP +0.0]
・安倍首相が、月内にも記者会見を開く意向であることが分かったと報じている。本格的な記者会見は、通常国会閉会直後の6月18日以来。会見の内容は現時点で明らかになっていない。
・安倍首相が今週28日にも記者会見を行う方向で調整していることがわかった、と報じている。今後のコロナ対応や自身の健康問題について説明するものとみられるという。

(最終更新日時 2020-09-15 11:46)

安倍晋三の発言・ニュース バックナンバー

安倍晋三 カレンダー

2020年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2019年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

※発言やニュースが有る月はカレンダーを選択するとバックナンバーを表示します

重要人物・その他の発言・ニュース